HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

クロールの統計情報でホームページにクローラーを呼び込む

サーチコンソールのクロールの統計情報でクローラーを呼び込む

グーグルサーチコンソールの「設定>クロールの統計情報」に「レポートを開く」というボタンがあります。

こちらのボタンをクリックすると、御社が制作したホームページに、どれくらいの頻度でクローラーが訪問しているかを知ることができます。

クローラーを集客することは、SEOにおいて非常に大切になるので、まだ一度も見た経験がないという方は、ぜひこの機会に閲覧しましょう。

ホームページのクロールの統計情報とは

クロールの統計情報とは

ホームページのクロールの統計情報とは、グーグルサーチコンソールの「設定>クロールの統計情報」に「レポートを開く」というリンクがあり、そこをクリックすると閲覧ができます。

クロールの統計情報は、SEOを行うホームページ制作では必須になっていて、公開後から週1くらいのペースではチェックしたい情報です。

なぜ、SEOに強いホームページ制作では必要になるかと言うと、SEOにおいては、クローラーの集客力を高めることが本当に大切だからです。

クローラーとは、グーグルが情報収集を行う目的としたプログラムを言います。

グーグルは、クローラーをインターネットに放ち、世の中にあるすべての制作されたホームページの情報をデーターベースに格納しています。

そして、データーベースでアルゴリズムを実行し、検索順位が決定しているのです。

このクローラーは、1度ホームページに訪問しただけでは、実はすべてのページの情報をデーターベースに格納してくれません。

ソースコードを上から見て、リンクがあるたびにリンクに飛び込んでしまい、1ページを完全にデーターベースに格納するには、何度も訪問してもらう必要があります。

当たり前ですが、ページの1部しか格納されていないホームページでは、大半が格納されているホームページに検索順位で勝つのは非常に難しいです。

そのため、ホームページを制作したら、クローラーを定期的に呼び込む必要があり、どれくらいの数呼び込めているかを知るには、クロールの統計情報を見なくてはなりません。

ちなみにですが、ここまで行われるケースは稀ですが、クロールの統計情報を見なくても、生ログを確認し、IPアドレスやユーザーエージェントからクローラーを特定して測定も可能です。

