セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.08.25

記事校正のチェックリスト!ホームページのミスをなくして成果を出す

ホームページの内容は、ブランドやビジネスの顔。特にホームページ制作時における記事作成は、その価値を伝える必須のステップです。しかし、ただ記事を作成するだけでは不十分。重要なのは、その「校正」。確かに、記事の品質を保証し、読者からの信頼を勝ち取るために、校正は欠かせない工程となります。

想像してみてください。ホームページを訪れ、文字のミスや誤った情報に気づいた時の違和感。その違和感は、ホームページの信頼性を大きく損なう要因となり得ます。このページでは、ホームページの成功と信頼性を高めるための「記事校正のチェックリスト」を紹介します。正確な校正を通じて、ユーザーに質の高い情報を提供し、ホームページ制作の成果を最大化しましょう。

記事の校正とは

「校正」という言葉を耳にすることは多いかもしれませんが、その重要性や具体的な内容については明確に理解している人は少ないかもしれません。ホームページ制作における文章コンテンツは、ブランドの信頼性や情報の正確性を伝えるための極めて重要な要素です。そのため、ホームページ上のテキストが正確であり、質の高いものであることは必須です。この校正作業の核心を理解することで、より品質の高いホームページ制作が可能となります。

校正は、文字や文法だけでなく、全体的なコンテンツの質を高めるための作業でもあります。最も基本的な「文字校正」では、スペルミスや誤字脱字、文法のミスを修正します。これは、ホームページ制作の最終段階で行われる作業として一般的です。一方、「色校正」は主に印刷物で用いられる方法で、画像やデザインの色が正確に表現されているかをチェックします。

また、校正には「内容そのものの確認」も含まれます。これは「校閲」として知られる作業であり、内容が事実に基づいているか、情報が正確であるかを確認するものです。例えば、ホームページ制作における業界のデータや統計を掲載する際、その数字が正確で最新のものであるかを確認することは極めて重要です。

最後に、ホームページ制作の際、特にオウンドメディアでは、事実確認やファクトチェックの実施は必須と言えます。読者に正確な情報を提供することで、ブランドの信頼性を高め、長期的な顧客関係を築くことができるのです。

記事の校正を行うメリット

ホームページ制作の際に最も重視すべき要素の一つが、コンテンツの質です。その中でも、記事の校正は非常に重要なプロセスとして位置づけられます。この重要性を理解することで、制作するホームページが持つ信頼性や誠実性を高めることができます。では、記事の校正を行う際の具体的なメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

信頼性の確保
一度公開した情報が間違っている場合、それを見たユーザーの信頼は大きく失われることとなります。特に、ホームページ制作に関連するビジネスの情報や連絡先などの基本的な情報が誤っていると、その企業やブランドの信頼性を疑われることになるでしょう。

ユーザーエクスペリエンスの向上
文章にミスがあると、それを読むユーザーの読解の負担が増します。また、情報の間違いや文法のミスは、ユーザーに不快感を与える可能性があります。適切に校正を行うことで、ユーザーがストレスなく情報を得ることができるようになります。

SEOの観点からのメリット
記事の内容や文法の質が高いと、それがSEOの評価にも寄与します。また、信頼性の高い情報を提供しているホームページは、ユーザーからの再訪問や共有が増える可能性があり、それが結果としてSEOにも良い影響を与えることとなります。

ブランドイメージの維持・向上
適切に校正されたコンテンツは、プロフェッショナリズムを感じさせます。逆に、ミスが多いと素人っぽく感じられ、ブランドのイメージダウンにつながる恐れがあります。

総じて、ホームページ制作の際は、記事の校正を適切に行うことで、多くのメリットを享受することができます。正確かつ質の高い情報提供は、ホームページの成功に直結する要因と言えるでしょう。

記事校正のチェックリスト

誤字・脱字

ホームページ制作の過程で最も注意を要するのが、テキスト内容の正確性です。特に誤字・脱字は、サイトの信頼性を低下させる主要な要因となりえます。

誤字は、不適切な文字が使用されている場合を指し、脱字は、文章中から欠落している文字や言葉を指します。これらのミスは、読者に対して不信感や混乱を生むだけでなく、ホームページのSEO評価にも影響を及ぼす可能性があります。

特に、コンピュータを用いた文章の入力では、自動変換機能が原因で、意図しない漢字への変換が行われることがあります。このような場面でのミスは、作成者が意図的に誤った情報を入力したわけではないものの、注意深く校正を行う必要があります。

また、ホームページ制作において、誤字・脱字の校正は、単なるテキストのチェック以上の意味を持ちます。それは、制作されるページの品質を担保するための重要なステップとして、ユーザーの信頼を獲得するための基本となるからです。

校正作業を担当する者は、ただミスを見つけるだけでなく、その背景にある意味や文脈も理解し、正確な知識と経験を持って取り組むべきです。ホームページのテキストは、そのサイトの顔とも言えるもの。品質を確保するための誤字・脱字チェックは、制作過程の中でも欠かせない工程と言えるでしょう。

表記の揺れ

ホームページ制作の際、テキストのクオリティは非常に重要です。その中でも、「表記揺れ」は、多くの制作者が取り組む重要なチェックポイントの一つです。

表記揺れとは、同一のホームページ内で異なる表記を用いてしまうことを指します。このようなミスは、ユーザーが情報を収集する際の混乱や、企業やサイトのブランドイメージの低下を引き起こす可能性があります。

例として、ある言葉を異なる言い回しで繰り返して使用する場合や、特定の用語の正式な表記と略称を混在させる場合などが考えられます。これらのミスは、誤字のような明確な間違いではないため、見逃されやすいのが特徴です。

さらに、一部の用語には、具体的な意味の違いが存在することも。正社員を指す「社員」と、正社員だけでなく非正規社員も含む「従業員」のような言葉は、使い方を間違えると読者に誤った情報を伝えてしまう恐れがあります。

ホームページの制作時には、こうした表記揺れを事前にチェックするツールを活用することがおすすめです。例えば、一部の文書作成ソフトには、スペルチェック機能を使用して表記の統一性を確認することができます。

また、ホームページ制作に携わるライターや編集者は、事前に表記のルールを明確にし、それを基に一貫性を持って文章を作成することが重要です。表記ルールを明文化し、参照できる形で共有することで、制作過程をよりスムーズにし、ユーザーにとっての信頼性も高めることができるでしょう。

文体の統一

ホームページ制作において、視覚的なデザインだけでなく、テキストの質も極めて重要です。その中でしばしば見逃されるのが「文体の統一」。この点を適切にマネジメントすることで、ホームページの品質を更に向上させることができます。

文体の統一が必要な理由は明確です。それは、読者が一貫した文体で書かれた記事を読むことで、スムーズに情報を取得できるからです。例えば、同じホームページ内で「である」調と「ですます」調が混在すると、読者はその違和感に気が取られ、メッセージの伝達が損なわれる可能性が高まります。

特にホームページ制作のプロジェクトでは、多くのライターが関わることが少なくありません。異なる背景や経験を持つライターが同一のホームページのコンテンツを担当する際、その文体がバラバラになりがちです。このような場合、事前に文体のガイドラインを設定しておくことが望ましいでしょう。

もちろん、ホームページにおいてライターの個性を活かすスペースも重要です。そのため、記名のコラムやブログ記事など、ライターの個性が求められる場面では、その文体に柔軟性を持たせることも考慮すべきです。ただ、その際も記事内での文体の統一は欠かせません。

結論として、ホームページ制作におけるテキストの品質向上のためには、文体の統一が不可欠です。これにより、訪問者はより快適な読み心地を体験し、ホームページの成果も大きく向上するでしょう。

一行の長さ

ホームページ制作において、内容だけでなく、その表示形式も非常に重要です。特に、記事の一行の長さは、読者の読みやすさや理解のしやすさに直接影響します。ホームページの成果を向上させるためには、この部分の最適化も欠かせません。

一行が過度に長いと、読者の視線の移動が大きくなり、文章の流れが途切れやすくなります。これにより、読者は内容の理解が難しくなり、メッセージが伝わりにくくなるのです。一般的に、スクリーン上での一行の文字数は50〜75文字が理想的とされています。この範囲を基本に、ホームページ制作時に一行の長さを調整すると良いでしょう。

また、「一文一意」の原則を取り入れることで、句読点を効果的に使用し、文章のリズムを整えることができます。これにより、読者は文章の中の主要なポイントや意図を瞬時に捉えることが可能になります。

ホームページに掲載するコンテンツは、単に情報を提供するだけでなく、その情報を如何に効果的に伝えるかが鍵となります。一行の長さの最適化は、そのためのシンプルながらも強力な手段と言えるでしょう。

結論として、ホームページ制作の際、文章の質とともに一行の長さにも注目し、ユーザーの読みやすさを追求することで、より多くの訪問者に情報を効果的に伝えることができます。

冗長表現

ホームページ制作の中で、文章の質はユーザーエンゲージメントを向上させるための鍵となります。そして、質の高い文章は簡潔さが求められます。冗長表現は、情報伝達の効率性を低下させ、ユーザーの注意を散らす要因となり得るのです。

冗長表現の典型的な例として、「~することができます」という言い回しが挙げられます。これは「~できます」と短縮しても、意味は変わらず、読者にとっても分かりやすい文章になります。ただし、ホームページ制作において、文脈やニュアンスに応じて柔軟な修正が必要になる場面も考えられます。

例えば、一つのセクションで機能の紹介をしている場合、「Aの機能でXを行うことができ、さらにBの機能を利用することもできます」というように、重ねる表現が情報の追加や強調を意味する場面があります。

しかし、一般的には、文章は簡潔に、そして直接的に情報を伝える方が、ユーザーにとって読みやすくなります。ホームページにおけるコンテンツの効果的な伝達のため、冗長な表現を見直し、簡潔で明瞭な文章を心掛けることが必要です。

結論として、ホームページ制作の際には、情報の伝達効率と読みやすさを最優先し、冗長表現の削除や修正を適切に行うことで、ユーザーとのコミュニケーションを更に深化させることができるでしょう。

使ってはいけない表現

ホームページ制作において、適切な表現を用いることは極めて重要です。これは、企業のブランドイメージや信頼性を損なわないため、またユーザーの不快感を避けるためです。さらに、SEOの観点からも、信頼性が高いサイトは検索エンジンからの評価も高まります。

差別的な表現や不快感を与える可能性のある言葉は避ける必要があります。例として「片手落ち」や「子供」という言葉が挙げられます。これらの言葉がもともとどのような背景や意味合いを持っているかを知ることは、ホームページ制作の際にも大変役立ちます。

特に、現代のユーザーは情報に敏感で、差別的な表現や微妙なニュアンスにも敏感に反応します。そのため、記事を制作する際には、様々な背景や文化、価値観を持つユーザーにとって、どのように受け取られるかを意識することが必要です。

また、差別表現だけでなく、法律で定められている使ってはいけない表現にも注意が必要です。特に医療や健康、食品関連のホームページ制作を行う場合、厚生労働省などの公的機関が出しているガイドラインを参考にし、適切な表現を心掛けることが大切です。例えば、「この薬で絶対に痩せます!」のような表現は、具体的な根拠がない限り、使用を避けるべきです。

ホームページ制作に際して、記事の内容だけでなく、使用する言葉にも注意を払うことで、ユーザーに信頼感を持たせ、より良いユーザーエクスペリエンスを提供することができるでしょう。

ファクトチェック

ホームページ制作時の記事の整合性は、ユーザーの信頼性やサイトのプロフェッショナリズムを保つために絶対に欠かせない要素です。整合性のないコンテンツは、訪問者に混乱や疑問を生じさせ、その結果、ホームページから離脱してしまうリスクが高まります。

