セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

ホームページの文章とは?成果に繋がる書き方を解説

お客さまにとって、ホームページ制作や運営は、文章を書くことだと言い換えることができます。

ホームページ制作中は、トップページやサービス・商品ページの原稿を書き、運営中は、スタッフブログや実績・事例コンテンツに新規ページを作成しなくてはなりません。

しかし、一般的にこれまで多くのホームページを制作してきましたが、あまり文章を書いた経験がないWebマスターの方が多いように感じます。

当ページでは、ホームページの文章とは何かや、書き方、注意点、書く方法を解説します。

ホームページの文章とは

ホームページの文章とは、訪問者に情報を提供して、ページの内容を魅力的に感じてもらい、コンバージョンへと誘導することが目的です。

どんなに長文を書いたとしても、コンバージョンに結びつかない文章は、まったく役に立たず、また、昨今では、SEOを考えた場合に、役に立たない文章は存在していない方が高いSEO効果を得られる時代になっています。

SEOに強い文章とは、良質な文章でなくてはならず、つまり訪問者が魅力的に感じて、コンバージョンに繋がる文章であれば、自然と高いSEO効果を発揮できるようになります。

コンバージョンに効果的な文章を書くことは難しいですが、Webマスターが訪問者のことを考えながら文章を書くことで、実現できる可能性が高くなります。

ホームページの文章の書き方

ホームページの文章の書き方を解説します。

ページごとの役割を明確する

ホームページの文章を書く前に、まずそのページの役割を明確にしましょう。

例えば、読み物を公開しているページであれば、訪問者が満足できるだけの文章量を掲載しなくてはなりませんが、逆に直感性を意識したサービスページなどであれば、多くのテキストは不要で、短文で紹介したほうがコンバージョン率を高めることが可能です。

そのため、まずは作成するページが読み物なのか直感性が大切になるのかを判断して、それぞれに対して適切な文章を書いていくことが求められます。

文章を書く流れがある

ホームページの文章を書く際には、流れを把握することが大切です。

流れを理解していない場合、ページタイトルを作成して、上から順番に文章を書いていくと思いますが、この書き方をしてしまうと、コンテンツの過不足が生まれてしまうので、ユーザー満足度やSEO効果が低下する恐れがあります。

そのため、ページタイトル→見出しタグ→本文→meta descriptionの順番で作成します。

ページタイトルを見ながら、どういった見出しが必要かを考えることで、コンテンツの過不足をなくすことが可能になるので、ユーザーからはタイトルに対して詳しいページであると認識され、Googleからは良質なページと認識されるので高いコンバージョン率やSEO効果を発揮します。

また、見出しを書く際に、ページタイトルと見出しを見れば、そのページの内容を大まかに理解できるようにすることもポイントです。

読みやすい文章を意識する

ホームページの文章を書く際には、読みやすい文章を追求しましょう。

どんなに優れた文章を書いていたとしても、読みづらいページだと訪問者は別のホームページへと移動してしまう可能性が高いです。

昨今は、大半の会社がホームページを制作しているので、ユーザーが知りたい情報は、御社でなくても知ることができるとユーザーは理解しています。

読みやすい文章を書くことは難しいですが、テキストだけでは伝わらないと感じる場所には画像を設置したり、また本文で利用しているキーワードでさらに詳しい情報を掲載しているページがあれば、内部リンクを設置することで、サイト全体で読みやすさが向上し、SEO効果やコンバージョン率を高めることが可能です。

投稿前に読み直しを行う

ホームページの文章を書いた後、すぐに投稿するのではなく、必ず読み直しを行いましょう。

読み直すことによって、読みづらい文章を発見することができたり、また誤字や脱字、冗長的な表現になっている箇所を発見することができます。

ホームページの文章を書くときの注意点

ホームページの文章を書くときに注意したい点を解説します。

起承転結は不要

ホームページの文章を書くときに起承転結を意識する必要はありません。

ホームページの文章を起承転結で書いてしまうと、結論を読むためには最後まで読まなくてはならなかったり、さらには初めの文章が長くなってしまうと、そこでユーザーの離脱が発生する恐れもあります。

