HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページリニューアル時に検索順位を落とさない301リダイレクトとSEO

ホームページリニューアル時に検索順位を落とさない301リダイレクトとSEO

SEOを真剣に取り組まれているウェブマスターさまであれば、301リダイレクトは十分にご存知だと思います。

ホームページリニューアル時においては、一般的に制作会社は、ホームページをただ作り直すのではなく、適切に301リダイレクトを行うことで、検索順位を落とさない対策としています。

実際に、当社は301リダイレクトをあまり推奨していないWebサイト制作会社ですが、リニューアル時には必ず実施しています。

リニューアルで301リダイレクトを行えばSEOで下落を回避

リニューアルで301リダイレクトを行えばSEOで下落を回避

ホームページリニューアルは、ウェブブラウザでの見た目が変わるだけではなく、実はURLなども結構変更されます。

このURLの変更は、検索順位にとってあまり良いものではなく、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなどの検索エンジンは、URLでホームページを判断しています。

例えば、Aというページが/a.phpで制作されていたとして、まったく同じ原稿で、URLだけを変更し/b.phpにしたとします。

a.phpのページは、削除され、そのページへの流入が0になり、関連性が失われ、その他のページの検索順位も下がります。

さらにリダイレクトを行っていないので、a.phpが削除されたとグーグルがデーターベースに書き込むまでは、b.phpと類似コンテンツと見なされ、さらに検索順位が落ちてしまいます。

このようにURLの変更を伴うリニューアルにおいては、実は、301リダイレクトを行っていないと、大きく検索順位を落とす仕様になっています。

行っていると、関連性は失われませんし、さらには類似コンテンツ対策ともなるのです。

ドメイン移管を伴うホームページ制作も同様であり、リニューアルやドメイン変更を伴うホームページ制作では必須になっております。

実際に、他のWebサイト制作会社のブログで、301リダイレクトを行わずにリニューアルをしたけど、検索順位が落ちたから行ったら、検索順位が戻った事例は山のように報告されています。

このように、ホームページ制作やリニューアルにおいては、301リダイレクトは必須になっており、適切に行うことで、検索順位の下落を防ぐ効果があるのです。

ちなみに、当社はあまり301リダイレクトに肯定的なWebサイト制作会社ではありません。

ただ、ドメイン変更を伴うホームページ制作や、リニューアル時においては、必ず実施しております。

では、検索順位を落とさないためには、どのようなポイントがあるかをご紹介したいと思います。

SEO効果を落とさないリニューアル時の301リダイレクト

SEO効果を落とさないリニューアル時の301リダイレクト

検索順位を落とさないリニューアルとする301リダイレクトのポイントをご紹介します。

企画段階でホームぺージの内容を整理

ホームページ制作は、闇雲に行うものではなく、提案段階で、基本的にはサイト構成を立ててお客さまにプレゼンテーションを行います。

新規ホームページ制作であれば、新サイトのサイト構成だけで良いのですが、実はリニューアル時には旧サイトのサイト構成も必要になります。

その理由は、301リダイレクトが必要になるからです。

旧サイトの内容をしっかりと把握していないと、新サイトのどのページと同じテーマになるかが分かってこないのです。

一般的に、この旧サイトのサイト構成を作らないWebサイト制作会社は、リニューアルには不向きであると思われます。

検索順位をあまり気にしないお客さまだけではなく、被リンク本数が多いホームページにおいても、404 NOT FOUNDが多発してしまいます。

そのため、旧サイトのサイト構成をしっかりと作成することが重要になります。

ちなみに、当社では、ホームページの提案時ではあまり用意はしませんが、ご発注いただいた後には、しっかりと作成を行います。

関連性を検討

旧と新のサイト構成があると思いますので、それぞれに対して、関連性を意識してチェックをしていきましょう。

ここでは、単にタイトルだけを見て考えるよりも、そこに記述する内容も含めて検討しましょう。

タイトルは同じでも、まったく内容が異なる場合は、基本的には、301リダイレクトを行う必要はありません。

ただ、ページ数が多い場合は、一応行っておき、後から少しずつ解除を行うのが良いでしょう。

301リダイレクトは、各ページのタイトルや本文がどれくらい関連性があるかが大切になり、リニューアル時にはこの関連性をしっかりと検討してから実施することが大切です。