記事の中で矛盾する情報があると、ユーザーはそのサイトの信頼性を疑う可能性があります。例えば、初めに「ホームページ制作においてSEOは欠かせない」と述べておきながら、後半で「SEOはそこまで重要ではない」という内容になっていたら、読者はどちらの情報を信じればよいのか混乱します。

また、細部のミス、たとえば見出しで「7つのポイント」と紹介しているのに、実際には3つしかリストアップされていないというケースも、ユーザーの混乱を招く要因となります。このようなミスは、ユーザーに「このホームページは十分に校正されていないのでは?」と感じさせる恐れがあります。

ホームページ制作において、一貫性と整合性を持ったコンテンツの提供は必須です。全体の流れや情報の整合性を確認することで、ユーザーに安心感を提供し、サイトの品質を高めることができます。ホームページの制作やリライト作業を進める際には、文章の中の情報が一致しているか、誤解を生むような表現がないかを常にチェックしましょう。

無料のホームページ原稿校正ツール3選

実際に、当社がホームページ制作後にクライアントにお伝えする機会が多い無料の原稿校正ツールをご紹介します。

今回ご紹介するのは、3つになっています。

実際に、多数のツールを利用する意味がないと思われますので、当社でおすすめするツールに絞ったご紹介をいたします。

文章校正と表記ゆれチェックツール

言葉の揺らぎを発見できるグーグルクロームのプラグイン文章校正と表記ゆれチェックツールです。

お申し込みと記載するのか、お申込みと記載するのかを自分で設定ができ、間違えている箇所が表示されるようになっています。

表記は統一していたほうが、文章が綺麗に見え、文章校正と表記ゆれチェックツールを利用して、きれいなホームページへと修正が可能です。

ただ、ホームページ制作後にクライアントに提案をするにしても、優先順位は低いツールとして提案をしています。

しかし、優先順位が低いと言っても、よりホームページを見たユーザーが違和感を感じないようにも、ぜひとも利用しておきたいツールであると言えます。

Enno

Ennoは、校正前後の文章が横並びになっていて、非常に見やすいイメージがあります。

間違えている箇所は、四角で囲われ、すぐにどこが間違えているかを確認可能です。

さらに、その四角の上にマウスを持ってくると、具体的な補足説明がされ、簡単なミスであれば、不要ですが、複雑な文章の場合は非常に重宝します。

単純な入力ミスから、複雑なものまで、さまざまな校正を行ってくれ、意外な発見ができる可能性があります。

テキスト処理ツールso-zou

so-zouは、Yahoo!APIを利用して、最大10,000文字の原稿を校正することが可能です。

誤字や脱字だけではなく、不適切な言葉や、隠語などもチェックが可能です。

さらには、外国の地名、固有名詞、人名、用語の言い換えや略語などもチェックができ、多くの問題点をピックアップすることが可能です。

チェック後の結果をウェブブラウザで分かりやすく表示してくれ、おすすめのツールになっています。

まとめ

ホームページ制作における記事のクオリティは、訪問者にプロフェッショナルな印象を与えるだけでなく、SEOにも大きく関わってきます。そのため、記事の校正作業は非常に重要なステップとなります。特に、多くの訪問者を引き寄せるためのキーワードを適切に配置し、かつ自然な文章として成立させる必要があります。

今回ご紹介したトリプルチェックは、そのような高品質なホームページ制作をサポートするための方法の一つです。まず、ライターによる原稿の執筆が行われます。続いて、編集者が記事の内容や構成に問題がないかを見直し、次にデスクがより詳細なチェックを行い、さらに厳密な視点で誤字・脱字や文法的な誤りを指摘します。最後に、校正士が最終確認を行い、全体の統一感や読みやすさを最大限に高めます。

このような厳格な校正作業を経て、ホームページ制作会社として提供するコンテンツは、読者の信頼を得られるものとなります。また、高品質な内容は検索エンジンからの評価も上がり、SEO対策にも寄与します。ホームページ制作に関わるすべてのステークホルダーにとって、このような徹底したチェック体制は必要不可欠です。ユーザー目線での情報提供を心がけることで、訪問者の満足度を高めることができるのです。