セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.11.30

寺院ホームページで成果を出した工数の少ないSEO

寺院サイトにおけるSEO施策で成果が出なかったケースを、当社が手がけさせていただきました。別の制作会社のもとで半年間成果が上がらなかったサイトが、私たちのシンプルなアプローチで変わりました。私たちの提案は、記事のタイトルタグの見直しと、原稿の方法に関する具体的なアドバイス。少ない工数で、しかし確実に、寺院サイトのSEOを向上させる方法を実現しました。

寺院からSEOの依頼

寺院からのSEOの依頼は初めての経験でした。ホームページを制作して半年間、連日のように新しい記事を公開していたその寺院。しかし、成果は上がらず、制作した会社からは「低品質」との一言だけ。私たちが詳しく調査を進めると、確かに原稿の品質にはいくつかの課題が見受けられました。

それにしても、半年もの間、一生懸命に記事を更新していたのに結果が出ないのは、寺院の方にとって大変なフラストレーションだったでしょう。インターネットでの情報収集から当社を知り、相談をしてくださったこと、私たちは大変感謝しています。彼らの真摯な姿勢に応えるため、私たちはまず寺院のサイトを細かく調査しました。その結果、サイトの構造やソースコードに大きな問題は見受けられませんでした。ならば、問題はやはり原稿にあると考えられました。

私たちがこれまでサポートしてきた多くのサイトを考えると、良質とは何か、低品質とは何か、その定義は一概には言えません。しかし、訪問者が読むときに感じる違和感や、情報の過不足は明確な課題として捉えられます。そこで、私たちは寺院のサイトにおける原稿の改善ポイントを特定し、それを基に具体的なアドバイスと、新しい記事を書く際のマニュアルを提供しました。

この経験を通して、SEOのコンサルティングだけでなく、クライアントの真摯な気持ちに応えることの重要性を改めて感じました。

寺院サイトで成功したSEO対策

原稿チェック

寺院サイトでの成功を収めたSEO対策の一歩は、しっかりとした原稿チェックから始まりました。読み手にとって分かりやすい文言、文法の正確さはもちろんのこと、その背後に潜む制作者の文章作成の癖や考え方を深く理解することが重要です。

私たちが特に重点を置いたのは、単に誤りを指摘するだけでなく、その背後にある原因や理由を探ることでした。そして、エクセルにてその問題箇所と共に、具体的な改善策や文章作成時のアドバイスも盛り込みました。ウェブマスターが自らの文章の癖を自覚し、それを矯正する手助けをすることで、次回以降の原稿作成も格段に質が上がります。

この方法は、寺院サイトに限らず多くのホームページ制作後のフォローアップにも応用可能で、確実に読者の満足度を高める手法として私たちも推奨しています。

発リンクの設置ルールを策定

寺院サイトのSEO対策において、発リンクの設置ルールの策定は重要なステップとなりました。寺院サイト特有の特性を活かしながら、他の寺や関連サイトへのリンクを適切に配置することで、ユーザーの利便性を高めるだけでなく、SEO効果も上がることを実感しました。

当初、提案されたリンクの数は限られていましたが、クライアントの意向でサイト全体に適用されました。最初は少し不安を感じましたが、結果として大きな成果をもたらしてくれました。サーチコンソールのデータによれば、前回の毎日10人から飛躍的に800人以上の訪問者が訪れるようになりました。

特に興味深いのは、適切な発リンクがサイトのカニバリゼーション問題にも対策として効果的であることを発見しました。例えば、地域ごとのサービスページ間での適切なリンク設定により、ユーザーは自然と関連するページを深く閲覧する傾向にありました。このことからも、発リンクの設置は単なる外部サイトへの案内だけでなく、サイト内の情報の流れやユーザーの行動をも導く重要な要素であることが明らかとなりました。

新規記事公開マニュアル

寺院サイトのSEO対策として取り組んだ重要な一環が、新規記事公開マニュアルの作成でした。公開を控えた寺院の運営者や関係者が、独自に記事を更新する際のガイドラインとして活用することを想定しています。実際には、原稿の作成から始め、どのように情報を構築するか、そして公開後にサーチコンソールを利用してURLを正しく検査する方法など、具体的な手順が詳細にまとめられています。

私たちの経験上、サイトの持続的な運営には、更新の手間を減らすだけでなく、SEOの観点からも適切な更新が求められます。このマニュアルは、その両方の目的を達成するためのツールとして設計されました。もちろん、マニュアルだけでは十分ではありませんが、適切な更新の第一歩として役立てられることを願っています。

まとめ

寺院サイトのSEO対策を実施した結果、見込み顧客の数は毎日800人程度となり、その影響は大阪にとどまらず、東京や北海道、福岡を含む日本全国の6割の地域で上位表示を果たしています。この結果、お問い合わせの数も格段に増え、お客様からの喜びの声を頂戴しています。

さらに、寺院だけでなく、関連性を持ちつつもアフィリエイト寄りのホームページ制作の依頼も増えてきました。SEOへの取り組み方法やその意識はしっかりと共有されており、今後も高いランキングを目指せる状態であると感じています。SEOの効果は、正しい方法で取り組むことで、多大な成果を生むことが証明されました。