セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

ホームページにアクセスした訪問者の危険なIPアドレスの調べ方と対処法

ホームページに訪問したユーザーの中には悪意を持って訪れる方もいます。

悪意を持ったユーザーを調べる際に、訪問者のIPアドレスを確認すると思いますが、IPアドレスを見ても、どれが安全で、どれが危険なのかを見極めることは難しいと思います。

当ページでは、IPアドレスとは何かや、IPアドレスの取得法、危険なIPアドレスの調べ方、その時の対処法について解説します。

IPアドレスとは

IPアドレスのIPとは、Internet Protocolの略になり、インターネットでの通信を可能にしている羅列された数字のことを言います。

網羅された数字とは、xxx.xx.xxx.xxなどのように記載され、.で区切られています。

インターネットへのアクセスはIPアドレスで管理されており、ホームページに訪問したときには、端末とホームページのデータをアップロードしているサーバーのIPアドレスによって紐づけられています。

IPアドレスには、グローバルIPとプライベートIPという2つの大きなカテゴリーが存在しており、それぞれの特徴を理解することは、セキュリティ面での対策や効率的なホームページの運用にも繋がります。

グローバルIPとは、世界に1つしかないIPアドレスになっており、自分以外は利用することもできないので、お客さま自身のIPアドレスと言うことができます。

プライベートIPとは、地域ごとに設定されているIPアドレスになっており、社内の人間が利用する際には、プライベートIPアドレスを使い回すことが一般的になっています。

ホームページ運営企業は、IPアドレスの基本情報を理解することが大切になり、IPアドレスを知ることによって、ホームページの安全性を大きく高めることができるのです。

IPアドレスの取得法

IPアドレスの取得法として、サーバーパネルから取得する方法と、Googleアナリティクスから確認する方法があるのですが、Googleアナリティクスを使ったIPアドレスの確認方法は、少し複雑になっているので、お客さまだけでは対応が難しいと思います。

ただ、知りたいとお考えの場合であれば、GMOが運営するWeb集客ラボのアクセス解析でIPアドレスを確認する方法|活用法や注意点はというページが分かりやすいので、そちらからご確認ください。

当ページでは、エックスサーバーに絞ったアクセスログの取得法を紹介します。

エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスして、右の列にあるアクセスログをクリックします。

エックスサーバーのサーバーパネルにあるアクセスログをクリック

そうすると、ドメインの選択画面になり、訪問者のIPアドレスを調べたいドメイン名を選択しましょう。

選択すると、以下の画面に遷移して、設定対象ドメインが正しいかどうかの確認と、どの日付のアクセスログをダウンロードしたいのかを選択した後、ダウンロードボタンをクリックします。

エックスサーバーのサーバーパネルからアクセスログをダウンロード

ダウンロードしたログファイルは、拡張子が.access_logになっていますが、テキストやExcelで開くことが可能になり、チェックするのであれば、Excelで開くことをおすすめします。

ログファイルをExcelで開く

危険なIPアドレスの調べ方

ホームページにアクセスしてきた危険なIPアドレスの調べ方を紹介します。

ラッコツールズのIPアドレス住所検索

自社のホームページに訪問しているIPアドレスから、見たことがない特徴の危険そうなIPアドレスをリストアップして、ラッコツールズのIPアドレス住所検索を利用すれば、以下の情報を閲覧することが可能です。

ラッコツールズのIPアドレス住所検索の結果

  • ホスト名
  • 地域
  • 郵便番号
  • 緯度、軽度

国内のIPアドレスであれば問題ありませんが、外国のIPアドレスだった場合には注意が必要で、特にターゲットにしていない国などについては対処を行ったほうが、ホームページの安全性が高くなります。

AbuseIPDB

AbuseIPDBは、ラッコキーワードのように住所を確認してIPアドレスの危険性を調べるツールではなく、世界中の方が、過去に特定のIPアドレスから受けたホームページへの攻撃方法などが紹介されています。

AbuseIPDBの結果

つまり、AbuseIPDBを見ることで、明確な危険性があるIPアドレスを特定することができるので、適切な対応を行うことによって、ホームページの安全性を高めることが可能です。

ただし、コミュニティサイトになっているので、必ずしもすべての危険なIPアドレスが掲載されているわけではなく、ラッコツールズのIPアドレス住所検索との併用をおすすめします。

危険なIPアドレスへの対処法

危険なIPアドレスを調べた後、お客さまが行うべきは、サーバーのコントロールパネルにアクセスして、危険なIPアドレスのアクセス制限を行うことになります。

例えば、当社がホームページ制作で利用することが多い、レンタルサーバー会社のエックスサーバーにはアクセス拒否設定という特定のIPアドレスからのアクセスを拒否する設定が行えます。

また、それ以外にも、エックスサーバーにはWordPressセキュリティ設定という機能もあり、WordPressで制作したホームページであれば、国外のIPアドレスを一括で遮断することも可能です。

一般的に、日本国内のみをターゲットにしているホームページであれば、国外のIPアドレスを一括で遮断することで安全性を高めることが可能です。

まとめ

ホームページにアクセスした訪問者の危険なIPアドレスの調べ方と対処法を紹介しました。

昨今では、ホームページのウイルス対策が必須であると言われており、その理由は、ホームページが乗っ取られたという事例が多く紹介されているからです。

ホームページが乗っ取られるだけであれば、まだましですが、最悪のケースでは訪問者に迷惑をかけてしまう危険性もあるので、ホームページを管理している企業は細心の注意を払わなくてはならず、細心の注意を払う対策の一つとして、危険なIPアドレスの把握と適切な対処があります。

ホームページの安全性が気になるとお考えの方の参考になれば幸いです。

記事一覧に戻る