HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

フレッシュネスとSEO!ホームページの検索順位を高める更新頻度

フレッシュネスとSEO!ホームページの検索順位を高める更新頻度

フレッシュネスと言われる言葉を聞いた経験があるでしょうか?

ホームページ制作におけるフレッシュネスとは、更新頻度になり、手間暇がかかっているほど、SEOに効果を発揮できるという考え方になります。

しかし、闇雲にフレッシュネスが高いだけではSEO効果を得られず、今回は当社がホームページ制作後にお伝えする効果的なサイト更新についてご紹介をいたします。

ホームページのフレッシュネスは更新頻度

ホームページのフレッシュネスは更新頻度

ホームページのフレッシュネスという言葉は、あまり聞きなれませんが、単純に更新頻度を意味しています。

検索エンジンは、更新頻度が高い、すなわちフレッシュネスなホームページを上位表示させていてます。

その理由は、一切更新されないよりも、常に最新情報を掲載している方が、ユーザーにとって役立つホームページであると考えられているからです。

例えば、ニュース番組などで、最新の情報が流されないニュースはないでしょう。

さらには、1年前のニュースを流されたところで、ユーザーは見てくれないと思います。

このように、最新情報を配信し続けることがユーザー目線になっていると検索エンジンは考えて、フレッシュネスが高いホームページほど上位に表示しています。

フレッシュネスについては、闇雲に更新していても、一切効果が出ず、しっかりとホームページ制作時に計画を立てることが重要になっています。

その理由は、思い付きで行っていても、サボる日が発生したり、低品質であると無価値、さらには一気に公開してしまうと、検索エンジンが認識漏れを起こしてしまいます。

では、さらに具体的に、SEOに効果的と効果がないフレッシュネスについてご紹介します。

フレッシュネスに効果的なホームページ

フレッシュネスに効果的なホームページ

弊社ホームページ制作実績で、フレッシュネスに効果的なサイト更新を行っている事例をご紹介します。

やるべき内容が明確

更新頻度を高めるには、漠然とフレッシュネスを高めるではなく、どんな情報を公開していくかを考えましょう。

ホームページ制作後に、SEO効果を出す目的で、日に1ページを追加すると定めても、基本的には長続きしません。

と言うのが、更新内容が定まっていないと、タイトルが思いついたら作業する形になり、最初は順調でも、ウェブページ数が増えるに連れて、ネタがなくなってしまいます。

そのため、できる限り具体的に目標を設定しましょう。

SEOを考えた場合にウェブページ数は非常に大切です。

そのため、できる限り更新するという前提で、例えば、用語集をアップしようとしたら、いつまでにいくつをアップするかを定めます。

もちろん、この数は、思い付きではなく、まずはエクセルなどで、どんな用語を公開するかを定めていきます。

そして、紹介する用語をすべて列挙したら、次にいつまでに公開するかを定めましょう。

そうすることで、その期間は、しっかりと更新作業が行われるようになります。

もちろん、用語を公開して終わりではなく、用語の次は、どんな内容で更新するかを定めて、そしてスケジュールを立てることで、フレッシュネスが高まります。

このように、やるべきこと内容が具体的に定まっている方がSEOに強く、実際に当社ホームページ制作でSEO効果を出している企業は、やるべき内容を明確化しています。

休みをしっかりと取る

フレッシュネスが高いクライアントでSEO効果を出している企業は、休みをしっかりと取っています。

ここで言う休みとは、3ヶ月や4ヶ月もの間、サイト運営を行わないという意味ではなく、日々の作業量が少ないという意味です。

例えば、当社がホームページを制作したら、基本的には、日に1ページを新規作成するスケジュールで提案しています。

もちろん、あくまで提案になっていて、そのスケジュールが厳しいという場合は、適切な作業量へと変更をしています。

と言うのも、SEOにおけるフレッシュネスで大切になってくるのが、短期間で一気に上げることではなく、日々の作業量が少なくても継続することになっています。

そのためには、日当たりの作業量が適切である必要があり、例えば2日に1ページを新規作成でも、作業を10年続けれるかどうかを基準にした方が良いでしょう。

弊社がホームページを制作し、そしてフレッシュネスが高くSEO効果を出している企業は、自社にとって最良なスケジューリングを行っています。

地味に、この作業は大切になっていて、しっかりと対応していく必要があります。

フレッシュネスに効果がないホームページ

フレッシュネスに効果がないホームページ

ホームページ制作後、日々サイト更新を行っているけれども、フレッシュネス効果がないパターンをご紹介します。

ノルマ達成ばかりで低品質

昨今SEOを考えた場合に、ホームページ制作時から高品質であることが大切になっています。

そして、情報量を増やす目的で、日に1や2記事を公開するスケジュールを組んだ企業で多くある事例が、各ページが非常に低品質になっているケースです。

低品質と言うのは、単に成約率が高まらないだけではなく、実はグーグルとヤフージャパン、マイクロソフトビングなどの検索エンジンも、上位表示してくれることはありません。

