セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.05.14

noteブログとは?4つの特徴と運用の注意点

ホームページ制作の一環として、多くの企業や個人が無料ブログプラットフォームを活用しています。中でも「note」はその独特の魅力で多くのユーザーに選ばれています。制作過程やその後のブログ運営において、当社もnoteを導入しての経験が豊富です。この記事では、noteブログの魅力的な4つの特徴と、運用する際の要点を、ユーザー目線で詳細に展開していきます。ホームページ制作に関連したブログ運営を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

noteブログとは

noteブログは、日本発のブログプラットフォームとして注目を集めてきました。しかし、このブログサービスが世に出てきた当初、ホームページ制作業界でもその存在を知る者は少なかったのです。約2017年頃、私たちホームページ制作会社へと「noteブログの効果や利点について」の相談が増え始めました。確かに、その時点ではnoteに関する情報は限られていました。

それでは、実際にこのサービスを体験してみなければ、と考え、私たち自身が「ホームページ制作日記」というテーマでブログを開始しました。使用してみると、すぐにその多機能性やユーザーフレンドリーな設計に驚きました。特にホームページ制作に関わる私たちにとって、SEO対策の強力さやコンテンツ管理のしやすさは非常に大きなメリットと感じました。

noteは、従来の無料ブログサービスとは一線を画するツールであり、その利点を最大限に活かせるようホームページ制作のプロセスに組み込むことが考えられます。ホームページを新たに制作する際や、既存のサイトをリニューアルするタイミングで、noteブログの導入を検討する価値は高いでしょう。

noteブログの4つの特徴

SEOに強い

noteブログがSEOに優れているという声は、業界内外でよく聞かれるものです。しかし、なぜnoteがそこまでの効果を持つのか、私たちホームページ制作の視点から詳しく解説します。

まず、noteブログの最大の特徴は、シンプルで余計な情報が少ない構造です。多くのホームページやブログにはヘッダーやフッター、サイドナビゲーションといった情報が配置されていますが、noteはこれらを排除しています。このことから、サイトが軽量化され、検索エンジンがコンテンツをクロールしやすくなっています。

私たちホームページ制作会社も実際にnoteを利用し、制作したサイトと比較すると、同じキーワードでnoteの方が上位にランクインすることがしばしばあります。例えば、私たちが公開した「ホームページ制作料金の見積もり作成法」に関する記事は、当社のサイトでは5位前後にランクされているのに対し、noteでは1位という結果が出ています。このような事例は他にも多く、その度にnoteのSEO強度を実感しています。

しかし、注意すべきは、noteが万能ではないという点。実際に多くのクライアント様のデータを確認すると、noteでの上位表示ページは、比較的難易度の低いキーワードが多いことがわかります。対照的に、難易度の高いキーワードでのランクは、本体サイトの方が高い場合も少なくありません。

これを受け、効果的なSEO戦略としては、ニッチなキーワードを中心にnoteブログでのコンテンツ展開を進め、本体サイトでは高難易度キーワードをターゲットとするという方法が考えられます。検索キーワードのトレンドは年々変わり、具体的なキーワードへの検索が増加しています。この点を踏まえ、noteを上手く活用することで、より効率的なホームページ制作とサイト運営が実現できます。

最後に、noteブログのSEO効果を最大限に活かすためには、質の高いコンテンツ作成が欠かせません。記事の品質や内容が不十分であれば、どれだけSEOに強いプラットフォームを使用しても期待する結果は得られないでしょう。

更新のしやすさ

noteブログの更新のしやすさは、多くのWeb管理者やライターに高く評価されています。ホームページ制作の現場でよく目にするWordPressは、その柔軟性から多くのサイトで使用されています。しかし、WordPressの管理画面を使いこなすには、ある程度のカスタマイズや学習が必要です。それに対して、noteブログの管理画面は驚くほどシンプルで直感的。

このシンプルさが、実は更新効率の向上に大きく寄与しています。具体的には、情報量が少なく、必要な入力欄のみが表示されることから、操作ミスが減少し、迅速な更新が可能となっています。右クリックによる操作や、煩雑な設定項目の不在が、この利便性を一層引き立てています。

当社のホームページ制作を例に挙げると、WordPressでの記事作成には約2時間を要するのに対し、noteブログではわずか50分。この時間差は、長期的なブログ運用を考えると非常に大きなアドバンテージと言えるでしょう。

加えて、noteブログの管理画面はユーザーフレンドリーな設計が施されています。これまでの経験上、操作方法に迷ったというユーザーはほとんどいません。これは、noteが更新のしやすさを最前線に設計した結果であり、多くのホームページ制作会社や個人がnoteブログを利用する大きな理由の一つです。

総じて、noteブログは更新作業の効率を追求する全てのユーザーにとって、魅力的な選択肢となるでしょう。そのシンプルかつ高機能な管理画面は、ホームページ制作やブログ運営の新しいスタンダードとして、今後も多くの注目を集めることでしょう。

新たな収入源

noteブログが提供する新たな収益源は、現代のデジタル時代において、ホームページ制作や運用に新しい視点をもたらしています。その主要な特徴は、有料記事、有料マガジン、定期購読マガジン、メンバーシップの4つの売上機能で、これによりホームページ運用の新しい収益モデルを築くことが可能となります。

企業や個人が制作したホームページの最終目的は、商品やサービスの販売、問い合わせの増加など、具体的な収益向上に繋がる行動を促すことです。そして、noteブログはその目的を実現するための多彩な収益化メニューを提供しています。

具体的な例として、御社が保有する専門的なノウハウや情報を元に記事を作成し、一部を公開。その続きを有料として提供することで、購読希望者から収益を得ることができます。驚くかもしれませんが、一部の専門的な記事は、50,000円程度の価格で取引されることもあります。もちろん、記事の価値やターゲット層、そしてブランドの知名度によって価格は変動しますが、これは新しい収益の可能性を示唆しています。

noteブログは、SEOにも強い特性を持っており、独自の収益構造が魅力です。そして、ここが重要な点ですが、noteは制作したホームページとは完全に独立して運用できるため、新しい試みとして導入する障壁は低いです。しかし、このモデルの成功には、ある程度のブランド力や知名度が必要です。それは、ツイッターなどのSNSでの知名度向上や、リアルでの書籍出版やセミナーの開催など、様々な形でのブランディングが考えられます。

まとめとして、noteブログは、御社のホームページ制作やデジタル戦略に新しい風を吹き込む存在となりえます。その独自の収益機会を活用し、今までのビジネスモデルに新たな価値を付加していくことが、今後の成功へのカギとなるでしょう。

被リンクにnofollowが付与

noteブログは、そのSEOに対する強みを活用し、多くの企業や個人がデジタルマーケティングの一環として利用しています。特に2020年以降、noteブログのリンクに「nofollow」属性が自動的に付与されることにより、SEOの戦略が大きく変わったと言っても過言ではありません。

この「nofollow」属性とは、検索エンジンに対して「このリンクは、ページランクの計算や索引の対象として考慮しないでください」と指示するものです。そのため、これが付与されることにより、リンク先のホームページにSEOの効果をもたらす「被リンク」としての価値はなくなります。一見すると、SEOの観点からは不利に思えるこの変更ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

確かに、noteブログを被リンクの源として利用する目的は達成困難となりました。しかし、noteブログの真の価値は、その強力な集客力やコンテンツの拡散力にあります。被リンクを目的として制作したホームページがSEO効果を狙うのは難しくなったものの、noteを通じて集めた訪問者を、適切なリンク戦略で本体サイトに誘導することは変わりません。実際、この変更によって、スパムリンクと誤認されるリスクが低減し、より健全なユーザーの流入が期待できるようになったと、私たちは考えています。

さらに、この「nofollow」属性の導入は、noteブログ自体の品質を維持・向上させるための重要なステップであるとも言えます。これにより、単なる被リンク獲得のための不適切なコンテンツの公開が抑制され、ユーザーにとって価値のある情報を提供するブログが増えることが期待されます。

最終的に、noteブログは被リンクの獲得ツールとしてではなく、真に価値あるコンテンツを提供し、それを通じてユーザーとの関係を深化させるツールとして、ホームページ制作の一部として活用するべきであると私たちは考えています。

noteブログを運用する際の注意点

本体サイトと同じ品質を保つ

noteブログの運用は、ホームページ制作と同じくらいの緻密な戦略が求められます。本体サイトの目標は、訪問者数や成果の向上。その一環としてnoteブログを活用し、そのブログから本体サイトへの訪問者を増やすのは一つの有効な手段です。

しかし、ユーザーの視点から考えると、noteブログのコンテンツ品質が低ければ、どんなに魅力的なリンクがあっても、彼らは本体サイトへと進む動機を持たなくなります。これは、ホームページ制作時にも言えることで、品質の一貫性が訪問者の信頼や興味を引きつける要因となります。

noteブログを運用する際は、コンテンツの質を維持、もしくは向上させることが必要です。本体サイトと同等、あるいはそれ以上の情報価値や魅力を持った記事を制作し、ユーザーに価値ある情報を提供しましょう。それにより、noteのSEO効果を最大限に引き出すことができ、さらに本体サイトへの流入も増加します。

結論として、noteブログの品質を疎かにすると、ホームページ制作の努力も水の泡となってしまう可能性があります。一貫した高品質なコンテンツを提供することで、noteブログと本体サイトの双方で最高の結果を得ることができるでしょう。

過剰な被リンクは辞める

noteブログの利用は、多くの企業や個人にとって効果的なツールとして認知されています。しかし、このツールを使うにあたっては、注意点がいくつか存在します。特に、ホームページ制作のプロセスと同様、SEOへの影響を考慮する必要があります。

一つの大きな誤解として、noteブログからの被リンクが多ければ多いほど良いという考えがあります。しかし、実際はその質や関連性が最も重要です。例えば、noteブログの各記事から、無差別に本体サイトへのリンクを張りまくるのは好ましくありません。そのような行動は、サーチエンジンにとって「自然ではないリンクの生成」と解釈される可能性があります。

関連性の高いコンテンツ間でのリンクは、ユーザー体験を向上させ、SEOにもポジティブな影響をもたらします。しかし、関連性が低い、または無関係な記事からのリンクは、ユーザーにとって混乱を招くだけでなく、SEOの面でも不利益を招くことが考えられます。

過剰なリンクの問題点は、nofollow属性が付与されているとはいえ、サーチエンジンがそのサイトの品質や信頼性を評価する際にマイナスの要因となる可能性があります。特に、不自然なリンクが多数存在すると、ペナルティのリスクが増大します。

結論として、noteブログの運用やホームページ制作時には、被リンクの質と量のバランスを適切にとることが不可欠です。適切なリンク戦略を取ることで、サイト全体のSEOの質を高め、最終的には訪問者の満足度やコンバージョン率の向上にも繋がるでしょう。

まとめ

noteブログの存在やその運用の利点を理解することは、現代のホームページ制作における必須の知識と言えます。この記事を通じて、noteブログの特徴や運用に関する実践的なアドバイスを提供しました。

制作業界のトレンドとして、noteブログはそのアクセスビリティとSEOの強みから多くの企業や個人に愛用されています。しかしその利便性ゆえに、手軽に始められるという理由で半ば放置、もしくは不適切な運用が行われることも少なくありません。

ホームページ制作の基本は、目的に合わせて適切なプラットフォームを選ぶことですが、それだけでは十分ではありません。どんなツールであれ、その真価を引き出すためには継続的な努力と熟慮が必要です。noteブログも例外ではありません。

当社の制作実績を見ても、noteブログを真摯に運用しているクライアントは、確実に良好な結果を得ています。無料でありながら、高いポテンシャルを秘めたnoteブログ。しかし、その魅力を最大限に活かすためには、本体サイトと同等の品質を保ちながら運用することが不可欠です。

結論として、ホームページ制作や運用を考える際、無料ブログの選択肢としてnoteブログを検討することは大いに価値があります。しかし、その運用にあたっては、常に品質と持続性を意識する必要があります。