関連性がないページは削除

上記で関連性を検討した後、新サイトでは、該当するページがない場合は、遠慮なく削除をします。

実際に当社がホームページ制作を提供し、よくある間違いが、ページは削除するけど、被リンクが付いてるし、カテゴリーやトップページへ301リダイレクトをしようとするケースです。

確かに気持ちは痛いほどわかります。

せっかく被リンクを獲得できているのだから、その被リンクを無駄にしたくないと考えるのは当然でしょう。

ただ、グーグル曰く、関連性がない301リダイレクトが多く、本来あるべき検索順位よりも低いホームページが本当に多いと発言をしています。

そのため、関連性がないページは、遠慮なく削除を行うことを推奨しています。

SEOと301リダイレクトでホームページリニューアル費は高い

SEOと301リダイレクトでホームページリニューアル費は高い

新規ホームぺージ制作とリニューアルでは、お見積書が変わってきます。

実際に当社の事例で言うと、例えば新規ホームページ制作が80万円であれば、リニューアルは100万円くらいが多くなります。

主に、変わってくるのが企画費用になっており、新規ホームページ制作であれば、大体ですが、実作業の20%が企画・調査・進捗管理費になります。

ただ、リニューアルの場合においては、それにプラスアルファとして、ページ数によりますが、10万円くらいの予算が必要になっています。

ページ数によると言ったのが、主な作業が以下のようなものになっています。

  • 現サイト構成表を作成
  • 現サイトのSEOキーワード設定
  • 新サイトのSEOキーワード設定

もちろん上記の新サイトのSEOキーワード設定は、お客さまへの確認が必須です。

当社はホームページ制作提案時にディレクトリーリストを作成しており、そこに各ページでSEOキーワードを定めて提案をしています。

このディレクトリーリストを見て、実際にどのような内容を記載するかは、当社だけではどうしても判断ができず、お客さまのご協力が必須になっています。

このご協力をいただいた後、本当に301リダイレクトが必要かどうかを検討していくことで、本当に効果的なホームページ制作作業になるのです。

当社のホームページ制作では、大体10万円から20万円くらいが一般的であり、実働として、半月から1ヶ月程度の作業になっています。

もちろん、追加料金がなく、対応してくれるWebサイト制作会社もあると言えばあると思いますが、一般的には非常にまれなケースになっています。

それくらい時間と手間がかかる作業になっています。

制作会社の選定はリニューアルSEOの301リダイレクトで何を行うか

制作会社の選定はリニューアルSEOの301リダイレクトで何を行うか

上記のように、類似コンテンツを回避したり、ページが削除されることによる関連性の喪失を防ぐ方法として、301リダイレクトは必須です。

ただ、全ページで行う必要はありません。

リニューアル後サイトと現サイトを見比べたときに、同じテーマで原稿を書く場合のみ実施が必要になります。

また、タイトルが同じだからと言って、301リダイレクトは行うべきではありません。

本文がまったく異なるようであれば、それは、違うページであり、301リダイレクトを行うと、検索エンジンから検索順位を下げられてしまいます。

そのため、基本は原稿を変えないページ、ただ変更をしたとしても、同じような内容で記載をして、原稿の質が上がるページに対して行いましょう。

これらを行わないホームページ制作では、必ず検索順位が下落します。

そしてお客さまにおいては、リニューアルを行うWebサイト制作会社を選定する一つの基準になってくると思われます。

しっかりと、301リダイレクトをどのように考えているかを確認し、その結果、本当に関連ページに対して行ってくれる業者を選定することが大切です。

大幅なアドレス変更を伴う、リニューアルは、検索順位が落ちる可能性が十分にあり、しっかりと対策を取るようにしましょう。

また、最後に、301リダイレクトを行うことは、SEOだけではありません。

例えば、同業他社や、同じテーマのホームページやポータルサイトからリンクを受けていると、リンクのSEO効果とユーザーの誘導にも301リダイレクトは役立ちます。

さらには、昨今で言えば、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、ライン、リンクトイン、グーグルビジネスプロフィールなど多くのソーシャルメディアが利用されています。

昨今のユーザーは、ブログをサイト運営を行うよりも、ソーシャルメディアを利用しているため、これらの被リンクも301リダイレクトを行うことで、適切にユーザーが誘導可能です。

ちなみにソーシャルメディアからの被リンクは、nofollow属性が付与され、被リンクとしての検索順位を高める効果はありません。

当ページは検索順位、すなわちSEOに絞ったご紹介ですが、SEOだけではなく本当に訪問者にとって役立つホームページとするために、適切な設定を行うようにしましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP