HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページの成果が倍増するコラム記事作成のポイント

成果を出すにはコラムコンテンツが必要

ホームページは制作しただけでは成果を出せません。

しっかりとサイト運営を行う必要があるのですが、このサイト運営で主に行うのが、コラム系コンテンツの更新作業になります。

しかし、このコラム系コンテンツは、闇雲に更新してはいけなく、ホームページ制作時からしっかりと計画を立てることが重要です。

コラム記事とは

弊社がホームページを制作したら必ず作成するコンテンツは、名称はスタッフブログですが、コラム系の記事をお客さまでアップできるコンテンツです。

その理由はホームページから成果を出すには集客と成約の両方が大切になるのですが、どちらも達成できるコンテンツがコラムコンテンツになっているためです。

例えば、SEOやソーシャルメディア運用は、今やホームページの集客対策としては一般的だと思います。

そしてどちらを行うにしても、実はWebサイト制作会社が作成したページだけでは難しく、お客さま自身で日々コラムコンテンツを作成しなくてはなりません。

SEO

SEOで上位表示されるホームページとするためには、どうすれば良いのでしょうか。

この回答はグーグル自体が発言しているのですが、「ユーザーの検索キーワードに対して最も詳しいホームページにすること」が重要です。

そのためには、Webサイト制作会社が作成したページでは圧倒的に足りず、実際に御社が上位表示を狙うキーワードで検索をして見ましょう。

1ページ目にランクインされているホームページを【site:トップページのURL】で検索すると、グーグルが認識しているおおよそのページ数が表示されます。

そして、1サイトだけではなく、1ページ目すなわち10位までのホームページすべてで検索し、そして平均を出すことが御社が目標にするページ数になります。

このように、1ページ目のホームページはざっくりとですが、少ないキーワードでも100ページ以上くらいが平均になってくると思います。

そして、弊社のホームページ制作は、大体ですが20ページが多いので、残り80ページはお客さまが作成しなくてはいけません。

そしてさらには、現在のグーグルは、ページの質も確認しているため、良質なページ作成が必要になっています。

このグーグルが考える良質を実現できる可能性が高いのが、コラム系コンテンツになっているため、SEOには必須であると言えるのです。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアからの集客を利用される際には、コラム系のページの拡散が非常に効果的です。

コラム系のコンテンツの下部には、一般的にはいいね!やシェア、はてなブックマークなどのソーシャルボタンが設置されます。

そして、そのページを閲覧した方が、そのボタンを押してくれることで、それぞれのソーシャルメディアにその記事のURLが掲載された投稿がされます。

もちろん、これだけでも十分に効果的ですが、さらに効果を出すためには、クライアントさま自身でソーシャルメディアを始めるのが大切です。

日々URLを告知する必要はありませんが、しっかりと運用を行い、ソーシャルメディア内の友だちとコミュニケーションを取りましょう。

そして、自社のコラムコンテンツで、該当のソーシャルメディアでよく話題になっている内容や記事の質が会心の出来だった場合に告知するのが効果的です。

一般的には、ホームページを制作された方は、トップページを告知したいと考えてしまいますが、トップページの告知はそれほど効果が出ません。

しかし、コラム系の記事ページは非常に効果が出るので、ソーシャルメディアを運用される場合は、コラム系コンテンツが本当に効果を発揮できるのです。

では、具体的にどのようなことを考えて記事作成を行えば良いかをご紹介します。

テーマを定める

基本的なことかもしれませんが、そのコラムコンテンツで何を更新するかのざっくりとしたテーマを定めましょう。

なぜ定めなくてはならないかと言うと、当たり前の話になるのですが、あくまで御社の業界に対するコラムであり、日記ではありません。

そのため、そこまで難しく考える必要はなく、不要なページを作成しないためにも、テーマを簡単に定めておきましょう。

例えば当スタッフブログであれば、ホームページ制作やサイト運営、SEOがテーマです。

それ以外のことは基本的は書きません。

雑記が駄目だとは思いませんが、せっかく時間をかけて1ページを作成するのであれば、少しでもホームページの成果向上に繋げる方が良いので、ビジネスに関連する内容に限定しましょう。

自分の言葉で書く

これがもっとも難しく、時間がかかり面倒な作業ですが、ブログ運営を行う際には、どのような内容であっても、コピー&ペーストは行わず自分の言葉で文章を書きましょう。

現在のグーグルはオリジナルティーを非常に重視しています。

そしてこのオリジナルティーは、他サイトはもちろんですが、自サイト内でも同じです。

すべてのウェブページでしっかりと、文章作成を行うことで、自然と検索エンジンからは評価されるホームページとなります。

また、自分で文章を書いた結果、他のページと同じ原稿に仕上がった場合は、仕方がないと理解をしてそのまま公開しても問題ありません。

ただし、量が多い場合は、検索エンジンにバレてしまい、ホームページ全体のSEO評価を落とすため注意が必要です。

SEOは意識しない

相当難しいですが、SEOを意識しすぎるのはよくありません。

実際にSEOを意識しすぎてしまうと、記事作成が進まなかったり、さらにはあれやこれやと対策をしてしまい、逆に検索順位を落とす結果になってしまいます。

そのため、もちろんSEOのために、コラム系のコンテンツを更新しているのですが、意識しすぎると、逆に検索順位を落とす結果になるため、なるべく意識せず更新作業を行いましょう。

ネタが切れると無理に更新しない

こちらも難しいのですが、例えばホームページを制作したとき、コラム系コンテンツの更新スケジュールを立てたとします。

もちろん、公開して1ヶ月程度であれば、ネタ切れが発生するケースはないと思います。

しかし、半年や1年もサイト運営を行っていると、次第にネタ切れが発生してしまいます。

そして、その際に、無理に更新をするのはおすすめできず、その場合には、無理に更新する必要はなく、更新ネタを探すようにしましょう。

無理に更新をしたとしても、質が低いページになり、検索エンジンからはもちろん、ユーザーからも評価されず、結果としてマイナス効果になるのです。

ただ、ネタが切れて無理に更新する必要はありませんが、1ヶ月も更新しないというのはよろしくないので、しっかりと更新ネタを検討するようにしましょう。

リライトしてユーザーのために

最後に、成果を向上させるには、SEOの質とユーザーからの評価が大切です。

SEOの質については、上記のリンク先からご覧ください。

そして、大切になってくるのが、ユーザーのための質になっていて、この質を高めて初めて御社のコラムコンテンツは成果に繋がるコンテンツになるのです。

このユーザーのための質については、数値データで表せるものではなく、さらにはどこまで高めても終わりがありません。

ただし、何かしらの指標が必要であると言う場合は、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析を確認しましょう。

そしてグーグルアナリティクスのデータを見て、直帰率であったり、平均滞在時間を確認し改善することで、ユーザーのための質が高まるのです。

実際に、弊社のホームページ制作においても、ここまでされるケースは稀なケースであるとは思います。

しかし、ホームページの成果においては、非常に重要な対策になるので、必ずスケジュールを立てて行うようにしましょう。

成果を出すならホームページ制作時にコラムコンテンツが必要

もちろん、制作するホームページによっては不要になります。

ただ、弊社のホームページ制作においては、コラムコンテンツの作成は必須になっていて、制作後にコラムコンテンツを更新することで高い成果を出しています。

ただし、闇雲な作成やサイト運営はまったく意味がなく、作成後にしっかりと計画を立てて運営しなくてはなりません。

そして、更新作業においては、1ヶ月や2ヶ月作業を継続するのではなく、1年単位での計画を立てましょう。

弊社のホームページ制作では、コラムコンテンツが非常に大切で、さらには多くのWebサイト制作会社も同様だと思います。

現在ホームページ内にコラムコンテンツが制作されていない場合は、ぜひ一度制作をして、そして上記を参考に運営されてみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP