SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.12.02

低価格で成果を出したアパレルショップのホームページ制作法

アパレルショップのホームページ制作で成果を出した

あるアパレルショップからのご依頼で、ホームページを制作しました。

当アパレルショップでは、あまり売上がなく、最後の手段として、ホームページを制作したいとご相談をいただき、それで売上が上がらなければ店を閉めることも検討していました。

そう聞いてしまうと、心情としては、何とか成果を出せるホームページ制作を行いたいと考え、低価格なご提案をいたしました。

アパレルショップのホームページ制作はできる限り低価格

大阪にあるアパレルショップから、お問い合わせをいただき、お打ち合わせで訪問いたしました。

そこでおっしゃられたのが、現状でほとんど売上がなく、何とかホームページを制作して、V字回復を狙いたいと言われました。

ただ、問題が、最後の手段として、予算があまり取れないということです。

これは当社の感覚的なものですが、大阪の予算は、ざっくりと、50万円前後と100万円前後、200万円以上に分かれていると思います。

そして、当社は、100万円前後のWebサイト制作会社になっていて、当然クライアントは、100万円も出せないといわれました。

そこで、安くした場合に50万円前後にできるとお話をしたところ、成果が出る仕組みは変わらず50万円前後になるなら依頼をしたいと言われました。

もちろん、成果が出る仕組みは、必ず実装しています。

ただ、違う点というのは、主に作成するウェブページ数になっていて、今回ご提案したのが、シングルページとブログコンテンツだけの提案をいたしております。

では、具体的にどのようなホームページを制作し、そしてサイト運営を行っていただいたかをご紹介します。

アパレルショップのホームページ制作法

では、当社が、どのようにアパレルショップのホームページを制作したかをご紹介します。

集客法

当社がホームページ制作を行う際には、すべての集客法から選定していただいています。

ただ、今回は低予算を希望しており、当社がホームページを制作後によく提案するリスティングやユーチューブ広告などは利用ができません。

そのため、メインとなるのがSEOとソーシャルメディア運用、リアルで告知の3つになります。

ただ、話をしていると、リアルで告知をするとしても、実店舗に手作りのリーフレットを置くくらいと言われています。

ないよりは絶対にあった方が良いと判断をして、お客さまが作るよりも当社営業の方が多少はデザイン要素が含まれると考え、無料で営業が作成しました。

もちろんデザイナーではなく、さらには無料であり、そこまで凝ったデザインではありません。

ただ、お客さまに、喜んでいただけたので、プリンターを利用して、100枚ほど印刷をして店舗に置いていただきました。

そしてソーシャルメディアをどうするかですが、実はソーシャルメディア運用はしないという提案をいたしました。

と言うのが、ホームページ制作後から、毎日新規ページ作成を全力で行っていただいたほうが、効果が出ると判断をしたからです。

確かに、アパレルは難易度が高いです。

ただ、ビッグワードではなく、スモールワードで少しずつ上位表示ページを増やせば、確実に成果が出ると判断しました。

そのため、集客法は、当社提案によりSEO一本で勝負をし、もちろん、他の集客対策は行わず、1日に6時間くらいはブログ更新に時間を使っていただくようにしています。

カートシステムはベイス

制作するホームページは、シングルページとブログコンテンツだけにしています。

問い合わせフォームもなく、代わりにメールアドレスを公開しています。

そしてどうやって成果を出すかについてですが、当初はお問い合わせフォームで良いと思っていたのですが、アパレルショップで問い合わせで対応するのは大手だけです。

そのため、カートシステムが必要であると判断をして、無料のネットショップ作成サービスのベイス(base)を開設していただきました。

シングルページで商品詳細ページを持たせ、詳しく見るというリンクボタンをクリックするとベイスの商品詳細ページへ移動します。

そこで買い物をしていただくことで、ネットショップとしての機能を実装しました。

一応クライアントも理解をされていますが、アパレルショップではありませんが、別業種で行った経験があります。

この対策は、確かに無料でショッピングカートシステムを実装できますが、実は成約率としては少し下がってしまいます。

実際に別案件で、売上が達成でき、ベイスを辞めて、オリジナルのショッピングカートシステムをフルスクラッチで開発したら、成約率が向上した事例があります。

ただし、カートシステムを開発する予算を下げるには、取り敢えずはベイスを利用して、売上を出せるようになったら、フルスクラッチで構築する提案をしました。

もちろん、ベイスはクライアント自身で作成をお願いしています。

デザイン案について

当社は、ぱっと見のウェブデザイン作成は、それほど上手くありません。

ただ、ユーザーニーズへの最適化には力を入れています。

もちろん、クライアントにも説明をした上で、ご発注をいただいていて、ユーザーニーズに最適化したウェブデザイン作成をご提案しました。

記事タイトルタグを決定

ホームページ制作中に記事タイトルをしっかりと定めました。

実際に、トップページで上位表示キーワードを定めてみたところ、ライバルサイトのウェブページ数を見ると、1,000を超える平均値になっていました。

そのため、これは上位表示はできないという話をして、下層ページを作成し、そのページ自体を上位表示する戦略策定をしています。

ただ、実際に、今回の案件は、1日でも早く売上を上げるべき案件です。

そのため、エクセルで1行1ページとして、それぞれのウェブページで上位表示キーワードを大量に書いていただきました。

実際に作成したSEOキーワードの行数は500を超えていたと思います。

この作業を大体半月位で行っていただき、さらに次は、それぞれのSEOキーワードを文章化する作業を行っていただきました。

そして、さらに半月が経過して、1ヶ月で、約500ページのタイトルタグを定めています。

ホームページ制作中から原稿作成

アパレル会社のブログにはふさわしくありませんが、ブログコンテンツの原稿作成において、画像は一切利用していません。

その理由は、画像作成は意外と時間がかかるからです。

その時間を使って、ウェブページを作成したほうがSEO効果を出せると判断をして、とにかくウェブページ作成を行っていただきました。

アパレルショップのホームページ制作は、大体ですが2ヶ月くらいでしたので、1ヶ月間で50ページほどを作成して頂いています。

被リンク対策とグーグルとビングツールを実装

公開後に最初に行った作業は、グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクス、ビングウェブマスターツール、ヒートマップのクラリティの実装です。

