セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.08.20

ホームページ制作後に成果が出るまでの期間

ホームページ制作を行う方は、公開後に1日でも早く成果を出したいと考えていると思います。

しかし、公開してすぐに成果を実現できるホームページは滅多になく、ホームページには成果を出すための準備期間が必要になっています。

当ページでは、ホームページ公開後に、成果を出すには、どれくらいの期間が必要かを紹介します。

ホームページ制作後に成果が出るまでの期間例

ホームページを制作して公開すると、いつ成果が出始めるのかは、多くの事業者や個人が気にする問題の一つです。この疑問に対する答えは、ホームページの制作後、取り組むSEO対策やその他の集客方法によって変わってきます。

弊社の経験に基づくと、ホームページ制作直後に主要となる対策はSEOです。SEOとは、検索エンジン最適化のことで、検索エンジンによるウェブページの評価を上げ、検索結果の上位表示を目指すものです。初期段階では、このSEOに力を入れることで、訪問者の流入を促進します。

しかし、SEOの効果が現れるまでの期間は、グーグルの公式見解によれば、4ヶ月から1年が一般的とされています。弊社の過去の実績を見ても、3ヶ月から1年の間での成果実現が大半であり、この期間がホームページ制作後の成果を感じる目安となります。

では、この期間中に何をすべきかというと、新規ページの追加や既存コンテンツのリライト、ビジュアルの改善といった取り組みが求められます。特に新規ページの作成やリライトは、SEO効果を高めるために欠かせない作業となります。

初期の段階では、成果が出ていないにも関わらず、継続的な運営が求められるのは大変です。しかし、SEOの効果が出始めれば、流入する訪問者数や商品の販売数は、一気に増加するわけではなく、徐々に増加していきます。弊社が手がけた例で最も早く成果を感じたケースでも、公開から1ヶ月後に初めて目に見える成果が出始めました。

SEOに依存する期間はリスクも伴います。例えば、検索エンジンのアルゴリズムの変更により、順位が大きく変動することがあります。しかし、このリスクを乗り越え、SEOで一定の成果を出した後は、他の集客方法も取り入れて、より多角的なアプローチを行うことが可能になります。

最終的には、ホームページ制作後の初期段階ではSEOに焦点を当てつつ、中長期的な視野での運営と、多様な集客戦略を組み合わせることで、持続的な成果を実現することができます。

より早く成果を出すなら複数の集客対策を

ホームページ制作後の成果発揮までの期間は、特にSEOの場合、一般的にグーグルの見解によれば4ヶ月から1年とも言われています。しかし、すぐに結果を求める方や、より迅速に集客を開始したい場合は、複数の集客対策を検討することを強く推奨します。

具体的には、リスティング広告は、その即効性から注目される手段の一つです。出稿キーワード、タイトル、説明文、入口ページ、そして予算を設定するだけで、短期間での公開が可能となります。事実、私たちの経験上、ホームページ制作を終えてからわずか3日後に成果を出す企業も存在します。もちろん、これはキーワード選定や予算配分などの設定に大きく依存します。

しかしながら、リスティング広告の出稿単価は数年前と比べて上昇しています。かつては5万円の予算での出稿を推奨していた時期もありましたが、現状では少なくとも10万円以上の予算設定が望ましいとされています。そして、成果を最大化するためには、単なるホームページよりも、特定のターゲットに特化したランディングページの制作を検討することが有効です。

リスティング広告のみならず、YouTube広告やソーシャルメディア広告も、SEOより短期間での成果が期待できる集客手段として注目されています。特に、ソーシャルメディアの活用は、現代のユーザー接点として欠かせないものとなっています。

結論として、SEOは長期的な視点での集客対策として有効ですが、短期間での成果を求める場合、リスティング広告やソーシャルメディアなどの他の集客手段との組み合わせが必要不可欠です。ホームページ制作と合わせて、これらの多角的な集客戦略を検討し、ビジネスの成功を追求することをおすすめします。

まとめ

ホームページ制作後、成果が得られるまでの期間は一概に言えません。この期間は、ホームページの運用方法や更新の頻度、ビジネスモデル、ターゲット層など多様な要因に左右されます。公開直後からアクティブにコンテンツの更新を行い、SEO対策の原則を遵守すると、数日間での効果を実感するケースもあります。一方、ホームページを単なる「完結型のツール」と捉えず、継続的にメンテナンスと最適化を行うことが最も重要です。ホームページ制作は、完成と同時に終わりというわけではありません。検索エンジンのアルゴリズムは日々進化し、その変動に合わせてページの調整が必要です。

また、成果を実感する期間には、企業の広告予算も影響します。初期投資として多額の費用をかける企業は、広告予算を抑えたいと考えることも多いでしょう。一般的に、ホームページ公開後の成果を評価する期間として、3ヶ月から1年を目安と考えるのが適切です。ただし、これは当社の経験に基づくデータであり、他のWeb制作会社の考え方や提案内容によって異なる可能性があります。ホームページを制作した後は、必ず運営方法について専門家や制作会社に相談し、効果的な運営を心がけることが大切です。成果を得るための取り組みや期間の感覚は、選んだホームページ制作会社のアドバイスを基に進めると良いでしょう。