セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.10.10

BtoCのホームページは短時間で魅力を伝える

BtoCのホームページは、訪問者に短時間で商品やサービスの魅力を伝えることが大切です。

昨今、ユーザーがインターネットにアクセスする媒体として、スマートフォンを活用することが一般的になったため、パソコンのように長時間ホームページのコンテンツを見てくれる想定ではいけません。

そのため、BtoCのホームページでは、デザインやサイト構成、文章、画像などを使い、訪問者ができる限り短い時間で、商品やサービスの魅力を理解できることが大切です。

当ページでは、BtoCのホームページが短時間で魅力を伝える重要性や、どのようにして短時間で魅力を伝えれば良いかについて紹介します。

BtoCのホームページが短時間で魅力を伝える重要性

スマートフォンユーザー数の向上

BtoCのホームページの訪問者が利用している媒体は、パソコンの割合が低く、スマートフォンの割合が高くなり続けています。

ユーザーは、パソコンのように大きなモニターでホームページを閲覧しているのではなく、スマートフォンの小さなモニターでホームページを閲覧しているので、長時間の閲覧には向いていません。

長時間の閲覧を想定したコンテンツでは、商品やサービスの魅力を打ち出した優れたコンテンツを作成していたとしても、最後まで読んでもらえないので、魅力をユーザーに伝えきることはできません。

ユーザーの閲覧媒体になるスマートフォンを意識して短時間で魅力を伝えることができるコンテンツを作成することで、ユーザーは、効率よく情報収集が可能になり、期待以上の成果を実現することができるのです。

ユーザーには選択肢が多い

一般的に、BtoCの見込み顧客は、多くの営業を受けています。

すなわち、1つの事柄について調べている場合でも、多くのライバル企業が存在している可能性が高く、ライバルたちの中からユーザーに選ばれなくてはならないのです。

そういった状況の中、長々と文章を読んでくれることを想定したホームページを制作してしまうと、ユーザーがすべての文章を読んでくれることはないので、ライバルサイトに負けてしまい、まったく成果が出ないホームページとなってしまいます。

そのため、BtoCのホームページを制作する際には、ユーザーは多くの選択肢があることを理解して、短時間で魅力を伝えることを意識することが重要になります。

BtoCのホームページが行うべき短時間で魅力を伝える方法

写真をふんだんに使う

BtoCのホームページが短時間で訪問者に魅力を伝えるためには、テキストで紹介するのではなく、商品やサービスの写真をふんだんに利用して、イメージで理解してもらうことを意識しましょう。

例えば、ハンバーガーを販売しているホームページであれば、訪問者が食べているシーンを想起できるハンバーガーの写真を使い、美味しそうだし食べてみたいと思わせることが大切です。

もちろん、成分やアレルギーなどに関する情報はテキスト化しなくてはなりませんが、ハンバーガーの写真で購入を決定させることによって、短時間で成果の出るホームページを制作することが可能です。

直感性が高いホームページを意識する

BtoCのホームページでは直感性を意識することが大切です。

例えば、各ページでユーザーが知りたい情報に優先順位をつけて、優先順位が高いコンテンツのみを表示させ、優先順位が低いコンテンツは、クリックで展開するコンテンツとしたり、読み物系コンテンツで補足説明のページを作成して、内部リンクを使って訪問者を誘導します。

このように、デフォルトで表示されるコンテンツを重要なポイントだけに絞ることによって、訪問者は短時間で効率よく重要なポイントだけを確認することが可能になるので、直感性の高いホームページとすることが可能です。

まとめ

BtoCのホームページが短時間で魅力を伝える重要性や対策法を紹介しました。

BtoCのターゲットは、スマートフォンからの閲覧が多いことや、ライバル企業数が多いことから、見込み顧客に対して、効率の良い情報収集が行える仕組みづくりが重要です。

BtoCで、これからホームページを制作する方の参考になれば幸いです。