セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.14

4P分析とは?良質なホームページ制作に重要

4P分析とは、マーケティング戦略のフレームワークのことを言います。

ホームページ制作前に4P分析を行うことで、より良質なホームページへと成長させることができるので、期待以上の成果を実現できる可能性を高めることが可能です。

当ページでは、4P分析とは何かや、ホームページ制作における4P分析の内容、4P分析を行ったホームページは良質になりやすいという点について紹介します。

4P分析とは

4P分析とは、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販促(Promotion)の頭文字をとった4つのPを分析するフレームワークのことを言います。

すなわち、企業が商品やサービスを市場で提供するために、何を、いくらで、どのように販売するかを検討して分析することになるので、商品やサービスの売上目標を達成することが可能になります。

4P分析は、ホームページ制作会社だけではなく、マーケティング会社のホームページでも紹介されていて、実際に読んでみたけど良く分からないと言われるケースもありますが、利用するだけであれば、難しい分析法ではないので、利用をしながら分析法を調整することで、高い成果を実現できるフレームワークとして利用することが可能です。

では次に、ホームページ制作における4P分析の内容を紹介します。

ホームページ制作における4P分析の内容

製品(Product)

ホームページ制作における4P分析の製品(Product)では、自社製品の強みやターゲットを分析して、ユーザーニーズに対してホームページを最適化することに注力します。

例えば、ターゲットは誰になっているのかを調べることで、ターゲットユーザーに対して最適化したデザイン作成を行ったり、製品を利用しているユーザーが魅力的に感じている機能を調べることで、その魅力をコンテンツ化することが可能になります。

このように製品を分析することによって、ホームページをユーザーニーズに最適化することが可能になるので、より高い成果を実現できるように成長します。

価格(Price)

ホームページ制作における4P分析の価格(Price)では、自社の価格が業界としてどれくらいの位置づけになるかを検討します。

例えば、業界として高い価格設定をしているのであれば、高級感のあるデザインを作成したり、さらには価格が高い理由を明確に打ち出したコンテンツ作成に取り組みます。

逆に安い価格設定をしているのであれば、親しみやすいデザイン作成や、安く提供している理由を打ち出したコンテンツを作成することが大切です。

価格をベースにしたデザイン作成を行うことで、ホームページに訪れたユーザーは、直感的にどれくらいの価格の商品が売れているのかを理解できたり、価格の根拠を打ち出すことによって、ユーザーは納得して製品やサービスを購入することが可能になります。

流通(Place)

ホームページ制作における4P分析の流通(Place)では、営業フローの中でのホームページの位置付けを検討します。

例えば、ホームページで製品やサービスを販売するのであれば、単にカートシステムを付けるだけではなく、どのようなコンテンツがあれば、ユーザーにとって便利なホームページになるのかを考えます。

また、営業フローの中でのホームページの位置付けを考えることで、単にホームページだけではなく、ホームページ以外のフローの最適化にも取り組むことが可能です。

例えば、問い合わせの獲得が目的にホームページであれば、問い合わせまではホームページが行いますが、問い合わせ後のクロージングはリアルでの営業活動が必要です。

このように、細かく流通分析を行うことは、単にホームページの成果だけではなく、営業全体としての最適化に取り組むこときっかけとなるのです。

販促(Promotion)

ホームページ制作における4P分析の販促(Promotion)では、インターネット全体でホームページをどのように利用するかを考えます。

例えば、SNSを利用するのであれば、どんな投稿を行えば、ホームページの成果が高まるのかを考えたり、ポータルサイトに広告を掲載する際には、どのポータルサイトに広告を掲載することで、高い成果を実現できるかを考えます。

当社のホームページ制作では、公開直後は、SEOに依存したいと言われるケースが多いですが、SEO効果が高くなると、さまざまな販促活動に取り組むことが多いので、ホームページ制作時から販促について検討することは重要です。

4P分析を行ったホームページは良質になりやすい

4P分析とは、すなわちホームページをターゲットユーザーやユーザーニーズに対して最適化することを言います。

もちろん、闇雲に4P分析を行っても意味がなく、昨今のホームページは良質でなければ成果を出せないので、ホームページを良質にして高い成果を出すための分析法と理解するとスムーズに取り組むことが可能です。

始めて4P分析を行う方は、完璧な分析を行うことは難しいですが、ただ分析を行うだけであれば、手軽に実施することが可能になるので、まずは4P分析を行い、ホームページ運営の中で、分析法を最適化していくことで、自然と良質なホームページへと成長し、高い成果を実現できるようになります。

まとめ

ホームページ制作に4P分析を活用する方法を紹介しました。

良質なホームページを制作するためには、4P分析が必要になっているので、ホームページ制作会社が4P分析をしてくれなかった場合でも、お客さま自身で行うことで、ホームページを良質化することが可能です。

4P分析ってホームページに活用できるの?とお思いの方の参考になれば幸いです。