HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

LPOとは?ランディングページの改善

ランディングページ改善(LPO)

LPOという言葉は、過去にWeb制作を行ったことがある方やホームページのご担当者さまであれば、1度は聞いたことがあると思います。

このLPOとは「Landing Page Optimization」の頭文字をとった略語になり、日本語で言うとランディングページ最適化になります。

基本的には、ランディングページの制作段階ではなく、運営段階で行う施策になっております。

ランディングページとは

ランディングページって何?

初めてLPOという言葉を聞いた方のために、まずはランディングページとは何かについてご紹介をいたします。

ランディングページとは、リスティング広告やバナー広告をクリックしたときに表示される1ページの縦に長いホームページのことを言います。

リスティング広告を行うにあたり、ランディングページを制作されないお客さまもいらっしゃりますが、基本はしっかりと制作することでその広告の効果を最大化できるため非常に重要になっております。

なぜ、広告の場合に必要になるかと言うと、例えば広告の入口をトップにした場合、一般的には、訪問者が必要な情報をすべて収集するためには、リンクをクリックして、遷移していかなくてはなりません。

この遷移するときに、ユーザーはリンクをクリックする際に、潜在的に「本当にクリックの価値があるのか」と考えており、実はこのクリックは、成約率だけで考えると、ないほうが良い結果を出すこともあるのです。

そのためランディングページでは、ユーザーの思考をできる限り減らすことを目的として、1ページに多くの情報を掲載し、下にスクロールすれば次の情報が見れるという形にしているのです。

上記の理由から、ランディングページでは通常のホームページよりも縦に長くなることが一般的で、Web制作と比べ、納期が長くなったり、Web制作料金も通常よりも高くなっております。

具体的にランディングページを見てみないと分からないという場合は、弊社のWeb制作実績のライフディフェンスさまのランディングページをご覧ください。

LPOとは

LPOって何?

LPOとはいったいどのようなものになるのでしょうか。

このLPOとは「Landing Page Optimization」の頭文字をとった略語になり、日本語に訳すと、ランディングページ最適化になります。

この最適化というのは、そのランディングページに訪れたユーザー、さらには広告元のホームページに対して、ライディングページを改善し、本当に広告をクリックしたユーザーに有益な情報を提供することを言います。

そのため、このLPOを行うことで、流入元は広告になるので費用が必要になるのですが、その費用対効果を飛躍的に高めることができる手法になっております。

LPOはWeb制作の分野ではなく、Webマーケティングの分野になるため、ランディングページ制作を依頼したWeb制作会社によってはできないこともございます。

必ず必要になる

対策は必須

LPOはバナー広告やリスティング広告を行われる企業さまであれば、必ず費用対効果を高めるために必要になります。

その理由は、当たり前のことになりますが、広告に出稿するというのは、月額料金あるいはリスティング広告であればクリックに対して課金される仕組みになるので、広告の出稿予算が必要になっております。

そして予算が必要ということは、例えば月に10万円の広告費をかけたら、利益として10万円以上の売上を上げる必要があり、利益で10万円以上を上げるためには、必ずLPOの実施が必要になるのです。

もちろんこのLPOの実施には、Web制作会社に改善費を支払う必要はあるのですが、しかしその分も合わせて広告費を考えても、十分に元が取れる対策となっております。

そのため、ランディングページを制作された会社さまは、基本的にはLPOのためにいくらか予算が必要になってくると考えることが重要になり、この予算を制作段階から検討しておくことで、御社の広告の費用対効果が最大化していくのです。

現状把握の重要性

現状を知る

このLPOを行うためには、しっかりと現状把握の実施が必要になります。

例えば、どの広告がもっとも人気があるのかや、さらにはリスティング広告などにおいては、どのキーワードで多くクリックされており、逆にどのキーワードはほとんどクリックされていないのかなど、できる範囲で詳しい情報を収集し現状把握を行うことが求められております。

LPOとはランディングページの改善になるため、改善をするにしても現状のランディングページがどのような状態であるかが分からないと、対策の行いようがないのです。

稀に思い付きで、「ここがこうだから問題がありそう!なのでこうしてくれ!」とご指示をいただく場合がありますが、これらの対策はLPOにはなっていないのです。

そのため、必ず現状把握をしっかりと行うことが重要で、現状把握をしっかりと行うことで、本当に費用対効果の高いLPOになるのです。

この現状把握から行うことは、Web制作におけるアクセス解析を使ったホームページの改善とほぼ同じ内容になっており、異なる点は広告が流入元になるという点になります。

ABテストの実施

ABテスト

まずLPOで最も多くの方が取り組まれるのがABテストではないでしょうか。

このABテストは非常にシンプルで、例えばメイン画像を2パターン用意して、1ヶ月のうち、15日はAパターン、残り15日はBパターンというように、メイン画像が差し変わり、Aの期間とBの期間での効果測定を行うものになっております。

また、もちろん画像だけではなく、コンテンツ丸ごとを変更したり、さらには、コンテンツの並びを変更したりと、さまざまな観点からABテストを実施することで、本当に効果的なランディングページを知ることが可能になります。

このABテストは、無料と有料のツールがあり、無料であれば「Google オプティマイズ」などのツールなどを利用して行うことが多いですが、稀に手動でも行うこともあり、手動で行う場合はWeb制作並みに、非常に多くの労力が必要になります。

ヒートマップの利用

ヒートマップ

次にヒートマップなども非常に人気のLPOツールになっております。

このヒートマップは、そのランディングページのどこをユーザーが見てくれているのか、あるいはどこまで見て離脱する人が多かったのかを、視覚的に把握できるツールになり、ヒートマップによって、どこに問題があるのかの仮説を立てることが可能になります。

このヒートマップは、無料で簡単なツールであれば、「グーグルクロームのアドオンPage Analytics (by Google)」や「MicrosoftのClarity」が有名だと思います。

ただ本当に成果を出したいのであれば、有料版のヒートマップがオススメで、有料版を使えばかなりしっかりとしたデータを取れること、さらにはサポートなどもしっかりとしているので、もちろん御社のランディングページの現状の売上と売上予測次第ですが、非常に効果的なツールとして利用することが可能です。

上記のようにWeb制作時におけるアクセス解析と同じように、ツールをしっかりと利用して、そしてその数値データからLPOを実施することで、ランディングページの成果は少しずつ向上していくのです。

広告の費用対効果を最大化しよう

広告の費用対効果を最大化

予算をかけて広告出稿を行うのであれば、できる限りの成果を出して広告の費用対効果を最大化したほうが良いと思います。

ただ、現状弊社のお客さまにおかれましては、Web制作時にリスティング広告を自社で運営している会社さまもいらっしゃり、広告の効果をランディングページ側の問題ではなく、広告文言やバナー側の問題だと流入ばかりを意識されることがあります。

しかし、ランディングページが最適化されていないと、多くのユーザーがクリックしたときに成果を出すことができないので、費用対効果が非常に低い広告となってしまいます。

そのため、バナー広告やリスティング広告に出稿される際には、必ずLPOもセットで考えることが重要になっており、ここまでをしっかりと行うことで、御社のランディングページは非常に効果的なものになり、さらには出稿している広告の成果の最大化が実現されるのです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP