セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

下層ページのSEOとは?取り組む理由や対策法、成功事例を解説

昨今では、下層ページのSEOに取り組みたいと考えるホームページが増えています。

理由は、下層ページで上位表示を狙うキーワードは、難易度が低い傾向にあるので、1ページあたりの訪問者数が少なかったとしても、ページ数を増やすことで、期待以上の成果数に伸ばすことができるからです。

当ページでは、下層ページのSEOとは何かや、取り組む理由、対策法、成功事例を解説します。

下層ページのSEOとは

下層ページのSEOとは、ニーズを絞り込んだ検索クエリで上位表示を狙う対策のことを言います。

昨今のホームページは、下層ページ(サブページ)のSEOに取り組む重要性が高くなっており、その理由は下層ページはニーズが絞り込まれた検索クエリで上位表示を狙えるので、コンバージョンを行ってくれる可能性が高い見込み顧客を集客することができるからです。

さらに、下層ページはニーズが絞り込まれているのでSEO難易度が低いことも魅力です。

このように、下層ページのSEOは、すべてのホームページが取り組むべき対策になっていて、適切に実施することによって、多くの見込み顧客を集客できるようになります。

下層ページのSEOに取り組む理由

下層ページのSEOに取り組む理由を解説します。

下層ページはSEO難易度が低い

下層ページのSEOキーワードは、トップページと比較をすると難易度が低い傾向が見られます。

当サイトで言うとトップページでは【ホームページ制作 大阪】でSEOに取り組んでいますが、大阪の他のホームページ制作会社も上位表示を狙っているので難易度が高めになります。

しかし、当ページで言うと【下層ページ SEO】がSEOキーワードになり、トップページと比べて、ライバル会社数が少ないので、SEO難易度は低めになり、下層ページはページ単位で評価されることが一般的です。

そのため、下層ページは、SEO難易度が低くなっているので、狙ったキーワードで1位表示を実現できる可能性が高く、効率的なSEOとすることが可能になります。

コンバージョン率が高い見込み顧客を集客できる

下層ページのSEOでは、ニーズを絞り込んだキーワードで上位表示を狙うため、コンバージョン率が高めの見込み顧客を集客することができます。

例えば、当サイトなら、トップページは【ホームページ制作 大阪】で上位表示を狙っているのですが、「今依頼しているホームページ制作会社の見積書が適正かを調べたい」や、「大阪のホームページ制作会社が同業他社のホームページをチェックしたい」といったさまざまなニーズが含まれるキーワードになるので、コンバージョン率は決して高くありません。

しかし、【下層ページ SEO】で検索するユーザーは、「下層ページのSEO対策法を知りたい」と考えているので、もちろん情報収集だけをして離脱する人もいますが、その方たちにも、問い合わせをしたいと思えるコンテンツを作成することで、高いコンバージョン率を獲得することができます。

このように、下層ページのSEOに取り組むことで、コンバージョン率が高い絞り込まれたニーズの見込み顧客を集客することができるので、ホームページで期待以上の成果を実現できる可能性が高まります。

自社だけで多くの見込み顧客を集客できる

下層ページのSEOは、ユーザー目線の新規ページ作成を行うことが対策法です。

見込み顧客が検索するであろうキーワードを検討して、そのキーワードを使ったユーザー目線の下層ページを作成すれば、高いSEO効果を発揮できるようになります。

つまり、ホームページ制作会社やSEO会社のサポートは必要ありません。

昨今のホームページはWordPressが実装することが多く、下層ページの作成は、自社で無料で行うことが可能になるので、見込み顧客が検索するであろうキーワードさえ分かれば、それらのキーワードすべてで自社だけでもSEOを行うことができます。

良質な関連ページが増えるので相乗効果が生まれる

Googleは、下層ページを原則ページ単体で評価をして検索順位を定めていますが、検索キーワードとホームページの関連性も見ています。

例えば、当ページでは【下層ページ SEO】で上位表示を狙っているのですが、当ページの検索順位をさらに高めるためには、コンテンツの品質だけではなく【下層ページ SEO 値段】や【下層ページ SEO 難易度】といったキーワードで上位表示を狙っているページを作成すれば相乗効果が生まれます。

Googleの仕様として、もっとも大切なのは品質になっていますが、それ以外にもボリュームや関連性も含まれていて、下層ページのSEOに取り組むことは、サイト全体のSEOにとっても良いことと言えます。

下層ページのSEO対策法

下層ページのSEOはどのような対策が必要かを順番に解説します。

1. SEOキーワードを定める

下層ページを作成する際には、SEOキーワードを定めてから作成しましょう。

下層ページを使ってSEOを行う目的は、見込み顧客が検索するキーワードで上位表示を行い、訪問者を集客することになるので、明らかに見込み顧客が検索しないであろうキーワードで下層ページを作成するメリットがありません。

