株式会社セブンデザイン SEOに強い大阪のホームページ制作会社

  • 2023.08.28

ホームページにおけるフッターの役割

ホームページ制作時のフッターの重要性を示すイメージ

ホームページ制作の際、ページ全体のバランスや情報伝達を考えると、フッターの役割は非常に重要です。ヘッダーやメインコンテンツと並んで、フッターもユーザー体験の一部として捉えられるべきです。多くの人がフッターを単なる情報の追記や余白と見なしていますが、適切に活用することで、ホームページの信頼性やアクセスビリティを向上させることができます。このセクションでは、ホームページにおけるフッターの本質的な役割と、その最適な制作方法について詳しく探っていきます。

ホームページのフッターの役割

ナビゲーション

ホームページの制作において、フッターは意外と過小評価されがちな部分ですが、その役割は多岐にわたります。特に、ナビゲーションの面では、フッターはユーザーが求めている情報へのアクセスを円滑にするための重要なツールとなります。

一般的に、ユーザーはホームページの上部メニューを利用して情報を探すことが多いですが、ページの最後までスクロールした際に、再度必要な情報や別の関連ページへのアクセスポイントがあると非常に便利です。この点において、フッターはホームページ内での追加のナビゲーション機能を果たすことができます。

たとえば、amazonのような大規模なサイトでは、多岐にわたるコンテンツが存在します。フッターにカテゴリや重要なページへのリンクを掲載することで、ユーザーが求めている情報に迅速にアクセスできるようになります。さらに、背景色の変更やデザインの違いで内部リンクと外部リンクを明確に区別することで、ユーザーに情報の種類や重要度を直感的に伝えることが可能です。

言語選択のボタンの設置も、グローバルに展開するホームページ制作においては欠かせない要素です。多言語対応のホームページでは、ユーザーが自分の母国語で情報を得られるようにすることで、利便性と信頼性の向上を図ることができます。

結論として、フッターは単なるページの終わりを示す部分以上の価値があります。適切な制作と情報配置によって、ユーザー体験を大幅に向上させることができるのです。

コンバージョンへの導線

ホームページの制作において、フッターはコンバージョンへの重要な導線として機能することができます。コンバージョンとは、具体的な成果、例えば「お問い合わせの送信」や「商品の購入」などのユーザーアクションを指します。フッターはページの最下部に配置されるため、ユーザーがページの内容を一通り見終わった後に、次の行動を促す役割を果たすことが期待されます。

具体的には、サイト訪問者が求めている情報やサービスを得た後の「次のステップ」を明確に示すことが重要です。例えば、ホームページに訪れたユーザーがサービスの詳細情報を確認した後、具体的な問い合わせや資料請求を考えることが考えられます。この時、フッターに目立つデザインの「お問い合わせボタン」や「電話番号」が配置されていると、ユーザーは迷わずそのアクションを取ることができます。

このような考え方のもと、ホームページの各ページの最後にコンバージョンにつながる情報やボタンを配置することは、SEOやユーザビリティの観点からも非常に有効です。ユーザーは自然とその情報やボタンに目を通すため、行動を取りやすくなります。

また、興味を持ったユーザーがコンバージョンアクションを取るためのハードルを下げる工夫も重要です。ボタンの色やデザイン、文字の大きさなど、視覚的に引き付ける要素を強化することで、ユーザーの行動をより確実に導くことができます。

ホームページ制作の際には、フッターの配置やデザインだけでなく、コンテンツ全体の流れと連動させて、ユーザーの行動をスムーズに導くことを常に意識することが求められます。

基本情報の記載

ホームページの制作において、フッターは通常、サイト内の補足情報を掲載するエリアとして活用されます。特に、会社や組織の基本情報を効果的に記載するための領域として、フッターの役割は不可欠です。

ユーザーはホームページ上で必要な情報を得た後、さらなる詳細や企業の信頼性を確認するためにフッターを参照します。ここに、会社の名前、所在地、連絡先情報などの基本的な情報を明確に掲載することで、ユーザーは迷わず信頼の元となる情報を手に入れることができます。

