セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.11.02

フォントとは?ホームページの魅力を高める基本的な種類や特徴

フォントとは、文字の書式データのことを言います。

フォントは、ホームページの成果と関係がないと思われるかもしれませんが、ユーザーのニーズにあったフォントを活用することで、ホームページに良い印象を持ってもらうことが可能です。

フォントにはさまざまな種類が存在しているので、当ページでは初めてフォントについて学ばれる方に向けて、フォントとは何かや、基本的な種類や特徴について紹介します。

フォントとは

フォントには、デバイスフォントとWebフォントの2種類があります。

デバイスフォントとは、パソコンを購入したときからインストールされているフォントのことを言い、ホームページで利用することで、表示速度を高めることが可能です。

ただし、デバイスフォントは、すべてのパソコンで同じものがインストールされているわけではないので、例えば、Windosのデバイスフォントは、MACにはインストールされていないことが多いので、似たフォントで表示されるようになります。

一方、Webフォントとは、サーバーにインストールされたフォントのことを言い、閲覧者がホームページを表示する際に、サーバーからWebフォントをダウンロードしなくてはならないので、少しだけ表示速度が落ちてしまう可能性があります。

ただし、ホームページのデータをアップロードしているWebフォントが利用されるので、ユーザーの環境に依存せずに、すべての訪問者は同じフォントでホームページを確認することが可能です。

ホームページ制作会社では、ホームページの表示速度が遅くなったとしても、すべてのデバイスで同じフォントで表示させ、ユーザーニーズに最適なフォントを利用したいと考えるので、Webフォントを利用することが一般的になっています。

フォントの基本的な種類と特徴

すべてのフォントではなく、よく耳にする基本的なフォントの種類と特徴を紹介します。

ヒラギノ角ゴシック

ヒラギノ角ゴシックとは、メジャーなフォントになり、シンプルで角ばった形状が特徴的で、読みやすいフォントになるので、ビジネスっぽさを演出する際に利用されるケースが多いです。

多くのホームページで利用されているフォントになるので、おそらくこれまで1度はヒラギノ角ゴシックの文章を目にした経験があると思います。

さわらび明朝

さわらび明朝とは、明朝体のフォントになり、丸みを帯びた柔らかいイメージが特徴です。

和風のホームページで利用されるケースが多く、さわらび明朝を利用することで、日本っぽさを際立たせるデザインを作成することが可能です。

Roboto

Robotoとは、Googleが開発したフォントで、モダンなイメージが特徴です。

均等な太さと幅を採用しており、ホームページの文章の読みやすさを一段階高めることができるフォントになっています。

メイリオ

メイリオは、Microsoftが開発したフォントになり、Windows Vista以降のOSに標準装備されています。

すっきりとしたデザインのフォントになっており、多くの企業がパワーポイントの資料で利用しているフォントになります。

まとめ

フォントについて紹介しました。

フォントは、ホームページのデザインの印象を劇的に変えることができる要素の1つになっているので、ターゲットユーザーに最適化されたフォントの選定を行うことが大切です。

ホームページのフォントってなんだ?とお思いの方の参考になれば幸いです。