もちろん、月に1度くらい検索されるであろうキーワードであっても作成したほうが良いですが、下層ページの作成と言っても、ユーザー目線を考慮すると多くの時間がかかるので、効率よくページ作成を行うためにも、SEOキーワードを定めることをおすすめします。

また、過去に似たSEOキーワードをテーマに下層ページを作成している場合は、似たテーマのページを作成するとSEO効果を取り合ってしまうので、必ず各ページで固有のSEOキーワードを定めることが大切です。

2. キーワードを使った魅力的なページタイトルを作成

下層ページのページタイトルを作成しますが、その際には2点のポイントがあります。

1点目が、SEOキーワードを利用したページタイトルを作成することになり、Googleはページタイトルに重要なキーワードが含まれていると判断しているので、ページタイトルにキーワードを利用していなければ、上位表示の実現が難しくなります。

2点目が、実際にSEOキーワードでGoogle検索を行ってみて、自社の下層ページが3位に表示された想定をして、1位と2位のホームページよりも魅力的なページタイトルの作成を行うことです。

Googleは、検索結果でのクリック率も検索順位に影響を与えているので、仮にコンテンツの品質だけで見たときに、3位だったとしても、クリック数が1位や2位のホームページよりも高いことで、1位に表示されるようになります。

この2点を守ることで、下層ページは高いSEO効果を発揮できる可能性が高まります。

3. 見出しを決めていく

ページタイトルの完成後、いきなり本文の作成を行うのではなく、まずは見出しタグを決めていきましょう。

見出しタグを決める際には、SEOキーワードで検索をして、上位表示サイトのチェックを行い、御社の下層ページの見出しタグの参考にします。

また、ライバルサイトの見出しを参考にするだけではなく、ページタイトルに対してコンテンツの過不足を意識した調整を行うことも重要です。

Googleは、ページタイトルに対してコンテンツの過不足もチェックをしているので、必要な見出しや不要な見出しの最適化はSEOを行う上で必須の対策となっています。

4. ユーザー目線で本文を作成

見出しが完成した後、それぞれの見出しの本文を作成していきましょう。

ここで意識すべきは、ユーザー目線だけになっていて、Googleは、文字数やキーワード出現頻度などのテクニック要素は見なくなっているので、ユーザーのための文章作成に全力で取り組みましょう。

ユーザー目線の本文とは、プロのライターが作成するような魅力的な表現や技法を使うことではなく、ユーザーにとって読みやすく理解がしやすいことが大切です。

見込み顧客は、魅力的な表現や技法の文章を読むために、ホームページに訪問したわけではなく、自分が抱える課題や悩みを解消するために訪問しているので、Webマスターが今できる最高の品質の文章作成に取り組めば、SEOで成功することができます。

5. 画像の貼り付けや内部リンクの設置

本文が完成したら、最後に、文章だけでは伝わりづらい箇所に画像を張り付けたり、本文の中で利用されているフレーズや文章に関する下層ページがある場合は、内部リンクを設置します。

画像は、イメージ画像を設置するのではなく、そのページに訪問したユーザーの読解を助けるオリジナル画像の掲載を行うようにしましょう。

他のホームページで利用されていないオリジナル画像はGoogleからの評価が高く、さらには本文の補足説明をできていることで、より高いSEO効果を得ることが可能です。

また、内部リンクは、内部リンク先ページのSEO効果を高める役割があるのですが、SEO効果を高めるには、ユーザーが利用しているかどうかが重要になっています。

ユーザーを考えた画像や内部リンクの設置を行うことで、下層ページのSEO効果は最大化していきます。

6. 公開前に読み直し

下層ページが完成した後、公開ボタンを押す前に、プレビューを確認して、読み直しましょう。

読み直しでは、ユーザー目線に立って、誤字・脱字や、読みづらい、理解のしづらいコンテンツをすべてリライトによって改善していくことが大切です。

特に、制作実績のホームページや、当スタッフブログの更新を行っていて感じるのが、どんなに丁寧に文章作成を行っていたとしても、誤字・脱字が発生する可能性があるという点です。

そのため、最低限の条件として、誤字・脱字を0にしてから公開するようにします。

7. 関連ページを作成

下層ページの作成が終わった後、期待通りのSEO効果を得れていない場合は、そのページに関連するページを作成することで、検索クエリとホームページの関連性が高まります。

例えば、当ページでは【下層ページ SEO】が上位表示を狙っているキーワードであるため、【下層ページ SEO 値段】や【下層ページ SEO 難易度】などの下層ページを作成することで、より高いSEO効果を実現できる可能性があります。