また、アクセス解析業者によっては、クローラーだけに限定した解析レポートをオプションで提供しているケースもあります。

では、実際に、当社ホームページ制作実績を参考に、クロールの統計情報の見方をご紹介いたします。

ホームページへの被リンクがクロールの統計情報に与える影響

被リンクがクロールの統計情報に与える影響

被リンクが影響するクロールの統計情報についてご紹介をいたします。

あくまで、当社ホームページ制作実績の企業さまのデーターになっており、当社は小さなWebサイト制作会社になり、100社前後のデーターです。

結論としては、数と質の両方が大切であると思われます。

本数

本数についてですが、明確に影響があるように感じました。

ただ、昨今のホームページ制作では、あまり被リンクを本気で対策されるケースはそれほどありません。

それは、現在被リンクがなくても、SEO効果を出せるケースが多くなったことが要因です。

そのため、そこまで多くの被リンク本数ではなく、10本と100本での比較になっております。

ちなみに、この本数は、グーグルサーチコンソールのリンクに掲載された本数になっております。

ちなみに、被リンクを語る上では、被リンク元のホームページの品質なども影響をしています。

ただ、グーグル自体は、その質について、良質が大切くらいしか発言がないので、当社が判断した結果、同じくらいの品質である前提でご覧ください。

以下が本数が10本前後のクロールの統計情報になります。

被リンク数が少ないリクエストの合計数

大体ですが25前後/日となっておりました。

次に100本前後のホームページは以下になります。

被リンク数が多いリクエストの合計数

このように、数が大きな影響を与えると考えます。

品質

次に質の差を確認してみます。

質については、被リンク本数が同じ150本前後で、明らかに質が違う場合を想定しております。

以下が品質が低いホームページです。

被リンク本数が150本もありましたが、クロールの統計情報は80前後になっておりました。

品質が低い被リンクのリクエストの合計数

次に品質が高いホームページをご紹介します。

品質が高い被リンクのリクエストの合計数

150本でも、こんなにも差が出るのかと言うくらい、高い数値になっております。

実際に、こちらの会社では、アメブロとライブドアブログを運用していて、部署単位で更新作業を行っています。

そして、投稿ボタンを押す作業は部長になっており、投稿する前に、必ず部長が原稿を読んで問題がないかをチェックしています。

そのため、無料ブログでありながら、非常に高い質の記事を公開していました。

コンテンツ作成がクロールの統計情報に与える影響

コンテンツがクロールの統計情報に与える影響

次に、ホームぺージ内のコンテンツの質がクロールの統計情報にどれくらい影響があるかを調べてみました。

被リンクが0本が理想ではありましたが、当社ホームページ制作実績では、被リンク0はありませんでした。

そのため、似たような被リンク数のホームページ制作実績をピックアップしてご紹介をしております。

ページ数

品質の統一化は非常に難しく、グーグル自体の発言では、何が良質で何が低品質かは公表していません。

そのため、あくまで当社が見た上で、これは高品質、これは低品質という基準で、同じような品質のホームページで比較をしております。

ちなみに、どちらのホームページも被リンク数は同じくらいで、100前後になっております。

ページ数が100ページ前後のホームページの結果です。

ページ数が少ないリクエストの合計数

75前後/日となっておりました。

次に、ページ数が500ページのホームページをご紹介します。

ページ数が多いを集めているリクエストの合計数

400前後/日になっております。

このように、ページ数は非常に大切になっていて、質が同じであったとしても、これくらいの差が生まれてしまいます。

品質

次に品質の違いでクロールの統計情報がどれくらい変わるかをご紹介します。

どちらのホームページも、50ページ前後になっております。

低品質なページが多いリクエストの合計数

クロールの統計情報は、20/日と言いたいところですが、10前後/日が数値になっています。

こちらのホームページ制作実績の企業は、職人がウェブマスターをされていて、日々遅くまで現場に出て、帰社後に記事作成を行っております。

そのため、品質が低くなってしまう傾向があり、多少仕方がないと感じる部分も多くなっています。

高品質なページが多いリクエストの合計数

こちらは高品質なページを作成している会社のクロールの統計情報で、大体100前後/日になっています。

このように、数ではなく質を高めることも、クロールの統計情報を高める手段であると思います。

クロールの統計情報はホームページの品質が低いと駄目

クロールの統計情報は品質が低いと駄目

当社ホームページ制作実績で、ページ数が上位に入り、さらには被リンク本数がもっとも多いホームページのクロールの統計情報です。

被リンクとページの質が低い会社のリクエストの合計数

被リンク本数としては、10万くらいになり、業者から被リンク購入をされ、ページ数が1,000ページになります。

実際に、これほど大量の被リンクとページ数があるにもかかわらず、検索順位は非常に低く、検索からの訪問者数は、ほぼ社名検索しか訪れていないと思います。

こちらの会社さまには、新規ドメインでホームページを制作することを提案しております。

と言うのも、品質が低すぎるため、リライトでは対応が難しい状態です。

ただ、ドメインを変更してホームページを制作するのは、名刺などにもドメインを記載しているため難しいと言われ、であれば被リンク解除を依頼しています。

まずは、クローラーが訪問してくれる被リンクだけにすれば、クローラーの訪問頻度も高まるため、取り敢えずは流入数を高めれます。

そのうえで、1,000ページもありますが、必要ページと不要ページを分けて、必要ページはリライトを、不要ページは削除をして、SEO効果の改善を行う予定をしています。

ただ、ここまで来ると、やることが膨大になるため、なかなか重い腰を上げていただけておりません。

このように、低品質なページ作成や被リンクは、検索順位が上がらないのはもちろんですが、クロールの統計情報も良い状態にならないため、良質を中心にSEOを行うことが大切です。

また、これまでのホームページ制作経験で言うと、低品質ページや被リンクを一気に集めると、一時的にクローラーは集まります。

しかし、すぐに下落していくため、ページ作成や被リンク対策を大量に行った後は、1ヶ月間くらいは様子を見て、行った施策の品質をチェックしたほうが良いでしょう。

ホームページ制作後にクロールの統計情報を見る

ホームページ制作後にクロールの統計情報を見る

今回は、クロールの統計情報の見方についてご紹介をいたしました。

クロールの統計情報は、数と質が十分であるかを検証するのに役立ちます。

ホームページを制作したら、クロールの統計情報を見ながら、適切に数を増やしたり品質を高めることで、高いSEO効果を得れるようになっています。

クローラーを集めることにより、個々のページが正しくグーグルに判断してもらえるようになるため、新規ページを作成すればするほど、高いSEO効果になるのです。

現在のSEOは、数と質が大切ですが、実際に当ページでご紹介をしていないホームページ制作実績を見ると、質が高いことが非常に評価されているように思います。

そのため、これからSEOを真剣に取り組もうとお考えの方は、とにかく良質を意識をして、新規ページ作成やリライトを行いましょう。

そして、クロールの統計情報でチェックをすることで、SEOに効果的なサイト運営が可能になります。

クロールの統計情報は、見なくてもSEO効果を出しているホームぺージ制作実績の企業もあります。

しかし、ホームページ制作後に、SEOのためにサイト運営を行っても、なかなか効果が出ない場合は、しっかりと確認しましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP