セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.09.09

クロールの統計情報を使ってホームページにクローラーを呼び込む

グーグルサーチコンソールにおいて、「設定>クロールの統計情報」から「レポートを開く」ボタンをクリックすることで、作成したホームページがクローラーにどれだけ頻繁に訪れられているかを確認できます。クローラーの訪問頻度を知ることは、SEO対策にとって重要です。まだ確認したことがない方は、今回をきっかけにぜひクロールの統計情報を閲覧し、クローラーを呼び込む方法を学びましょう。

クロールの統計情報とは

クロールの統計情報は、Webサイトを制作し公開する際に不可欠な要素であり、グーグルサーチコンソールにおける「設定>クロールの統計情報」からアクセス可能です。ここでは、グーグルのクローラーがどれだけの頻度でサイトを訪れ、どのページを巡回しているのかを確認できます。これが重要なのは、クローラーの活動がサイトの検索エンジンランキングに直接影響を与えるからです。

クローラーはグーグルがWeb上の情報を収集するために送り出すプログラムで、サイトの各ページを訪れ、その内容をグーグルのデータベースに送信します。しかし、一度の訪問で全てのページ情報をキャプチャするわけではなく、リンクを辿りながら情報を収集します。そのため、クローラーに複数回サイトを訪れてもらうことで、より多くのページ情報をデータベースに送信し、検索エンジンランキングを向上させることができます。

クロールの統計情報を確認することで、クローラーがどれだけの頻度でサイトを訪れ、どのページを巡回しているのかを把握し、必要に応じてサイトの構造やリンクを最適化することが可能です。これにより、クローラーが効率的にサイトを巡回し、多くのページ情報をデータベースに送信できるようになります。

クロールの統計情報を利用して、クローラーの動作を理解し、サイトのSEO対策をより効果的に行うことができます。また、様々な解析ツールやサービスを利用して、更に詳細なクロールデータを取得し、分析することも可能です。これらの情報を利用して、サイトのSEO対策を進め、訪問者数の増加に努めましょう。

コンテンツ作成がクロールの統計情報に与える影響

作成ページ数

コンテンツの量がクロールの統計情報に与える影響は、非常に興味深いものがあります。実際に、ページ数が多いホームページは、少ないページ数のホームページに比べてクローラーの訪問頻度が高くなる傾向があります。これは、検索エンジンが新しい情報や更新されたコンテンツを評価し、利用者に提供するための努力の一環と言えるでしょう。

しかし、ページ数を増やすだけではなく、コンテンツの質も同時に保つことが重要です。質の高いコンテンツは、検索エンジンによって高く評価される可能性があります。そこで、ページ数を増やす際には、それぞれのページが有用で価値のある情報を提供していることを確認する必要があります。

例として、ページ数が100ページで被リンク数が100前後のあるホームページを考えてみましょう。このサイトでは、クロールのリクエスト合計数が75前後/日であったとします。一方で、ページ数が500ページで同じく被リンク数が100前後の別のホームページでは、クロールのリクエスト合計数が400前後/日であったとします。これは、ページ数が多いほどクローラーの訪問頻度が高まることを示しています。

この検証からも明らかなように、ページ数はクロールの統計情報に大きな影響を与えます。しかし、ページ数を増やすだけでなく、各ページの質も保ちつつ、ホームページのSEO対策を進めることが、クローラーを引き付け、サイトの検索エンジンランキングを向上させる鍵となります。

コンテンツの品質

コンテンツの品質は、クロールの統計情報において重要な要素であり、SEOにおいても大きな影響を持っています。良質なコンテンツは、クローラーが頻繁に訪れ、それが結果として検索エンジンランキングの向上に繋がります。ここでは、二つの異なるホームページ制作実績をもとに、品質がクロールの統計情報にどのように影響するのかを解説します。

まず、ページ数が50ページ前後で、主に低品質なコンテンツを持つホームページの場合、クロールの統計情報は1日あたり10前後のリクエスト数に留まっています。このホームページは、日々の業務が忙しい職人がウェブマスターを務めており、コンテンツ作成の時間が限られているために品質が低くなってしまっています。

一方、同じくページ数が50ページ前後でも、高品質なコンテンツを持つホームページの場合、クロールの統計情報は1日あたり100前後のリクエスト数になっています。これは、高品質なコンテンツがクローラーを引き寄せ、それによってクロールの頻度が高まることを示しています。

さらに、ページ数が1,000ページにも及ぶ大規模なホームページでも、コンテンツの品質が低いとクロールの統計情報は良好とは言えず、検索エンジンランキングも低く、訪問者数も低い状態が続いています。このように、コンテンツの品質が低いと、たとえ被リンクが多くてもクロールの統計情報や検索エンジンランキングに良い影響を与えることは難しいのです。

コンテンツの品質を確保し、適切なSEO対策を行うことで、クロールの統計情報を改善し、検索エンジンランキングを向上させることができます。そして、それが結果として訪問者数の増加に繋がり、ホームページの目的を達成する一助となります。また、大量の被リンクや低品質なページを作成することは、一時的にクロールの統計情報に良い影響を与えることがあっても、長期的には検索エンジンランキングの低下に繋がる可能性があります。それゆえに、持続可能なSEO対策として、コンテンツの品質向上を心がけることが重要となるのです。

まとめ

このページでは、クロールの統計情報を利用してクローラーを呼び込む方法について詳しく説明しました。クロールの統計情報は、ホームページの数と質を検証するための重要な指標であり、これを適切に活用することで、SEO効果を向上させることが可能になります。ホームページを制作した後は、クロールの統計情報をチェックし、数と質をバランス良く増やしていくことで、クローラーを効率的に呼び込み、それによって個々のページが正しくグーグルに評価されるようになります。

新規ページの作成や既存ページのリライトを行う際には、質の高さを意識し、クロールの統計情報を確認しながら進めていくことが重要です。また、質の高いコンテンツ作成に励むことで、グーグルからの評価が向上し、結果としてSEO効果も高まることが期待できます。実際に、質を重視したホームページ制作は高く評価されていることが多いので、SEOを真剣に取り組むなら、質の高いコンテンツ作成に注力し、クロールの統計情報で進捗を確認しながらサイト運営を行っていくことがお勧めです。

もちろん、クロールの統計情報を見ないでもSEO効果を出しているホームページ制作実績もあるかもしれませんが、効果が出にくい場合には、この統計情報を確認し、適切な対策を講じることが求められます。最終的には、クロールの統計情報を利用し、賢明なサイト運営を行うことで、SEOに効果的なホームページ運営が可能になります。