この関連した下層ページの作成では、ユーザー目線を考えていたとしても、がむしゃらに増やすことではなく、公開してから半年くらいの期間をおいて作成するのがベストになります。

Googleの検索順位が正確に決定されるのは、1年後くらいになるので、まだ結果が出ていない時点で無理にページを増やしてしまうと、品質管理の手間が多くなるだけなので、本当に必要かどうかを考えてから作成することがおすすめです。

8. 被リンクを集める

下層ページに被リンクを集めれば、SEO効果が高くなるので、3つの集め方を解説します。

自作自演の被リンク

自作自演ではてなブックマークやブログ村などのサービスを利用して被リンクを集める方法です。

はてなブックマークやブログ村などのサービスは、自分で複数のアカウントを作成して、被リンクを獲得してはならず、それぞれのサービスで1サイトに付き1つのアカウントに留めなくてはなりません。

1サイトで複数のアカウントを作成してしまうと、それぞれの被リンク効果が0になったり、さらには不正行為として提供メーカーからアカウントBANされてしまいます。

ナチュラルリンクを集める

各ページのコンテンツの品質を高め、訪問者が良いページを発見したと思ってくれれば、自分が運営しているホームページやSNSから、自発的に被リンクを行ってくれます。

現在のSEOにおけるリンク対策は、主にナチュラルリンクを獲得することになっているので、訪問者がリンクしたくなるような高品質なページを作成しましょう。

自作自演でSNSからリンクする

自社のSNSアカウントから下層ページにリンクを集めましょう。

ただし、自社のSNSアカウントから下層ページにリンクを行う際には4つのポイントがあります。

1つ目が、同じリンク先への投稿は行わないようにしなくてはならず、1アカウントが何度も1つのページに対してリンクを行っていると不自然と感じられるので、Googleからリンクの効果を無効化されます。

2つ目が、リンク目的のSNSにしないことで、リンク目的のSNSアカウントだとGoogleから自作自演と判断されてしまい、リンクの効果が無効化されます。

3つ目が、サイト全体のSEO評価が高くなってから行わなくてはならず、昨今の被リンクのSEO効果を見ていると、Googleからの評価が低いホームページがどんなにリンクを獲得しても、大半が無効化されており、コンテンツの品質を土台に被リンクが集まるイメージを持ちましょう。

4つ目が、リンクを投稿する際には、簡単にでも良いので、必ず説明文を付けることで、これまでSNSからのリンクの効果を見てきた限りで言うと、SNSからのリンク効果を出すためには、インプレッション数とリンククリック数を高めることが大切です。

そのため、SNS検索を意識した投稿文の作成が必要で、下層ページが上位表示を狙っているキーワードでSNS検索を行ってみて、表示回数が多い投稿を参考にして投稿文を作成しましょう。

実際に、これまで下層ページを作成した後、自社のアカウントで、そのページのURLを投稿して検索順位が一気に高まったケースは嫌と言うほど見てきました。

つまり、下層ページのSEOでは、良質なコンテンツを作成して終わりではなく、その後のプロモーションも重要になるのです。

下層ページSEOの成功事例

下層ページのSEOで成功している事例は多いですが、以下のホームページを紹介します。

下層ページSEOに成功したホームページの平均掲載順位

上記は下層ページのSEOに成功した事例になり、サイト全体のページ数のうち、多くのページが3位以内にランクインしており、高い下層ページのSEO効果を発揮しています。

下層ページSEOに成功したホームページの平均掲載順位

全体としては、12.8位ですが、関係性が低いキーワードで引っかかっているページが引き下げているので、このような数値になっているだけで、狙ったキーワードでは確実に上位表示を実現することができています。

もちろん、問い合わせ数も多くなっており、今後はビジネスに関するキーワードで上位表示を狙ったページを作成していくことで、より多くの問い合わせの獲得を狙います。

下層ページのSEOと関係したページ

当サイト内で、下層ページのSEOと関係したページを紹介します。

トップページSEO トップページのSEOのこと
SEOサービス 当社が提供するSEOサービスの紹介ページ

まとめ

昨今では、下層ページでSEOを行うホームページが増えています。

下層ページのSEO難易度が低いことや、見込み顧客が検索するであろうキーワードに対応したページを作成することで、多くの見込み顧客をホームページに集客することが可能だからです。

制作実績のホームページや当サイトを見ても、下層ページのSEOに成功しているので、毎月安定した問い合わせの獲得に成功しています。

期待通りにSEO効果が出ないとお考えの方は、当ページをご覧の機会に、下層ページのSEOに取り組んではいかがでしょうか。

記事一覧に戻る