セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.07.19

よくあるホームページリニューアルの失敗事例

Webリニューアルは企業にとって、サイトの鮮度を保ち、ユーザー体験を向上させる重要なステップですが、その過程は必ずしも容易ではありません。多くの失敗事例が、目的の不明確さや制作過程での誤解から生まれています。特に、デザインやコンテンツの更新に重点を置きすぎて、サイトの本質的な目的やターゲットユーザーのニーズを見失ってしまうケースが見受けられます。その結果、見た目は刷新されても、訪問者の期待に応えることができないホームページが出来上がることも少なくありません。さらに、適切な分析や検討をせずに重要なページの変更を進めると、検索エンジンの評価やコンバージョン率に悪影響を及ぼす可能性も無視されがちです。これらの問題を避け、確実な成果を得るためには、制作前の準備と明確な目的設定、そして適切な分析が不可欠です。当社はこれらのポイントを踏まえ、成功に導くWebリニューアルのサポートを提供しています。

Webリニューアルの失敗事例

デザインは良くなったが更新がしづらい

デザインの刷新はWebリニューアルの目を引く点であり、ユーザーにとって魅力的なビジュアルを提供することは非常に重要です。しかし、その美しさが内容の更新を困難にする障壁になってしまうことも少なくありません。実際、リニューアルを経て美しいデザインのホームページを手に入れたものの、その後のコンテンツ更新が困難になり、情報が古くなってしまうケースはよく見られます。

更新の難しさは、主に管理画面の使い勝手や、コンテンツの編集・追加手順の複雑さから生じます。これらの要因が絡み合い、更新作業が煩雑になることで、サイト運営の効率が低下し、結果としてホームページの価値が低下する可能性があります。

具体的な検証を行った際にも、デザインの美しさと更新のしやすさはトレードオフの関係にあることがしばしば明らかになります。美しいデザインを追求するあまり、管理画面が複雑になり、結果としてコンテンツの更新が避けられる傾向があるのです。

これを解決するためには、リニューアル時にデザインだけでなく、運営のしやすさも重視することが重要です。特に、管理画面の使い勝手や編集手順のシンプルさを確保し、更新作業の効率を向上させることで、デザインの美しさと内容の新鮮さを両立することが可能となります。

ホームページは企業や事業者の顔であり、その顔を新鮮で魅力的に保ちつつ、日常の運営の効率も追求するバランスが、Webリニューアルの成功には欠かせない要素となります。デザインと運営のしやすさ、この二つをバランス良く取り入れることで、リニューアルの失敗を避け、サイトの価値を最大化することができるのです。

競合サイトに似ている

Webリニューアルの目的の一つは、競合サイトとの差別化を図りながら、自社の強みを際立たせることです。しかし、リニューアルを進める中で、意図せず競合サイトと似たデザインや構造になってしまうケースは少なくありません。この問題は、デザインのトレンドに流されてしまうことや、参考にするサイトの選定ミスから生じることが多いです。

競合サイトとの類似は、ユーザーにとって混乱を招き、信頼の低下につながります。また、SEOの観点からも、独自のコンテンツやデザインが求められるため、競合サイトとの類似は避けるべきポイントとなります。

具体的な検証を行った際、競合サイトとの比較分析をきちんと行い、その上で自社サイトの独自性を明確にすることが重要であることが分かります。例えば、デザインの段階で競合サイトとの違いを明確にし、それを基にオリジナルのデザインコンセプトを策定することが有効です。

また、制作会社とのコミュニケーションも重要なポイントとなります。制作会社に対して、競合との差別化を強調し、その方針を明確に伝えることで、競合サイトとの類似を避けつつ、独自性のあるホームページを制作することが可能となります。

ホームページは企業の顔とも言える重要な要素であり、その独自性は企業の価値を表現する大切なポイントです。リニューアルの際には、自社のブランドやサービスの特徴を明確に伝えることが求められます。そして、それを反映させたデザインやコンテンツの制作に努めることで、競合サイトとの類似を避け、自社サイトの価値を高めることができるのです。

SEO効果の大幅減少

Webリニューアルを進める際には、ビジュアルのリフレッシュだけでなく、SEO効果の維持や向上も重要な要素となります。しかし、SEOの基本を見落としてしまうことで、リニューアル後のSEO効果が大幅に減少するケースが散見されます。特に、noindexの設定の解除忘れや301リダイレクトの不足、コンテンツの品質低下は、SEO効果減少の主な原因となることがあります。

noindexの設定は、制作中のページを検索エンジンから隠すために利用されますが、リニューアル後にこの設定を解除し忘れると、サイトが検索エンジンにインデックスされなくなり、見込客にとって見つけにくいホームページとなってしまいます。この問題を回避するには、リニューアル完了後にnoindexの設定を確認し、必要に応じて解除することが重要です。

また、URLの変更やページの再構築を行う際には、旧ページから新ページへの301リダイレクトを適切に設定することで、SEO効果の途絶を防ぎます。このリダイレクト設定は、ユーザーと検索エンジンに対して、ページの移動を知らせる重要な手段となります。

さらに、ユーザビリティ向上やデザイン美化のためにコンテンツ量を減らすことは時に必要ですが、その過程でコンテンツの質を低下させないよう注意が求められます。キーワードや共起語を適切に使用し、コンテンツの質を維持または向上させることで、検索エンジンからの評価を高めることができます。

リニューアルを検討する際には、これらのポイントを十分に理解し、事前の準備や計画をしっかりと行うことが求められます。そして、制作会社とのコミュニケーションを密に取り、SEOに関する課題やリスクを共有することで、成功するWebリニューアルを実現することができます。リニューアルの目的や目標を明確にし、SEOを含めた全体の最適化を図ることで、効果的なWebリニューアルを進めていきましょう。

まとめ

Webリニューアルは企業やサイトオーナーにとって、大きなタイミングであり、その成功はサイトのSEO順位やユーザー体験に直接影響します。今回紹介した失敗事例は、制作会社とクライアントの双方にとっての貴重な教訓となり、次回のリニューアルに向けた有益な参考材料となるでしょう。リニューアルは単にデザインを変えるだけの作業ではなく、適切な手順と準備、タイミングを含む一連のプロセスが求められます。これらの要素を踏まえながら、制作会社はクライアントの目的や課題を理解し、それに基づいてコンテンツやデザインを開発・導入することが重要となります。

失敗事例を知ることは、同じ過ちを犯さないためにも、そしてリニューアルの結果としての成果分析を行い、次回のリニューアルに活かすためにも必要不可欠です。また、最新のSEOの知識やトレンドを常に把握し、それを反映させることで、サイトは更なる高みを目指すことが可能となります。

最後に、ホームページのリニューアルは継続的なプロセスであり、制作会社との継続的なコミュニケーションを保つことが、サイトを常に最適な状態に保ち、長期的な成功を実現する鍵となります。これからも失敗事例を参考にしながら、制作会社と連携し、ユーザーのニーズや最新のSEOトレンドを踏まえた上で、効果的なWebリニューアルを実施しましょう。