セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.10.22

フレッシュネスとは?ホームページのSEO効果を高める更新頻度

フレッシュネスとは、ホームページの更新頻度のことを言います。

ホームページの更新頻度とは言わず、フレッシュネスという単語を利用する理由は、Googleの発言によるものになっており、SEOに関するホームページの更新頻度のことを、フレッシュネスと言います。

当ページは、フレッシュネスとは何かや、ホームページのフレッシュネスを高める対策法を紹介します。

フレッシュネスとは

フレッシュネスとは、ホームページの更新頻度のことを言います。

なぜホームページの更新頻度と言わずフレッシュネスという単語を利用するかは、Googleの発言になり、Google検索セントラルのGoogle検索ランキングシステムのご紹介のページにフレッシュネスシステムという項目があります。

そのため、一般的に、ホームページ制作会社やSEO会社などでは、ホームページの更新頻度のことをフレッシュネスという場合は、SEOへの影響を踏まえているのです。

このフレッシュネスは、高ければ検索順位を上げることが可能ですが、ただそのSEO効果は弱くなっているので、闇雲に上げる必要はありません。

多くのホームページを見ていると、月に1ページ作成でも、SEOに成功しているホームページも見られるので、フレッシュネスの最低ラインは月1ページであると推測ができます。

では、次にフレッシュネスを高めるための対策法を紹介します。

ホームページのフレッシュネスを高める対策法

定期的なリライト

フレッシュネスを高めるためには、定期的なリライトが必要になっています。

ただし、このリライトは、例えば、文章の最期を「です」から「ます」に変えるような変更ではフレッシュネスが高まらず、コンテンツの追加や削除、文章の一新に取り組むことが大切です。

ユーザーが見たときに内容が変わったと認識できるようなリライトを行うことで、フレッシュネスを高めることが可能になり、ホームページのSEO効果を高めることが可能です。

新規ページから過去のページに内部リンク

新規ページを作成する際に、過去のページへと内部リンクを行うことで、過去のページのフレッシュネスを高めることが可能です。

内部リンクを行うことで、なぜフレッシュネスが高まるかと言うと、内部リンクには参照されているという意味合いが含まれているからです。

すなわち、1ページを作成したときに、過去のページに内部リンクを行うことは、単に過去のページにSEO評価を与えるだけではなく、フレッシュネスも高める効果があるので、大きくSEO効果を高める可能性があります。

まとめ

フレッシュネスについて紹介しました。

フレッシュネスのSEO効果は、決して高いものではありませんが、意識をすることで、SEO効果を微増させることが可能です。

フレッシュネスって何?や少しでもSEO効果を高めたい方の参考になれば幸いです。