セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.12.15

成果の出るホームページは制作して終わりではないので制作中に準備を行う

ホームページから成果を出すには、制作して終わりではなく、運営が必要になります。

サイト運営は、がむしゃらに行うのではなく、早く確実に成果を出すには、制作中から効果的な運営を行うための準備が必要です。

当ページでは、成果が出るホームページとするために、制作中から考えておきたい準備を紹介します。

制作中に行いたい成果が出るホームページとするための準備内容

サイト運営で何を行うかを再検討

サイト運営する目的は、成果を高めるためになります。

例えば、集客対策なら新規ページ作成が必要で、成約対策ならアクセス解析の活用が必要です。

Web制作会社は、お客さまのニーズに合わせて、集客と成約対策で具体的に運営の中で何を行うべきかを提案していると思いますが、冷静に自分自身で、サイト運営で行うべき対策法を検討し直しましょう。

Web制作会社のプレゼンテーションが上手いと、それしか正解がないと感じてしまうことがあります。

しかし、プレゼン段階では、Web制作会社もお客さまのことを100%理解し切れていないので、さらに最適なサイト運営法が見つかる可能性があります。

最適なサイト運営法が見つかったら、Web制作会社に、理由と内容を伝えることで、適切なアドバイスをもらうことが可能です。

具体的な運営スケジュールを立てる

ホームページを制作して終わりにならないためにも、運営スケジュールを策定することが大切です。

上記でサイト運営で行うべき内容が明確なので、どの作業をどんな計画で実行し続けるのかを考えたスケジュールを作成しましょう。

運営スケジュールでは、作業量を増やそうとするあまり、毎日の運営ボリュームが実現不可能なくらい多くならないようにしなくてはなりません。

実現ができない運営スケジュールでは、何のために策定したのかが分からないので、自分が実現できる作業量で、代わりに10年でも20年でも継続し続けられることを意識しましょう。

更新システムを搭載したページの原稿作成を開始

当社では、集客対策でSEOを希望しているお客さまには、ホームページ制作中から更新システムを搭載したページの原稿作成をお願いしています。

理由は、ホームページのSEOでは、品質が重要と言われていますが、ボリュームが少なすぎると、どんなに良質なページばかりであったとしても、上位表示を実現することはできません。

これまでの制作実績で言うと、多くのホームページで、公開後に約150ページを作成した段階で、検索順位が急上昇して、多くの見込み顧客をサーチエンジンから集客しています。

150ページと言うと、月の営業日を22とすると、1日1ページ作成の場合、約7ヶ月間もの期間がかかってしまいます。

ホームページから成果を出したい方は、7ヶ月、売上0の状態で更新だけを続けていくことは精神的に厳しくなるので、ホームページ制作中に原稿作成を行っていただくことで、より早く成果を実現することが可能です。

制作実績のネットショップでは、作成期間になる4ヶ月を使って、スタッフブログの記事を120ページほど作成しました。

その結果、ネットショップを公開後にわずか5営業日で、一気にSEO効果を出すことに成功して、日の売上が10万円まで成長しました。

このようにホームページ制作中から原稿作成を行うことは、早く成果を出すために重要なので、少しでも早く成果を出したい場合は、取り組みべき対策の一つです。

SNSからの集客を狙う場合はアカウントを開設して運用を開始

ホームページの集客対策で、SNSを運用される方は、ホームページ制作時から、アカウントを開設して運用を開始しましょう。

SNSは、自社サイトへリンクを行ったとしても、nofollowが付与されているので検索順位が上がることはありません。

では、ホームページ制作中に何を行うかと言うと、業種に対しての有益な情報を投稿し、御社のビジネスに興味があるユーザーにフォローしてもらうことが大切です。

そのためには、投稿内容も重要ですが、御社のビジネスに関係する情報に興味があるアカウントを見つければフォローしたり、良い投稿を見つければいいねやシェアを行いましょう。

そうしていくと、御社のSNSアカウントは、その業界に対して詳しい情報発信を行っているとユーザーから認知されるようになり、多くのフォロワーを獲得することが可能です。

フォロワーが多くなれば、SNS上でのダイレクトメッセージでの相談を獲得できたり、ホームページ制作が終わったあと、投稿内容と関連するページのリンクを投稿すれば、多くの見込み顧客をホームページに集客することが可能です。

SNSユーザーの成約率は高い傾向が見られるので、適切な対策を継続していれば、成果に繋がる見込み顧客になるでしょう。

まとめ

成果の出るホームページとするための準備内容を紹介しました。

ホームページを制作するだけでは成果を出せず、公開後に継続した運営を行わなくてはなりません。

ただ、運営は闇雲に行っても、成果を発揮しないので、スケジュールの策定や原稿作成の準備などを行っておくことで、より早く確実にホームページから成果を出すことが可能です。