SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.01.02

ホームページ制作後によく利用する分析ツール

ホームページ制作後に利用する分析ツール

ホームページを制作し、公開して終わりではなく、その後の運営サポートも行っています。

この運営サポートは、ウェブマスターやWebサイト制作会社の勘や経験ではなく、数値データとして把握して、改善提案を行っています。

今回は、当社がホームページを制作した後、クライアントサポートに利用する分析ツールを紹介します。

ホームページで分析ツールを利用する理由

ホームページ制作後に、より高い成果を出すには、運営業務が必要になります。

ただ、運営業務は、がむしゃらに行っても良い結果を得られず、集客と成約の2つのポイントに絞り、適切な数値データを確認した対応が必要です。

例えば、なかなか期待通りの成果が出なかったときに、ウェブマスターやWebサイト制作会社が勘や経験、思い付きから、こうした方が良いと対策法を思いついたとします。

確かに、必ず効果が出ないとは言い切れませんが、しかし、効果が出るとも言い切れず、成功する確率としては、そこまで高いものにはなりません。

例えば、ホームページ制作会社であれば、過去の経験から効果的な方法が分かると思われるかもしれませんが、クライアントによって最適解は異なります。

このように対策を行っても効果が出る可能性が低くなり、もう少し確率を高める必要が出てきます。

そこで役立つのが分析ツールで、もちろん100%効果を出せるとは言えず、問題点が明確になるだけで、改善策自体は仮説になります。

ただ、問題点が明確であれば、直すべきコンテンツが分かり、対策法が大幅に外れるといったケースはあまりないでしょう。

そのため、分析ツールを実装し、お客さまがより理論的で戦略的な運営を行っていただけるようにしています。

ホームページ制作後の分析ツール

具体的に、ホームページ制作後に導入する分析ツールを紹介します。

GRC

GRCは複数のキーワードで検索順位チェックがワンクリックで可能です。

昨今のホームページ制作では、個々のページで上位表示ワードを設定し、膨大な量のSEOワードが存在してきます。

手動で毎朝これらをチェックするのは時間の無駄で、GRCであれば、パソコンを立ち上げさえすれば、すぐに検索ランクが分かります。

クライアント自身はもちろん、当社も実績企業で検索ランキングを把握しており、順位が分かれば、質問への回答がより具体的なものになります。

グーグルサーチコンソール

検索エンジンのグーグルが提供し、導入も活用も非常に簡単で、公開後に必ずお客さまにレクチャーしています。

実際に、グーグルサーチコンソールのデータを見ながら、運営を行われているお客さまは多くが高いSEO効果を出しています。

そのため、御社もしっかりと確認するようにして、グーグルが提供するデータから改善しましょう。

グーグルアナリティクス

グーグルのアクセス解析になり、誰でも簡単に導入が可能で、タグを実装するだけで、結果を出力してくれます。

グーグルアナリティクスのデータは比較的難しく、経験がない方だと検討違いの改善を考えてしまいます。

そのため、慣れているアクセス解析業者のサポートを受けることで、より良いデータとして活用が可能になります。

ビングウェブマスターツール

グーグルサーチコンソールのビングバージョンで、基本的な利用法はグーグルサーチコンソールとすべて同じであり、誰でも簡単に活用できます。

ただし、ビングは、ユーザー数が非常に少なく、対策は後回しでも全然良いと思います。

クラリティ

マイクロソフトが提供するヒートマップのクラリティは、訪問者が見るホームページの状態で、解析結果が表示されます。

そのため、これまでまったく分析をした経験がない方でも、ここまで表示されたのかや、どのリンクがクリックされたのかが視覚的に分かります。

ただ、当社では、グーグルアナリティクスを見れば分かり、利用するケースはなく、クライアントは結構楽しみながら閲覧ができています。

成果を出すには分析ツールの結果から改善

ホームページ制作後は、勘や経験などによるものではなく、分析ツールが示す数値データから運営を行いましょう。

そうすることで、いきなり高い効果は出ませんが、着実に少しずつ数値データが良い状態、すなわち最適化されていき、期待以上の成果へと成長します。

確かに数値データを利用するのは難易度が高いですが、当社のこれまでの経験で言えば、9割以上の要素として慣れていることが大切だと思います。

最初の慣れは、データを閲覧する作業がスムーズになり、次に効果を発揮する改善策が行えるようになります。

そのため、最初は本当に大変だとは思いますが、諦めずに継続すれば、ホームページ制作の成果が最大化されます。

TOP