SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.11.30

寺院のホームページ制作で成果が出た1つのSEO施策

寺院のホームページ制作で行った成果が出たSEO

2021年10月ごろに寺院からホームページを制作して欲しいとご相談をいただきました。

こちらの寺院では、住職1名になっていて、成果は欲しいけれども、低予算でホームページを制作し、サイト運営は頑張るが限界があると言われています。

ただ、2022年10月ごろから、非常に高い成果を出していて、今回はどうホームページを制作し、高い成果を出したかをご紹介したいと思います。

寺院のホームページ制作の概要

今回ご紹介する寺院のホームページ制作では、実はヒアリング段階で以下を要望として上げられ、相見積が行われました。

  • 低予算
  • サイト運営は頑張るが時間的に多くはできない

昨今、ホームページ制作では、低予算と言っても限界があります。

その理由は、レスポンシブWebデザイン作成やワードプレス実装などが、総額費用を上げているからです。

ただ、これらは必須になっていて、できる限り当社が作成するウェブページ数を減らす提案としています。

具体的には、シングルページとブログコンテンツ用になる雛型、お問い合わせフォーム、プライバシーポリシーだけを作成しています。

そうすることで、そこまで安くはありませんが、SEOに最適化をさせたとしても、50万円くらいで提案が可能でした。

次にサイト運営ですが、更新を行わないと集客力が高まりません。

このときに大切になる内容が、具体的な集客ルートを定め、それぞれに対して適切なスケジューリングを行うことだと思っています。

例えば、サイト運営は頑張るけど、それほど時間がないという場合に、スケジュールがないと、公開直後であれば、更新しないといけないと思って貰えます。

ただ、時間が経過するうちに、次第に更新を行わないといけないという気持ちを忘れてしまい、まったく更新されないホームページとなる可能性が高いです。

そのため、集客ルートに対して具体的に日々の作業量を明確にしていく提案をしています。

これらを提案することによって、幸いにも相見積ではありましたが、当社にご依頼いただけました。

では、もう少し具体的に、どのようなホームページ制作を行ったかを紹介します。

寺院がホームページ制作で行ったSEO概要

成果を出すには見込み顧客を集客しなくてはなりません。

この集客ルートとして、SEOを提案していますが、ホームページ制作時に行った検索エンジン対策をご紹介します。

ウェブ標準でコーディング

他の業界であっても同様ですが、基本的には、当社はホームページ制作時にウェブ標準を推奨しています。

現在のウェブ標準は、HTML Living StandardとCSS4になります。

もちろん、100%でなくても良いですが、できる限りウェブ標準でコーディングを行うことで以下のメリットを受けることが可能です。

  • すべてのウェブページを発見してもらえる
  • 各ウェブページで情報を正しく認識

これらを実現する手段の1つになっています。

実際に、昨今はビッグワードで検索をして見て、1位表示しているソースコードを見ると、ウェブ標準ではないケースが見られます。

そのため、検索エンジンの進化により、ウェブ標準でホームページを制作しなくても、上記2点が達成できる可能性は高くなります。

ただ、ウェブ標準の方が検索エンジンにより深くウェブページを認識して貰える可能性が高くなり、SEOを意識するのであれば必ず実施する内容になっています。

検索エンジンを意識したコンテンツ企画

検索エンジンを意識したブログコンテンツ企画も行いました。

当社が作成するウェブページは、シングルページとブログコンテンツの雛型、お問い合わせフォーム、プライバシーポリシーだけになっています。

そして公開後にお客さま自身でブログコンテンツを更新しなくてはなりません。

昨今SEOでは、ホームページ制作時よりも、サイト運営時の方が重要になっています。

そのため、お客さまの更新が必須になっていて、どうせ1ページを作成するのであれば、少しでもSEO効果に繋げれるように具体的な企画を立てています。

この企画により、クライアント自身で新規ページを作成すればするほど検索順位が高まる可能性があり、最小の努力で最大のSEO効果を得られるようにしています。

スケジュールは週3で新規ページ作成

昨今、SEOでは品質ばかりが言われていますが、ボリュームも大切な要素です。

そのため、新規ページ作成数が非常に大切になり、新規ページ作成スケジュールを立てさせていただきました。

具体的には、当社が当初提案したスケジュールは週7ページの作成です。

ただ、もともとヒアリング前にも言われている通り、あまりサイト運営に時間を使えないということで、最終的には週3となっています。

週3だと、月12ページで、年で言うと144ページになっています。

かなり厳しいとは感じましたが、取り敢えずは、クライアントにこれ以上は無理と言われ、週3でSEO効果を出す提案をいたしております。

寺院のホームページ制作で行ったスケジュール調整

当社ではSEOを行う際に、品質は数値データ化ができず、ボリュームを数値データ化しています。

そして、寺院ウェブマスターから言われたのが、週3の新規ページ作成ですが、1ページ目に入るには、3年かかる計画になっています。

実際に3年もかかるというと、寺院ウェブマスターはそれはちょっといただけないと言われ、もっと早く結果を出したいと言われました。

そこで当社が提案したのが、ビジネスに関するポータルサイト化してしまうことです。

もっと具体的に言うと、コンテンツの大半をコピー&ペーストで量産して、一部コンテンツだけをそれぞれのウェブページへ最適化する対策です。

例えば、寺院ウェブマスターが言うには、【寺院 大阪】や【お寺 神戸】などは絶対に上位表示を実現したいと言われていました。

ただ、さらに【お祓い 大阪】や【スピリチュアルカウンセリング 大阪】なども見込み顧客を集めたいと言われています。

これらすべてを達成するには、相当なサイト運営量が必要です。

そのため、例えば、【お祓い 大阪】のページをまず作成します。

その後、コンテンツの大半をコピー&ペーストで作成して【お祓い 神戸】で上位表示を狙うウェブページを作成します。

ただ違う点としては、あくまで狙いはポータルサイトであり、【お祓い 大阪】では、お祓いができる大阪の寺院を紹介しました。

【お祓い 神戸】では、お祓いができる神戸の寺院を紹介しています。

そうすることで、確かに多少は面倒くさいですが、週に3ページではなく、結果として40ページを作成することに成功しています。

これは重複コンテンツやカニバリゼーションになり、検索順位が落ちるのではないかと思われる方も多いと思います。

実際に当社もこれまでは思っていましたし、ホームページ制作提案でも、重複コンテンツやカニバリゼーションになると提案をしていました。

ただ、グーグルは、企業サイトなら多少は重複コンテンツが存在すると言っています。

もちろん、すべてをコピー&ペーストで都道府県名を変更するだけでは、意味がありません。

ただ、実際に成功しているポータルサイトで行っている対策の一つになっています。

もちろん、結果論として効果を出していますが、これらを行うことで、新規ページ作成のスケジュールを最適化することで、高い成果を得られるようにしています。

寺院がホームページ制作中から行ったユーチューブ投稿

SEOに依存するのはあまり良いことではありません。

そのため、SEOとソーシャルメディアを提案したのですが、ソーシャルメディアは運用時間がかかると言われ一蹴されています。

そこで当社が提案したのが、問い合わせがあったら、もちろんメールでしっかりと回答はしますが、その内容でユーチューブ投稿を行うことです。

基本的には、すべてがショートムービーになっています。

もちろん公開当初は、ホームページから成果が出ておらず、過去にいただいた問い合わせ内容とその回答を動画にしてユーチューブにアップしていました。

しかし、投稿ネタはユーザーが問い合わせを行ってくれ、さらにはショートムービーになっていて、クライアントも短期間でアップすることができています。

実際に効果のほどはそれほど高くはありませんが、結果としては、訪問者数の底上げに成功をしています。

ただ、質問者が特定できないようにぼやかしたり、顔出しをしているという点も、効果を出している要因の一つかもしれません。

そのため、当寺院では行っていますが、クライアントによっては少しハードルが高くなる恐れがあります。

正しい寺院のサイト運営で成果を出す

上記のように寺院のホームページを制作し、サイト運営計画を立てています。

そしてそれらを行った後、日々行った作業をご紹介します。

ユーザーニーズに応える新規ページ作成

まず新規ページ作成ですが、先述もしていますが、コピー&ペーストで一気に記事を公開していて、週に40記事をアップしています。

実際にそちらの寺院のホームページは現在1,000ページ近くあります。

ただ、被リンク先を探したり、別のコンテンツで一部変更している箇所の変更が本当に大変だと言われています。

ただ、それぞれのウェブページで、テンプレートの見直しや、さらにはリンク先ウェブページをとにかくユーザーのために変更をし続けていただいています。

リライトによるSEO効果向上

基本的にはテンプレートになっていて、一部コンテンツ以外は共通化しています。

ただそれは、新規ページ作成時だけの話で、実は検索順位やアクセス数を見ながら、リライト作業を行っています。

もちろん、最小の運営時間にするために、そこまでの頻度ではありません。

ただ、新規ページ作成を行ったうえで空いた時間にリライト法をレクチャーして調査から実施いただくことで、どんどん各ウェブページで検索順位と訪問者数ともに向上させています。

