HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEOを実施したホームページ制作に終わりがない

SEOに強いホームページ制作に終わりはない

SEOを実施したホームページ制作が終われば、後は放置していても勝手にSEO効果が出て成果が出る訳ではありません。

基本的にはSEOに強いホームページを作ったとしても、実はサイト運営が必ず必要になるのです。

今回は、SEOに強いホームページ制作に終わりはないという点から、お客さまが実施する内容の考え方についてご紹介をいたします。

SEOに強いホームページ制作だけでは成功しない

SEOに強いホームページ制作とは、お客さまからすれば、それを依頼すれば検索順位が勝手に上がり問い合わせがあると思われてしまいがちです。

しかし残念ながらそのようなことはありません。

現在のSEOは、検索キーワードに対してもっとも詳しいことが求められているため、Webサイト制作会社が作ったページだけでは、上位表示ができないのです。

では、SEOに強いホームページ制作とは何になるのでしょうか。

それはクローラビリティーの高さと正しい情報をグーグルに伝えることができる点です。

クローラビリティー

クローラビリティーとは、ホームページ内の巡回効率のことを言います。

ここでは訪問者ではなく、どちらかと言うとクローラーと言う検索エンジンの情報収集プログラムを指します。

グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンはインターネットに公開されたホームページを手作業では探していません。

基本的にはリンクを使ったりグーグルサーチコンソールのXMLサイトマップで送信されたURLから新規サイトや新規ページを発見しています。

特に内部リンクにおいては重要なページからの内部リンクほどクローラーはそのページへと移動してくれます。

そして、その新規ページへの内部リンクがプログラム的に分かりづらい箇所に設置されていると、実はリンクをクリックしてそのページを見に行ってくれません。

これらの誘導を最適化することが大切で、その結果ホームページが検索キーワードとの関連性が増し、検索順位が高まるようになるのです。

正しい情報

次にSEOに強いホームページ制作では、タグを適切に利用します。

現在の検索エンジンは、タグの記述法が間違いまくっているホームページが上位表示しているケースがあります。

これは、検索エンジンが、間違えていることに気が付いて正しい情報としてデーターベースに格納してくれているためです。

そのため、確かにタグが間違えていても、検索エンジンが正しく認識してくれる努力をしてくれるので問題がない可能性もあります。

しかし、これはあくまで可能性の話です。

間違え方によっては、間違えた認識でデーターベースに格納されてしまい、その間違えた情報で検索順位が決定いたします。

これは非常にもったいない結果であると思われます。

せっかく苦労して作成したページにもかかわらず、もし通常よりも低い検索順位だったら苦労が水の泡です。

そのため、当社では苦労がそのまま結果に反映されることを意識して、正しいコーディングを実施するようにしています。

上記だけでは結果が出ない

Webサイト制作会社はこれらの対策を行ったSEOに最適化されたホームページを作ってくれます。

ただ、現在の検索エンジンは検索キーワードに対する詳しさも意識をしています。

そしてWebサイト制作会社が作ったページ数だけでは実は詳しさとしては不十分です。

当社が実際に調査をしたところ、一般的なページ数としては、150ページ程度が必要です。

そして多くが20ページ前後の作成になっているので、残りの130ページをお客さま自身で作成しなくてはなりません。

もちろん、130ページは成果が出るのではなく成果が出るための権利を得た状態であると理解が大切です。

もし目標に達しても成果が出ないときは、個々のコンテンツがライバルと比較をして低品質であるため検索順位が低くなっています。

そのため目標に到達した後は新規ページ作成とリライトを併用しなくてはなりません。

これらを行うことでホームページは本当にSEOで成功をして、お客さまの期待通りの見込み顧客を検索結果から集客できるのです。

日々の更新とリライトの重要性

目標値はあくまで目安であり、この目標に到達した後はとにかくリライトと新規ページ作成を継続することが大切です。

これは検索順位が期待通りであったとしても、まだ上位表示ができていなかったとしても同様です。

より詳しくすることで流入数が向上する

ユーザーのためのページ数を増やし続けることで、どんどん御社のホームページは下位のホームページと差がついて行きます。

そして当然御社より上位のホームページを追い抜けますし、さらには下位のホームページとの差が開くため、中長期的に上位表示が可能になるのです。

ライバルと僅差で満足される方は少ないと思います。

その理由は検索するタイミング次第では負けてしまう恐れがあるからです。

そのため、このような不安定な検索順位ではなく、どのタイミングで検索をしてもライバルを追い抜いていたほうが絶対に良い結果になってきます。

またさらにはリライトや新規ページ作成を行うことで流入キーワード数が増えていきます。

当然訪問者数も増えていますし、さらには新規ページに関連するページ数が増えれば、そのページの上位表示も可能になるのです。

現在のSEOにおいては、実は1つのキーワードで上位表示を実現してもほとんど効果は見られません。

複数のキーワードで上位表示して初めてその効果が出てくるのです。

そのため、これらをしっかりと意識して対策を継続し続けることが重要になるのです。

フレッシュネスの最適化

SEOにおいては、フレッシュネスと言われる更新頻度があります。

この効果は本当に弱いものになりますが、しかし高ければ高いほどその効果は大きくなっています。

実際に1年放置して検索順位が落ちないホームページも存在はしていますが、落ちるホームページもあります。

このようにしっかりとフレッシュネスを高めた状態にすることで、少なくとも検索順位が落ちないホームページへと成長するのです。

公開後は毎日少しずつをより長く

SEOに強い制作を行い、その後は毎日少しずつでも良いので、その作業を1年でも2年でも継続するようにしましょう。

現在の検索エンジンは関連性を非常に重要視しているため、新規ページを作ったりリライトを行わないと関連性が高まりません。

また、プラスして考えるべきはフレッシュネスになるので、結果として当社が行きついた答えが、日々は少しですが、その作業を長く実施することです。

これらは非常に効果が高く、ホームページ制作実績の会社さまの多くで成果を出すことに成功しています。

SEO効果を出したいと思われている方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP