セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.10.09

ミラーサイトとは?成果が出るミラーサイトの活用法

ミラーサイトとは、インターネットに公開しているホームページと、まったく同じ内容のホームページを制作することを言います。

ミラーサイトには、メリットもデメリットも存在しており、これらを理解して適切な活用を行うことで、ホームページの成果を高めることが可能です。

当ページでは、ミラーサイトとは何かや、リスク、成果が出る活用法を紹介します。

ミラーサイトとは

ミラーサイトとは、インターネットに公開しているホームページと、異なるサーバーにアップロードされた、まったく同じホームページのことを言います。

ミラーサイトを制作するメリットは、1サイトあたりの訪問者数を半減することができるので、サーバー負荷を減らすことが可能になる点です。

レンタルサーバーは、非公開情報として、アクセス数の上限を設けており、極端にアクセス数が増えると、ホームページの表示に影響が出たり、アクセス数が落ち着くまで、404 NOT FOUNDが表示されるようになります。

そのため、ユーザーごとに訪問するホームページを分けることによって、アクセス過多を回避することが可能になり、安定してインターネットにホームページを公開し続けることができます。

ちなみに、一般的な中小企業のホームページでは、アクセス過多を意識する必要はありません。

では、次にミラーサイトを制作するリスクを紹介します。

ミラーサイトのリスク

SEOでは重複コンテンツになる

現在のホームページにおいて、ミラーサイトを制作する最大のデメリットは、SEOでマイナス評価を受ける点です。

サーチエンジンは、他のホームページからコピー&ペーストで制作されたホームページを重複コンテンツと判断して、大きく検索順位を下げるか、検索結果から除外をしています。

もちろん、対策を行うことで回避することができますが、不用意にミラーサイトを制作することは、SEO効果を落とすだけになるので、注意しなくてはなりません。

他社サイトのコピーだと著作権の侵害

競合他社サイトをコピー&ペーストしたミラーサイトだと、著作権の侵害に該当してしまいます。

著作権の侵害を行ってしまうと、最悪裁判沙汰になってしまうことや、さらにはレンタルサーバー会社に通報されるとデータの削除の可能性、Googleに著作権侵害報告をされると検索結果から削除されてしまいます。

そのため、ミラーサイトを制作する場合には、自社が運営管理しているホームページだけに限定をして、絶対に競合他社のホームページからミラーサイトを制作してはいけません。

成果が出るミラーサイトの活用法

流入経路ごとに入口サイトを定める

ミラーサイトを制作した場合には、流入経路ごとに入口サイトを定めましょう。

例えば、メインのホームページはSEOからの見込み顧客を集客すると定めれば、ミラーサイトのcanonicalタグはメインのホームページへと向けます。

ミラーサイトは、リアルでの告知やTVCMなどで打ち出すホームページとして利用するようにすることで、アクセス過多を回避しやすくなります。

このように流入経路ごとに利用するホームページを定めることで、アクセス過多を回避することが可能になり、安定して訪問者数を集客し続けるホームページとなります。

ミラーサイト制作にはcanonicalタグが重要

ミラーサイトを制作する際には、サーチエンジンからの見込み顧客を集客するホームページに、canonicalタグを向けるようにしましょう。

複数のミラーサイトが存在していると、サーチエンジンは他のドメインのホームページと同じ内容を公開していると感じてしまい、ミラーサイトを検索結果から除外してしまいます。

また本体のホームページにリンクを行っているミラーサイトだと、最悪のケースでは、本体のホームページも手動ペナルティを受ける可能性があります。

そのため、SEOを行っているホームページに対して、canonicalを向けることによって、ミラーサイトのSEO効果も本体のホームページに譲渡できる可能性があり、本体サイトのSEO効果が高まる可能性があります。

まとめ

ミラーサイトについて紹介しました。

アクセス数が多いホームページでは、アクセス過多によって、適切にホームページが表示されない可能性があるので、異なるサーバーでミラーサイトを制作することが重要です。

ミラーサイト制作を検討中の方の参考になれば幸いです。