HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

オリジナル画像が多いホームページはSEOに有利

オリジナル画像が多いホームページはSEOに有利

当社のホームページ制作実績の企業で、自社で新規作成するウェブページでは、原稿はほとんど書かず、オリジナル画像ばかりをアップするクライアントさまがいらっしゃいます。

こちらのクライアントさまでは、もちろんSEOを目的として、新規ページ作成を行っているのですが、その効果が非常に高いため、ご紹介をしたいと思います。

ホームページ制作後に、SEOのために新規ページ作成を行う作業は、本当に大変な努力量になるので、参考になればと、オリジナル画像を利用して成功した事例をご紹介します。

ホームページのオリジナル画像とSEO効果

ホームページのオリジナル画像とSEO効果

基本としては、画像とSEOには一切関係がないと、当社ではホームページ制作後にお客さまに説明をして、原稿をしっかりと記述することが大切だと提案しています。

しかし、実は実績の一部企業では、当社が提案した原稿量を大きく下回る原稿ボリュームで、SEO効果を出している企業があるのです。

当社がホームページ制作後に提案する原稿量は、ノウハウ系を紹介するコンテンツ作成は、2,000文字から3,000文字、事例紹介などは1,500文字程度を推奨しています。

もちろん、SEOでは文字数が関係がないと理解をしておりますが、しかしある事柄、すなわちタイトルに対して詳しい情報を書こうとするとこれくらいが一般的になっています。

当社が指定した文字数は、あくまで推奨になっていて、1,700文字だから駄目や1,300文字だから駄目と言うものではありません。

文字数制限を付けていないと、100文字程度の原稿を上げられてしまい、そうなってくるとSEOとして上位表示が難しくなるため、文字数制限を付けています。

ただ、実は実績の企業では、この文字数制限を大きく下回り、施工事例で500文字前後の文字数でSEOに成功しています。

もちろん、文字数が単に少ないだけではなく、適切にオリジナル画像を配置しているのが成功要因であると考えております。

そして1社の事例だけであれば、たまたまかなと思いますが、それが5,6社もあるため、オリジナル画像はSEO効果が出ると推測せざるを得なくなっています。

もちろん、本文は確かに500文字前後ではありますが、ユーザー目線で原稿作成を行っているため、もしかしたら500文字で高い効果を得ている可能性もあります。

ただ、どの会社も競合他社は、SEOのセオリー通りに文字数が多いページ数が豊富にあり、ユーザー目線であったとしても、500文字で勝てたとは言いづらくなっています。

しかし、現実的には、オリジナル画像を利用している当社実績の方が文字数やページ数は、非常に少ないのに良い効果を出しております。

普通にサイト運営していると文字数が少ない方がありがたいと考える企業も多いと思います。

そのため、上記だけでは少し理解が難しいと思われますので、もう少しオリジナル画像を利用してSEOで成功した実績の企業についてご紹介をいたします。

ホームページ制作実績企業のオリジナル画像とSEO効果

ホームページ制作実績企業のオリジナル画像とSEO効果

では、具体的に数社あるのですが、特徴的な1社に絞り、オリジナル画像や文字数などとSEO効果についてご紹介をいたします。

そちらの会社のホームページ制作自体は、一般的なものと変わりがありません。

サービス内容を説明したり会社案内があったりと、どこにでもあるようなホームページを制作しています。

更新システムについては、実績紹介を作成し、そこをお客さま自身で更新いただけるようにいたしました。

もちろん、当社ホームページ制作では、1,200か1,800文字と文字数制限を付けて、ユーザーのためになる原稿作成法をレクチャーしております。

しかし、実際には、文字数制限は無視され、500文字前後でコンテンツを公開したのです。

ただ、ポイントがあります。

このポイントが競合他社サイトよりも、ページ数や文字数で圧倒的に負けていますが、高い成果を出した理由になっていると思います。

SEO効果

まずざっくりとしたSEO効果についてご紹介をいたします。

そちらの会社では、ホームページ制作時の目標としては、【業種名 大阪】で上がってくれれば良いと言われ、2つのキーワードで上位表示を希望されました。

この2つのキーワードが上位表示できたタイミングは、実は公開してから半年程度の期間がかかっております。

ただ、半年で複数の異なるキーワードで上位表示ができたと喜ばれておりました。

そして、さらには、【大阪】のような市名に加えて、【都島】や【城東】など、区名でも上位表示対策を行い始めました。

こちらは、競合他社も少なく、実は1ヶ月目は城東区を、2ヶ月目は鶴見区と都島区をと言うように、順調に上位表示ができており、現在ではほぼすべての区名で上位表示されています。

このように、非常に高いSEO効果を出したクライアントさまであり、さらには先述している通り、文字数ではなくオリジナル画像数で実現された事例になっています。

ページ数

ページ数ですが、当社が調査したところ、500ページくらいはないと上位表示ができないとホームページ制作時に提案をしておりました。

実際に、クライアントが上位表示を狙うキーワードで検索をすると、1ページ目には、1,000ページ越えがいくつかありました。

現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングは、検索キーワードに対して詳しいホームページを上位表示させています。

そのため、トップページで上位表示を狙うキーワードがあるとすると、そのキーワードに関連したページ数が多い方がSEOで成功します。

この500ページと言うのは、かなり緩めに出していて、実際には700ページくらいいるだろうなと当社では考えておりました。

しかし、実際に上位表示ができたのが100ページ前後になっており、これは非常に高い成果を得たと言わざるを得ない状況になっています。

1,000ページ対100ページで、ニッチなキーワードは分かりませんが、主要なキーワードで勝っていることは、お客さまのサイト運営が成功したと言わざるを得なくなっています。

文字数と原稿内容

文字数は、1記事あたり400から600文字です。

当社ホームページ制作では、400や600と言った文字数については、あまり推奨はしていません。

ただし、闇雲に、400や600文字の原稿を作成しているわけではありません。

基本的には、完成した記事を当社も見たことがあるのですが、本当にユーザーに対して必要な単語、すなわち文章のみを利用していたように思います。

そのため、文字数が少ないからと適当に書いているわけではなく、しっかりと少ない文字数でユーザーに対して、情報提供を実施されておりました。

オリジナル画像

実績紹介コンテンツでは、オリジナル画像を10枚ほど掲載しています。

もちろんすべてのオリジナル画像は、実際に施工された後に撮影しているため、類似する写真は一枚もありません。

さらには、それぞれのオリジナル画像が本文の内容に合致していて、例えば、玄関施工の話をしたら、実績の玄関の写真を複数枚撮影されており、ユーザー目線の画像になっています。

このように、単にオリジナル画像ではなく、本文の補足説明になっているオリジナル画像を掲載していたため、高いSEO効果が出せたのだと思われます。

また、当たり前ではありますが、オリジナル画像にはしっかりとオルトタグを入れて、ユーザー目線で原稿を作られていました。

このオルトタグについては、画像にオルトタグを入れるメリットで紹介しているため、もし興味があればご覧ください。

ユーザー目線のオリジナル画像が多いホームページはSEOに強い

ユーザー目線のオリジナル画像が多いホームページはSEOに強い

上記がオリジナル画像とSEOの関係になっております。

基本的にはオリジナル画像のホームページ制作は非常に高い効果を生み出せると言わざるを得なくなっています。

ただし、オリジナル画像であれば、なんでも良いかと言うと決してそうではありません。

やはり大切になってくるのは、本文を補足説明することであると思います。

原稿で書くことはもちろんですが、例えば、「料理が楽しくなるようにカウンター式キッチンにしました」と書けば、カウンター式キッチンの写真を掲載するのが良いでしょう。

そうすることで、制作実績で言えば、高い効果を出しており、これらをしっかりと行っていれば、少ないSEO作業量で検索順位を高めることが可能であると思います。

実際に制作実績で言えば、成功した企業は5社程度ですが、しかし当社はあまり推奨しない対策になるので、5社しか行っておらず成功率は100%です。

昨今においては、検索エンジンは、文字数やページ数は関係がなく、ユーザーを見たコンテンツ作成が大切であると言われています。

どのように測定しているかは不明ですが、このような上位表示対策法もあると頭に入れていたければ幸いです。

そして、もし、御社がSEO効果向上に苦戦しているようであれば、オリジナル画像を使ったSEO対策も良いと思われます。

ホームページ制作時にSEOを考えオリジナル画像収集を検討

ホームページ制作時にSEOを考えオリジナル画像収集を検討

オリジナル画像のSEO効果は非常に高いと言わざるを得ません。

もちろん、単に文字数が500文字前後で、画像はオリジナルのモノを利用しているけれども、適当に撮影されたものではいけません。

制作実績の企業では、ホームページを更新することを考えずに、まずは写真を大量に撮影されているようです。

そしてその写真から本文を作成されるようにしており、撮影時には特に原稿を想定などはしていないとおっしゃられていました。

先に本文を作るとなると、やはり、施工完了前に本文が完成しており、さらには本文を頭に入れた状態で写真撮影をしなくてはならないので、非常に手間がかかります。

ただ、この方法が正解であるとは言えず、基本は御社にあった対策法をホームページ制作時に検討するのが良いでしょう。

当社の意見としては、やはり原稿が無難だと思われますが、普段からあまり原稿を作成しないウェブマスターさまもいらっしゃいます。

そういったウェブマスターさまには、オリジナル画像を利用する対策が、最適なSEO施策であると考えております。

最後に、再三になりますが、オリジナル画像であるから上位表示ができたと考えるよりも、ユーザー目線のオリジナル画像を利用したから上位表示ができたと頭に入れて対策を行いましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP