セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

サイトコンセプトとは?サイト全体の品質を高めるために

ホームページから成果を出すにはサイトコンセプトが必須です。

サイトコンセプトがないホームページは、誰に対して何を発信しているかが分からないので、魅力に感じてくれるユーザーはおらず、成果を実現することができません。

当ページでは、サイトコンセプトとは何かや、設計法、事例を解説します。

サイトコンセプトとは

サイトコンセプトとは、誰に対して何を伝えたいのかを明確にする指針のことを言います。

サイトコンセプトが明確なホームページは、どのページに訪問したとしても、何を伝えたいのかが、分かりやすく読みやすくなるので、高いコンバージョン率を実現することができます。

サイトコンセプトがないホームページだと、ページによって品質にばらつきがあり、たまたま優れたページに訪れてくれて、そのページだけを読んで納得してくれる訪問者であればコンバージョンに繋がりますが、複数ページを見たや品質が低いページに訪れたユーザーは離脱してしまいます。

そのため、ホームページから成果を求めるのであれば、サイトコンセプトの設計は必須になっており、サイトコンセプトに基づいてコンテンツ作成を行うことで、高品質で一定化されたクオリティのホームページへと成長するのです。

サイトコンセプトの設計法

サイトコンセプトの設計はそれほど難しいものではありません。

5W1Hを考える

サイトコンセプトを定めるために5W1Hを考えましょう。

What 何ができるホームページなのか
Why なぜ訪問者はコンバージョンを行うのか
Who 誰に対するホームページなのか
When いつ見られるホームページなのか
Where どこで見られるホームページなのか
How どのようにしてアクセスされるのか

ホームページから成果を出したいと考えたら、まずは上記の6点を検討しましょう。

これらを検討していて、1つのサイトコンセプトを明確に定め、そのためには、どんなページやコンテンツが必要になるのかや、どんな品質や仕様が求められているのかが明確にすることで、効果的なホームページへと成長させることができます。

サイトコンセプトを運営中に改善する

サイトコンセプトは一度定めれば終わりではなく、時代の移り変わりから改善していかなくてはなりません。

例えば、従来のホームページは、パソコンでしか閲覧できませんでしたが、現在ではスマートフォンからアクセスすることが多くなってきたので、Whereが外出先(スマートフォンとタブレット)に代わり、スマートフォン対応が必須の時代になっています。

また、会社の状況が変われば、Whatのホームページでできることなどにも変化が見られるので、そのために最適なコンテンツへと改善する必要があります。

このように、サイトコンセプトは、さまざまな要因で変更する可能性があり、サイトコンセプトが変更されたら、ホームページ自体も最適化していくことが大切になります。

サイトコンセプトの事例

具体的なサイトコンセプトの事例を解説します。

当サイト

セブンデザインのトップページ

What 成果の出るホームページとは何かを理解してもらい問い合わせを得る
Why 〇 過去にホームページ制作に失敗した
〇 成果を謳っているホームページ制作会社は高い
Who Web担当者
When いつでも
Where 〇 社内(パソコン)
〇 外出先(スマートフォン・タブレット)
How スタッフブログをメインの集客ルートに定める
〇 Google検索
〇 SNS経由

5W1Hで定めた内容を基に、当社のホームページは、「成果が出るホームページを制作したい方を集客し、問い合わせを獲得すること」をサイトコンセプトに定め、5W1Hの内容をコンテンツに落とし込み、一貫性のある高品質なホームページを制作しました。

実際に、当社の問い合わせの大半が、「スタッフブログを見たんだけど、自社はこういう内容で困っており改善できる?」といった相談が多くなっているので、当社のサイトコンセプトの設計は成功していると言えます。

Yahoo!Japan

Yahoo!Japanのトップページ

Yahoo!Japanのサイトコンセプトは、公開されていないので、当社の推測としてご覧ください。

What 〇 一般的なニュースをすぐに知れる
〇 Yahoo!Japanが紹介していないニュースは検索で調べられる
Why 毎日ニュースを効率的に確認したい
Who ニュースを見たい人
When いつでも
Where 〇 自宅や会社(パソコン)
〇 外出先(スマートフォン・タブレット)
How 〇 ホームページとして設定
〇 ポータルサイトとしてブックマークからアクセス

Yahoo!Japanは、ショッピングやメールなど、さまざまな機能を提供して、ポータルサイトとしての地位を確立させ、より多くの方にニュースを届けることに成功しています。

まとめ

サイトコンセプトについて解説しました。

サイトコンセプトを設計することによって、ホームページのコンテンツに一貫性が生まれるため、どのページから訪れたユーザーであってもコンバージョンへと導ける可能性が高くなります。

サイトコンセプトって何?とお思いの方の参考になれば幸いです。

記事一覧に戻る