例えば、週に50ページの低品質コンテンツを公開しているよりも、週10ページの高品質なコンテンツを公開している方がSEO効果が高いです。

このように、低品質なコンテンツは一切SEO効果を高めれず、どんなにフレッシュネスだろうが、関係がなくなってしまいます。

そのため、ホームページ制作後に、無理がなく高品質なウェブページを作成できるように、しっかりとスケジューリングしなくてはなりません。

更新頻度がまばら

更新頻度を高めるという場合に、月単位ではなく、できれば日単位で計画を立てましょう。

例えば、月に20ページを新規作成あるいはリライトをすると定めたとします。

その時に、日に5ページ作成してしまい、4日で終わらせるクライアントを稀に見かけます。

このクライアントのSEO効果は、しっかりと出ていますが、それはフレッシュネス効果ではなく、情報量が追加され、関連性が上がったことが要因です。

また、さらには、日に5ページを作成する作業は、かなり大変な労力を伴っています。

そのため、印象としては、長続きしないと思われます。

これから先10年も月初になる週は20記事を作り続けるというのは少し現実的ではないかもしれません。

そのため、先述もしていますが、当社がホームページ制作後に行う作業で、サイト更新スケジュールの確定はかなり重要な要素になっています。

再三にもなりますが、日単位でのスケジューリングが大切です。

もちろん、今日からしばらく出張に出てしまい、作業ができないというのは仕方がありません。

ただ、更新できるときは、毎日しっかりと行い、一気に行う作業ではなく、継続して行うことで、フレッシュネスに効果的です。

ホームページ制作時に最適化フレッシュネス計画

ホームページ制作時に最適化フレッシュネス計画

このフレッシュネスは、思い付きや、闇雲に作成されたページ数が多ければ良いと考えるのではなく、多すぎても効果がありませんし、少なすぎても意味がありません。

もっとも大切になるのが計画性です。

そのため、ホームページ制作後、Webサイト制作業者に、毎日の更新量やSEOに効果的なテクニックを確認します。

テクニックを確認したうえで、毎日のボリュームが本当に実現できるかを検討し、最適なスケジューリングに修正しましょう。

大切なのは、良質とするために実施する、新規作成やリライト作業です。

低品質なウェブページをどんなに作成しても一切効果は発揮されません。

また、短期間で大量に更新するのではなく、毎日少しずつの方が長続きができ、結果として効果を発揮できるようになります。

フレッシュネスが与えるSEO効果は、そこまで高くはないと思いますが、確実に効果を発揮できる対策になっています。

そのため、ホームページを制作したら、まずは計画を立て、その上でサイト更新業務を行うのが良いでしょう。

フレッシュネスに関するよくいただく質問

フレッシュネスに関するよくいただく質問

最後に、ホームページ制作後にクライアントへ、フレッシュネスを提案した際に、よくいただくご質問と回答をご紹介します。

フレッシュネスってなに?

一言でいうと、更新頻度になります。

更新頻度が高いほどSEO効果を発揮できるようになっていて、しっかりとフレッシュネスを高めなくてはなりません。

高めればSEO効果があるの?

御社が制作したホームページがフレッシュネスが高かったとしても、そもそもコンテンツ品質が低ければ上位表示ができません。

さらに、フレッシュネス自体に、そこまで高いSEO効果は見込めませんが、まったく更新されないホームページの検索順位は下がっています。

そのため、最低でも週1では更新を行う必要があると考えています。

どうやってスケジュールを組むの?

当社はホームページ制作後にサイト更新スケジュールをご提案しています。

Webサイト制作会社であれば、多くがしっかりと計画を立ててくれると思います。

よくあるスケジュールは、日に1ページの作成になっていますが、お客さまの体制次第では、多すぎると言われるケースもあります。

また、集客ルートをSEOだけに絞っているとは限らず、リスティング広告や、ユーチューブ広告、ソーシャルメディア運用などの作業が発生する可能性もあります。

さらには、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析を利用して、サイト内部を改善する可能性もあります。

そのため、全体的な作業を明確にしたうえで、クライアントが本当に苦なく実行ができる範囲でスケジュール作成をサポートしております。

そして、スケジューリングができれば後は実行だけになっているので、スムーズなフレッシュネスの向上対策が可能になります。

そのため、必ずホームページ制作中あるいは公開後に、スケジュールを立てて対策を継続するようにしましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP