セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.06.09

リスティング広告とは?ホームページから成果を出すために

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!Japanの検索結果ページに表示されるスポンサー広告枠のことを言い、1クリックあたりいくらの契約で出稿することができます。

リスティング広告は、ホームページの即効性のある集客対策として、高い効果を実現することができますが、闇雲に出稿しても成果を出すことができず、最低でも基本情報を抑えておく必要があります。

当ページでは、ホームページの即効性がある集客対策として、リスティング広告とは何かや、リスティング広告で成果を出すためのポイントを紹介します。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleとYahoo!Japanの検索結果に表示されるスポンサー広告枠に出稿することを言い、検索連動型広告と言われることもあります。

リスティング広告に出稿することで、SEOのように時間をかける必要がなく、広告を出したいキーワードを定めて出稿することで、すぐに検索結果ページに表示されるので、ホームページを公開直後からサーチエンジンからの集客を実現することが可能です。

ただし、広告になるので、予算が必要になっており、リスティング広告の予算は、月額いくらという計算ではなく、ワンクリックあたりいくらという計算になっています。

もちろん、広告予算を定める方法も用意されており、例えば、月の広告予算を10万円と定め、Google広告やYahoo!広告の管理画面から入金を行えば、その予算がなくなるまでは広告に出稿されて、予算がなくなれば、広告が表示されなくなります。

そのため、多少の誤差は発生していますが、自分が定めた予算以上に料金がかかるケースはないので、安心して利用することが可能です。

ただし、これまで多くのホームページにリスティング広告のサポートを提供してきた経験で言うと、昨今ではクリック単価が急増していて、月の予算が10万円以下の場合は、成果を発揮する前に予算を使い切ってしまうケースが多く見られます。

そのため、リスティング広告に出稿される際には、月の予算として10万円以上は見る必要があります。

では、次にリスティング広告で高い成果を実現するためのポイントを紹介します。

リスティング広告で成果を出すためのポイント

ランディングページが必要

必ずではありませんが、高い成約率を実現するためには、リスティング広告を出稿する前に、ランディングページを制作することがおすすめです。

ランディングページとは、1ページの縦に長いページになり、通常のホームページとは異なり、ページ遷移をせずに、御社のメイン商品を詳しく紹介しているページです。

ページを遷移しないというのは、成約率に大きな影響を与えており、ユーザーが知りたい情報を魅力的にストーリーを立てて紹介することで、成約率の最大化を図ることが可能です。

そのため、リスティング広告を出稿される方は、ホームページ制作と一緒にランディングページ制作を行う必要があるので、初期費用が少し高くなってしまうと理解しましょう。

当社のホームページ制作におけるランディングページ制作は、80万円前後が多くなっており、縦に長かったり、デザイン性が高いことが料金が高くなる理由になります。

ユーザー目線のランディングページを作成する

リスティング広告に出稿される際には、制作したホームページを入口ページに設定するのではなく、ユーザー目線で作成したランディングページを設定しましょう。

制作したホームページとランディングページの違いは、ユーザーがすべての情報を得るために内部リンクを必要としているかどうかです。

内部リンクを使って入口ページから関連するページへと訪問者を誘導することは重要ですが、ユーザーは内部リンクをクリックすることにハードルを持っているのです。

ランディングページであれば、ユーザーはリンクをクリックする必要はなく、上からスクロールするだけで問い合わせや商品購入が行えるので、ホームページの離脱率の最小化を実現できます。

リスティング広告への出稿は予算が必要になるので、高い成約率を実現しなくてはならず、ランディングページの作成は必須と言っても良いでしょう。

ユーザーのクリック率とニーズを絞り込んだ広告文言の作成

リスティング広告へ出向する際には、リスティング広告を出稿する検索ワードとタイトル、説明文、入口ページの設定が行えます。

タイトルと説明文は、ユーザー目線に立った文言を作成しなくてはならず、検索ワードに対して魅力的でクリックしたくなるタイトルと説明文を作成しましょう。

検索ワードに対して、タイトルや説明文を最適化することで、クリック率の最大化を狙えます。

リスティング広告は、クリックあたりいくらという料金体系にはなっていますが、せっかく出稿するのであれば、多くのユーザーがクリックしたほうが良いので、ユーザー目線の最適化は必須の対策と言えます。

また、タイトルや説明文でユーザーニーズを絞り込める文章を用意することによって、ニーズの異なるユーザーが広告をクリックすることを回避することも可能になるので、費用対効果を高める意味でも重要と言えます。

リスティング広告の予算に対する考え方

従来のリスティング広告であれば、月額5万円の予算でも高い成果を実現できていました。

しかし、2017年のGoogleコアアルゴリズムアップデート以降、SEOを諦めた企業が多く、そのタイミングで多くのホームページがリスティング広告を開始してしまいました。

その結果、リスティング広告の予算が大きく上がっており、現在当社がリスティング広告を出稿される企業に提案している月の予算は10万円からになっています。

と言うのも、リスティング広告では、まったくニーズの異なるキーワードでも広告が表示されるケースがあり、さらにはそれらのキーワードの1クリックあたりの料金が高いこともあります。

もちろん、ウェブマスターは関係がないキーワードを見つければ、除外キーワードに設定して、今後広告が表示されないように対策を取るのですが、リスティング広告出稿当初は多くの意味がないキーワードで出稿されてしまうのです。

さらに、メインになるキーワード単価も高くなっているので、5万円での出稿では、数クリックすると、予算を使い切ってしまいます。

そのため、現在のリスティング広告の月額予算は最低でも10万円は見る必要があり、4,5万円だと効果が出ない可能性が高くなっています。

また、噂だけかもしれませんが、現在リスティング広告の予算がクリックあたりではなく、表示された回数で課金される可能性もあると言われていて、そうなるともっと多くの予算が必要になる可能性があります。

効果分析と改善を行う

リスティング広告は、出稿して終わりではなく、始まりです。

リスティング広告運用会社であっても、出稿して1,2ヶ月は効果を発揮できないとお客さまに提案するくらい、効果分析と改善は重要な成功要因になっています。

ただし、多くの予算を使ったリスティング広告の出稿を考えている企業では、効果測定を行うにも専用のツールが必要になってくるので、自社でリスティング広告の効果測定と改善を行う場合は、一般企業などが提供している専用ツールの申し込みを行い、自社では難しいと判断をしたらリスティング広告運用会社を利用しましょう。

除外キーワードの設定が重要

リスティング広告では、指定したキーワード以外にも、関連ワードで出稿する方法があります。

この方法を利用した場合、想定とは異なったキーワードでリスティング広告が表示されてしまい、予算の無駄になるケースが多くあるので、継続的に除外キーワードの設定が必要です。

無駄な予算を抑えることで、リスティング広告の費用対効果を高めることが可能になるので、リスティング広告に出稿する企業は、除外キーワードの設定を適切に行うようにしましょう。

SEOとの併用がおすすめ

SEOの作業量が膨大であるためリスティング広告の出稿を行っていますが、制作実績の企業を見ると、リスティング広告だけで集客対策を行っているホームページでも数年後にはSEOを行いたいと言われるケースがあります。

リスティング広告はライバルの出稿数によってキーワードあたりの値段が変わってくるので、ライバル数が増えると、どうしても成果数も減少傾向になります。

リスティング広告以外に集客対策を行っていない企業の場合、成約数を維持するには予算を上げるしか対策法がなくなってしまうのです。

もちろん、リスティング広告で成果を出しているのであれば、それほど多くのSEO作業は不要ですが、中長期的な目線を持って、毎日少しずつSEOを実施していくことで、安定した訪問者数の獲得を実現できます。

まとめ

リスティング広告とは何かや、成果を出すために必要なポイントを紹介しました。

当ページでは紹介していませんが、品質スコアを高めることも重要ですが、ユーザーニーズを満たすことを考えたリスティング広告の出稿を行っていれば、個別で対策をしなくても、自然と品質スコアを高めることが可能です。

リスティング広告を出稿したいとお考えの方は、テクニックではなく、ユーザーに価値のあるリスティング広告の出稿に取り組めば、自然とホームページの集客と成約数を伸ばすことができます。