セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.02.01

2022年のPCとモバイルのWEBブラウザのシェア

WEBブラウザの選択は、サービスの普及に直結します。皆が愛用するブラウザへの適応は、訪れる人々を増やす鍵となるでしょう。当記事では、世界各地と日本のWEBブラウザシェアを解析し、その傾向を明らかにします。WEB構築を志す方や情報技術の知見を求める方々に、必見の内容です。読み終わる頃には、どのブラウザがPCやモバイルで支持されているかが理解できるはずです。

Webブラウザシェアのデータ

WEBブラウザシェアの最新動向は、技術変革の一端を映し出しています。信頼性の高い「Statcounter GlobalStats」の統計に基づき、私たちはどのブラウザが支持を集め、どのようにユーザーの選好が移り変わったのかを追跡しています。この分析からは、単に数値を超えたユーザー体験の理解へと導かれます。

私が実際に見てきたクライアントのサイトデータでも、ブラウザシェアはサイト訪問者の行動パターンに影響を与えていることが確認できました。例えば、特定のブラウザでは表示が最適化されていないことが、離脱率の上昇に繋がっているケースもあります。

Statcounter GlobalStatsを活用すれば、より深い洞察が可能です。国やデバイスによって異なるユーザーの動向が見えてきます。これらのデータは、ユーザーが最も快適に感じるブラウジング体験を創出するために不可欠です。そこで得られる情報をもとに、効果的なWEB戦略を練ることができます。

WEBブラウザのシェア

全体

WEBブラウザのシェアは、デジタル空間でのナビゲーションを左右する重要な要素です。私の経験上、サイト設計時にこれを考慮しないと、ユーザーの利便性が大幅に損なわれます。日本の市場では、Chromeが半数以上のユーザーに選ばれ、SafariとEdgeを加えると、約90%の人々がこれらのブラウザを利用しています。

ユーザーが最も好むブラウザへの対応は、アクセスアップに直結。具体的な数値をもとに、Chrome、Safari、Edgeの三つは特に重要です。これらへの適応は、サイトが幅広いユーザーにとって使いやすい環境を提供するための基盤となります。市場動向を鑑み、これら主要ブラウザに適応することは、国内でのサイト運営において、ユーザーにとって快適なエクスペリエンスを保証する上で欠かせません。

PC

WEBブラウザのシェアという視点からPCユーザーの行動傾向を探ることは、私たちWEB制作者にとって重要な指標です。現場での体験からも、Chromeの優位は明らかで、そのシェアは他の追随を許しません。特にEdgeの上昇は目を見張るものがあり、Firefox、Safari、そして歴史を感じさせるInternet Explorerまで、ユーザーがどのように情報を得ているかを示しています。

この動向を踏まえて、私がサイト構築において心がけているのは、Chromeを筆頭にEdgeまでを確実にカバーすることです。FirefoxやSafari、IEにも対応することで、ユーザーがどのブラウザを選んでも、快適にコンテンツを楽しめる環境を整えることが可能です。サイト訪問者の利便性向上は、SEOの観点からも不可欠であり、幅広いブラウザへの適応はその効果を最大限に引き出します。

モバイル

モバイル端末におけるWEBブラウザのシェアは、デスクトップの環境とは一線を画します。ユーザーの生活に深く根差したモバイルデバイスは、Safariが中心の舞台を提供しています。なんといっても、そのシェアは60%を超える圧倒的な数字を示しており、私たちが制作するサイトにとってSafariの最適化は避けて通れません。実際に私が目にしたモバイルトラフィックのデータも、この傾向を強く反映しています。

一方で、Chromeも約3分の1のユーザーに支持されていることから、これら二つのブラウザの対応はもはや必須条件です。Samsung Internetも少数派ながら確実に存在感を示しており、多様化するユーザーのニーズに応えるためには、この三つのブラウザに対応することが、モバイルユーザビリティの向上に直結すると感じています。サイトの快適性を追求する私たちの使命は、こうしたデータに裏打ちされた細やかな対応によって、ユーザーにとっての価値を創出していくことにあるのです。

まとめ

本日は、2022年のWEBブラウザのシェア率に関して、国内外のトレンドを洞察しました。Chromeの優位は明白ですが、日本のモバイル市場ではSafariが主導権を握る現状が浮き彫りになりました。これらの情報は、WEBサービスを設計する際の指標となり得ます。

ユーザーがどのブラウザを使うかは、国やデバイスによって異なります。これは、目的地に合わせたナビゲーションの重要性を物語っています。最適なユーザー体験を提供するために、サービスを設計する際は、これらの洞察に基づいた適切なアプローチが求められるでしょう。