セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.05.31

キーワード出現頻度とは?SEOとの関係性や調べ方を紹介

キーワード出現頻度とは、各ページの文章で利用されているキーワードの比率のことを言います。

従来のSEOでは、キーワード出現頻度がSEO効果に大きな影響を与えていたので、多くのホームページでは、キーワード出現頻度を意識したページ作成を行っていましたが、現在ではそれほど大きなSEO効果は得られないと考えることが一般的です。

当ページでは、キーワード出現頻度とは何かや、SEOとの関係性、現在のSEOでキーワード出現頻度を調べるタイミング、調べ方について紹介します。

キーワード出現頻度とは?

キーワード出現頻度とは、ページ単位で利用されているキーワードの比率のことを言います。

例えば、「今日も明日も明後日も天気は晴れ」とだけ書かれているページがあった場合、キーワード出現頻度は、「今日:20%、明日:20%、明後日:20%、天気20%:、晴れ:20%」になります。

キーワード出現頻度は、各ページで重要なテーマを意識した文章作成を行っていると、自然と重要なキーワードの比率が高くなる傾向があるので、すなわちキーワード出現頻度が高いキーワードがそのページのテーマになっていると言えます。

キーワード出現頻度とSEOの関係性

従来と現在のキーワード出現頻度が与えるSEO効果の違い

従来のSEOでは、サーチエンジンが文章理解をほとんどできていなかったので、ページに書かれている内容ではなく、キーワード出現頻度とスパム行為を行っていないかで、SEO効果が決定していました。

2000年ごろからSEOに取り組んでいる人であればご存じと思いますが、2015年ごろまでは、各ページで重要なキーワードを3から5%使い、重要なキーワードがもっとも利用されていることで、狙い通りのキーワードで上位表示ができていたのです。

しかし、2015年ごろにGoogleは、完璧ではありませんが、大まかに文章理解ができるようになっており、そのタイミングでキーワード出現頻度は効果がなくなったと言われています。

では、2015年以降のSEOでは、何が重要になってくるかと言うと、ユーザー目線の追求になっています。

すなわち、キーワード出現頻度で見れば、重要なキーワードが8%以上利用されているページであったとしても、そのページを読んでいるユーザーの満足度が高ければ、自然とSEO効果を発揮できるようになったのです。

その結果、現在のSEOでは、キーワード出現頻度を意識する必要がなくなり、現在ではキーワード出現頻度よりも、ユーザー目線のページ作成に取り組むことが、SEO効果で重要になっています。

現在のSEOでキーワード出現頻度を調べるタイミング

基本的には、現在のSEOではキーワード出現頻度は見る必要はないと言えますが、しかし、本気でSEOに取り組んでいる企業であれば、現在でもキーワード出現頻度を利用するタイミングがあります。

そのタイミングとは、ライバルサイトを調査するときです。

SEOに取り組んでいて、ライバルサイトを定期的に見ている方であれば、ページタイトルと文章を読むだけで、大まかにですが、そのページで上位表示を狙っているキーワードは見えてくると思います。

しかし、文章を読んだだけでは、気が付かないキーワードも存在していて、すなわちライバルサイトのキーワード出現頻度を知ることによって、正確にライバルサイトが上位表示を狙っているキーワードを理解することができるのです。

SEOに真剣に取り組んでいると、ライバルサイトが独占しているキーワードがあるのであれば、自社もそのキーワードでSEOを行いたいと考えることが多いでしょう。

そういったタイミングに、ライバルサイトのキーワード出現頻度を調査することで、ホームページはより高いSEO効果を得られるようになるのです。

キーワード出現頻度の調べ方

キーワード出現頻度の調べ方は、いくつかあるのですが、当社がお客さまに提案するキーワード出現頻度を調べるウェブツールは、コンテンツSEOチェックツールの高評価になります。

高評価にキーワード出現頻度を調べたいページのURLを入力

高評価の詳細コンテンツのURLの箇所に、キーワード出現頻度を調べたいページのURLを入力して、チェックボタンをクリックすれば、キーワード出現頻度が表示されます。

また、評価を調べるべきキーワードは、空欄でも問題がなく、キーワードを入れても結果に変化は見られませんが、2文字以上のテキストを入れていないとチェックができないので、適当に2文字入れておきましょう。

高評価の結果

チェックが終わると、対象URLのキーワード出現頻度が表示されるので、ライバルサイトでキーワード出現頻度が多いキーワードを探して、そのキーワードがビジネスと関連性が高いキーワードであれば、御社も意識をして利用しましょう。

まとめ

キーワード出現頻度について紹介しました。

現在のSEOでは、直接的にキーワード出現頻度が影響を与えることはありませんが、ライバルサイトを調査して、ライバルサイトが上位表示を狙っているキーワードを分析する際には、キーワード出現頻度を利用するケースがあります。

キーワード出現頻度って何?とお思いの方の参考になれば幸いです。