セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.10.22

ChatGPTと人間が書いた文章の違い

ChatGPTは素晴らしい文章生成ツールであり、その能力は目を見張るものがあります。しかし、機械が作成した文章と人間が練り込んだ文章の間には、微妙かつ重要な違いが存在します。サーチエンジンはプログラムによってページの評価を行いますが、人間の目にはChatGPTの手がかりが見えてしまうことがあるのです。今回は、多数のホームページ制作とChatGPTの利用サポートを通じて得た知見を基に、ChatGPTと人間の文章の違いについて解説します。これにより、より質の高いコンテンツ作成に向けての理解を深める手助けとなることでしょう。

ChatGPTと人間が書いた文章の違い

論理的な文章かどうか

ChatGPTの生成する文章と人間の書く文章の間には、論理の進行に関して顕著な違いが見られます。人間は自らの考えを整理し、点と点を結ぶ論理を築くことで、一貫した意味の構造を作り出します。それに対し、ChatGPTは単に与えられたプロンプトや過去の会話からキーワードを拾い上げ、それに基づいて文章を生成します。

特に、人間は自らの経験や知識を基にして、事実や意見を明確に表現し、一つの主張や考えに向かって文章を進めます。これに対してChatGPTは、経験を持たないため、外部の情報を内部化し論理を築くことができません。その結果、ChatGPTの文章は、表面的な論理で結ばれた情報の羅列に留まることが多く、深い洞察や論理的な結論に至ることは稀です。

また、人間は自然に感情や意図を文章に織り交ぜる能力を持っていますが、ChatGPTはこの点で欠けています。これらの違いにより、読者はChatGPTの文章が時として無機質で、人間の温かみや理解を欠いたものであると感じることがあります。

さらに、具体的な検証を行うと、ChatGPTが生成した文章には矛盾した情報や、脈絡のない情報が含まれることが明らかになります。これらの点を踏まえ、ホームページ制作においては、人間が書いた、論理的で感情豊かな文章が重要であることが理解されます。

語彙が正しいか

人間の言葉は文化や経験の蓄積が反映されており、その選択した語彙はしばしば文脈や目的に対して適切です。一方で、ChatGPTは巨大なテキストデータから学習することで、語彙の使用方法を理解しようとしますが、その過程で時として文脈を見失うことがあります。

ChatGPTの生成する文章を検証すると、特定の文脈やニュアンスを完全に捉えるのは難しいことが明らかになります。例えば、特定の専門用語を正しく使う能力や、言葉の微妙な違いを理解する能力は、人間には自然に備わっていますが、ChatGPTには欠けています。これは、ChatGPTが文脈や人間の感覚を完全に理解することができないためです。

さらに、ChatGPTは時として不自然な語彙を選びがちで、特に専門的なトピックや新しいトレンドに対する反応は、人間のように適切な語彙を選ぶのは難しいです。これらの語彙の違いは、読者にとって文章の質や信頼性に大きく影響を与える可能性があります。

これらの点を踏まえて、ホームページ制作においては、人間が書いた文章の方が読者にとって信頼性が高く、また語彙の選択が適切であるため、より理解しやすい内容を提供することができます。これは特に、専門的な知識を必要とするトピックや、新しいトレンドに対応する内容において重要です。このように、語彙の正確さはChatGPTと人間が書いた文章の違いを明確に示しています。

読んでみて意味を理解できるか

ChatGPTが創造する文章は、初めて見たときには人間が書いたものと変わらないように感じるかもしれません。しかし、読み進めるうちに、その内容の透明性や一貫性が徐々に露呈してきます。人間の文章は通常、明確な意図と論理的な流れをもっており、読者はその意味を容易に捉えることができます。一方、ChatGPTの文章は、特定の文脈や背景知識を完全に理解せずにテキストを生成するため、読者にとって意味を理解するのが難しい場合があります。

この違いは、特に専門的なトピックや複雑な議論が含まれる文章で顕著に現れます。ChatGPTは表面的な知識を示すことはできても、深い理解や専門的な知識を伴った分析を提供することは難しいです。一方で、人間はその知識と経験をもとに、読者が理解しやすいように意味のある内容を提供します。

この結果として、読者は人間が書いた文章を読むことで、そのトピックに対する深い理解を得ることができます。しかし、ChatGPTが生成した文章を読むと、しばしば表面的な情報しか得られず、深い理解には至りません。

読者にとって、内容の理解は非常に重要です。ホームページ制作においても、内容が明確で理解しやすい文章を提供することは、読者の満足度を高め、SEOの評価を向上させるために不可欠です。このように、ChatGPTと人間が書いた文章の違いは、その意味の透明性と理解可能性において明らかになります。そして、これらの違いは、ホームページ制作においてどのように良いコンテンツを作成するかを理解する上で、非常に教訓的です。

パターンの繰り返しが多すぎないか

ChatGPTは、膨大なテキストデータから学習することで、特定の表現やパターンを身に着けます。これが原因で、時として生成される文章内に同じフレーズや構造が繰り返し現れることがあります。一方、人間の作成する文章は、異なる視点や表現を用いて、より豊かで多様な内容を展開することができます。これにより、読者に対して新しい情報や刺激を提供し、読ませることが可能となります。

特に、過去のWebページ制作の経験から言うと、クライアントや読者は新しい情報や異なる視点を提供するコンテンツを高く評価します。これは、SEOの効果を高めるだけでなく、ウェブサイトの信頼性や価値を向上させる要素ともなります。

ChatGPTによって生成された文章を読むと、しばしば同じ言葉やフレーズが繰り返し使われていることに気付くでしょう。これは、ChatGPTが学習した特定の表現やパターンを何度も再利用する傾向にあるためです。一方で、人間が書く文章では、同じ意味や情報でも異なる言葉や表現を使って描写することがあります。

実際には、この違いは読者にとっても感じられるもので、人間の書いた文章の方が読みやすく、また理解しやすいと感じることがあります。これは、人間が自然な言葉で感情や意図を表現する能力に起因しています。

ホームページ制作においては、このような人間特有の表現の豊かさが、ウェブサイトの質を高め、読者にとって価値のあるコンテンツを提供する上で重要であり、またSEOにとっても有益な要素となります。それにより、読者はより良い体験を得ることができ、ウェブサイトの評価も向上します。

リンクが掲載されているか

人間が書く文章は、多くの場合において、信頼できる情報源から得られた知識やデータに基づいています。このような背景情報は、外部リンクや内部リンクを通じて読者に提供されることが一般的です。これにより、読者は情報の信憑性を確認したり、さらに詳細な情報を得たりすることができます。これはSEOにとっても重要なポイントであり、リンクはウェブページの価値を高める要素となります。

一方で、ChatGPTはインターネット上でアクセス可能な情報源に直接アクセスすることはできません。そのため、生成された文章内にリンクが含まれることは稀です。また、ChatGPTが提供する情報は、その学習データに基づいているため、情報の新鮮さや正確さが保証されるものではありません。これは、特に時流に左右される情報や、新しいテクノロジーやトレンドに関連するテーマにおいて、重要な点となります。

実際のホームページ制作のプロジェクトにおいて、私たちはしばしばChatGPTと人間の文章を比較し、それぞれの特徴を理解する努力をしています。人間の書いた文章では、リンクを通じて読者にとって価値のある追加情報を提供することができ、それによってウェブサイト全体の信頼性や利用価値を高めることができます。この点は、ChatGPTがまだ満たすことができない要件の一例であり、人間のライターの重要な役割を明確に示しています。

また、ChatGPTが生成した文章には、現実と矛盾する情報が含まれることがあります。これは情報源が不明確であるため、または学習データに含まれる情報が古かったり、不正確だったりすることが原因となっています。このようなケースでは、読者が誤解や混乱を招く可能性があり、ウェブサイトの信頼性に悪影響を与える可能性があります。

人間のライターは読者のニーズを理解し、信頼できる情報源を選び、そしてそれらの情報を適切にリンクとともに整理する能力を持っています。これはChatGPTが現時点で提供できないものであり、人間のライターの優位性を示すものとなっています。

まとめ

ChatGPTと人間が書いた文章の違いを理解することは、情報の正確さと信頼性を確保する上で非常に重要です。このページでは、その違いを明確にするためのいくつかの観点を提供しました。ChatGPTは非常に優れたツールであり、文書作成の速度と効率を向上させることができますが、それが生成する内容は、人間のライターが提供するような深い理解や文脈の認識を欠いていることがあります。

人間のライターは、情報源を明確にし、状況や文脈を理解し、そして読者にとって価値のある、理解しやすく、関連性の高い情報を提供する能力を持っています。また、適切なリンクの提供や文脈に応じた語彙の選択など、SEOに強い文章を作成する能力も持っています。

ChatGPTは、特定の指示なしにはこれらの要素を完全に理解することはできません。したがって、情報の精度と信頼性を確保するためには、人間のライターの監修が不可欠です。また、ChatGPTの使用は、情報の最新性と正確性を確認し、適切なリンクを提供するなど、何らかの形で人間の介入を必要とします。

最終的に、ChatGPTは効率的なツールであり、正しい手法で使用すれば、ウェブコンテンツの作成を強力にサポートすることができます。しかし、その能力は人間のライターの能力と補完するものであり、置き換えるものではありません。この点を理解して、ChatGPTと人間のライターの長所を適切に活用することで、より高品質で信頼できるウェブコンテンツを作成することができます。