HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

クレジットカードの不正利用が多いネットショップの対応法

クレジットカードの不正利用が多いネットショップの対応法

これまで多くのネットショップを作成した経験がありますが、一度もクレジットカードの不正利用をされるケースがありませんでした。

そのため、ホームページ制作時に、これまであまり意識してこなかったのですが、先日、お客さまから、ネットショップでクレジットカードの不正利用をされてしまったと言われました。

今回は、そのときに対応した内容をご紹介させていただきたいと思います。

クレジットカード不正利用

クレジットカード不正利用

当社は、これまで多くのネットショップを作成してきたのですが、実は1例しか不正利用がありません。

そのため、世の中的に、それほど多くはないと思っていますが、しかし不正利用は、かなり注意が必要な案件になっています。

その理由は、クレジットカードの不正利用が多い場合には、実は決済代行会社が売上を保証してくれないものになっています。

数が少なければ、不正利用があったとしても、その売上はクライアントさまの売上になります。

ただ、あまりに数が多いと、クレジットカード決済代行会社も、保証に限界があり、最悪のケースでは、商品は納品したのに一切売上が入らないという事態になります。

そのため、重要案件であると思われ、しっかりとネットショップ作成時に企画を立てる必要があると思います。

もともとは、そのネットショップのウェブマスターがクレジットカードの不正利用に気が付いたわけではなく、クレジットカード決済代行会社からの連絡が気が付きました。

そちらのネットショップでは、個人で大量購入するというケースは、ほとんどない商品を取り扱っていて、大量購入はすべて法人の顧客になっています。

ただ、今回の不正利用者は、個人名で大量購入をしていて、「個人で会員登録をしたけど法人かな?」と考えていたそうです。

そしてクレジットカード決済代行会社から、不正利用が多いので、対策を取ってくれと言われて、初めて不正購入だったときが付いたそうです。

ただ、対策を取ってくれと言われても、現実的にどのような対策を行えば良いかが分からず、当社にご相談をいただきました。

当社としては、不正購入者のメールアドレスは、独自ドメインか、無料メールアドレスかを聞いたところ、ヤフーメールとジーメールになっていました。

そのため、メールアドレスで登録不可という対策はできません。

次に、調べていると、クレジットカードの不正利用を防止できるASPサービスが多く提供されていました。

ただ、費用を見ると、結構高くなっていて、そちらの会社さまが利用するには、売上とコストがあわないと言われてしまいました。

そのため、実際には別の対策を行ったのですが、その効果が高く、現状では、対応を行って半年くらいですが、一切不正利用者がなくなったので、その対策法をご紹介します。

コストはかかってしまいますが、かなり安く利用が可能なので、多くのネットショップで導入が可能になっています。

ネットショップ対策法

ネットショップ対策法

今回対応した具体的な内容をご紹介します。

実際に以下内容で、不正利用は完全に無くなったので、お困りの方は参考にしてはいかがでしょうか。

今回の事例から、今後はホームページ制作前の企画段階でしっかりと計画を立てるようにします。

対策の前に会員登録を手動に変更

以下対策を検討する時間が必要でしたので、その間の不正対策として、会員登録が完全に自動化できていましたが、手動認証としました。

もちろん、できる限りコストをかけないというテーマで行っており、会員登録ページを削除させていただきました。

ただ、ヘッダーに内部リンクを設置していたので、ブログページへとリンク先を変更して、ブログで、状況の報告と、会員登録をお問い合わせフォームで送って欲しいと記載しました。