そして基本的な初期設定を行ったうえで、クライアントへ管理画面を引き渡しました。

グーグルサーチコンソールとビングウェブマスターツールでは、URL検査とXMLサイトマップ送信を行っています。

これらのツールを実装した後、当社が把握している国が運営するホームページへ登録を行い、最低限の被リンク本数を稼ぎました。

これにより、どれくらいSEO効果が増えるかは不明ですが、行っていないよりも確実にSEO効果を出せると思います。

アパレルショップのサイト運営法

公開後にアパレルショップが行ったサイト運営法をご紹介します。

日々サイト運営

基本的に行うことは、毎日新規ページ作成を行うことです。

実際に、サイト更新業務時間を確認すると、1日あたり6時間は行っていると言われていました。

その言葉に嘘はなさそうで、多い日で1日に5記事ほどが公開されていました。

現在は、売上をそこそこあり、更新作業量は減らしていますが、それでも現在でも1日1ページ作成は行っています。

実際に初めて商品が売れたのが、ホームページを制作して、3ヶ月後になっていて、当時はメインで狙うキーワードは、100位以下になっていました。

ただ、画像と内部リンクは0でありましたが、当社が用意した記事作成マニュアルに則って、本当に多くのウェブページ数を作成し続けていました。

SEOのライバル企業調査

定期的にSEOのライバルサイト調査を行っていただきました。

その理由は、ブログ更新ネタ探しです。

SEOキーワードは変えずに、自分で作成したタイトルタグのテキストをライバルサイトを見て、参考にリライトをしています。

この作業がどれくらいの効果を生み出しているかは不明ですが、それほど時間もかからない作業であり、定期的な実施をしていただきました。

同業他社に被リンクのお願い

最後に、アパレルショップを経営していて、同業他社あるいは仕入れ元などでホームページを制作されている場合は、そこから被リンクをお願いしていただきました。

実際に、顔の広い方で、多くの企業や個人事業主サイトから被リンクを獲得しています。

今回の案件は、記事作成もすごい量ではありますが、それよりも当社が見たことがないくらい、大量に被リンクを獲得しています。

そしてその被リンクはすべてファッション関係からになっている点、さらには商売目的であり、しっかりと作り込まれたホームページです。

この効果もかなり出かかったのではないかと思っています。

アパレルショップがホームページを制作した成果

実際に、公開して1年以上経過している案件ですが、その効果は非常に高いと言わざるを得ません。

現在ではすでにシングルページではなく、自社でフルスクラッチでショッピングカートシステムを構築していたり、管理画面から商品詳細ページを作成しています。

ただ、1人目の雇用はウェブマスターでお願いしているのですが、まだ雇用はできていませんが、あと少し売上が上がれば、雇用して頂けるそうです。

そしてウェブマスターを雇用して頂ければ、現在原稿だけのブログに、画像などをどんどん追加したりできればと思っています。

今回の成功要因は、アパレルショップがとにかく当社を信じていただき、毎日できるだけ多くのウェブページ作成を行ってくれたという点です。

さらには、同業他社から大量な被リンクを獲得できたのもかなり多かったです。

ホームページを制作して成果を出せない企業の多くが、努力量が足りないケースです。

実際にあるのですが、当社がホームページを制作して、1ヶ月後に、30ページを作ったんだけど、一切問い合わせがないと言われるケースがあります。

そうならないために、目標数到達と品質の大切さもお伝えしていて、品質もですが、目標数に到達しなければ、絶対に上位のランキングになることはありません。

SEOは魔法でも何でもなく日々の努力量が最も大切です。

これらを実行できたアパレルショップは、成功して当たり前であったと考えています。

アパレルショップのホームページ制作でよくある質問

アパレルショップのホームページ制作の話をすると、よくいただくご質問と回答をご紹介します。

1日6時間ブログ更新をすれば成果が出ますか?

正しいブログ更新をしていただければ、必ず成果が出ます。

ただ、正しくないと6時間しようが、10時間しようが検索順位は上がらないと思います。

実際に当社の経験で言えば、ある企業が1日7時間ブログ更新をして、まったく上がらなかったケースがあります。

そちらの会社は単純に、原稿量が少なく、低品質と認識されやすいウェブページ数を増やし続けていたのです。

制作と運営費でいくらかかりましたか?

今回制作したアパレルショップのホームページは、シングルページとブログだけになっています。

お問い合わせフォームもなく、大体として、初期費用で50万円くらい、月額はサーバーとドメイン費用です。

ただ、サーバーとドメイン費用は、直接エックスサーバーへお申し込みいただいていて、当社へは支払いが発生していません。

もちろん、成果が出た後は、コンテンツ追加などを行って、予算が発生していますが、ランニングコストにはならず、運営費用に含んでいません。

これまでの予算で言うと、一般的なホームページ制作より、小出しでコンテンツ追加をしていて、単価で見れば高いです。

ただ、成果に応じてコンテンツを追加や変更していて、初期投資としては非常にリスクが少ない案件になっていました。

実際のSEO効果は?

実際にどれくらいSEO効果が出ているかですが、メインキーワードはまだまだ低くなっています。

ただ、下層ページでの集客に成功していて、さらには入口ページでニーズが違うと思ったユーザーを適切に別ページへ内部リンクで誘導できています。

そのため、検索からの訪問者数は月間で3,000人程度ですが、成果率、すなわちコンバージョンレートは比較的高い部類に入ると思います。

ただ、今後は、SEOだけに固執せずにもう少し売上が向上すればウェブマスターを雇用いただき、その他の集客サポートも行いたいと考えています。

TOP