セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.06.05

WordPressのプラグイン数が多いホームページのデメリット

WordPressのプラグインは、制作料金を下げることができたり、PHPを理解していなくても高い機能性のコンテンツを追加できたりするので、理想通りのホームページを制作するためには必須です。

しかし、WordPressのプラグイン数が多いホームページにはデメリットも存在しており、このデメリットを理解せずに、プラグイン数を増やしてしまうことは絶対にいけません。

当ページでは、効率よくホームページ運営を行っていただくために、WordPressのプラグイン数が多いホームページのデメリットを紹介させていただきます。

WordPressのプラグイン数が多いホームページのデメリット

バージョンアップの手間が増える

WordPressでホームページを制作すると、定期的なバージョンアップが必要です。

WordPressは世界でもっとも利用されているCMSになっているので、WordPressをターゲットにしたウイルスを拡散すれば、効率よくウイルスをばらまくことができます。

そのため、定期的にWordPressでホームページを制作すると、バージョンアップが必要になるのですが、このバージョンアップは、プラグインでも行われます。

プラグイン数が多いホームページであるほど、バージョンアップに多くの時間がかかったり、またWeb制作会社にバージョンアップを依頼するときの料金が上がる可能性があるので、無作為にプラグインを実装しているホームページには大きなデメリットと言えます。

ウイルスのターゲットになりやすい

WordPressを実装しているホームページが多いので、WordPressをターゲットにしているウイルスは多く、これはプラグインも対象に入ってきます。

すなわち、プラグイン数が多いほど、ウイルスのターゲットになってしまうリスクが多くなっていくことを意味しているので、WordPressのプラグイン数が多いホームページは大きなデメリットがあると理解しなくてはなりません。

表示速度への悪影響

プラグインは、PHPを知らない方でもホームページに高機能なシステムを実装することができる便利なツールです。

しかし、反面、機能を追加するということは、ホームページの容量が増えてしまうことを意味しており、プラグインが多いことで、ホームページの表示速度に悪影響を及ぼす可能性もあります。

そのため、プラグイン数が多いホームページは表示速度が低下している可能性があり、表示速度が遅いホームページは、SEOや成約率で大きなデメリットを被っています。

削除すべきWordPressのプラグイン

ホームページに実装しているWordPressのプラグイン数を減らそうとお考えの方へ、削除すべきプラグインを紹介します。

有効化していないプラグイン

有効化していないプラグインは削除するようにしましょう。

有効化されていなかったとしても、サーバーにはアップロードされている状態になるので、ウイルスのターゲットになる可能性があります。

もちろん、例えばバックアップ系のプラグインを実装していて、定期的に有効化と無効化を繰り返している場合などであれば、削除までは必要ありません。

利用しているプラグインだけに限定することで、ホームページのセキュリティレベルが高まり、安心で安全なホームページとすることが可能です。

他のプラグインで同じ機能がある

プラグインを実装する際には、それぞれのプラグインでどのような機能があるかを把握しましょう。

よくある事例として、複数の機能があるプラグインを実装したときに、その中の1つで対応ができるのに、実装したい機能専用のプラグインを入れてしまうケースです。

意図があって実装している場合は問題がありませんが、意図なく同じ機能のプラグインを複数入れてしまうと、ホームページのプラグイン数が無駄に増えてしまいます。

バージョンアップがされていない

プラグインを実装する際には、定期的にバージョンアップが行われているプラグインに限定しましょう。

実装したいプラグインを探しているときに、1つしか見つけられずに、もしそのプラグインが5年更新されていない場合は、その機能を諦めるか、プラグイン以外で対応することが大切です。

更新されていないプラグインは、セキュリティホールだらけになっているので、実装してしまうと、すぐにホームページがウイルス感染してしまう可能性があります。

自分でWordPressサイトを制作するときのプラグインの考え方

初めはプラグインで対応しても良い

ホームページを制作した当初は、多くのプラグインを実装していても問題ありません。

ホームページを制作してすぐにバージョンアップが必要になることはないので、数を減らして自分の理想と異なってしまうよりも、プラグインを駆使して、自分の理想通りのホームページを制作しましょう。

ただし、プラグインを実装する際には、1つ注意点があり、それは、長くバージョンアップがされていないプラグインの実装は辞めた方が良いという点です。

長くバージョンアップがされていないプラグインだと、セキュリティホールが多くなってしまうので、実装した結果、ホームページがウイルスに感染するリスクがあります。

そのため、定期的にバージョンアップを実装されているプラグインだけに限定して、理想通りのホームページを制作しましょう。

ホームページ運営中に勉強をして脱プラグインを行う

ホームページ制作時に多くのプラグインを実装すると、セキュリティ上の問題やホームページの表示速度が遅くなる、SEO効果を十分に発揮できない状態になります。

そのため、ホームページ運営の中で、プラグインを利用せずに、ソースコードを作成して、同じ機能性のホームページへと改定していく必要があります。

プラグインで、サイト内検索を実装しているなど、複雑な機能性であれば、ソースコードで対応するには、Web制作会社などのプロでなければ対応が難しいかもしれません。

しかし、例えば、プラグインを利用してバックアップを取得しているや、ソースコードや画像を軽量化している程度であれば、十分にお客さまだけでも対応が可能になります。

もちろん、最終的には、理想通りのホームページのままで、プラグイン数を0に近づけた方が良いですが、一気に行うのではなく、1つずつ確実に実施していけば問題がありません。

実際に、問い合わせをいただいたお客さまのホームページで、40個ほどのプラグインを実装されていたのですが、それを20個まで減らしていただいたところ、ホームページの表示速度とSEO効果を向上させることができています。

一気に行うことは難しいので、いきなり0にするのではなく、ホームページ運営中に、勉強を行いながらプラグインを減らすことで、期待通りの成果が出るホームページへと成長します。

まとめ

WordPressのプラグインは、PHPなどを理解していなくても、実装したい機能を手軽にホームページに追加できる便利なツールです。

しかし、プラグイン数が多いホームページは、さまざまなデメリットを被るリスクが存在しているので、WordPressにインストールする際には、数を意識するようにしましょう。

これまでの制作経験で見ると、複雑なホームページで、多くのプラグインを使ったと思えるケースで30個、一般的には10台になっています。

WordPressでホームページを制作している方は、当ページをご覧の機会に、いくつのプラグインを実装しているかをチェックして、もし多いようであれば、数を減らすようにしましょう。