実は、この対策を行った後、登録希望者は結構お問い合わせフォームから登録をいただけたのですが、不正利用者もお問い合わせフォームから送られていました。

なぜ、気が付いたかと言うと、住所と電話番号がでたらめだったからです。

確かに住所だけについて調べると、マンション名なども正確に記載されていました。

しかし、固定電話番号を書かれているケースが多く、固定番号が、その地域の番号になっていませんでした。

さらには、一応、本人確認として、当メールに返信をしてもらえれば、会員登録が可能と送信したのですが、一切返事がなく、不正利用者であると分かりました。

この結果から、恐らくですが、今回のネットショップでは、自動購入をしているわけではなく、手動で購入されていると判断ができました。

そのため、手動の対策だけをしっかりと行えば良いと判断ができ、以下のような対策を行いました。

SNS認証

もっとも効果が出たのが、SNS認証だと思います。

SNS認証では、GMOが提供するバリューオースを利用しました。

料金などについては、バリューオースの料金表ページをご覧いただきたいですが、かなり格安です。

もちろん、ただ申し込みを行えば使えるというわけではなく、お申し込みをいただいた後、ネットショップ側の改定が少し必要です。

ただ、初期費用だけで終わりますし、さらには当社が制作したホームページであれば、構造も理解ができているので、そこまで高いお見積書にはなりません。

実際に、SNS認証を導入した経緯としては、不正利用者は、氏名と住所、電話番号すべてがでたらめだったので、もしかしたら携帯番号を用意ができないのではないかと思いました。

もちろん、不正利用が組織的に行っていて、大量に携帯番号を用意しているケースもありますが、今回被害を受けたケースでは、その心配はないと判断していました。

現在で言えば、携帯をお持ちでない方は、ほとんどいないと思います。

さらには、SNS認証は、ホームページで携帯番号を打ってもらえれば、その携帯電話のSNSに会員登録のページのURLが届きます。

そのため、携帯がない方は登録ができない仕組みになっていました。

また、万が一に備えて、ブラックリスト機能も追加しています。

この機能を利用すれば、クレジットカードの不正購入の可能性が高い携帯番号を登録すれば、会員登録を削除しても、新規会員登録ができないという仕様になっています。

実際に、以下でご紹介する対策も実施しましたが、大半がこのSNS認証のおかげで解消ができたと思われます。

また、SNS認証をすり抜けられたとしても、携帯番号は抑えているというのも、次の対策が取りやすいというメリットもありました。

3Dセキュアのバージョンアップ

ちょうどタイミング的に、3Dセキュア1.0から2.0へのバージョンアップのタイミングと重なっていて、2.0への対応を行いました。

ただ、これについてはいろいろと調べていると、なくなるような対策にはなっているそうですが、現実には、変わらないという声が多くありました。

もちろん、対応は必須であり、実施はしましたが、無くなれば良いな程度での実施になっております。

ワードプレスとプラグインのバージョンアップ

これもクレジットカード不正利用には効果がないと思いますが、ウィルス対策の一環として、ワードプレスとプラグインのバージョンアップを行いました。

ワードプレスのバージョンアップは、ウィルスのような自動プログラムでホームページを探して感染させるというケースには効果を発揮します。

今回のは、どうやら、ターゲットになるホームページを手動で探して、そのホームページに対して、手動でクレジットカードの不正利用を行っているようなので効果はなさそうです。

ただ、前回ワードプレスをバージョンアップして半年以上経過していたため、そのタイミングでさせていただきました。

ホームページ制作時に提案が必須

ホームページ制作時に提案が必須

従来、ネットショップ作成の提案は、売上向上対策が中心の提案書になっていました。

そちらのクライアントさまは、提案通りにホームページを制作し、サイト運営を行っていて、非常に高い売上になっています。

しかし、売上が上がっているタイミングこそ、クレジットカードの不正利用には気を付けなくてはなりません。

もちろん、少量であれば、クレジットカード決済代行業者が保証はしてくれます。

ただ、その数が多いと、保証にも限界があり、クライアント自身が持ち出さなくてはならなくなります。

もし、クレジットカード決済代行業者が、まったく保証をしてくれなくなってしまうと、せっかく高い売上のホームページが制作できたのに、マイナス効果になる恐れがあります。

そのため、今後は、ホームページ制作の企画段階でしっかりと提案をさせていただき、より安心で安全なネットショップを作成したいと思います。

SNS認証は上記のバリューオースを見ていただければ分かるように、それほど高いコストは必要ありません。

さらには、Webサイト制作会社への支払いも、それほど高くなく、必ずネットショップを作成される際には導入したほうが良いと思います。

そうすることで、より安心で安全にネットショップを運営することが可能です。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP