セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.06.19

SEOでホームページのヘッダーに書くべき内容

SEO対策の中心に位置するヘッダーの最適化は、単に不要なタグを省くだけではありません。どのタグが重要で、どのように取り扱うべきかはホームページの目的や内容によって変わります。このページでは、SEOを強化するためのヘッダーの骨子を明らかにし、その実践方法を深く掘り下げていきます。

SEOに強いヘッダーとは

ヘッダーの最適化は、昔からSEOの基本として受け継がれてきた技術の一つです。確かに、かつてはヘッダーの行数を短くして、サイト全体のコンテンツの割合を増やすことで、検索エンジンの評価を上げるテクニックがありました。しかし、検索エンジンのアルゴリズムは時代と共に変化し、その評価基準も日々進化しています。

かつて私たちが手掛けたホームページ制作プロジェクトの中で、ヘッダー最適化の一環として、タグの数を極力減らし、必要な情報だけを厳選して掲載するアプローチを試みました。当時のクライアントは、短期間でのランキングアップを強く望んでおり、その結果として、サイトの検索順位も上昇し、訪問者数が増加しました。

しかし、今の時代、ヘッダー内の情報が多少長くなっても、その情報が訪問者や検索エンジンにとって価値があれば、ペナルティの対象とはなりません。むしろ、訪問者にとって有益な情報を提供することが、SEOにとって最も重要なのです。

それでも、ヘッダー内には必要な情報のみを記載し、冗長な情報やタグを避けることは大切です。必要な情報とは、例えばページの文字コードやビューポートの設定、スタイルシートのリンクなど、ページの基本的な情報を示すものです。そして、それらの情報は訪問者にとっての利便性やサイトの信頼性を高めるために必要不可欠です。

今後も検索エンジンのアルゴリズムは変化するでしょう。しかし、訪問者のために価値ある情報を提供することを最優先にする姿勢は、いつの時代も変わらないSEOの基本です。ヘッダー最適化も、その一環として取り組むべき課題と言えるでしょう。

SEO効果があるヘッダーに書くべき内容

文字のエンコード

<meta charset="utf-8" />

文字のエンコードは、ウェブページの基礎とも言える部分です。私が制作に関わったさまざまなプロジェクトで繰り返し目にするこの部分は、見過ごされがちながら極めて重要な役割を果たします。エンコーディングは文字をデジタルな世界で扱うためのルールで、このルールに従って正しくエンコードされていないと、コンピューターやサーチエンジンは文字の正確な意味を解釈できません。

以前、あるクライアントのサイトをチェックしている際、エンコーディングの不具合からページの一部が文字化けしてしまっているのを発見しました。これはSEOにおいても大きなマイナス要因となり得ます。なぜなら、サーチエンジンが内容を正確に解析できなければ、適切な検索結果として表示することが難しくなるからです。

日本のウェブサイトにおいては、多くがutf-8を採用しています。このエンコーディング方式は国際的にも標準として広く使われており、多言語に対応する点で非常に強力です。Shift-JISやEUC-JPも日本語専用のエンコードとしてかつて利用されましたが、今日のグローバル化したネット環境においては、utf-8の方が断然扱いやすく、推奨されるエンコーディングと言えるでしょう。

viewport

<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">

「viewport」の設定は、モバイルフレンドリーなウェブサイトを構築するうえで欠かせない要素です。過去に私が関わったあるプロジェクトでは、このタグの設定を見落としていたため、スマートフォンからのアクセス時にページが非常に小さく表示されてしまうという問題が発生しました。多くのユーザーがスマートフォンを主な閲覧手段として使っている今、それは大きな失点でした。

viewportタグは、デバイスの画面サイズや解像度に応じて、コンテンツのレイアウトやサイズを適切に調整する役目を果たします。正しく設定されていれば、パソコンの大きなディスプレイからスマートフォンの狭い画面まで、ユーザーにとって最適な表示が可能となります。

特にSEOの観点からも、Googleなどの主要なサーチエンジンは「モバイルフレンドリー」を評価基準のひとつとしています。viewportの設定が適切であれば、それだけで検索結果における評価が高まる可能性があるのです。しかし、ただタグを設定するだけでなく、実際のユーザーエクスペリエンスを考慮した適切な設定が求められます。

titleタグ

<title>ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン</title>

titleタグは、私がウェブページ作成を始めた頃からの長い付き合いとなります。初めてSEOに取り組んだとき、驚くほどの効果を実感しました。検索エンジンに表示されるこのタグは、一見すると単なる文字列のように思えますが、実際にはウェブページの「顔」とも言える重要な要素です。

ページのコンテンツやサービスの魅力を簡潔に伝えるtitleは、訪問者をページに引き込む大きな要因となります。私が関わったあるサイトでは、titleのリライトを実施したところ、クリックスルーレートが約20%も向上。これは、タイトルの魅力がユーザーの興味を引きつける力を持っている証明です。

また、titleの長さやキーワードの位置も大切ですが、それ以上に重要なのは、ユーザーが「これは何だろう」と興味を持ち、クリックすることを促す内容です。適切な長さと、必要なキーワード、そして何より魅力的な文言。これらを組み合わせることで、検索エンジンからの訪問者数を大きく伸ばすことができます。

descriptionタグ

<meta name="description" content="大阪市都島区を拠点に、ホームページ制作を通じて、日本全国の中小企業の利益を追求するホームページ制作会社です。コーポレートサイトはもちろん、集客サイト、SEO、ブランディング、運営・運用など、さまざまなサービスを通じて、クライアントに成果をお届けします。" />

descriptionタグと私の歴史は、実はかなり長いものです。初めてウェブサイトを手掛けた際、このタグの重要性を知らなかった私は、ただ簡潔にサイト内容を記述していました。しかし、ある日、自分のサイトが検索結果にどのように表示されるのか気になり、調査してみると驚きの事実が。

検索エンジンは私のdescriptionを無視し、サイトの一部分をランダムに抜粋して表示していたのです。それが、私のサイトの初回訪問者を減少させる要因だったことを悟りました。それ以降、descriptionの力を真摯に受け止め、ページの要点を効果的に伝える方法を学びました。

descriptionは、まさにそのページの魅力を一瞬で伝える「エレベーターピッチ」のような存在。訪問者を引きつけるための最初のステップとして、このタグの最適化は非常に重要です。そして、それは単にキーワードを詰め込むだけではなく、ユーザーが求める情報や価値をしっかりと伝えること。私の経験から言えることは、descriptionの工夫と最適化は、サイトへの訪問者増加に直結するのです。

canonicalタグ

<link rel="canonical" href="https://www.sevendesign.biz/" />

canonicalタグとの初めての出会いは、あるクライアントのウェブサイトが意図しない重複コンテンツでSEOの評価を受けてしまった際でした。彼らのサイトには同じ内容が複数のURLで公開されており、この重複はサーチエンジンにどのページが「主要」なのかを正確に伝えられず、ページランクが分散されてしまっていました。

そこでcanonicalタグの力を借りて、正規となるページを明確に指定することで、この問題を解決しました。これにより、サーチエンジンの評価が正しく行われるようになり、クライアントのウェブサイトの順位も順調に上昇しました。

canonicalタグは、一見すると複雑なもののように思えるかもしれませんが、実際には非常にシンプルなもの。しかし、そのシンプルさゆえに、多くのウェブマスターがその重要性を見逃してしまうことも。私の経験上、このタグの正確な実装は、SEO効果を最大限に引き出すための鍵となることが多いです。もしあなたも同じような課題を抱えているのであれば、ぜひcanonicalタグの導入を検討してみてください。

ファビコン

<link rel="shortcut icon" href="/image/favicon.ico">

ファビコンには個人的な思い入れがあります。ある日、私が担当していたウェブサイトのアクセス解析を確認していると、ほんのわずかではありましたが、訪問者の増加が見られました。驚いたのは、このウェブサイトは最近ファビコンを新しく設定したばかりだったのです。そのことから、私はファビコンがウェブサイトの認知度やクリック率に影響を与える可能性があると感じました。

一見小さなデザイン要素であるファビコンですが、ユーザーがブラウジング中に数多くのタブを開いている際、そのウェブサイトを一目で識別できる大切な要素となります。また、検索結果においても、他のウェブサイトと差別化できる点が、ファビコンの存在感をさらに際立たせています。

私の経験を通して感じることは、ファビコンはウェブサイトの「顔」とも言える部分。そのため、ユーザーがウェブサイトのブランドや内容を迅速に理解する手助けとなるのです。少しの労力で大きな違いを生む可能性があるので、ファビコンの設定はぜひ検討してみてください。

OGPタグ

<meta name="twitter:card" content="summary" />
<meta name="twitter:site" content="@sevendesign2010" />
<meta name="twitter:title" content="ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン" />
<meta name="twitter:description" content="大阪市都島区を拠点に、ホームページ制作を通じて、日本全国の中小企業の利益を追求するホームページ制作会社です。コーポレートサイトはもちろん、集客サイト、SEO、ブランディング、運営・運用など、さまざまなサービスを通じて、クライアントに成果をお届けします。" />

ソーシャルメディアの力は、現代のデジタルマーケティングにおいて無視できません。私が携わったウェブサイトの中にも、ソーシャルメディアのシェアからの流入が増加するケースが多く見られました。その中心に位置するのが、このOGPタグ。正しく設定されたOGPタグがあると、シェアされた際のビジュアルや情報が明確に伝わり、一目で興味を引きます。

特に印象的だったのは、新しいブログ記事を公開した際、OGPタグを最適化した結果、クリック数が顕著に増加したこと。これが私の実感として、OGPの力を再確認させてくれました。ただ、実際の運用においては、ソースコードが冗長になりがちなのが課題です。

確かに、必要なOGPだけを絞り込んで実装することで、ページのロード時間を短縮する効果も期待できます。特に、サイトの運営側から見ると、シンプルなコードが運営効率の向上に直結します。ソーシャルメディアを最大限に活用し、同時にウェブサイトの効率を追求するために、OGPの最適化は欠かせない作業といえるでしょう。

noindexタグ

<meta name="robots" content="noindex" />

ウェブサイト制作の舞台裏で、私たちは様々な悩みを抱えています。その中で、noindexタグの適切な利用は、意外と奥が深いテーマの一つです。

あるプロジェクトでは、一時的に非公開としたいコンテンツが存在し、その取扱いに頭を悩ませました。noindexタグはまさにそういった場面での救世主となり得るのですが、使いどころを誤ると思わぬSEOトラブルの原因にもなりかねません。

確かに、インターネットに公開する以上、そのコンテンツは検索エンジンに認識されるべきだという考えも一理あります。しかし、例えば限定的なキャンペーンやテストページ、内部でのみ共有したい情報など、一時的に検索結果から外したい場合も考えられます。

私自身、過去にnoindexの利用でサイトの健全な運用を支えた経験があります。ただ、その使用は慎重に行い、時と場面を選ぶべきと感じています。もちろん、それが最善策であるとは限りません。各企業やサイトのポリシーに応じて、noindexタグの使用を検討することが大切です。

まとめ

ヘッダーの最適化は、確かにSEOの一部として非常に大切です。しかし、真のSEOの効果を実感するには、ヘッダーだけに焦点を当てるのではなく、全体的なコンテンツの質を向上させることが不可欠です。特に最近のサーチエンジンの動向を見ると、ユーザーにとって価値ある情報提供を重視する傾向が強まっています。

その意味で、ヘッダーの最適化は第一歩と捉え、その後のコンテンツ作成に励む姿勢が必要です。心がけるべきは、訪問者の求める情報を正確に、そして分かりやすく提供すること。これが真のSEO効果を生む鍵となります。

この記事を読んで、初めてSEOに取り組む方も、すでに経験がある方も、基本からしっかりと理解し、次のステップへと進んでいただけたら嬉しいです。