セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

ホームページ制作の納品物とは?納品されないファイルや納品方法を紹介

ホームページ制作会社に依頼してしばらく経つと、ホームページがインターネットに公開されて、ウェブブラウザで確認できる状態になり、その状態になれば契約が完了と言えます。

しかし、ホームページ制作会社との契約には納品物が存在しており、ホームページ制作会社はホームページのデータをサーバーに納品することで、契約を完了させています。

当ページでは、ホームページ制作における納品物とは何かや、納品されないファイルは何か、2つの納品方法、納品物の著作権について解説します。

ホームページ制作の納品物

ホームページ制作で納品されるファイルは、HTMLやCSS、JavaScript、PHPなどのテキストファイルと、JPGやGIFなどの画像ファイルの2点になります。

これらのファイルを指定されたサーバーにアップロードすることで、ホームページとして稼働してくれるようになり、ウェブブラウザでの閲覧が可能になっています。

すなわち、ホームページ制作の納品物とは、ホームページをインターネットに公開するために必要なファイル一式と言えます。

また、昨今のホームページではWordPressなどのCMSを実装することが大半になっているので、管理画面の操作方法を記載したマニュアルなども納品物に含まれているケースがあります。

納品されないファイル

ホームページ制作では、納品物にならないファイルも存在しています。

ホームページの公開と関係がない画像データは納品されない

JPGやGIFなどの画像ファイルは納品されますが、編集ができる状態のIllustratorとPhotoshopのデータや、ホームページ制作会社が独自に撮影した写真と作成した画像は納品物に含まれません。

つまり、ホームページで利用する画像のみが納品されます。

ただし、当社のような小規模なホームページ制作会社であれば、相談することで、無料あるいは有料で納品してもらうことが可能になっていると思います。

企画書作成時のマーケティングの詳細なデータは納品されない

ホームページ制作の企画段階で調査した詳細なマーケティングデータは納品されることがありません。

例えば、競合他社のホームページでは、何ページ作成しているかを出す際に、企画書では平均値として掲載されてくると思いますが、ホームページ制作会社では、どんなテーマの記事が何ページあるかまでを調査しています。

これらの詳細なマーケティングデータは、納品できる状態に加工されておらず、ホームページ制作会社が閲覧するためだけに作成されているので、納品されることはまずありません。

ただし、どうしても詳細なマーケティングデータを見たい場合は、ホームページ制作会社に相談をすれば、無料あるいは有料で納品してもらうことが可能になっていると思います。

2つの納品方法

ホームページ制作の納品には2つの方法があります。

インターネットに公開する納品方法

ホームページ制作案件の99%以上が、ホームページ制作会社がインターネットにホームページを公開するために必要なファイルをサーバーにアップロードする納品方法になります。

ホームページ制作会社が、FileZillaCyberduckなどのFTPソフトを利用して、指定されたサーバーに納品物をアップロードすることで、インターネットにホームページが公開されます。

インターネットに公開する納品方法であれば、お客さまが納品時に何か特別なことをする必要がなく、指定された日時にホームページのデータがアップロードされて、インターネットに公開できます。

ただし、この場合であったとしても、お客さまはホームページ運営を行っている最中にサーバーにアクセスする可能性があるので、FTPソフトだけはインストールしておくことがおすすめです。

データを納品する方法

ホームページ制作会社にサーバー情報を渡せない場合は、データ納品をしてもらう方法があります。

データ納品の場合は、ホームページをインターネットに公開するためのHTMLやCSS、JavaScript、PHPなどの各種ファイルが圧縮された状態で、Gigaファイル便などのファイル転送サービスで送られてきます。

データを納品してもらう場合には注意点があり、昨今のホームページではWordPressなどのCMSを実装することが当たり前になっているので、そのまま納品されたファイルをサーバーにアップロードしても、ホームページを公開することができません。

そのため、プログラムを利用した動的サイトの場合は、ホームページ制作会社にアップロードする方法をレクチャーしてもらいましょう。

納品物の著作権について

一般的にホームページ制作の納品物の著作権は、ホームページ制作会社に料金を振り込めば、お客さまに譲渡されます。

ただし、お客さまに譲渡される著作権は納品物のみになっており、納品されていないIllustratorやPhotoshopデータなどの著作権が、お客さまに譲渡されることはありません。

どうしても納品されていないファイルで、著作権の譲渡が必要な場合は、ホームページ制作会社に相談すれば、無料あるいは有料で対応してくれると思います。

まとめ

ホームページ制作の納品物や、納品されないファイル、納品方法、著作権について紹介しました。

ホームページ制作の納品物を理解してから、ホームページ制作会社に発注することで、納品時や後のトラブルを回避することが可能になります。

ホームページ制作の納品物は、ホームページ制作会社ごとに考え方が異なっているので、当ページの情報は一般論として理解して、詳細はホームページ制作会社との打ち合わせで確認しましょう。

記事一覧に戻る