HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

noteはSEOに強い!ホームページへの被リンクはnofollow付与

noteはSEOに強い!ホームページへの被リンクはnofollow付与

noteという無料ブログをご存知でしょうか。

当社も、ホームページ制作後に提案するケースがありますが、無料ブログの中でも圧倒的なSEO力が魅力になっています。

では、実際に、当社がnoteをホームページ制作後に、どんな提案を行っているかをご紹介します。

noteのSEO力

noteのSEO力

クライアントさまや当社でnoteを利用していますが、圧倒的にSEOに強いという一言になります。

実際に、本体サイトと、原稿は別ですが、同じ上位表示キーワードを定めたページをnoteで公開すると、制作したホームページよりも上位に表示されるケースも結構な頻度であります。

例えば、お客さま情報はお伝えできず、当社の事例でご紹介をします。

当社で、2021年にnoteを使って、「ホームページ制作料金が分かる見積書の作成法」という記事を公開したことがあります。

上位表示を狙うキーワードは、【ホームページ制作 見積書】になっています。

そして、タイトルと本文は異なっていますが、当サイトとnoteの両方に、原稿を作成して公開をいたしました。

その結果、実は当サイトが5位前後になっていて、noteが1位表示されていたのです。

さらには、お客さま事例で言えば、noteに100記事程度を公開されていたのですが、1ページ目にランクインしているページ数が約60ページくらいあり、約6割が上位表示を実現しています。

そして本体サイトでは、300ページ前後になっていて、上位表示の数としては、150くらいになり、50%程度になっていました。

当社実績であり、少し恥ずかしいですが、この結果を見てもnoteは非常にSEOに強いと言えます。

ただ、言い訳ではありませんが、一応そちらの企業さまは、満足以上の成果を得ています。

さらに、noteで上位表示ができているキーワードは、難易度が比較的低いキーワードになっていて、本体サイトで狙っている難易度が高いキーワードの検索順位は低いです。

このように、難易度が低ければ低いほど、高い検索順位を獲得できると理解をしていき、本体サイトでは書かないニッチなページ作成が重要になっています。

ただし、ニッチだからと馬鹿にはできません。

年々、検索キーワードは具体的になっており、ニッチな可能性が高まってきています。

そのため、ニッチなユーザーはnote、少し難易度が高いキーワードを本体サイトで集客するというSEO設計を行えば、効率の良いホームページ制作とサイト運営が可能になります。

本当にSEOに強いですが、ただし前提として、良質な記事を作成しないといけないという点があります。

制作したホームページにはnoteのSEO力は無関係

制作したホームページにはnoteのSEO力は無関係

noteを開設して、日々更新作業を行ったとしても、実は本体のホームページのSEOには一切影響はありません。

その理由をご紹介します。

まず、noteの発リンクは、2021年1月だったと思いますが、nofollowに変更されております。

nofollowになったということは、リンクを使ってユーザーは移動が可能ですが、リンクによるSEO効果は0になっています。

このように、運営していても、実は本体サイトのSEOにはまったく影響がありません。

まったくと言っても、サイテーション効果は得れるかもしれません。

サイテーション効果とは、御社独自の言葉、例えば同じ社名の企業がない会社名や、住所、電話番号が告知されると、本体サイトのSEO効果が少し向上するというものです。

ただ、サイテーション効果は、非常に弱いものになっているので、あまり当てにはしないというのが一般的です。

これからnoteを開設され、更新作業を行う企業ウェブマスターさまは、本体サイトとはまったく別ものになると理解しましょう。

noteはSEO以外にも魅力がある

noteはSEO以外にも魅力がある

このように、noteを開設して更新作業を行っていても、まったく本体として制作されたホームページには影響がありません。

そのため、それであればやる意味がないと思われるかもしれませんが、実はnoteにしかできない収益構造があります。

それは、以下になります。

  • 有料記事
  • 有料マガジン
  • 定期購読マガジン
  • サークル
  • クリエイターサポート

例えば、御社が高いノウハウをお持ちの場合、そのノウハウを紹介する記事を書いたとします。

そして、ここから先は有料記事になり、ご購入くださいとすることで、見たい人はその記事を購入してくれます。

記事の購入というのは、企業ウェブマスターさまでは、あまり考えられないかもしれません。

ただ、実際に当社でもSEO関係などの記事を購入した経験があり、高い記事だと50,000円ほどするケースもあります。

もちろん、値段が高い記事は、それだけ売れる確率は低いです。

見込み顧客が、いくらくらいであれば購入してくれるかを考え、記事ごとに金額設定を行いましょう。

このように、note自体がSEOに強く、独自の収益構造を持っていて、実は制作したホームページと完全に分離されていたとしても、まったく問題がないのです。

そのため、制作したホームページとは一切が関係ないものであると理解をして、開設して、更新作業を行うことで、御社の売上に大きく貢献できます。

ただし、この有料販売系は、ある程度のブランド力、すなわち御社業界に対しての知名度が必要であると思われます。

もちろん、書籍を出すやセミナーを開催するなど、リアル側の知名度でも良いですが、ツイッターなどで有名になるでも問題がありません。

そして知名度が高くなればなるほど、次第に販売数が増えていき、御社が満足できる利益となります。

ホームページ制作中に収益構造を考えnoteのSEO力を活かす

ホームページ制作中に収益構造を考えnoteのSEO力を活かす

note自体は、非常にSEOに強く、弊社ではかなりおすすめしております。

ただ、やはり実績で見ていくと、本体サイトのSEOに関係がないなら、やらないという企業さまも多いです。

また、ネックになるのが、有料記事や有料マガジンを発行できるが、優れた文章を書けないというケースも多くあります。

その場合であれば、もちろん仕方がないと思われ、アメブロはてなブログを提案しております。

しかし、制作したホームページ以外にも収益構造があると、本当に強いと思われます。

そのため、制作したホームページ以外に収益構造があったほうが良く、さらには販売できるだけのライティング技術が満たせるという場合であれば、ぜひ開設したほうが良いでしょう。

昨今は情報が飽和していて、どんな業界であっても、グーグルや、ツイッターなどのソーシャルメディア、ティックトックなどの動画サイトを見れば、いくらでも情報は得れます。

しかし、中には、低品質や、嘘とは言えませんが古い情報なども飽和しているという事実があります。

そのため、昨今のユーザーは、本当の情報を求めている傾向が強くなっています。

制作したホームページとは別物と考えて、noteを開設し、これらを満たせる情報配信を行えば、本当に高い成果を出せるようになっています。

一般的には、当社は、ホームページ制作をご発注後に、noteを利用するという話になれば、この収益構造の構築からお客さまと一緒になって検討をしております。

そしてその検討結果から、もしもう一つの収益構造として成り立つと思えば開設をし、成り立たないと思えば別の無料ブログか自社サイトの更新業務量を増やしていただいております。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP