HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

被リンク依存はSEOが安定しない!ホームページの質が大切

被リンク依存はSEOが安定しない!ホームページの質が大切

ホームページ制作後のSEOにおいては、被リンク依存は絶対にいけません。

昨今のSEOでは、あまり依存される方も少なくなったと思われ、実際に当社ホームページ施策実績でも、まったく依存はしていません。

しかし、基本知識で、被リンク依存は検索順位が安定しないという点をおさらい的にご紹介します。

被リンク依存のホームページはSEOで検索順位が安定しない

被リンク依存のホームページはSEOで検索順位が安定しない

最近は、ほとんどなくなったと思いますし、実際に当社ホームページ制作実績の企業でも、SEOで被リンクが効果があると知らない企業もいるほどです。

ただ、稀に被リンクに依存したSEOを実施されている企業を見かけるケースもあります。

それは、本当に小さな中小企業で、明らかに質の低いページを量産しているにもかかわらず、被リンクが数万本もあるケースです。

ahrefsやmozなどを使って、調査を行ってみると、まったく関連性がないホームページからや、明らかに適当に作った無料ブログから大量に被リンクを得ています

現在においては、確かに被リンクの多くが無効化されていますが、しかし完璧ではなく、意外と通り抜けてSEO効果を出している事例もあります。

もちろん、SEO効果が出る可能性があるからと言って、当社ホームページ制作ではおすすめしておらず、このような対策を行っているといつかスパム行為に認定されます。

自動はすり抜けることができたとしても、目視になる手動は絶対に通り抜けれません。

そのため、現在楽にできるSEOを探している方は、別の方法を探した方が良いと言えます。

また、さらには、現在は問題がないとしても、実は数分おきに検索をして見ると、被リンク依存したホームページの検索順位はかなり大幅な揺れがあります。

もちろん、3ページ目以降にランクインされているホームぺージは、日々検索順位が動きやすくなっていることは理解をしています。

ただ、当社が言っているのは、1ページ目にランクインしているのにもかかわらず、動いている例になっています。

例えば、直近で調査した結果で言うと、昨日は5位だったけれども、今日は50位になっているなどです。

現在、検索エンジンは、1つのプログラムで動いているわけではなく、複数のプログラムでランキングを決定しています。

そのため、このプログラムは問題がないと判断をして5位に表示しているけど、別プログラムにはばれていて50位みたいな変動です。

このような不安定な検索順位は企業としても良くありませんし、さらにはいつ問題がないと判断しているプログラムが問題ありと判断するか分かりません。

複数のプログラムの基本的なベースは同じであり、いつか必ず統一化されてしまうのです。

そのため、被リンクに頼ったSEOは絶対におすすめができず、適切に実施することをおすすめします。

SEOは被リンク依存ではなくホームページの質

SEOは被リンク依存ではなくホームページの質

キーワード難易度が高いSEOを行われる企業であれば、被リンクは否定しません。

ただ、キーワード難易度が中くらいであれば、実は一切不要になっています。

現在のSEOにおいては、良質なホームページを制作し、そして更新業務によって、良質な新規記事を作成し続けるのが、一般的な対策になっています。

具体的な内容は以下でご紹介しますが、以下を理解することで、より良いホームページ制作になり、期待以上のSEO成果を出せるのです。

ただし、キーワード難易度が高い場合は、必要になってしまい、自社が上位表示したいキーワード難易度をSEO業者やWebサイト制作会社に調査してもらうと良いでしょう。

良質なページ

昨今のSEOにおいて、検索エンジンはホームページ全体で質を確認して、検索順位を決定しています。

そのため、良質であるという点が非常に大切になっています。

当社がホームページ制作後にお客さまに話すのは、検索エンジンが質を理解ができるようになり、被リンクの重要性が下がり、質の重要性が上がったと説明をしています。

実際に良質と言うものが、何に該当するかは、検索エンジンは一切公表をしていません。

ただ、SEO業者やWebサイト制作会社、当社の実績からは、タイトルに対して詳しいページであれば良質であると見なされます。

この良質なページ作成が、現在主流のSEO施策になっていて、しっかりとタイトルに対して、過不足がない情報を公開しましょう。

ページ数

良質なページが2,3ページあるくらいでは上位表示ができません。

そのため、関連するページ数も重要になってきます。

例えば、当社がホームページ制作関係のキーワードで上位表示を行いたいなら、ホームページ制作に関連するページを作成します。

昨今、SEOでは良質である点ばかりが着目されますが、ページ数も非常に大切で、しっかりとページ数を増やしましょう。

検索エンジンからすれば、あるテーマに対して情報量が多いホームページは、上位に表示したいと考え、さらにはそのページが良質であれば、なおさら上位表示したいと考えます。

被リンク

先述している通り、被リンクの効果は、非常に弱くなりました。

ただし、これについては補足説明が必要で、正しくは効果が弱まったではなく、無効化される確率が非常に高くなったという点です。

ライバルサイトの被リンク数を調査するには、マジェスティックやニール・パテル - ユーバーサジェストなど、グーグル以外のツールを利用するしか調べられません。

そのため、無効化されているかは不明になっています。

そして、これらのツールを利用して調査をしてみると、1ページ目にランクインしている中に、0に近い本数のホームページが必ず存在しています。

これは、1ページ目のホームページの大半が無効化されているからであると考えていて、本数はそれほど重要ではなくなったのです。

もちろん、無効化されていると言っても、自動的なアルゴリズム判断で、数が多ければ多いだけ、良い結果を生むケースもあります。

本当は無効化対象だけど、現状では無効化されていないケースもありますが、しかし、それもいつまで有効化されているか分からなくなっています。

もちろん、効果的なものもありますが、基本的には、自分で対策を行うのではなく、ナチュラルリンク獲得を狙う方が得策になっています。

ナチュラルリンクであれば、ウェブマスターはほとんど労力なく集めれ、無効化されたとしても、まったく問題がありません。

高い質のホームページを制作すれば被リンク依存は不要

高い質のホームページを制作すれば被リンク依存は不要

上記のよう、現在のSEOにおいては、被リンクに依存ではなく、質を高めるのが主流になっていて、効果を発揮します。

被リンクに依存しなくても、十分上位表示が狙える仕様になっています。

もちろん、SEOは競争であり、キーワード難易度が高い場合は、ライバルサイトも大量に集めていて、必要になるケースはあります。

ただ、当社がホームページを制作クライアントでは、多くのケースで不要になっています。

実際に、実績のある企業さまは、そこそこ難易度が高いキーワードで、0本でも上位表示を実現しています。

このように、ホームページを制作したら、被リンクに頼らなくてもSEOで成功する施策を検討することが重要になります。

その施策は、高い質のホームページ制作とサイト運営になり、さらにはナチュラルリンクの獲得の3点です。

しっかりとこれらを行えば、上位表示が可能になり、非常に高いコストパフォーマンスを出せるホームページへと成長いたします。

SEOは、闇雲にホームページを正確したり、考えなしでサイト運営を行っても、絶対に成果を出せません。

何が大切で、その大切なものを効果的にするには、どんな施策が必要になるか、さらにはスケジュールをどうするかをしっかりと策定してから行う必要があります。

そうすれば、御社サイトは、被リンクに頼らずとも、上位表示が可能になります。

被リンクに依存しないSEOを実施した正しいホームぺージ

被リンクに依存しないSEOを実施した正しいホームぺージ

上記のように、現在においては、被リンクに頼らなくてもSEO効果を出せるホームページ制作が重要になります。

具体的なテクニックももちろんありますが、それよりも、どんな対策が必要で、その対策をどんなスケジューリングで実行するかを明確にしましょう。

この明確化されたスケジュールを確実に実行していくことで、必ず上位表示が可能になっています。

当社は、ここまでを考えたホームページ制作を提供していて、これまで数多くの企業さまの上位表示を実現してきました。

良質であり、ボリュームが十分であるホームページとすることで、期待以上の成果へ成長します。

確かに、良質やボリュームを増やすのは大変ですが、継続こそ力になり、日々頑張って作業を継続させましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP