HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

動物病院のホームページ制作!成果を追求するHP作成会社が解説

動物病院のホームページ制作!成果を追求するHP作成会社が解説

実際にこれまで動物病院のホームページ制作や、お打ち合わせに参加してきた限りで言うと、多くの場合が、どういった症例に対応ができるかなどを告知したがります。

確かに、これらは非常に大切ではありますが、ホームページ制作はユーザーのために行って初めて成果を出せます。

そこで今回は、動物病院に絞って、成果が出るホームページを制作する際の注意点をご紹介したいと思います。

動物病院のホームページ制作

動物病院のホームページ制作

これから動物病院のホームページを制作される方は、いきなりWebサイト制作会社に問い合わせではなく、まずはどんな内容やレイアウトで作りたいかを検討しましょう。

例えば、自社の特徴は何なのか、またどのようなウェブデザインを作成したいか、どういう原稿を掲載するべきかなどになっています。

これらをしっかりと行えば、最大の成果を得れるようになっています。

従来であれば、検索エンジンからの集客になるSEOなどと成約率対策は別になっていました。

しかし、どんどんグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングがユーザー目線になっており、現在ではどちらの対策も同じです。

ではどういった対策になっているかですが、基本的には、成果を求めるのであれば、そのホームページをユーザー目線での制作になっています。

例えば、サイト構成や原稿、画像などがそのウェブページに訪問したユーザーに最適化され、価値があるものになっているかを確認しましょう。

この確認作業は、それほど難しいものではありません。

もちろん、ワイヤーフレームやウェブデザインだけで理解は難しいケースもあります。

ただ、テストサイトで分からないというケースはないでしょう。

ただ、テストアップまでされてしまうと、大幅な変更は聞かなくなってしまうため、それまでにワイヤーフレームやウェブデザイン段階から意識は必要になっています。

そしてすべてのウェブページがユーザーにとって価値や意味がしっかりとしていれば、自然と集客と成約が最大化されるようになります。

動物病院が制作したホームページで打ち出す内容

動物病院が制作したホームページで打ち出す内容

では、もう少し具体的に動物病院のホームページ制作で打ち出すべき内容をご紹介します。

診療内容

診療内容を打ち出さない動物病院のホームページ制作はないと思います。

例えば、整形外科や脳神経科、皮膚科など、診療内容をしっかりと打ち出しましょう。

ただ、実際に当ブログを執筆しているわたしの意見ですが、わたしも犬を飼っております。

そして、動物病院へは何度かお世話になっていますが、例えば口が張れていたときに、どこの科に該当するかは分かりません。

そのため、診療内容はしっかりと打ち出すべき内容ではありますが、それだけは十分ではなく、プラスアルファで症例などで記載がベストだと感じています。

症状

診療内容と一緒あるいは別コンテンツで症状なども打ち出すのが良いでしょう。

先述もしているのですが、わたしは犬を飼っています。

そして犬の口が張れた時にどこの科に受信するのが最適な回答かが分かりません。

そして実際に私が検索したキーワードは、【犬 口 張れる 動物病院 大阪】でした。

その時に歯科や口腔外科のウェブページがあったとしても、犬の口が張れたページがなければ、検索順位は上がりません。

もちろん、診療内容ページに、こういった症状があるという記載をしていれば問題はないと思います。

ただ、症状は診療内容と一緒、できれば別コンテンツとしてしっかりと作成によって、期待以上に成果を得れるようになっています。

病院情報

次に貴医をしっかりと打ち出しましょう。

住所や電話番号は当たり前として、営業時間も記載すればユーザーは安心して問い合わせができます。

実際に、わたしの犬が口が張れたのに気が付いた時刻が、23:00ごろでした。

その時に、空いている病院を探すのも結構大変でした。

しかし、これはわたしだけではないと思います。

一般的に、平日昼間は多くの方が、仕事をしていて、帰宅時間としては、19:00ごろが一般的でしょう。

そのときに、もちろん、飼い主もすべての動物病院が空いているとは思っていませんが、それでも1秒でも早く犬や猫などの動物を何とかしてあげたいと感じます。

このように、動物病院のホームページ制作では、すべてのウェブページに営業時間を掲載か営業時間が掲載されたウェブページへリンクを貼りましょう。

そうすることで、よりユーザーに親切なホームページとなります。

事例紹介・お客さまの声

できれば併せて、事例紹介やお客さまの声も掲載しているとより便利です。

どうせ医者に診てもらうならば、評判が良い動物病院が理想と言うのは当たり前の話であると思います。

もちろん完璧に高評価である必要はなく、低評価の内容もあってよいと思います。

ただ、低評価が付いたときには、このような問題が起きないように対応したとしっかりと記載すれば、よりユーザーの信頼性を勝ち取れると感じます。

動物病院のホームページ制作で大切なユーザー目線とは

動物病院のホームページ制作で大切なユーザー目線とは

動物病院のホームページ制作において大切なのは、高級感などではなく、ユーザー目線になります。

例えば、犬や猫などが怪我をした場合、一刻も早く獣医に見てもらいたいと思うのが飼い主として当然だと思います。

そういったときに、見やすく分かりやすい、そして丁寧な文章で掲載していれば、そのユーザーはしっかりと御社サイトを閲覧してくれます。

もちろん、情報量にも意識が必要です。

急いでいる方は、もしこの動物病院が駄目なら、別を探す必要があります。

そのため、適切にそれぞれのウェブページで本当に必要な情報をまとめれば、よりユーザー目線と言えるでしょう。

実際にこれらは非常に難しく、当社では動物病院に限らずすべての業種に行っていますが、100%できたということはこれまでの経験ではほぼありません。

ただ、情報量や読みやすさ理解しやすさは非常に重要なポイントになっているため、必ず意識をしましょう。

昨今においては、集客も成約もユーザー目線が非常に大切です。

これらを実現して初めて期待以上に成果を出せるようになります。

動物病院のホームページ制作はいくらかかる?

動物病院のホームページ制作はいくらかかる?

実際に、当物病院のホームページ制作でいくらくらいかかるかをご紹介します。

当社がこれまで見てきた経験で言うと、大阪で言えば、50万前後と100万円前後、200万円以上のWebサイト制作会社があります。

もちろん、上記以外にも、サブスクなどもありますが、実際にプレゼンでサブスク型とアイミツになった経験はありません。

そのため、上記3つの価格帯があると認識すると良いでしょう。

ちなみに弊社は100万円前後です。

やはり症例やお客さまの声などを打ち出すとなると、ウェブページ作成量が増えたり、更新システム実装数が増えてしまいます。

最低価格としては、70万円からになっていますので、もしこれくらいの価格であれば一度話を聞いてみたいという場合はお気軽にお問い合わせください。

動物病院のホームページ制作Q&A

動物病院のホームページ制作Q&A

動物病院のホームページ制作でよくある質問をQ&A形式でご紹介します。

多くのウェブページ数が作れない

一般的に料金は、ページ数が多ければ多いほど高くなってしまいます。

そのため、できれば公開前に作成するウェブページ数が少ない方が良いですが、必要な情報を掲載すると非常にウェブページ数が多くなる可能性もあります。

そういった場合は、ワードプレスを実装して、クライアント自身で原稿が作れるコンテンツを作成しています。

もちろんワードプレス実装数が増えれば、その分料金は上がりますが、ウェブページ数が多い場合は、総額で見たときに費用が下がるケースがほとんどです。

ウェブデザインが決まらない

もしウェブデザインが決まらない場合は、当社がテイストを理解するために、競合他社サイトを見ていただきます。

競合他社サイトを見た上で、どんなテイストが良いかをヒアリングし、もちろん御社の特徴を踏まえてご提案をいたします。

実際に、ワイヤーフレームだけを出しても、いまいち分からないケースの方が大半でしょう。

そのため、しっかりと参考サイトを見て、こういうテイストが良いなどをお伝えいただけば、最適なウェブデザインを作成いたします。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP