セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.26

ホームページのコンテンツ作成と削除でSEO効果をアップ

ホームページのSEOの鍵は、単にページを増やすことだけではありません。重要なのは、コンテンツの質的管理です。適切なコンテンツの追加と、時として必要な削除を行うことで、最大の効果を引き出すことができます。

初めの段階で多くのページを制作する企業は多いですが、これが必ずしもSEO効果に直結するわけではありません。適切なコンテンツの管理、そして時折の削除がSEO効果を大きく向上させる秘訣です。

ちなみに、ここで言うコンテンツとは、ページ全体を指すのではなく、ページの中の特定の部分や箇所を指します。

コンテンツ作成と削除のSEO効果

ホームページ制作の完成を迎えた後のステージが、実は最も重要なのです。なぜなら、ここからが本当のSEO効果を追求するスタートラインとなるからです。しかし、このステージでよく見られる誤解が、単にページ数を増やすことがSEO向上の鍵だと思い込むこと。実際には、その背後にあるコンテンツの質が極めて重要となります。

現代のサーチエンジンは、以前よりも高度にユーザー目線を意識しており、その結果として提示される検索結果はユーザーにとって有益な情報を重視する傾向が強まっています。この背景を踏まえると、新しい情報を追加するだけでなく、その情報が本当にユーザーにとって有益であるかが問われるようになりました。

特定のキーワードに焦点を当てたページの作成は、サーチエンジンが求める「ユーザーにとっての価値」を提供するための有効な手段です。その一方で、ページタイトルやメタデータと実際のコンテンツが一致しない、あるいは関連性の低い情報が多くを占めるページは、SEOの観点から見ると効果が低いと判断されることも少なくありません。

ホームページ制作の過程で新しいコンテンツを作成するのは当然のタスクですが、その後も継続的にページの品質をチェックし、ページタイトルに対して関係がない、あるいはユーザーにとっての価値が低いと判断されるコンテンツを削除することもまた、SEO効果を向上させるための大切な作業です。

このようなアプローチを取り入れることで、サーチエンジンにとって、そして何よりユーザーにとって価値のあるホームページを作成、維持することが可能となります。

コンテンツ作成と削除で意識すべきポイント

コンテンツの過不足を意識

ホームページ制作を手がける中で、私たちが常に意識しているのは、コンテンツの質とそのバランスです。訪問者にとっての第一印象は、タイトルから生まれるもの。それが実際のコンテンツと一致しなければ、ユーザーは混乱し、短時間でサイトを去ってしまう可能性が高まります。

コンテンツの過不足は、単にユーザー体験を損なうだけでなく、検索エンジン評価の観点からもマイナス要因となることがある。具体的には、過剰な情報や関係ないコンテンツはページの評価を下げる可能性があり、これは私たちが過去の制作活動で何度も検証してきた結果でもあります。一方で、情報が足りないページも、訪問者にとっては価値が低いと感じられ、結果的にSEO評価にも影響を及ぼすことが考えられます。

ホームページの制作では、各ページのタイトルタグとその内容が一致するよう心がけることが重要です。この点は、ユーザー目線での最適化の一環として考えるべきであり、適切なタイトルとコンテンツのバランスを保つことで、訪問者は求める情報を迅速に見つけることができます。

最後に、不要な情報や過剰なコンテンツは、サイトの質を下げるだけでなく、検索エンジンからのペナルティの原因ともなることが明らかになっています。積極的な削除や修正を行い、ホームページの全体的な質を向上させることが、長期的なSEO効果をもたらすカギとなるのです。

ユーザー目線で判断

ホームページの成功は、SEOのテクニカル面だけでなく、ユーザーの実際の体験に大きく左右されます。ホームページ制作の現場で経験してきたことは、時に予期しないユーザーの反応や、予想外のページの人気です。そのため、テクニカルな分析だけではなく、直感や感じ取ったユーザーの声にも耳を傾けることが重要です。

たとえば、ホームページが膨大なページ数を持っている場合、一つ一つのページのクオリティを均一に保つのは至難の業。しかし、アクセス数やユーザーの関心を基にページを絞り込み、ピンポイントでの最適化を図ることで、効果的なリライトが可能です。

制作初期の段階で考えられたコンテンツ構成も、時とともに変化するユーザーのニーズに応じて柔軟に変更する必要があります。新しいトピックの追加、過去の情報の修正や削除は、ユーザーからの信頼を得るためにも不可欠なステップです。

また、ユーザーが求める情報を正確に提供することは、ホームページのSEO効果を向上させるだけでなく、長期的なユーザーのロイヤリティを築くためにも必要不可欠。ユーザー目線での最適化を心がけることで、ホームページ制作の真の目的、すなわちユーザーの満足とロングテールな関係の構築が実現されるのです。

文字数と画像数を意識

ホームページ制作に携わる中で、文字数や画像数といった要素がSEO効果にどれほど影響するのかを数々のプロジェクトで確認してきました。確かに、一見すると多い文字数や多くの画像がページの価値を高めるように思えますが、実はその背後にはもっと深い意味があります。

まず、文字数を増やすだけでなく、その内容がユーザーにとって価値のあるものでなければならないことを経験上知っています。商品やサービスの詳細、その使用方法やメリット、デメリットを丁寧に説明することで、ユーザーの関心を引きつけることができます。このとき、情報の正確性や具体性が求められるのです。

画像についても同様で、ただ多くの画像を掲載するのではなく、その画像が何を伝えているのか、ユーザーにどのような価値を提供しているのかを意識することが重要です。たとえば、製品の使用シーンや特徴を明確に示す画像は、ユーザーの購入意欲を刺激します。

しかし、必要以上に情報を詰め込み過ぎると、逆にユーザーの混乱を招くこともあります。情報の過多は、ユーザーが求める核心的な情報を見逃してしまうリスクを高めます。そのため、制作の際には、情報の取捨選択が欠かせません。

私たちが制作するホームページが真に価値あるものであるためには、ユーザーがどのような情報を求めているのかをしっかりと把握し、それに応じて適切な文字数や画像数を設定することが必要です。また、ユニークな言葉やフレーズを織り交ぜることで、SEO効果の向上と同時にユーザーの興味を引きつけることができます。

まとめ

ホームページのSEO対策は、一度完了したら終わりではありません。新しいコンテンツを追加するだけでなく、時折、既存の内容の見直しや更新も必要です。特に、予想よりも検索順位が上がらない場合は、コンテンツの質をチェックし、ユーザーにとっての価値を高める調整が不可欠です。

SEOは短期間での結果を追求するものではなく、中長期的な取り組みが必要です。計画的にコンテンツを更新し、ユーザーの求める情報を提供することで、検索エンジンからの評価も高まります。今後のSEO戦略として、適切なコンテンツの更新と質の向上は、ホームページの成功を左右する重要な要素と言えるでしょう。