セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

パラグラフライティングとは?読みやすい文章作成のために

Webマスターはパラグラフライティングという言葉を聞いた経験はないでしょうか?

パラグラフライティングを活用することで、ホームページの文章が読みやすくなるので、Webマスターは最低限の知識だけは持っておくべきライティング手法になります。

当ページでは、パラグラフライティングとは何かや、メリット、デメリット、書き方を解説します。

パラグラフライティングとは

パラグラフライティングとは、読みやすい文章を作成するためのライティング手法のことを言います。

パラグラフは日本語で段落のことを意味しているので、パラグラフライティングは「読者が読みやすい文章構造の構築」と「適切に段落を活用した文章」を作成することを指しています。

文章を作成する際に、思いついたまま原稿を書いてしまうと、優れた文章と言っていることは同じであったとしても、読者は読みづらいと感じてしまい、その内容の半分くらいしか理解してくれません。

これはホームページも同様で、パラグラフライティングの知識を活かした文章作成を行うことで、訪問者に読みやすく理解がしやすいページとなるので、高いコンバージョン率を獲得できる可能性があります。

さらに、昨今のGoogleはユーザー目線のページを高く評価しているので、SEO効果も期待できます。

このように、パラグラフライティングの知識を得ることは、成果が出るホームページには必須になっており、Webマスターは当ページで最低限の知識だけでも身に着けておくことがおすすめです。

パラグラフライティングのメリット

ホームページの文章作成でパラグラフライティングを活用するメリットを解説します。

ユーザー満足度の高いホームページになる

パラグラフライティングを活用すれば、ユーザー満足度の高いホームページへと成長します。

パラグラフライティングは、「読者が読みやすい文章構造の構築」と「適切に段落を活用した文章」を作成することを意味しているので、すなわち各ページで訪問者に伝えたい内容を100%伝えることが可能です。

昨今では、ライバル会社の大半がホームページを持っているので、ユーザーは御社のホームページだけでコンバージョンを行おうとしているのではなく、ライバルサイトと比較して、優れたホームページからコンバージョンを行ってます。

この優れたホームページと言うのは、書いている内容がもっとも重要ですが、書いている内容を100%理解してもらうことも大切です。

どんなに優れた文章を書いていたとしても、訪問者が読みづらい文章構造のホームページでは、コンテンツの品質と比例しないコンバージョン率となってしまいます。

そのため、パラグラフライティングを活用することで、ユーザー満足度が高く、コンバージョンを確実に獲得できるホームページへと成長します。

SEO効果が出る可能性がある

パラグラフライティングを活用することで、2つのSEO効果が出る可能性があります。

1つ目が、訪問者の満足度が向上するので、ユーザー行動が最適化された結果、Googleから良いホームページであると認識されて、SEO効果が発揮できるパターンです。

2つ目が、パラグラフライティングを活用することで、訪問者が読みやすい文章になるのですが、これはGoogleも同様で、読みやすい文章であれば書いている内容を適切に評価してもらうことが可能です。

ただし、SEOはパラグラフライティングを使えば上位表示ができるわけではなく、最終的にはコンテンツの品質や適切なボリュームが重要になるので、あくまで検索順位が高まる可能性があると認識することが大切です。

パラグラフライティングのデメリット

パラグラフライティングを活用するデメリットは1点になり、初めてパラグラフライティングに取り組む場合、文章作成時間が大きく伸びてしまう点です。

現在、多くのWebマスターはユーザー目線でページを作成したり、リライトを行っていると思いますが、それだけでも一般的には1時間以上の時間が必要になります。

さらに、パラグラフライティングを意識した文章作成を行うとなると、慣れていない方であれば、2時間弱の時間を見ていく必要があります。

ただし、パラグラフライティングに慣れてくれば、次第に時間短縮ができるようになるので、初めだけのデメリットになっています。

パラグラフライティングを使った文章の書き方

パラグラフライティングを使った文章の書き方を解説します。

結論→説明→まとめの順に書く

パラグラフライティングを使った文章では、「結論→説明→まとめ」の順で文章を書きましょう。

パラグラフライティングは結論→説明→まとめの順番に書くことが大切

結論から書くことで、訪問者はそのページがどのような内容について解説されているのかを明確に把握することができるので、以下の文章をスムーズに読み進めることができます。

そして、次に内容を書くことになるのですが、この内容の箇所では、結論と関係がない内容は書かずに、結論の箇所に書いた内容について網羅された文章を書くことが大切です。

すなわち、結論について知りたいと考えているユーザーが、御社のホームページを見れば、他のホームページを見なくても良いくらい充実した内容を書くことによって、訪問者がライバルサイトに移動してしまうことを回避することができます。

段落の分け方

段落は内容に応じて分けましょう。

以下は段落の使い分け方の良い例と悪い例です。

パラグラフライティングにおける段落の使い分け方

悪い例の文章と良い例の文章はまったく同じになるのですが、悪い例の文章は読みづらく、良い例の文章は読みやすいと思います。

このように書いているテーマに対して、適切に段落を分けることによって、ユーザーが読みやすいと感じてくれるので、より深く内容を理解してくれるようになり、コンバージョンへと誘導することができます。

まとめ

パラグラフライティングを解説しました。

昨今のホームページは魅力的なコンテンツがなければ成果を出すことができず、魅力的なコンテンツには文章の読みやすさも含まれているので、Webマスターはパラグラフライティングを意識することが大切です。

パラグラフライティングって何?とお思いの方の参考になれば幸いです。

記事一覧に戻る