HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

共起語とは?ホームページのSEOと成約効果を高める利用法

共起語とは?ホームページのSEOと成約効果を高める利用法

共起語とは、特定キーワードと一緒に利用される回数が多いキーワードになります。

ユーザーが知りたいキーワードに対して、セットで知りたいであろう、あるいは競合他社が打ち出しているキーワードを含めれば、関連性や詳しさが向上しSEOと成約効果が高まります。

これらを含める作業は、結構大変な労力が伴い、当社はホームページ制作後には提案せず、サイト運営中に思い通りSEOや成約効果が出なかったら提案をしています。

共起語とは

共起語とは

共起語とは、あるキーワードと同一ページで利用されるケースが多いキーワードを言います。

例えば、ホームページ制作であれば、サイトやWeb、実績、デザイン、SEOなどになります。

このように、一緒に利用されるケースが多いキーワードを知れば、上位表示がしやすいと言えます。

と言うのも、検索エンジンは、グーグルが発言した内容から、検索意図を理解して、ページ作成を重要視しています。

そのため、先述しているホームページ制作で上位表示したいページがある場合は、そのページで共起語をバランス良く利用すれば、検索意図を満たす可能性が高くなります。

もちろん、グーグル自体が共起語を使った方が良いという発言はしていません。

ただ、検索意図を考えて、満たせるようなページを作成する方が良いと発言をしています。

そのため、適切に使えば、SEO効果を発揮しやすくなります。

もちろん成約についても同様で、ユーザーが気になるであろう単語をセットで利用すれば、その分ユーザーの理解度が高まり、成果を得れる可能性があります。

ただ、利用した原稿作成を行う作業は非常に手間がかかる作業です。

そのため、ホームページ制作でSEOは提案していますが、公開当初は、クライアントに共起語は提案していません。

ホームページ制作後に新規ページ作成を行い、もしSEO効果が出なかった場合に提案し、リライトを行っていくようにしています。

実際に、ホームページ制作経験で言えば、利用をしなくても、上位表示ができているケースは非常に多くあります。

共起語を利用したホームぺージの効果

共起語を利用したホームぺージの効果

実際に、ホームページ制作後のSEOで効果を出せず、共起語を利用した効果をご紹介いたします。

ユーザー目線

共起語を利用すれば、ユーザーが知りたい内容に答えやすくなっています。

例えば、上記事例で、ホームページ制作についてご紹介をします。

ホームページ制作には、さまざまなニーズが存在していて、調査をしていない場合は、【自分で】や【料金】、【業者】、【デザイン】など、さまざまなニーズが想像できます。

自分の想像だけで、記事を書いていくとなると、その数が多すぎ、ユーザーニーズを満たす文章を書く作業は本当に大変です。

そこで共起語ツールがあれば、ライバルサイトがセットで利用している単語が分かり、効果的な文章作成が分かりやすくなります。

もちろん、ホームページ制作時には、企業として発信すべき情報を打ち出すことも大切です。

ただ、どうせページを作成作業を行う必要があるとすれば、ユーザーの知りたいに応えていたほうが、成約率は高まり、ユーザー目線で検討したときには大きなメリットになります。

SEO

グーグルは、検索意図を満たしているウェブページを高く評価していると発言しています。

そのため、御社が狙うキーワードで上位表示しているウェブページが、グーグルが考える検索意図を見たいしてるウェブページであると想定ができます。

もちろん、検索順位が高い理由は、さまざまありますが、恐らく共起語を適切に含めるのも重要要素です。

先述もしている通り、共起語はユーザーが知りたいであろう情報になっています。

もちろん、単に単語だけを入れるではなく、ユーザー目線になる文章作成は必要ですが、それさえ満たしていれば、必ず検索順位を高める効果があります。

実際に、ある企業さまで、ホームページ制作時に、日記的なブログになるビジネス日記を公開していただきました。

当初は半年たっても、一向に検索順位が高まりませんでしたが、共起語を意識し始めれば、まず下層ページで少しずつ検索順位が高まり始めました。

そして、対策を行い続ければ、トップページも1年後には10位以内にランクインしていて、確かなSEO効果があると思われます。

もちろん、ホームページ制作中や直後からは不要だと思いますが、もし新規記事を作成したりリライトしているけれども検索順位が上がらないという場合は効果的な施策になります。

共起語調査ツール

共起語調査ツール

共起語を手作業で探す作業は本当に大変です。

そのため、できる限りツールを利用した方がよく、そのツールとして当社が提案する機会が多くあるのが、無料になる共起語検索ツールです。

他にもいくつかツールはリリースされていますが、他ツールは会員登録が必要だったりし、クライアントにはなかなか受け入れられないケースが多いです。

しかし、共起語検索ツールであれば、無料はもちろん、インストールも会員登録も不要になり、手軽に調査をしていただけています。

また、もう少し詳しく知りたいと言われた場合は、ラッコキーワードが提供する共起語取得ツールを提案しています。

こちらは上位20サイトで取得してくれ、作成するウェブページで上位表示を狙うキーワードを定めれば、どんな文章を作成すれば良いかが明確になります。

多くのSEOに関連する企業が、さまざまなツールを提供しています。

もちろん上記以外も優れたツールは多くあると思われ、最終判断は、自社が本当に利用しやすいツールであることが大切です。

ホームページ制作時の共起語の扱い

ホームページ制作時の共起語の扱い

ホームページ制作後にSEOを行われるのであれば、共起語の存在だけでもしっかりと把握しておきましょう。

ただ、公開直後から利用する必要はなく、SEO作業を半年や1年行ってみたけど、検索順位が上がらない場合に利用すると効果的であると思います。

と言うのも、定められた単語を使って、自社の考え方を打ち出すのは、地味に手間がかかる面倒な作業です。

そのため、当初は、とにかくタイトルに対して、過不足なく詳しい情報を掲載することに全力で取り組むのが良いでしょう。

当社がホームページを制作後にSEOサポートを行ってきた経験で言うと、これだけで99%程度のクライアントサイトで検索順位は高まっています。

ただし、上位表示を狙うキーワード難易度が高い、すなわちビッグワードであればあるほど、これだけではなかなか上がらないケースもあります。

そういった場合のみ、リライト時にツールを利用するのがベストであると思われます。

そしてツールを利用して、明確に共起語を知れば、本当にユーザー目線でありSEO効果もあるウェブページ作成が可能になります。

共起語FAQ

共起語FAQ

当社がホームページ制作後に共起語を提案した際に、ご質問をいただくFAQをご紹介します。

共起語って何?

共起語とは、他のホームページが一緒になって利用しているキーワードを言います。

ツールを使えば、例えば、【ホームページ制作】で上位に成功したホームページが【ホームページ制作】と一緒に利用している単語が表示されます。

そして、これらの単語は、ユーザーの検索意図を満たすために利用されているケースが多く、成約率向上に非常に役立つものになっています。

さらには、昨今グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなど、主要な検索エンジンは、検索意図を意識しています。

そのため、上位表示サイトが利用している共起語を参考にすれば、検索意図を満たせる可能性が一気に高まります。

ただし、ホームページ制作直後は不要です。

それは、調べるだけであれば、上記ツールで簡単に調べれますが、本文を書くのが非常に手間になってしまうからです。

よほど難易度が高いビッグワードは別ですが、そこまで難易度が高くないSEOキーワードの場合は、ツールに頼らず、まずはタイトルタグに対して詳しい原稿作成を行いましょう。

そして順位が上がらなかった、あるいは成約率が低いウェブページにのみ、共起語調査ツールを利用して調べることで効率的な作業が行えるようになります。

利用すれば検索順位と成約率は必ず高まる?

必ずとは言い切れません。

ただ先述している通り、当社ホームページ制作実績では、検索順位が上がった経験があります。

SEOで見たときには、どれくらい効果があるかと言われれば、恐らくある程度です。

と言うのも、検索エンジンの中で、SEOについて唯一話してくれるのがグーグルになっているのですが、そのグーグルですら共起語と言う単語を利用していません。

グーグルは、検索意図を満たすことが大切であると発言しています。

さらには、成約率で言えば、ユーザーの検索意図は、千差万別であり、ツールで調べただけで分かるようであれば、どの企業ウェブマスターも苦労しません。

そのため、検索順位や成約率が上がる可能性が高い対策であると認識しておく必要があります。

ツール以外で効率的な方法はない?

調べる方法としてはですが、ツールではなく、目視で確認でも良いでしょう。

例えば、御社が上位表示を狙うキーワードで検索をして見て、1から10位までのホームページをチェックします。

そして、該当ページを閲覧してみて、よく利用されているような単語や、目につく単語があれば、それが重要キーワードである可能性が高いです。

ツールで分かるのは、出現頻度になっているので、それぞれのウェブマスターが目立たせたいと考えている単語までは調べれません。

そのため、ツールを利用せずに、目視で確認するのも効果を出せる可能性が十分にあります。

ただ、原稿だけは、自分で作成しないといけなく、もし自分で原稿作成が厳しい場合は、外注するという手法しかありません。

ソーシャルメディアでも必要?

ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、リンクトイン、グーグルビジネスプロフィールなど、ソーシャルメディア投稿では共起語は不要です。

あくまで当社感覚ですが、ソーシャルメディアにおける投稿は、SEOやホームページの成約率よりも、かなり難易度が高いと思われます。

投稿する内容以外にも、過去の投稿なども影響を与えるものになっていて、共起語を調べるよりも、ユーザー目線で投稿が重要になっています。

あくまでホームページ側の話で、ソーシャルメディアやリスティング、ユーチューブ広告などでは不要になっています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP