SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.12.01

SEOを行うホームページ制作はキーワード難易度を理解

SEOに強いホームページ制作ではキーワード難易度を意識

キーワード難易度とは、御社が上位表示を狙うSEOワードがどれくらい難しいかを言います。

難しいと言っても、良質と継続されたサイト更新業務でもちろん上位表示は狙えますが、それでもホームページ制作時にできる限り詳細に難易度を理解するようにしましょう。

当ページでは、弊社がホームページ制作時に提案するSEOにおけるキーワード難易度についてご紹介をいたします。

キーワード難易度とは

キーワード難易度とは、SEOにおける上位表示のしやすさのことを言います。

例えば、【ホームページ制作 大阪】で上位表示を狙うホームページを制作したとしたときを想定します。

その時に、「ホームページ制作」に関するウェブページを作成していれば、いつか上位表示できますと言われても、いつまで続ける必要があるかは気になるポイントになっています。

いつまで続けるかを判断するのに利用するのがキーワード難易度になっています。

例えば、現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングの仕様で、どのようなウェブページが上位表示できるかは以下になっています。

  • 品質が高いウェブページ作成
  • 関連するウェブページ数の多さ
  • 関連する被リンク数

一般論として、上記が非常に大切と言われている要素です。

ただし、品質については読者側の受け取り方によって異なるものになっていて、数値データ化は絶対にできません。

そのため、ウェブページを作成する際には、今自分でできる最高の品質でウェブページを作成します。

また、被リンクについては、現在の検索エンジンは大半を無効化しているため、ナチュラルリンク以外は不要です。

もちろん、獲得できるくらい良質なウェブページ作成をコンスタントに行えるのであれば、行ったほうが良いです。

しかし、当社実績で見ても、高いSEO効果を得ているホームページですらそれほど集まっていません。

そしてキーワード難易度を理解する上で大切になってくるのが、関連するウェブページ数の多さです。

実はこのウェブページ数の多さだけは数値データとして把握が可能で、さらには数値をもとにして自社サイトも対策が取れるようになっています。

現在の検索エンジンは、良質であることはもちろん大切ですが、関連するウェブページ数が多い方がランキングが上がりやすくなっています。

例えば、当サイトを事例にすると、当社は【ホームページ制作 大阪】でトップページで10位以内にランクインしたいと思っています。

その時に、実際にグーグル検索で【ホームページ制作 大阪】と検索をしてみましょう。

そして、検索結果ページに表示された1位から10位のホームページを開き、【site:トップページURL ホームページ制作 大阪】でグーグル検索をして見ます。

トップページURLは、httpsなども含め、最後のindex.htmlやindex.phpを削除し、ドメインだけで検索を行うと良いでしょう。

そうすると、それぞれのホームページで、ホームページ制作 大阪に関連するウェブページ数が表示されます。

PCであれば、左上に件数が表示されますが、スマートフォンの場合は表示されないのでご注意ください。

このページ数を1位から10位までで調べて、平均値がクライアントが上位表示に必要なウェブページ数になっています。

もちろん、目標に到達することで、上位表示ができるわけではなく、あくまで上位表示できる可能性が生まれるということです。

もし目標に到達しても、検索順位が上がらなければ、別の指標になる被リンク本数や品質が足りていないと判断ができます。

このように、単純にがむしゃらにウェブページを作成し続けるのではなく、キーワード難易度を理解することで、効率的な検索順位向上対策が行えるようになるのです。

ホームページ制作時にキーワード難易度を理解

キーワード難易度については、当社では、ホームページ制作時に、クライアントにしっかりとご理解をいただいています。

ホームページ制作時には、実作業も実施はしますが、それよりも大切なのが、キーワード難易度への理解です。

例えば、当社では、ホームページ制作作業中に、上位表示をしたいキーワードをすべてリストアップしていただきます。

ここでは、検索回数を考慮したり、難易度は意識しなくて良いでしょう。

検索回数が少なくても、良質であれば、他のウェブページのランキングに影響がありますし、難易度はウェブページ数が増えれば、そのうち上がります。

ただ、個々のウェブページで上位表示を行うために必要になるウェブページ数を把握することが大切です。

そうすることで、上位表示を行うには、具体的に何ページが必要であるかが分かるため、作業効率は一気に向上します。

もちろん、先述もしていますが、被リンク数や品質も大切になってきますが、これらはなかなか制御が難しい項目になります。

そこで、新規ページ作成を行う際には、まずは良質を意識するようにしましょう。

もしかしたらではありますが、良質であれば、少ないウェブページ数でも上位表示ができるようになるため、計測したキーワード難易度よりも早く上位に表示可能です。

さらには、ここまで行うクライアントは少ないですが、被リンクについても、意識するのが良いでしょう。

例えば、上位表示キーワードが定まっているため、実際に検索をして、該当ページでahrefsなどの有料ツールを活用して被リンク調査をして見ます。

当社が把握している限りではありますが、被リンク調査においては、無料ツールだとグーグルサーチコンソールぐらいしか役立つツールがありません。

ただし、グーグルサーチコンソールは自社サイトは調査が可能ですが、他社サイトは見れないため、有料ツールが必要になっています。

そのため、ウェブページ作成を行う際にはどんな原稿作成や画像掲載をすれば、被リンクが獲得できるかを検討することが大切です。

ただし、被リンクについては、お金がかかるという点と、さらには調査をしても必ず獲得できるものではありません。

そのため、ウェブページ作成を行い続けることと、今できる最高の品質を意識する2点にポイントを絞ることが大切になります。

このように、ホームページ制作中に、個々のウェブページでキーワード難易度を把握することは、SEO効率のためにも非常に大切になってきます。

キーワード難易度が高いサイト運営

ホームページ制作中にキーワード難易度を理解すれば、後は良質なウェブページ作成を継続しましょう。

高い場合、かなり大変です。

というのも、当社が見た中で、非常に高い難易度だと、良質なウェブページ作成数が1,000を超えるケースも見られます。

1,000となると、土日も含めて毎日新規ページ作成を行っても、3年かかる作業量です。

そういったキーワード難易度が高いウェブページは、除外をしていくと良いでしょう。

例えばですが、一例で当社サイトでご紹介をすると【ホームページ制作 大阪】以外にも【SEO 大阪】なども検索順位を上げたいと思っています。

その時に、どちらもキーワード難易度を調査するために、ライバルサイトのウェブページ数を調査しています。

結果として、どちらも500ページを超えていました。

その時に当社が考えたのが、欲しい案件としては、【ホームページ制作 大阪】で検索するユーザーになり、まずは「ホームページ制作」に関するウェブページ作成を開始します。

【SEO 大阪】は、確かに上げるべきキーワードですが、当社はWebサイト制作会社であるため、SEOだけの案件もお受けしますが、多くは問い合わせが必要ないと思っています。

そのため、なにが大切かを考えて、新規ページ作成を行うことで、効率の良いサイト運営が可能になります。

あれもこれもと色々と手を出すのはおすすめではありません。

昨今では、ライバルサイトもキーワード難易度を意識して、更新業務を行っているため、どこを狙ったとしても、そこそこの難易度になっています。

そういった状態で、広く浅く対策を行ってしまうと、すべてが中途半端になり、一向にSEO効果が出ないというケースもあります。

サイト運営では、どのキーワードが大切か、そしてそれに絞った新規ページ作成を継続することにより、高い成果を得られるようになっています。

キーワード難易度が高いときは意識を辞める

上記が基本的にキーワード難易度を意識したホームページ制作と運営になります。

ただ、実際に当社実績においても、異常に難易度が高いキーワードで上位表示を狙われるケースもあります。

例えば、最近の事例で言うと、【結婚式 大阪】や【結婚式 神戸】など、結婚式と都道府県名などで上位表示を狙われていました。

クライアントと話し合った結果、必ず結婚式と都道府県名で上げたいと言われ、調査とサイト更新スケジュールを立てています。

ただ、実際にウェブページ数は5,000近くあり、さらにはクライアントウェブマスターは1名になっていました。

となると、毎日1ページを作成しても、1年では365ページになるため、10年以上かかります。

この場合に提案をしたのは、確かに、【結婚式 大阪】や【結婚式 神戸】で上位表示は意識しますが、あまり意識をせず、サイト運営を行いましょうとお伝えしています。

実際に10年以上かかる作業を1年やそこらで上位表示をさせるのは不可能です。

クライアントは別に狙ったキーワードで上位表示を行うことが目的で、ホームページを制作しておらず、問い合わせ獲得になっています。

そのため、結婚式に関連するさまざまなウェブページを適切に作成し続けて、それらのウェブページで問い合わせを狙う提案をしています。

その結果として、結婚式と都道府県名で上がってくれば良いと考えていただけるよう説得しました。

実際に、そちらのホームページでは、【結婚式 大阪】ではまだ50位以内にも入っていません。

ただ、問い合わせ数で言うと、実は1位に表示しているウェブページ数も多くあり、実際に問い合わせ数としては、5本以上は獲得しています。

このように、狙ったキーワードの難易度が極端に高い場合は、そのキーワードでの検索順位を追いかけるのは辞めるのが良いでしょう。

それよりも、その他ウェブページで着実に上位表示を狙い、そして問い合わせを獲得していけば、満足できる結果を得れるのです。

逆に、当社が制作したホームページでは、主要なキーワードすべてで難易度が低いケースも見られます。

このホームページにおいては、どんなウェブページを作成しても、かなりの頻度で上位表示が可能になっています。

ただし、実際にこれらの難易度が低いホームページは、実は制作中の調査では高そうに見えていました。

それは、ライバルサイトが単純にウェブページ数が多かったことが要因で、品質自体が低かったのです。

こういった事例もあると理解をしながら、御社は常に良質を意識し続ければ、このようなケースに当たる可能性を一気に増やせるようになっています。

キーワード難易度は調査だけでは判断がつかない

このキーワード難易度は、実は調査だけでは正確な判断を付けられません。

というのも、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなどの主要検索エンジンは、量だけではなく質も見ているからです。

ホームページ制作の集客としてSEOを選択された会社は、一度は良質なウェブページ作成がSEOの成功法と聞いた経験があるでしょう。

この良質と言うのは、どのようなものであるかを、一切検索エンジンは公表していません。

そのため、企業ウェブマスターが行える対策は、ユーザーが見たときに良質であるという点を意識するだけになっています。

そして実は、ユーザーが見たときには、それほど気にならなくても、検索順位を決定するアルゴリズム次第では、品質が低いと判断されているケースも見られます。

先述していますが、ある当社実績の企業が、まさにそれに当たり、制作中の調査では、300ページは必要だと思っていたけれども、実際には50ページで上位表示ができました。

この事例はもちろん珍しいものではあると思いますが、良質を意識することで、調査データが当てにならないケースもあります。

もちろん、初めからそれを狙うという意味ではなく、しっかりとサイト運営を行っていれば、キーワード難易度が極端に高くても、短期間で上位表示が行えるケースもあります。

キーワード難易度を理解した正しいホームページ制作

ホームページ制作時に、SEOは努力量で何とでもなると思われているクライアント数が増えてきているように思います。

確かに、努力量でどうにかなるのがSEOではありますが、キーワード難易度を意識していないというのはリスクでしかありません。

実際に当社ホームページ制作でよく言われるのが、公開して1年くらいで月の問い合わせ数を5本は獲得したいということです。

もちろん当社としては、もっと多くの問い合わせ数を獲得したいと考えています。

ただ、クライアントによっては、もっと言うとSEO難易度によっては、かなりハードルが高いケースもあります。

それは単純に上位表示を狙うキーワードが難しい場合です。

その場合は、もちろん、それらのキーワードを無視するのではなく、いつの間にか上がっていたという状況を作ることが大切です。

そして、問い合わせ数については、もっとニーズを絞り込んだスモールワードで狙っていきます。

スモールワードとは、検索回数が少なく、ライバル数も少ない、難易度が低いキーワードです。

逆に難易度が高く、検索回数が多く、ライバルサイト数も多い場合は、ビッグワードと言います。

そうすることで、ホームページを制作した目的になる問い合わせ数や商品販売数が達成できるようになっています。

ホームページ制作は、問い合わせが大切で、スモールワードであると、当然その分、成果獲得数は少ないものになるでしょう。

ただ、2005年にアメリカの通販サイトであるアマゾンが発見したロングテールの法則を思い出しましょう。

1年に1度しか売れない商品の売上がアマゾンで販売されている書籍の上位2割よりも、下位8割の方が売上が高くなるという考え方です。

これに習うと、簡単に言えば、ニッチなキーワードで上位表示を狙うウェブページ数を増やせば増やすだけ、成果数が増えるのです。

現在検索エンジンからの成果を意識されている方は、このロングテールの考え方を理解し、そして量と質を高めることで、期待以上に成果が出るホームページ制作となります。

キーワード難易度に関するよくある質問

最後に、お客さまへ、キーワード難易度についてご紹介をした際に、よくいただく質問と回答をご紹介します。

調べ方が分からない

調べ方が分からない場合ですが、当社がホームページを制作するクライアントであれば、無料でサポートをいたします。

基本的には当社はSEOに強いホームページ制作に力を入れているため、この作業は必須であると考えていて、企画・調査費に含めています。

もちろん、企画・調査費が高くなっているということはなく、実作業の20%の予算になっています。

そのため、ライバルになるWebサイト制作会社と同じような価格帯に設定をしていて、無料サポートの範囲に近い扱いをしています。

ただし、キーワード難易度調査だけをお申し込みいただくことはできません。

というのも、コーディングやウェブデザイン作成法によって、多少影響が出てしまうため、有効な数値データにならない可能性があるからです。

難しいと上位表示は無理?

難しい場合は、短期間では上位表示ができず、中長期計画を立てましょう。

考え方の基本としては、難易度が高いキーワードは、別のウェブページで上位表示するための作業を行い、自然と上位表示を狙う対策が効率的です。

先述もしていますが、1,000ページ以上が必要となった場合に、100ページを作ったところで、上位にランキングされるケースはほとんどありません。

そのため、それらを意識しすぎると、ストレスばかりがかかり、1ヶ月くらいであれば頑張れるかもしれませんが、1年単位で作業は継続できなくなります。

ホームページ制作中に行う必要がある?

理想はホームページ制作中の作業です。

ただ、公開してから特に意識をしてこず、闇雲に新規ページ作成を行っている場合でも問題ありません。

ただし、その場合は新規ページ作成以外にリライトを実施する必要はあります。

そのため、作業量が一気に増えてきますが、作業を継続していれば、必ず成果を出せるようになります。

調べてもらう費用や納期は?

先述もしていますが、費用については、企画・調査費に含まれていて、実際は無料対応になっています。

納期については、1週間くらいを見ていただければ幸いです。

TOP