SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.12.09

専門性が高いホームページ制作とは

専門性が高いホームページを制作

昨今、ホームページ制作は、専門的であるべきだと言われています。

その理由は、主にSEOが目的になっていて、専門性が高ければ高いほど、検索順位が高まりやすいと言われています。

当ページでは、正しい専門性についてご紹介をさせていただき、SEOに強いホームページ制作を行う基礎知識としていただければ幸いです。

専門性が高いホームページ制作とは

専門性が高いとは、ある1つの事柄について、網羅されたホームページを制作することを言います。

例えばですが、当サイトでは、トップページで【ホームページ制作 大阪】で上位表示を狙っています。

その場合に、当社がスタッフブログなどを利用して、ホームページ制作に関するウェブページを作成することが大切になっています。

そうすることで、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなどの検索エンジンは、詳しいホームページであると認識してくれます。

その結果として、検索順位を高めることができるのです。

このように、専門性が高いことで、検索キーワードとの関連性が高まるため、検索順位が高まりやすくなっています。

ちなみにですが、大阪というキーワードを外しているのは、タイトルタグや本文で大阪を利用すると不自然な文章になってしまうからです。

不自然な文章は、現在検索エンジン自体も意味がないと発言をしているため、ランキングを下げてしまう恐れがあります。

また、もう少し抽象的な事例をご紹介すると、Tシャツを探している人がいて、Tシャツで上位表示をしたいと考えましょう。

そうすると御社が制作するホームページは、Tシャツに特化したほうが上がりやすくなっています。

仮に御社が百貨店であったとしても、上位表示を狙いやすいのは「百貨店→服屋→Tシャツ専門」の順になっています。

もちろん、百貨店が一番上げづらいです。

これが専門的であると言え、SEOを実施するのであれば、しっかりと理解していく必要があります。

検索エンジンが言う専門はそこまで難しくない

このように説明をすると、トップページで上位表示を狙うキーワード以外の原稿は書かない方が良いと思われるクライアントが多くいます。

実は検索エンジンは、そこまで厳しくは判断をしておりません。

というのも、当社の実績で言えば、ホームページを制作時に商品情報を豊富に公開しているメーカーがあります。

そちらのメーカーは、普段更新を行うコンテンツが、新着情報だけになっていて、定休日や会社行事を告知しているだけです。

しかし、商品詳細ページが非常に高い評価を受けていて、実際に現在のSEO効果で言うと、狙ったキーワードはすべて上位にランクインしています。

このように、上位表示を狙うキーワードでウェブページを作成する行為自体は問題がありません。

ただ、2点だけ当社では注意点があると思っています。

  • 良質であること
  • 全体の割合を把握

まず、例えば、年末年始や夏季休業のお知らせを更新する際には、低品質なウェブページ作成は絶対にいけません。

低品質というのは、推測ではありますが、恐らくホームページ全体のSEOにマイナス評価があり、全体的な検索順位を下げるリスクがあります。

さらには、全体との割合が大切であると思っています。

例えば、トップページで上位表示を狙っているキーワードに関するウェブページが100ページあったとします。

その時に、まったく関係がないウェブページが500ページあれば、検索エンジンの評価が変わってしまう可能性はあります。

ただ、実際にこれまでの経験で言えば、そのような企業はほとんどないと思います。

基本的には、上げたいキーワードに関するウェブページ作成に全力で取り組まれる会社がほとんどですので、上記内容はあまり意識しなくても良いでしょう。

ただ、頭に情報として入っているかいないかというのは大切な要素になるので、ざっくりでも良いので、全体のどれくらいの割合が関係性がないかだけを把握しましょう。

ホームページ制作前に何の専門かを整理

このように、何かに特化していればいるほど、上位表示が行いやすくなっています。

そして当社がどのように専門的なホームページ制作を提案しているかをご紹介します。

上げたいキーワードを定める

基本としては上位表示キーワードを定めましょう。

その際に、複数あっても問題はありません。

例えば、弊社で言えば、【ホームページ制作 大阪】と【SEO 大阪】というように2つ以上定めていますが、その際には、優先順位を検討しましょう。

検討したキーワードでどれが最も大切かを定めて、それに関するウェブページ作成を行って、1つのキーワードで専門性を高めることから始めます。

そうして、サイト運営を継続していれば、もちろん良質であるという前提はありますが、必ず上位表示ができるようになります。

被リンクしたくなるようなウェブページ

ウェブページを作成する際に、良質と言われても、どういったコンテンツを作成すれば良いか分からない方も多いでしょう。

その時に役立つ一つの考え方として、被リンクがしたくなるようなウェブページを作成すると良いでしょう。

この被リンクについては、これまでの経験で言えば、タイトルタグが最も大切です。

今流行りのキーワードを含めたほうが圧倒的にナチュラルリンクが獲得しやすくなります。

ただ、ここでは、コンテンツ自体で検討をし、どんな内容であれば、他サイトからこういうサイトを見つけたと紹介してもらえるかを考えながら原稿作成を行いましょう。

漠然とユーザー目線で考えるよりも、非常に良いコンテンツ作成が行いやすくなっています。

もちろん、現在は被リンク獲得は非常に難易度が高いため、獲得ができなくても問題はありません。

ただ、ナチュラルリンクを意識したウェブページを作成することで、良質なウェブページ作成が行いやすくなっています。

2キーワード目の扱い

もっとも優先度が高いキーワードで上がった後、次のキーワードでも上位表示を狙います。

ただ、その際に弊社では、クライアントに選択をしていただいています。

その選択とは、現サイトで上位表示を狙うか、サテライトサイトを作成するかです。

というのも同じサイトの場合実はメリットとデメリットが存在しています。

まずメリットからですが、すでに公開されていて、検索エンジンからも評価されているため、検索順位が非常に上がりやすいというケースです。

さらには被リンクなどにおいても、1サイト目の方が集めやすいでしょう。

例えば、国が運用しているホームページから、同じ企業が2つも3つも制作しても、すべてを紹介してくれるケースはほとんどありません。

このように、自分で行える被リンクについては、やはり1サイト目の方が集めやすいです。

次にデメリットですが、実は2つ目のキーワードがまったく違う場合に、全体的なバランスが変更され、上がっているキーワードが下がるリスクになります。

もちろん最新の注意を払っていれば、下がる確率を下げれるとは思いますが、あくまで確率です。

せっかく苦労をして、上位表示ができたのに、もう一つを狙った結果下がってしまっては、まったく意味がありません。

そのため、2キーワード目については、サテライトサイトを作成するという手段もあり、もちろん、絶対に1サイトでは無理だという話ではなく、クライアントに検討いただいています。

専門性の目安

ウェブページ作成によって専門性を高めます。

ただ、その時に何ページを作れば、専門性が高まって検索順位が上がらないか分からないと、作業に取り掛かりづらいのではないでしょうか。

これについては当社では、明確な指標を持って、更新作業を行っていただいています。

まず、御社が上位表示を狙うキーワードでグーグル検索を行いましょう。

そして1から10位のホームページを開き、【site:トップページURLアドレス キーワード】で検索を行います。

トップページURLアドレスは、httpsから記述し、最後は/で終わり、index.htmlやindex.phpは削除します。

そうすると、キーワードに対して、グーグルが何ページ認識しているかが検索結果の左上に表示されます。

ちなみにスマートフォンでは出てこず、パソコン検索のみになっています。

この検索を1から10位すべてのホームページに対して行い、平均値を出しましょう。

この平均値が、御社が上位表示を狙うキーワードで1ページ目に入るために必要なウェブページ数になっています。

もちろん、目標値を超えても11位以下である可能性はあります。

ただ、それは、ボリュームとしては十分ですが、品質が低いことを意味しているため、リライトにより良質なものへと変更させましょう。

そうしていけば、必ず御社サイトは上位表示が可能になっています。

専門性を高めるテクニック

必ず実施しなくては不可能であるという内容ではありません。

当社が専門性の高いホームページを制作する際に、お客さまに提案している内容をご紹介します。

1サイト1キーワード

2キーワード以上で上位表示を行いたい場合は、上記で紹介している通りサテライトサイトを作成しましょう。

もちろん、1サイトで2つ以上のキーワードで上位表示ができないという意味ではありません。

ただ、被リンク本数が影響していたり、全体的なウェブページ数のバランスまで検討しなくてはいけなくなります。

この検討をするのは非常に面倒くさく、日々それぞれのキーワードでウェブページ数を数えたり、検索順位を見ながら作成ページを考えなくてはなりません。

そのため、専門性に特化させたホームページを制作したほうがスムーズなサイト運営ができると考えています。

トップページで狙うキーワードと関係

ホームページを制作後にクライアントで、スタッフブログなどで新規ページ作成を行うと思いますが、その際には1つのトップページで狙うキーワードとの関係性を意識しましょう。

例えば、当社であれば、【ホームページ制作 大阪】がトップページで上位表示を狙うキーワードです。

そのため、当スタッフブログは、ホームページ制作に関する情報だけに限定したほうが専門性は飛躍的に高まっていきます。

キーワード出現頻度を意識

これについては、都市伝説のような気もしますが、実績を見ると、やはり意識をした方が良い気がします。

弊社の制作実績では、意識をしなくても上位表示ができているホームページは非常に多くあります。

ただ、意識をしているホームページのSEO評価が異常に高く、意識したほうが効果が出るのではないかと思っています。

しかし、意識をしていないケースでもSEO効果を出している事例は多くあるため、はっきりとした情報ではありません。

実際にどのように意識をしているかというと、各ウェブページで上位表示を狙うキーワードを定めています。

そして、各ウェブページで、そのキーワードがもっとも利用されて3%前後、そしてトップページで狙うキーワードが2.5%前後になっています。

実際にこれら原稿作成を行えているのは、恐らくウェブマスターが元雑誌ライターであったためでしょう。

一般的な企業ウェブマスターは営業や経理との兼任になっているため、かなりハードルが高いように思います。

共起語を利用

共起語とは、簡単に言うと、該当ページで上位表示を狙うキーワードで検索をしたときに、競合他社サイトが一緒に利用しているキーワードのことを言います。

この共起語は、発見だけであれば共起語ツールを利用すれば、簡単に発見が可能です。

ただ、実際に利用するとなるとかなり難易度が高いです。

共起語を利用した結果、文章がおかしくなり、グーグルから専門的ではないと見なされるケースもあります。

そのため、当社では、原稿作成前に、もちろん共起語ツールを利用していただきますが、特に利用するかどうかは、クライアントウェブマスターにお任せしています。

頭に、この単語を利用した方が良いと入っている状態で原稿作成に取りかかれば、利用する確率は一気に高まります。

それでも利用しなければ、御社にとっては不要な共起語であると判断をお願いしています。

実際にこの感覚的な対応であっても上位表示を実現しているホームページも多いため、この程度で問題がないと思います。

文字数を意識

グーグル曰く、文字数とSEOは関係がないそうです。

ただ、当社では必要であると思っていて、1,500文字は必ず記述しましょう。

グーグル曰く天気を紹介するウェブページで、「今日の大阪の天気」というタイトルタグだと本文が「晴れ」でも問題がないと言っています。

ただ、それはドメインパワーが高い場合だけではないかとも感じています。

一般的に中小企業サイトにおいては、そんなにドメインパワーが高いというケースはないので、しっかりと文字を記述して検索エンジンに認めてもらう必要があります。

そのため、1,500文字以上は文章を書いたほうが専門性が高まり検索順位が上がりやすいと思います。

毎日新規ページ作成

この専門性においては、毎日新規ページ作成を行うようにしましょう。

具体的には分かりませんが、当社の実績の企業の事例をご紹介します。

もともと、公開後に毎日1ページ作成を提案していました。

しかし、ウェブマスターは平日が忙しく、作業を土曜日に集約させ、土曜日に7ページを公開していました。

確かにそれでもある程度SEO効果は出ていましたが、期待通りに上がっていないウェブページが多いと言われ、予約投稿を利用して、毎日1ページ公開していただきました。

その結果、実はしばらくすると、上がってこなかったウェブページが上がってきたのです。

もちろん、たまたまかもしれません。

ただ、そのような事例があったため、現在では、毎日作業が厳しい場合は、できる限り予約投稿を利用していただいています。

2ヶ月は様子を見る

最後に、専門性を高めるために、良質なウェブページ作成を言われた通り毎日実施していても上がらないというケースがあります。

実際にある寺院サイトにおいて、1日2ページ作成をお願いしておりました。

そして1ヶ月が過ぎたころに、連絡が入り、めちゃくちゃ大変な割に検索順位が上がらないと言われました。

ただ、1ヶ月では効果が出ないとお伝えをして、合計3ヶ月は作業を継続して欲しいとお願いしました。

そうすると、実は2ヶ月目に一気に検索順位が上がりました。

現在では、【〇〇 大阪】や【〇〇 京都】、【〇〇 神戸】など、47都道府県すべてで3位以内にランクインしています。

さらに現在では、大阪や京都、神戸だけではなく、区名でも上位表示を狙っている対策をしています。

このときほどの訪問者増はありませんが、着実に検索順位を高めていて、クライアントも3ヶ月は様子を見ないといけなく、効果が出なくても継続が大切だと考えられるようになりました。

専門性が高いホームページ制作でよくある質問

専門性が高いホームページ制作に関するよくある質問と回答をご紹介します。

原稿を書けば専門的になりSEO効果が出る?

その通りです。

専門的であると検索エンジンに伝えるには、とにかく記事を書くしか手段はありません。

そのため、サイト運営スケジュールを立てることが非常に大切になっています。

ただし、闇雲ではいけません。

低品質コンテンツを書いてしまうと、どんだけ専門性が高いタイトルタグが並んでいたとしても、検索順位が上がることはありません。

そのため、良質で専門的な記事を書いていくことが推奨されます。

タイトルタグが思いつかない

少しSEOについて勉強したウェブマスターであれば、1次情報が大事だから1次情報だけを公開して以降とするかも知れません。

しかし、それは専門性には一切関係がありません。

御社がトップページで狙うキーワードに関連していればなんでも良いです。

ただし、なんでも良いとは言っても、ユーザーのニーズに応えることを意識してウェブページ作成が必要になっています。

コンテンツ内容が思いつかない

コンテンツ内容については、タイトルタグに対して詳しい情報掲載を行いましょう。

SEO効果を出すためには、文字数や共起語、キーワード出現率などさまざまなことが言われていますが、そこまで気にしなくても良いです。

というのも、もちろん意識したほうが専門性は高まりやすくなり、検索ランクを上げれる可能性が高まりますが、意識しすぎると原稿作成が進まなくなります。

そのため、当社では、そういったテクニック的な要素は取り敢えず後回しにして、まずはユーザー目線で原稿作成を継続していただくようにしています。

ちなみに、当社はホームページ制作時に目標ページ数を定め、これくらいであれば上位表示ができる可能性があるとご説明をしています。

そして実際に、定めた目標を達成したとしても、検索順位が上がっていなければ、細かな要素を含めたリライトを行い、検索順位を上げる提案をしています。

TOP