成約率を高めるリライト

これが上手くいっていません。

実際に現状の効果としては、1日に5本ほど問い合わせ数が獲得できています。

ただ、実はそのうち3本前後は、冷やかしになっているそうです。

そのため、実際には1日に見込み顧客から2本問い合わせがあり、クロージングレートが50%と仮定すると1日1件の獲得です。

確かに寺院になるため、1日1本でも十分な利益率ではあります。

ただ、当社では住職がサイト更新を行うのではなく、ウェブマスターを雇用して欲しいとお願いをしていて、そのためにはもう少し成果を出す必要があると言われています。

この成約率を高める対策については、基本的にはグーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールの利用法をレクチャーしました。

ただ、レクチャー後に、うちでは無理と言われていて、グーグルサーチコンソールだけでリライトを行っていただいています。

SEO効果を高めるリライト時に、ユーザー目線にするためにはどうすれば良いかを考えながら行っていただく程度になっています。

寺院のホームページ制作の成果として

具体的にはお伝えはできませんが、ざっくりとした寺院のホームページを制作した効果をお伝えします。

まずユーチューブですが、これはほとんど効果を出していません。

ただ、底上げはできていて、日に10人から20人くらいを集めています。

次にSEOですが、非常に高い検索順位と訪問者数の集客に成功をしています。

現状で、まだまだ増えていくと思いますが、1日に400人ほどの集客に成功をしています。

最後に成約率ですが、これは先述もしていますが、問い合わせ数自体は日に5本ですが、平均的に3本が冷やかしです。

そのうち実際には、2本の問い合わせになっていて、具体的な数値は控えますが、後0.5から1本の案件獲得数でウェブマスターが雇用できるようになります。

実際に、今回のホームページ制作でここまで成果を出せたのは少し驚いてはいます。

ただ、結果として効果が出ていて、今後は成功事例として、他のクライアントへも当対策を提案したいと考えています。

寺院のホームページ制作に関するQ&A

すでに現在、別業種ではありますが、今回の成功したホームページ制作を提案書に含んでいます。

その時に、クライアントからいただくQ&Aを紹介したいと思います。

重複コンテンツやカニバリゼーションにならない?

これがもっとも多いです。

当社にご依頼をいただくクライアントは、多くがある程度SEO知識をお持ちです。

SEO知識があるウェブマスターにとって、重複コンテンツやカニバリゼーションを意識するのは必須です。

そのため、このような大半をコピー&ペーストで作成するコンテンツは、まず除外対象になってきます。

ただ、実は、ある程度ビッグワードで検索したときに、上位表示しているホームページの中には、この対策を行っている企業が見られます。

もちろん、当社もずっとそのままで良いとは思いませんが、取り敢えずSEOで効果を出して、成果を出すのであれば、行っても良い対策であると思います。

そしてその後に、しっかりとサイト更新業務を行い、少しずつリライトするのが効率が良いホームページ制作になると感じています。

どれくらい作業時間がかかる?

実際にもともとの提案では、週3ページ作成が限界でした。

ただ、当対策法により、週40記事を公開できています。

作業時間ですが、以前クライアントへ確認したところ、1記事作るのに早くて10分、長いと30分程度と言われています。

平均は取りづらく、ページのテーマやリンク先サイトの豊富さによって異なってくるということです。

ただ、実際に30分をベースに考えたとしても、もともとは1記事を書くのに3時間くらいかかると言われ、大幅な時間短縮に成功しています。

御社のホームページ制作では必ず提案される?

必ずではありません。

先述もしている通り、当社もSEOに力を入れていて、カニバリゼーションや重複コンテンツ扱いになるのが多少リスクであるとは考えています。

そのため、以下条件に当てはまる場合のみ提案をしていて、さらに最終判断はクライアントへお任せするようにしています。

  • SEO効果を出したい
  • 努力はするが時間が足りない

一般的に、当社がホームページ制作時に提案するSEOにおいては、膨大な作業量が必要で、現在、多くのSEOで成功しているクライアントがこの努力を乗り越えています。

そしてこの努力こそが、SEOにおいてもっとも効果的で唯一の施策であると弊社は考えています。

ただ、今回の寺院のように、努力は惜しまないが、サイト運営時間を取りづらいというクライアントが多いのも事実です。

そしてSEOの評価指標にはボリュームもあり、その時のみ提案をしています。

当社もやりたいからサポートして欲しい

基本はホームページ制作をお申し込みいただいたクライアントのみに提供しています。

ただ、すでに公開していて、SEO効果を出したいというクライアントも多くいるでしょう。

その場合は、現サイトを拝見させていただき、実施が可能かどうかを判断したうえで、サポートさせていただきたいと思います。

基本は、ブログコンテンツがあればどのような業種も可能です。

ただ、コピー元になるウェブページの原稿作成は当社では行っていません。

そのため、当社ルールに従って、御社自身で原稿作成が必要です。

また、当然ですが、当社ではコピーで量産する作業もしていません。

TOP