そのため、ホームページの文章では、まずは結論を書き、結論になる経緯を書いていくことが求められます。

SEOを意識しすぎない

ホームページの文章を書く際には、SEOを意識しすぎないようにしましょう。

SEOを意識した文章は、極端に長くなってしまったり、冗長的な文章を使って文字数を稼いでしまう、ページで上位表示を狙っているキーワードを無理に含めてしまうなど、ユーザーのためにならない文章になる可能性が高くなります。

現在のSEOでは、ユーザーに価値ある文章でなければ上位表示ができないので、SEOを意識した文章は不要で、タイトルに対して詳しいページを作成すれば、SEOとコンバージョン率の最大化を狙うことができます。

文字数は気にしなくて良い

ホームページの文章を書くときに、多くのWebマスターが、SEO効果を気にされて、「SEO効果が出る文字数は何文字?」と質問をいただきます。

しかし、文字数とSEOには関係性がなく、ユーザーに価値あるページであれば、何文字であってもSEO効果を発揮することができます。

ただし、極端に短いページを量産することはあまりおすすめできず、文字数が少ないとGoogleから価値がないページと判断されてクロール済み - インデックス未登録になる可能性があります。

そのため、当社では、一つの例としてですが、ページタイトルは25以上30文字以内、meta descriptionは121以上160文字以内、本文は1,000文字以上というルールを設けています。

この文字数であれば、基本的には、クロール済み - インデックス未登録になる可能性が低いので、最大のSEO効果を発揮できる可能性があると言えます。

情報提供だけを行わない

ホームページの文章を書く際には、情報提供だけで終わらないように気をつけましょう。

情報提供だけで終わらない文章を作成することは難しいですが、そのために行うべきはユーザーに複数ページを見てもらい、この会社に問い合わせをしてみたいやこの会社で商品を購入したいと感じさせることが大切です。

そのためには、1ページだけでホームページから離脱されるのではなく、内部リンクを使って、次々とページを見てもらうことによって、コンバージョンの可能性を高めなくてはなりません。

ホームページにもよりますが、当社のこれまでの実績としては、コンバージョン率が1%を超えているホームページもあり、1ページではなく複数ページを見てもらうことを意識した文章を書くようにしましょう。

ホームページの文章を書く方法

ホームページの文章を書く方法を解説します。

Webマスターが書く

もっともオーソドックスですが、Webマスター自身で文章を書いていきます。

Webマスター自身で文章を書くことによって、訪問者に与えたい情報だけに限定してコンテンツを作成することができたり、狙い通りに訪問者を誘導することができるので、コンバージョン率が高いホームページとしやすくなります。

AIライティングツールを利用する

昨今では、AIライティングツールを利用する会社が増えています。

AIライティングツールを利用することで、短時間でどんどん新規ページを作成することが可能になるので、さまざまなニーズの訪問者をホームページに集めることができます。

ただし、闇雲にAIライティングツールで文章を書いても効果を発揮できず、AIライティングツールへの依頼になるプロンプトの設定が重要になってきます。

AIライティングツールで高いSEO効果を出したホームページの結果

こちらは、プロンプトの作成法を検討したお客さまのGoogleサーチコンソールです。

すべてのページをAIライティングツールで生成しており、Webマスターは1日に10分の更新だけで、ここまでの成果を実現することに成功しています。

このホームページがなぜここまで高いSEO効果を得られたのかは、ホームページを更新する前に、プロンプトのひな型作成に時間を費やした点と、AIライティングツールが生成した文章の読み直しを行い、必要に応じてリライトを行っている点です。

その結果、人間が読んでも不自然さはありませんし、Googleも良質なページであると認識してくれた結果、高いSEO効果とコンバージョンを獲得することができています。

Googleは検索セントラルのAI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンスで、制作方法を問わず高品質のコンテンツを評価と明確に言っているので、AIライティングツールを利用することは問題ではなく、低品質なコンテンツでなければ、高いSEO効果を発揮することができます。

ちなみに、当社がこれまで経験したAIライティングツールについてはこちらのページで紹介しています。

まとめ

ホームページの文章とは何かや書き方を解説しました。

ホームページの文章は、ただSEO効果が出れば良いと考えるのではなく、訪問者をコンバージョンに繋げるための文章を書くことが大切です。

ホームページの文章ってどうやって書けば良いの?とお困りの方の参考になれば幸いです。

記事一覧に戻る