大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

「検出 - インデックス未登録」の改善法

「検出 - インデックス未登録」を改善

弊社のお客さまからのご相談やツイッター検索を見ていると、2021年5月ごろから、グーグルサーチコンソールの「検出 - インデックス未登録」が増え、お困りの方が多いように思います。

この「検出 - インデックス未登録」は、グーグルがそのページのURLは認識しているけれども、グーグルのインデックス中に何かしらの問題が発生したため、インデックスを辞めたページになっており、せっかく苦労してページを作成しても「検出 - インデックス未登録」になってしまうと、そのページ自体が検索結果ページに表示されることはありませんし、さらには弊社の経験から言うと、トップページのSEO効果にも影響を与えることがあります。

そのため、弊社のお客さまからのご要望で、2021年5月ごろから弊社が「検出 - インデックス未登録」の改善法について調査と対策を行った結果、こういう対策が効果的であったというポイントをご紹介いたします。

ただし、弊社のお客さまのホームページや弊社のホームページは改善されましたが、すべてのホームページに当てはまるものではない可能性もあり、さらには闇雲な対策はSEOにマイナス効果になることをご了承ください。

「検出 - インデックス未登録」の状態

まず、「検出 - インデックス未登録」の状態についてご紹介をいたします。

「検出 - インデックス未登録」は、グーグルサーチコンソールの「カバレッジ>除外>検出 - インデックス未登録」に表示されるURLになっており、これが2021年5月ごろから多くのホームページで急増しております。

この「検出 - インデックス未登録」の状態については、XMLサイトマップやfeedなどでURLは検出したけれども、インデックス前あるいは中に、何かしらの問題が発生、あるいはホームページへのサーバーの過負荷が予測されたため、インデックスを辞めてしたためページになっております。

そして、この「検出 - インデックス未登録」の具体的な改善法を調査するために、弊社のWeb制作実績のお客さまのグーグルサーチコンソールを確認したところ、「検出 - インデックス未登録」が増えていないホームページもありましたが、半分以上のホームページでは、この「検出 - インデックス未登録」が急増しておりました。

この「検出 - インデックス未登録」が増えているホームページの特徴としては、新規ページの作成をしっかりと行っているホームページに多いものになっており、基本的には新規ページがこの「検出 - インデックス未登録」に登録されております。

SEOのためにせっかくページを作成していても、「検出 - インデックス未登録」となってしまうと、そのページ自体がSEOの評価対象から外れるため、その記事を作成した作業時間が無駄になってしまっており、弊社としてはもちろんですが、お客さまからも「検出 - インデックス未登録」になる問題を改善して欲しいというご要望を多くいただきます。

では、2021年8月7日段階で、弊社が考える「検出 - インデックス未登録」を改善する方法についてご紹介いたします。

また、弊社では、この「検出 - インデックス未登録」の問題を完全に改善することに成功しており、弊社のホームページはもちろんのこと、お客さまのホームページでも改善しているため、以下記事を読んで改善していただければ必ず「検出 - インデックス未登録」の問題は解決すると思います。

グーグルの発表を見る

まず、初めに弊社が行ったのは、「検出 - インデックス未登録」を改善するために、グーグル検索やツイッター検索などでの情報収集になります。

すると、多くのブログやツイッターがグーグルのJohn Mueller氏の発言を紹介しておりました。

以下が実際に紹介されているyoutube動画になっております。

当youtubeは英語の動画になっておりますが、英語があまり得意ではない方は、youtubeに移動をして、動画内の右下にマウスを移動させ、「設定>字幕>英語(自動生成)>日本語」を選ぶと日本語の字幕を付けてることができるので、ある程度の内容を理解することが可能です。

こちらの動画の内容としては、「検出 - インデックス未登録」になる原因は、以下の4点であると紹介されております。

  • ホームページへの過負荷が予測されクロールを辞めた
  • 内部リンクがない独立したページ
  • 低品質なコンテンツとしてみなされた
  • 重複コンテンツとしてみなされた

そして、実際に弊社が「検出 - インデックス未登録」を完全に改善できたというには、もう一点の原因があると考えたためであり、それはクロールバジェットになっております。

ただし、クロールバジェットの改善は、闇雲に行ってしまうと、逆に検索順位を落としてしまう可能性があるため、クロールバジェットの改善を行う際には細心の注意を払って対策を行わなくてはなりません。

クロールバジェットの解説については、当ページの下部にある「クロールバジェット対策」をご覧いただければ幸いです。

やっても意味がなかった対策

まず、今回弊社がご紹介する対策法以外にも、ツイッターなどでは本当に多くの情報が公開されております。

そして、その中から、弊社が行ってみたところ、「検出 - インデックス未登録」が改善されなかった対策法をご紹介いたします。

弊社では効果が見られなかった対策法をご紹介する理由としては、弊社が対策を行っても「検出 - インデックス未登録」は改善されなかったですが、その情報を公開されている方は改善されたと紹介しているため、参考となる対策としてご覧ください。

クロール統計を最適化

グーグルサーチコンソールの「設定>クロールの統計情報」を確認します。

そして、「目的別」の項目を見ると、「更新」と「検出」のクローラが、それぞれどれくらいの割合でホームページに訪問しているかが表示されております。

この「更新」はホームページが更新されたときにグーグルが情報の差し替えを行うためのクローラになっており、「検出」は新規ページの発見に利用されるクローラになっております。

そしてツイッターを見ていると「検出 - インデックス未登録」を改善するためには、この「更新」と「検出」の割合が大きな要因になっているとのことです。

例えば、弊社のホームページで言えば、「更新」が約75%、「検出」が約25%となっており、ツイッターの情報によると、更新の割合が少し多いとのことでした。

そして、この「更新」と「検出」の割合を最適化することで、「検出 - インデックス未登録」は改善されると紹介されているツイッターがあったのですが、この対策は実際に行ってみて、検出の割合を増やしてみたところ、あまり効果がありませんでした。

もちろん、まったく効果がないかと言うとそういうことはなく、「更新」が約75%、「検出」が約25%の割合を、もう少し検出を多くすることによって、多少「検出 - インデックス未登録」が上下しておりましたが、この対策に本気で取り組んだとしても、本当に多くの時間がかかってしまう、あるいは一時的に上下していただけで改善されていなかった可能性もあるため、長くこの対策を行っていたとしても意味がないと感じ、弊社としては行うべき対策からは外すことといたしました。

URLを変更

そして次にURLを変更することで、「検出 - インデックス未登録」が改善されるというツイッター記事もよく見かけました。

これについては、当たり前の話ですが、「検出 - インデックス未登録」の原因が「ホームページへの過負荷が予測されクロールを辞めた」であれば、改善されることもあると思いますが、そうでない場合は運が良くても「クロール済み - インデックス未登録」に移動する、運が悪いと新しいURLでも「検出 - インデックス未登録」になるものになっております。

そして、「ホームページへの過負荷が予測されクロールを辞めた」が原因であった場合には、おそらく「検出 - インデックス未登録」は時間が解決してくれるものになっていたので、URLを変更しなくても再度グーグルがクロールのためにホームページに訪れたときには、改善されていたことが予測されます。

そのため、URLの変更は弊社としては時間の無駄だと考え、弊社の「検出 - インデックス未登録」の改善提案からは外しております。

具体的な弊社の改善法

効果があった改善法

では実際に弊社がお客さまのホームページや弊社のホームページで「検出 - インデックス未登録」を改善した対策法を1つずつご紹介いたします。

当記事を参考に「検出 - インデックス未登録」を改善される際に、基本的には上から順番に対策を行う必要はなく、自分で行える対策から順番に行っても良いですし、すでに取引のあるWeb制作会社に丸々依頼をしても良いと思います。

そして上記の画像は弊社のホームページになるのですが、このように一気に「検出 - インデックス未登録」を減らしている現象は、すべてのお客さまのホームページで見られた現象になりますので、以下の対策をしっかりと行うことで「検出 - インデックス未登録」は改善されると思います。

また、SEO効果については、「検出 - インデックス未登録」が減ることで一気に検索順位を高めているホームページもあれば、まったく動かないホームページもありました。

ホームページの表示速度対策

ホームページの表示速度を向上させます。

このホームページの表示速度対策は上記でご紹介した「検出 - インデックス未登録」の原因の1つである「ホームページへの過負荷が予測されクロールを辞めた」への対策となっております。

弊社では「ホームページへの過負荷が予測されクロールを辞めた」への対策ツールとして、PageSpeed Insightsを利用して以下の対策を実施しております。

  • サーバー会社のプランを上げる
  • PHPのバージョンアップ
  • ワードプレス(Webシステム)のバージョンアップ
  • ワードプレスのプラグインのバージョンアップ
  • HTMLやCSS、JavaScriptの不要なタグの削除

この対策を行うことで、「検出 - インデックス未登録」が改善されるというよりも、「ホームページへの過負荷が予測されクロールを辞めた」への対策となっているため、減らすのではなく、できる限りこれ以上増やさないための対策になっております。

ただし、PageSpeed Insightsには1点注意点があり、PageSpeed Insightsはホームページの表示速度を点数化してくれるツールになるのですが、実際にビッグワードで上位表示を行っているホームページであったとしても、10点台のホームページも多くあるので、100点を目指す必要はなくPCとスマートフォンで50点以上のホームページであれば問題がないと思います。

また、このPageSpeed Insightsで表示される「次世代フォーマットでの画像の配信」の対策として、jpgやgifではなくwebpで画像をアップするホームページも増えておりますが、現状で言えばですが、webpはアイパッドで画像が表示されないため、まだ対策を行うには時期が早いと考えております。

リンクを増やす

「内部リンクがない独立したページ」の対策として、「検出 - インデックス未登録」に表示されているページへの被リンクを行います。

内部からの被リンク

ホームページの別ページから該当するページへと内部リンクを実施いたします。

この内部リンクは、本気で取り組むと本当に時間がかかるものになっているので、例えば自分の作成したブログ記事を移動時間や就寝前などに見て、このページからこのページへと内部リンクがあれば便利かなと思ったら翌日に張るようにいたします。

この内部リンクについては、基本的には「検出 - インデックス未登録」に表示されているの有無にかかわらず、さまざまなページへと内部リンクを実施することが重要であると考えており、基本的にはホームページ内の内部リンクが充実していればいるほど、「検出 - インデックス未登録」が改善されると思います。

実際に弊社のお客さまの中に「検出 - インデックス未登録」だけを改善したいと考え、「検出 - インデックス未登録」に表示されたページへの内部リンク元のページを探し、無理やり内部リンクを張っている会社さまがいらっしゃったのですが、その効果はまったく改善されず、逆に「検出 - インデックス未登録」を無視して内部リンクを張り巡らせる作業を定期的に行っていた会社さまが「検出 - インデックス未登録」を減らすことに成功しております。

そのため、「検出 - インデックス未登録」の対策として内部リンクを行う際には、基本的にはリストアップされたページへの内部リンクを増やすと考えるのではなく、ホームページ全体の内部リンクを増やすことを考えたほうが良い結果を得れますし、さらには作業時間も短くなっております。

ただし、「検出 - インデックス未登録」を考えなくても良いと言っても、まったく「検出 - インデックス未登録」のページへの内部リンクが増えないというのは問題があるため、「検出 - インデックス未登録」も含めてさまざまなページへの内部リンクを実施することが重要になります。

外部からの被リンク

外部からの被リンクは、グーグルの発表にはありませんし、さらには弊社のお客さまにおいては、この外部からの被リンクを増やす活動をせずに「検出 - インデックス未登録」を改善されております。

しかし、弊社ではこの外部からの被リンクを増やすことも重要であると考えております。

その理由は、「低品質なコンテンツとしてみなされた」への対策になっており、基本的には低品質なページを改善するためには、外部の被リンク数を増やすか、あるいはページのリライトを行うかのどちらかになっております。

そのため、弊社ではこの外部の被リンクを増やすことも重要な要素の一つであると考えており、この外部の被リンクを増やすことで、低品質なコンテンツではなく高品質なコンテンツであるとグーグルが認識してくれるようになるのです。

ただし、再三になりますが、こちらは本当に大変な作業になっていること、さらには弊社のお客さまはまったく外部からの被リンクを行わず「検出 - インデックス未登録」を改善されておりますので、余力があれば行うようにしましょう。

オススメの被リンクツール

上記の外部からの被リンクは非常に難しいものになっており、過剰に行うと検索エンジンペナルティーになる可能性があります。

そのため、必ず被リンクの基礎知識の闇雲な被リンクは辞めたほうが良いのページをご確認お願いいたします。

具体的に、どのように被リンクを行うかと言うと、弊社では、外部からの被リンクを無料で行えることを推奨しており、その方法は、自分でできる無料の被リンクリストのページでご紹介しているツールをご利用ください。

そしてこれらのツールを使った被リンク対策であれば、確かに時間はかかりますが、1つずつの外部のホームページをしっかりと制作し、運営することで、その被リンクの効果は非常に高いものになるのです。

そしてさらには、一度設定すれば被リンクが完了するツールもあるので、これらを利用することで御社のホームページに効果的な被リンクを多く集めることが可能です。

ソーシャルメディアでの露出

ソーシャルメディアでの露出については、お客さまによっては行わずに「検出 - インデックス未登録」を改善されている事例もありますが、弊社のホームページでは実際に行っております。

ただし、ソーシャルメディアでの露出対策を行っているお客さまのホームページや弊社のホームページでは、実はそこまで本気でソーシャルメディアでの露出を行っておらず、おそらく行ったとしても、ソーシャルメディアからの被リンクはnofollowになっているため、目に見える効果を得ることができないとは思います。

ただ、ソーシャルメディアでの露出は重要な要素の一つになっており、その理由は被リンクを獲得できる可能性が高まるという点にあります。

そのため、このソーシャルメディアでの露出についても、上記の外部からの被リンクと同様に余力があれば行いたい対策になっております。

また弊社がこのソーシャルメディアの利用でよく提案する種類は主要なソーシャルメディアのご紹介のページにご紹介をしておりますので、ご興味がございましたらご覧ください。

記事のリライト

「低品質なコンテンツとしてみなされた」対策として、記事のリライトを行います。

このリライトを行う際に、最も大切になってくるのが、ページタイトルを作成する際に、検索意図を考えるということではなく、それぞれのページに対してしっかりと固有の上位表示キーワードを定めること、そしてそのページタイトルに対して、現段階で御社が行える最大のクオリティーで原稿作成を行うことになっております。

ただし、上記を行えば必ず成果が出るものではないので、弊社ではテクニックとして、以下のようなルールを設けてリライトを行っていただいております。

  • コンテンツごとに最適な文字数を
  • 文字数が必要なコンテンツは100文字以上増やす
  • アイキャッチ画像がない場合は張る
  • 画像枚数を1枚以上増やす
  • 強調(strong)や表、箇条書きを利用する
  • 内部リンクを1つ以上増やす

上記が弊社が定めているリライト方法になっており、このリライト作業は一気に行うお客さまは少なく、リライト前よりもリライト後のページの方が良質なホームページになるように、弊社も含めゆっくりと行われているお客さまが多くなります。

重複コンテンツ対策

一般的にホームページ内にあるスタッフブログやノウハウを公開するブログであれば、必ず重複コンテンツが発生します。

この重複コンテンツはSEOと関係しており、重複は、カニバリゼーションと呼ばれるSEOのマイナス評価の一つになっているので、すべてのページで重複がないことが重要になっております。

そしてこの重複コンテンツは、グーグルの「重複コンテンツとしてみなされた」への対策として必ず改善していかなくてはなりません。

ただ、ブログ記事などを作成していると、どうしても他のページで利用した原稿と似た原稿を書いてしまうことが一般的であると思いますので、この重複コンテンツについては、詳細ページでは仕方がないことだと弊社では考えております。

ただし、スタッフブログなどの記事一覧ページなどの重複はできる限り回避した方が良く、例えば弊社のスタッフブログであれば、「スタッフブログ2ページ目」や「スタッフブログ3ページ目」、さらにはカテゴリーの「Web制作・運営の2ページ目」と「Web制作・運営の3ページ目」で重複コンテンツが発生してしまうことがあります。

このように重複コンテンツ対策としては、記事一覧ページをどのように表示させるかがメインの対策になっており、できる限り重複しないように対策を行う必要があるのです。

また、当然ですが、記事ページを作成する際に、自社のホームぺージの他のページからはもちろん、他社のホームページから原稿を丸々コピー&ペーストしたりしている場合は、これらをすべてリライトする必要があります。

時間が解決するとも思う

上記がグーグルの発言から行った弊社の「検出 - インデックス未登録」対策になっております。

この「検出 - インデックス未登録」については非常に多くの噂があり、「検出 - インデックス未登録」が多いとSEOの順位が落ちるや、「検出 - インデックス未登録」は無視しても良いと言われることもあります。

そして、弊社の感覚としては、もちろん時間があるのであれば、上記のような対策は行うようにしたほうが良いですが、この「検出 - インデックス未登録」は、新規ページが表示されているものになるので、すべてのページではないにしても、ある程度は時間が経てば、インデックスしてくれるのではないかと思っております。

そのため、「検出 - インデックス未登録」の対策に時間を割けないという場合は、取り敢えずは放置をしてみることも良いとは思っております。

ただし、別記事でご紹介をしますが、「クロール済み - インデックス未登録」については改善を行うべきページになっており、この「クロール済み - インデックス未登録」についてはについては、「クロール済み- インデックス未登録の改善法」のページでご紹介しておりますので、ご興味がございましたら、「クロール済み- インデックス未登録の改善法」のページもご確認ください。

では、最後に弊社が上記の対策を行っても、「検出 - インデックス未登録」が治らなかったホームページに対して行った対策をご紹介いたします。

ただし、こちらの対策はやり方を間違えると、リダイレクトを利用するため、検索順位が大きく落ちる可能性がございますので、対策を行う際には細心の注意を払ってお願いいたします。

クロールバジェット対策

基本的には上記の対策で「検出 - インデックス未登録」は改善されるのですが、基本的な傾向としては、改善速度が遅く、また改善していく傾向としても、減ったと思ったら新規ページ作成によって増えて、そしてまた減ってと、本当に少しずつの改善になっておりました。

そして上記の対策以外として、弊社が実施したのが、類似するページの削除になっております。

主にリライトと内部リンク対策を中心に提案していた弊社ですが、改善速度が遅すぎることや、まったく直らない会社さまもいらっしゃりましたので、何か特効薬のような方法はないかと検討をしていたのですが、クロールバジェットという1日にクロールされる上限がホームページによって異なっているという情報を思い出し、このクロールバジェットが不足していることが原因ではないかと考えました。

このクロールバジェットは、弊社はSEO会社ではありませんし、さらにはグーグル自体もその存在をはっきりと認めていないこと、そして弊社のお客さまや弊社のような1,000ページ未満のホームページには関係がないものになっているので、基本的にはあまり意識したことがないのですが、この「検出 - インデックス未登録」と言うのは、XMLサイトマップやRSSなどによってURLは検出したけれどもクロールしていないという状況であるため、クロールバジェットを改善すればもしかしたら改善されるのではないかと考えたのです。

そしてこのクロールバジェットを改善するために、弊社のホームページで行ったのが、スタッフブログ内のページの確認になっており、弊社のスタッフブログは400記事ほどあったのですが、似たようなページがないかをチェックして、ある場合はどちらのページを公開した状態にするかを考え、もう一方のページを削除し、リダイレクト設定を行いました。

そしてこの作業は大体ですが、5営業日ほどかかったのですが、その効果は非常に高く、上記のキャプチャー画像のように、25ページがランクインされていた「検出 - インデックス未登録」が現在2ページまで減少をいたしております。

そして、検索順位はと言うと、弊社のホームページは2021年6月3日のグーグルコアアルゴリズムアップデートに被弾して最終的には50台まで検索順位が落ちていたのですが、その検索順位を15位前後まで向上させており、弊社のホームページで言えば、検索順位の向上には「検出 - インデックス未登録」も関係があるようです。

ただし、この類似コンテンツの統合については、闇雲に行ってしまうと、逆に検索順位を落としてしまうため、本当に関連するページとページの統合だけにしておく注意点がございます。

また、「検出 - インデックス未登録」対策を行って改善されなかったホームページもこのクロールバジェット対策を行うことで、すべてのホームページで改善されており、グーグルの言う対策を行うことが優先ではありますが、それでも「検出 - インデックス未登録」が改善されない場合は、クロールバジェット対策が必要になっています。

「検出 - インデックス未登録」の改善法まとめ

「検出 - インデックス未登録」を改善するためには、まずはグーグルの発言からの改定を行い、対策を行っても改善されなければ、クロールバジェット対策を行うことが必要になっております。

「検出 - インデックス未登録」は本当に多くの企業さまのホームページで表示されていると思いますので、お困りの方は、ぜひ上記対策を行ってみることをオススメいたします。

これから弊社では「検出 - インデックス未登録」の具体的な改善法が分かったので、「クロール済み - インデックス未登録」の改善法を調査していきたいと考えております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績