HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

内部SEOとは?検索順位が上がるホームページの最適化

内部SEOとは?検索順位が上がるホームページの最適化

内部SEOとは、検索エンジン対策として、もっともオーソドックスと言えます。

SEOには、内部と外部2つの対策があり、外部は数を集めることが難しく、一般的な企業サイトにおいては内部SEOが一般的です。

当社は、ホームページ制作時に内部SEOに注力をして対策を行っていて、数多くのホームページを上位表示に導いているため、その際に意識しているポイントをご紹介します。

内部SEOとは

内部SEOとは

内部SEOとは、被リンクやサイテーションを集めたりする外部SEOとは違い、ホームページ内部を検索エンジンに対して最適化する手法になります。

SEOには、内部と外部が存在していて、従来は、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなど、主要な検索エンジンは外部対策を重要視していました。

しかし、2021年ごろから、検索エンジンのアルゴリズムで、外部対策の重要性を下げ、内部対策だけでも上位表示ができるホームページ制作案件も増えています。

この内部SEOで行う内容としては、具体的な方向性は以下でご紹介をしますが、基本としては、検索エンジンユーザーにホームページを最適化することになります。

検索エンジンは、ランキング結果を、より良いものにしようと、日々アルゴリズムを改定しています。

その理由は、キーワードに対して最適な回答を提示して、ユーザー数を獲得する狙いになっています。

もちろん、検索エンジンは、ランキングを表示して利益を上げているわけではありません。

ただ、ユーザーが増えれば増えるだけ、広告出稿数が増え、さらには広告クリック率も上がり、結果として利益に繋がります。

そして、そのためのランキングアルゴリズムになっていて、制作したホームページをユーザー目線にすれば、期待以上に高いランキングになります。

では、具体的に、どんな対策を行うかをご紹介します。

ホームページ制作における内部SEO対策法

ホームページ制作における内部SEO対策法

ホームページ制作時やサイト運営時に行う内部SEO対策法をご紹介します。

ホームページ制作企画立案

ホームページ制作の企画立案は、非常に大切になっています。

ここで大切になってくる内容は、どんなウェブページを作成するかになっています。

ページ数が多いホームぺージであれば、ユーザー目線で言えば、同じテーマのウェブページが2ページあっても、両方を見つけ、どちらが良いか迷うケースは多くないでしょう。

しかし、検索エンジンは違います。

検索エンジンは、キーワードに対して最適な回答を表示させていて、同じテーマのウェブページが2ページあった場合、どちらを上位表示して良いかが分からないのです。

そのため、現在では、原則1キーワードに対して、同ドメインは2ページまでしか表示しておらず、さらには同じテーマのウェブページのランキングを少し下げる対策を行っています。

もちろん、このセット数が少なければ、該当ページだけの話で済むのですが、そのセット数が多くなってくると、実はホームページ全体で少しずつランキングを下げているのです。

そのため、この同じテーマのウェブページを量産しないように、ホームページ制作の企画を立てる必要があります。

この企画の際に意識するポイントは、重複コンテンツとカニバリゼーションです。

重複コンテンツは、同じ原稿あるいは非常に似たような原稿のウェブページになります。

カニバリゼーションは、非常に難しいのですが、同じニーズの人に対して書かれているウェブページになります。

実際に当社のホームページ制作実績で、これらがまったく発生していないクライアントも多くあり、SEOで非常に高い成果を得ています。

重複コンテンツは回避が可能ですが、カニバリゼーションは回避がかなり難しく、ホームページ制作の企画段階でできる限り回避する仕組みを構築すれば、期待以上の効果を得れるのです。

ウェブデザイン作成

内部SEOに最適化されたウェブデザイン作成とは、簡単に言うと、画像をフンダンに利用するのではなく、テキストを利用する対策を言います。

検索エンジンは、画像認識力が日に日に高まっていますが、だからと言って、完全に認識できるわけではありません。

そのため、画像よりもテキスト情報を重要視していて、画像しかないウェブページがランキングに表示されるケースはないと考えて良いでしょう。

ただ、画像とテキストにおけるバランスは非常に難しく、画像を利用したほうがユーザーにとっては、魅力的なホームページとなります。

そのため、当社では、まずはウェブデザイナーが自分の感覚で画像とテキストを振り分けていて、それをウェブディレクターが、ここはテキストにした方が良いのではと提案をしています。

これにより、クライアントにウェブデザインが渡るころには、ユーザーインターフェイスはもちろん、内部SEOにも最適化されたウェブデザインになっていきます。

昨今、ホームページ制作の流行りとして、あまり画像テキストは利用しなくなっています。

それは、内部SEO対策の一環でそのようになっています。

ソースコードの記述

Webサイト制作会社によっては、ソースコードは、ウェブブラウザで見たときにピクセルパーフェクトが実現できていれば良いと考えるケースがあるようです。

しかし、検索エンジンは、ソースコードを収集し、そこにアルゴリズムを実施して、各キーワードごとに適切なランキングを表示しています。

このソースコードを記述する際に大切になる対策は、ウェブ標準でコーディングを行うことです。

ウェブ標準とは、W3Cというウェブ規格団体が推奨するHTMLとCSSの記述法になっていて、これらは当然検索エンジンも理解をしています。

そして、この記述方法でホームページを制作すれば、非常に検索エンジンが見やすく分かりやすいソースコードになるのです。

もちろん、HTMLとCSS以外にもPHPやジャバスクリプトファイルなどもありますが、これらはHTMLにべた書きせずしっかりと別ファイルに記載する方が良いでしょう。

基本ベースになる考え方として、HTMLは原稿、CSSはレイアウト、PHPとジャバスクリプトは動作と記述内容を明確に分けることが重要です。

これらをしっかりと行えば、御社が作成した原稿は、より深く正確に検索エンジンに伝わります。

タイトルタグとメタディスクリプション作成法

タイトルタグとメタディスクリプション作成は、セットで考えると良いでしょう。

タイトルタグとは、書籍をイメージすると分かりやすいと思いますが、本のタイトルになっています。

タイトルタグは、ランキングに大きな影響を与え、しっかりと該当ページで書いている内容を要約した文章にしなくてはなりません。

メタディスクリプションとは、検索結果に表示されるタイトルタグ下にある2,3行のテキストになります。

メタディスクリプションは、ランキングには一切影響がありませんが、検索結果でのクリック率を左右し、100文字以上160文字未満で要約を記述しましょう。

内部SEOにおいて、タイトルとメタディスクリプション最適化は必須であり、ホームページ制作時にクライアントとWebサイト制作会社が一緒になって最適化するのが望ましいです。

コンテンツ内容

コンテンツ内容は闇雲では絶対にいけません。

これは、クライアントに丸投げをしてしまうと、上記でご紹介する重複コンテンツやカニバリゼーションが大量発生してしまう可能性があります。

そのため、当社は、ホームページを公開後に、Webサイト制作会社が主導になって、どのようなウェブページを作成していくかを定めるべきであると考えています。

もちろん、具体的な内容はクライアントでなければなりません。

Webサイト制作会社は、ホームページ制作はプロですが、御社業界については素人です。

そのため、コンテンツ内容を定めるルールをしっかりと策定して、ルールに基づいてクライアントが作成していく必要があります。

各ページで利用する原稿が作成できないという場合は、Webサイト制作会社ではなく、ライティング代行業者へ依頼するのが良いでしょう。

内部リンク最適化

ホームページ制作時に作成する内部リンクはWebサイト制作会社が担当します。

サイト更新時に作成する内部リンクは、クライアントが担当しますが、ルールはWebサイト制作会社が作成します。

昨今、SEOにおいて、外部効果が弱まり、内部リンクの重要性が年々高まっています。

そのため、これらをしっかりとサポートすることによって、期待以上に効果を発揮できるようになります。

ツールの実装

ホームページ制作が終わった後、グーグルサーチコンソールとビングウェブマスターツールを導入します。

この2つは、SEOにおいて大切なツールになり、Webサイト制作会社は、公開後には必ず導入してくれていると思います。

また、追加でグーグルアナリティクスやマイクロソフトのヒートマップになるクラリティも導入することで、ホームページの効果分析が可能になります。

スケジュールに則ったサイト更新

上記対策を行って、ホームページを公開した後は、クライアント自身で、サイト更新業務を行っていただきます。

目的は、さまざまなキーワードで10位以内にランクインさせることであり、ウェブページ数が多い方が上位表示できるキーワード数が増えていきます。

また、さらには、例えば、【A】のページを作って、【B】のページを作ると、【B】も上がりますが、【A】も関連性向上からランキングが向上します。

そのため、しっかりとSEOスケジュールを立てて、スケジューリングに則って、継続したサイト更新業務を行うようにしましょう。

当然ですが、その際には、重複コンテンツやカニバリゼーションを発生させないために、あらかじめ作成するウェブページのタイトルタグを定めておいた方が良いでしょう。

ソーシャルメディア運用

ソーシャルメディアからの被リンクを狙うと内部SEOではなくなりますし、さらにはソーシャルメディアからはnofollowが付与され、被リンクによる効果は狙えません。

ここでは、コンテンツの質をチェックする目的で使います。

御社が作成したウェブページのURLアドレスをソーシャルメディアで投稿することで、そのウェブページへアクセスが生まれます。

そしてアクセスが生まれたウェブページをグーグルアナリティクスなどアクセス解析を利用して、訪問者の動きを確認しましょう。

ここで直帰率が高いや、平均エンゲージメント時間が短い場合は、低品質であると判断します。

低品質と判断したら、しっかりとリライト作業を行いユーザー目線へと成長させることにより、より高い効果を得れるようになります。

内部SEOが与えるホームページへの効果

内部SEOが与えるホームページへの効果

この内部SEOの効果は非常に高いと言わざるを得ません。

当社が制作したホームページでは、外部対策は一切行わず、内部対策だけで、2年間も100を超えるビジネス関連のキーワードで上位表示を実現しているホームページがあります。

昨今においては、内部の重要性が高まり、外部は効果がないとは言いませんが、複雑化をしていて、大半が検索エンジンから無効化されています。

そのため、ホームページ制作後に御社が最初に行うべきは内部SEOになっています。

これらの対策をしっかりとSEOスケジュールに則って継続することで、半年後の御社サイトのランキングは非常に高くなるのです。

現在においては、検索エンジン対策と言えば内部SEOと言っても過言ではありません。

ただし、内部SEOは効果が出るまでに時間がかかるため、ランキングをそれほど気にせずやるべき内容を明確にして、毎日少しずつ継続しましょう。

そうすれば、ある日突然検索からの流入数が増え、期待以上に効果を発揮できるようになります。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP