HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

同義語とは?SEO時の意識でホームページの検索ランキングアップ

同義語とは?SEO時の意識でホームページの検索ランキングアップ

同義語とは、同じ意味の言葉を指しています。

ホーム―ジ制作において、もし集客対策にSEOを含めるようであれば、実は同義語について学ばなくてはならず、適切な理解によって、正しい検索順位へと成長します。

そこで今回は、SEOに強いホームページ制作では必須になっている同義語についてご紹介をいたします。

同義語とは

同義語とは

同義語とは、単語は違いますが、結局同じ意味の言葉を指します。

例えば、当社業界で言えば、ホームページ制作とWebサイト作成や、SEOと検索エンジン対策は同義語になってきます。

なぜ、SEOに強いホームページ制作では、同義語を理解しなくてはならないかと言うと、検索エンジンの認識があり、類似コンテンツやカニバリゼーション対策になります。

類似コンテンツとは、まったく同じあるいは、ほぼ同じウェブページに対して発生します。

カニバリゼーションは、どういった基準か分かりませんが、ニーズが同じウェブページで発生します。

類似コンテンツ対策と、カニバリゼーション対策においては、この同義語理解によって、一気に作業効率が高まります。

では、同義語とは、先述もしている通り、単語は違うけれども、同じ意味の言葉ですが、検索エンジンは完全に把握しているわけではありません。

この検索エンジンが把握しているかしていないかは、実は結果を活用して判断できます。

同義語を検索結果から推測

同義語を検索結果から推測

同義語認識により、類似コンテンツ対策やカニバリゼーション対策が行えますが、どう検索エンジンが認識しているかを知らなくてはなりません。

そこで出てくるのが、実際に検索を利用する方法です。

現在日本で主要な検索エンジンと言えば、グーグルとヤフージャパン、マイクロソフトビングの3つになります。

グーグルとヤフージャパンは、同じエンジンを積んでいて、シェアの9割近くを持っています。

残り1割未満は、マイクロソフトビングになり、マイクロソフトビングは、別のエンジンを積んではいますが、なぜかグーグルと似た結果になっています。

そのため、グーグルだけ対策をしっかりと行っていれば、ヤフージャパンもマイクロソフトビングも自然に上位表示が可能です。

そして、例えば、当社で言えば、【ホームページ制作】で検索をしてみます。

そうすると、メタディスクリプションに記載された箇所で太字になっている箇所があります。

この太字になっている箇所は、ユーザーの検索キーワードと一致した箇所になっています。

そして、【制作】はありませんでしたが、【ホームページ】は、【HP】や【Web】の単語を見つけれます。

これらの単語をホームページ制作時から、同義語であると理解をすれば、過剰に利用しないように気を付けれます。

もちろん、過剰な利用以外にも、実はバランス良く利用も重要になっています。

これらを意識してバランスよく利用すれば、【ホームページ】や【HP】、【Web】を含んだフレーズで検索したときに上位表示されやすくなるのです。

現在同義語を調べる方法は、実際にグーグル検索を行う以外は手段がなく、ホームページ制作前にしっかりと調査をしましょう。

ホームページ制作で同義語の扱い

ホームページ制作で同義語の扱い

では、実際にホームページ制作やサイト運営時に、どう同義語を扱っていけば良いかをご紹介します。

基本的には、本文中はそれほど意識しなくても良くなったと感じます。

と言うのも、昨今の検索エンジンは、各ページで利用されているキーワード出現頻度は無視しています。

もちろん、上位表示したいキーワードを1度も利用しないと上がりませんが、程よく利用する程度でも十分に効果を出せます。

では、同義語をどう利用するかと言うと、実はタイトルタグになっています。

例えば、タイトルタグで、「ホームページ制作には、HP制作とWeb制作の3つの言い方がある」などのページを作成するとします。

そうすると、検索エンジンはホームページ制作が3回続けられたタイトルタグと認識します。

これは絶対に回避すべきでしょう。

いくらタイトルタグにキーワードを含めるのはSEOの基本だからと言っても、3回も続けて利用すると、スパム行為であると認識される可能性が出てきてしまいます。

また、当然ですが、メタディスクリプションも同様です。

メタディスクリプションは、ランキングに影響はないと検索エンジンが発言しています。

しかし、メタディスクリプション作成時においても、あまりに同義語を含み過ぎるのは、マイナス評価をされる恐れがあります。

と言うのも、グーグルの中では、検索ランキングとスパムチームは、別になっていて、特に密な情報交換は行っていないみたいです。

そのため、良かれと思った対策であったとしても、スパムチームの目に留まってしまえば、当然ランキングは落ちる結果になり、必ず注意しましょう。

ただ、実際に当社サイトもそうですが、原稿作成を行っていると、同義語を過剰に利用してしまうケースも多くあります。

これは、原稿作成を行っている間は気が付かず、公開前に、自分が書いた原稿を読み直すと少ししつこいと感じるケースがあります。

そういった場合は、どちらかの単語を少し意識して減らせば、よりユーザーにとって親切なウェブページへと成長します。

正しく同義語を認識してホームページを制作

正しく同義語を認識してホームページを制作

同義語は、業界によっては非常に多くなってしまうケースもあります。

そのため、ホームページ制作時に、ある程度用語についてWebサイト制作会社に伝え、一度自社が上位表示を狙うキーワードをすべて整理してしみましょう。

その際には、同義語ももちろん、意識して、エクセルにまとめて、Webサイト制作会社に渡せば判断してくれます。

ただ、もし違うと判断をされたとしても、それは現段階で検索エンジンが同義語と認識していないだけになっています。

今後ずっと同義語にはならないと言い切れず、できる限り検索エンジンの認識よりも、なるべく利用しない方が良いでしょう。

また、AとBが同義語で、どちらが一般的になるかも合わせて確認をすれば、どちらを利用して良いかが分かります。

実際に、ホームページ制作後にSEO目的に行うサイト更新は本当に作業量が多く、多くの時間を割くのはもったいないです。

最低限だけは調査をしていき、Webサイト制作会社のサポートを受けながら、適切に対応すれば、本当に検索順位が高いホームページとなるのです。

また、先述もしていますが、同義語については、原稿を書いているうちは意外と見つけれないケースが多いです。

そのため、公開ボタンを押す前に、意識してチェックをし、過剰利用になっている場合は、リライトしてから公開するのが良いでしょう。

また、公開後1ヶ月以上たった後に読み直すと、不自然に感じる箇所も出てくるかも知れません。

このように、公開後にチェック体制は非常に大切で、しっかりと確認作業とリライトを繰り返し行い、本当にユーザーの目線になるウェブページへと成長させましょう。

同義語に関するよくある質問

同義語に関するよくある質問

最後に、ホームページ制作後に、同義語の説明をしたときによくいただくご質問をご紹介します。

同義語って何?

同義語とは、単語こそ違いますが、同じ意味合いの言葉を言います。

例えば、ホームページとWebやHPは同義語になっていて、検索エンジンは同じであると認識しています。

この単語の利用においては、あまりに過剰に利用するとスパム行為になってしまう可能性があり注意が必要です。

そのため、単語が違うから過剰利用にならないと思い込み、キーワードを詰め込む対策は絶対に行ってはなりません。

ただ、昨今は、ホームページ制作時からSEOを考慮すると、テクニック的な要素よりもユーザー目線が重要視され、そこまで考えなくても問題がないかもしれません。

ただし、本文はそれでも良いかもしれませんが、タイトルタグやメタディスクリプションでは注意を払ったほうが良いでしょう。

同義語の見つけ方は?

同義語を見つける方法は実際にグーグル検索をして、メタディスクリプションが太字になっている箇所を探しましょう。

メタディスクリプションで太字になる箇所は、検索キーワードと一致している箇所になります。

このときに、違った単語が太字になっていれば、それが同義語になっていると理解が可能です。

そのためには、ホームページ制作時に、しっかりと自分でエクセルなどに記載していくと良いでしょう。

それらのエクセルファイルをWebサイト制作会社に渡せば、どれが違うかを判断してくれると思います。

どちらの単語を利用すれば良い?

AとBでどちらの単語を利用したら良いかは、実際に検索をして見てると分かりやすいです。

単語が違うというだけで、同義語になり、完全に同じではありませんが、本当に似たランキングが並ぶと思われます。

このときに、どちらでも上位に表示されているホームページがどう利用しているかを確認するのがベストでしょう。

また、稀にSEOについて多少勉強をされている方で、キーワード出現頻度を意識されるクライアントウェブマスターがいらっしゃいます。

AとBで、Aを3%、Bを2.9%利用すると、同義語だと5.9%になってしまい、少し使い過ぎかもしれません。

そのため、あくまで、該当ページを読んだ時に不自然が無ければ、別に5.9%でも問題ありませんが、不自然だとスパム行為に入る恐れがあります。

今は違ってもそのうち同じになる?

調査段階では、同義語と違うと見なされていたとしても、翌日以降の未来は分かりません。

今現在の調査データーであると認識が必要になっていて、明日以降仕様が変わると、もしかすれば、イコールと見なされるかもしれません。

イコールと見なされて、1ページに過剰に利用していると、もしかすればスパムと認識される可能性があります。

そのため、原稿作成時にある程度は意識が大切で、意識をしていれば、特に問題になるケースはないと思います。

ソーシャルメディアでも意識が必要?

昨今のホームページ制作では、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、リンクトイン、グーグルビジネスプロフィールなど、ソーシャルメディア利用が多くなったと思います。

このソーシャルメディア運用では、同義語を意識する必要はありません。

あくまで、検索エンジンのアルゴリズムだけの話になっていて、ソーシャルメディアはもちろん、広告などでも意識は不要です。

共起語とは違う?

少しややこしいですが、共起語とは異なっています。

共起語とは、ある単語に対して、一緒にウェブページで利用される単語になっています。

そのため、共起語であれば、利用したほうがSEO効果は高くなりますが、同義語は、同じ意味と認識され、過剰利用は良い結果を生み出しません。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP