セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.10.17

ブルーオーシャンSEOとは?ホームページの成果に繋がる対策法

ブルーオーシャンSEOとは、難易度が低いキーワードでSEOを実施することで、確実に、より早く上位表示を実現して、ホームページの訪問者数と成果数を高める手法のことを言います。

当社のホームページ制作でも、公開直後は、ブルーオーシャンSEOに取り組んでいただき、1日でも早く高い成果を実現するための対策法としています。

当ページでは、ブルーオーシャンSEOとは何かや、対策法について紹介します。

ブルーオーシャンSEOとは

ブルーオーシャンSEOとは、SEO手法の1つになり、できる限り難易度が低いキーワードで上位表示を狙う対策法のことを言います。

難易度が低いキーワードでSEOを実施することで、ホームページ制作直後であったとしても、上位表示を実現することが可能になるので、ホームページからより早く成果を実現することが可能です。

さらに、難易度が低いキーワードになるので、原稿作成経験がないウェブマスターが書いた文章でも十分に上位表示を実現することが可能な点も魅力です。

当社のホームページ制作では、一般的にすべての企業に対して、ブルーオーシャンSEOをおすすめしており、難易度が低いブルーオーシャンキーワードで上位表示を行い続けていれば、ドメインパワーが高まるので、難易度が高いキーワードでも上位表示を狙うことが一般的なSEO戦略となっています。

では次に、ホームページ制作後にお客さまに提案するブルーオーシャンSEOの対策法を紹介します。

ブルーオーシャンSEOの対策法

キーワード調査は不要

ブルーオーシャンSEOを行う際に、キーワード調査が必要だと考える方が多くいますが、当社が制作したホームページのお客さまは、キーワード調査を行っていません。

と言うのも、ブルーオーシャンSEOでは、3語以上のキーワードで上位表示を狙うことが一般的になっているので、キーワード調査に時間を使うのであれば、良質な新規ページ作成や品質の高まるリライトに取り組んだ方が、より早く上位表示を実現できます。

もちろん、キーワード調査を行うことを否定しているわけではありませんが、昨今のサーチエンジンが示す検索ボリュームは、的外れなケースが多いので、不確かな調査結果を見て情報の整理を行うことは時間の無駄になる可能性が高いと提案しています。

継続した新規ページ作成を行う

昨今のホームページのSEOは、1ページ1ワードの設定を行うことが基本です。

そのため、ブルーオーシャンSEOでは、作成ページ数が重要になっているので、ホームページ制作後に、毎日1ページ作成の運営スケジュールを提案しています。

1つのキーワードの難易度が低いことで、上位表示を実現することは容易ですが、そもそもの検索回数が少ないキーワードになっているので、1つのキーワードだけだと、上位表示を実現しても期待通りの訪問者を集客できません。

そのため、ホームページのページ数を増やすことが大切になっており、ページ作成を継続していれば、訪問者数も次第に増えていくので、期待通りの成果を実現することが可能になります。

訪問者を成果ページに誘導することを考える

ブルーオーシャンSEOでは、1ページあたりの訪問者数が少ないので、訪問したユーザーを成果ページへと誘導する文章作成に力を入れましょう。

各ページで少ない訪問者数になっているので、1人でも多くの訪問者を成果ページへと誘導しなければ、ホームページから成果を実現することができません。

訪問者を成果ページへと誘導するためには、ユーザーニーズに応えることができるページ作成と、少しだけ成果ページへと誘導することを意識して内部リンクを設置することが効果的です。

実際に、制作実績で言うと、ブルーオーシャンSEOに取り組んでいるホームページほど高い成約率を実現できているので、文章作成時には、良質と成果ページへの誘導を意識しましょう。

メインで上位表示を狙うキーワードとの関連性が大切

ブルーオーシャンSEOのために新規ページを作成する際には、メインで上位表示を狙っているキーワードと関連した内容のページを作成するようにしましょう。

なぜ、メインで上位表示を狙っているキーワードと関連性を持たせる必要があるかと言うと、ブルーオーシャンSEOの基本的な対策は新規ページ作成になっているからです。

サーチエンジンは、ページ単体でSEO効果を決定している他にも、検索ワードとホームページの関連性でも検索順位を定めているので、メインで上位表示を狙っているキーワードと関連したページ数が増えれば、トップページやサービスページのSEO効果も発揮できるのです。

もちろん、メインで上位表示を狙っているキーワードと関係がないページでも、ホームページに打ち出すべき情報であれば、新規ページ作成をしても問題ありませんが、基本的に作成するページはメインで上位表示を狙っているキーワードと関連性を持たしましょう。

まとめ

ブルーオーシャンSEOについて紹介をしました。

昨今のホームページのSEOは、ブルーオーシャンSEOの重要性が高くなっていると感じ、SEO難易度が高いトップページやサービスページは、検索ワードとホームページの関連性で上位表示を狙うことが正攻法になっています。

ホームページにSEOを行っている方は、当ページをご覧の機会に、ブルーオーシャンSEOに取り組んではいかがでしょうか。