また、ホームページの制作段階では、企業の信頼性を高めるための情報も効果的にフッターに組み込むことが推奨されます。所属する業界団体のロゴや、取得している資格・認証のマークを掲載することで、ユーザーに企業の信頼性や専門性を強調することが可能です。

フッターに記載されるコピーライト情報もまた、ホームページのオリジナルコンテンツを保護するとともに、サイトの更新頻度や最終更新日を示すことができ、ユーザーに最新情報を提供していることを伝える手段として有効です。

総じて、フッターはホームページ上での情報伝達の最後のチャンスともいえる部分です。サイトの全体像を締めくくる役割を果たすと同時に、必要な情報を効果的に伝えることで、ユーザーの信頼を勝ち取ることができる領域としての重要性を再認識する必要があります。

SNSや関連外部サイトへの導線

ホームページの制作において、フッターは単なる補足情報のエリアと思われがちですが、実際には非常に重要な役割を果たしています。特に、SNSや関連外部サイトへの導線としての役割は、近年ますますその重要性を増しています。

現代のユーザーは、ホームページ上の情報だけでなく、企業やブランドのSNSの活動をチェックすることで、その信頼性やアクティビティ、ユーザーとのコミュニケーションの質を確認します。フッターにSNSのアイコンやリンクを配置することで、ユーザーは直感的にそのブランドのSNSへアクセスできるため、ホームページとSNSの間のシームレスな移動が可能となります。

また、ホームページの制作に際しては、関連する外部サイトやアフィリエイトパートナーへの導線を設けることで、ユーザーの関心やニーズに応じた追加情報やサービスを提供するチャンスとなります。例えば、主要な商品やサービスを提供する外部サイトへのバナー広告やリンクをフッターに配置することで、ユーザーの関心を即座にキャッチして変換につなげることが可能です。

フッターに掲載する情報は、ホームページの主要なコンテンツとは異なりますが、ユーザーとの継続的なコミュニケーションや関連情報の提供という点で非常に価値があります。ホームページ制作時にフッターを単なる情報の終わりと考えるのではなく、ユーザーが求める情報やサービスへの導線として有効に活用することで、よりユーザーフレンドリーなホームページを実現することができます。

フッターとSEOの関係性

ホームページの制作において、フッターの役割とSEOの関係性は非常に興味深いテーマとして捉えられています。一時期、フッターに多くのキーワードやリンクを詰め込むことがSEO対策の一環として行われていましたが、今日の検索エンジンの進化を考慮すると、このアプローチは過去のものとなっています。

最新のSEOの考え方としては、ユーザーエクスペリエンスを最優先することが強調されています。そのため、ユーザーにとって価値のあるコンテンツや、サイト内のナビゲーションのしやすさが重要視されるようになっています。フッターもその一部として、サイトの全体的な使いやすさや情報提供の一環としての役割を果たしています。

フッターに過度なキーワードを詰め込むのではなく、ホームページの利用者にとって役立つ情報や、サイト内での移動を助けるナビゲーションリンクを配置することが求められます。例えば、プライバシーポリシー、利用規約、会社情報など、重要だがメインコンテンツに比べて目立たせたくない情報をフッターに配置することで、ユーザビリティの向上とSEOのバランスを取ることが可能です。

また、制作するホームページの全体的な構造やデザインに合わせて、フッターの情報の量や配置を調整することが重要です。ユーザーが適切な情報やサービスを求めてアクセスしてきた際に、求める情報にすぐにアクセスできるようなサイト構造を持つことが、SEOの観点からも有益です。

最終的には、フッター自体が直接的な検索順位の向上に寄与するわけではありませんが、全体的なユーザーエクスペリエンスの向上には不可欠な部分であることを理解し、その上での最適な設計と配置を心がけることが、成功への鍵となります。

まとめ

ホームページの制作において、フッターは長らく単なる余白や補足情報のスペースとして見られがちでした。しかし、時代とともにフッターの役割は大きく変わってきました。フッターは、ユーザビリティの向上やSEO対策の一環として、ホームページ全体のデザインや情報提供の重要な要素として注目されるようになりました。

ホームページの最下部に位置するフッターは、訪問者が最初に目にすることは少ないかもしれません。しかし、彼らが必要とする情報や、サイトの他の部分への導線、さらにはブランドの信頼性や企業の姿勢を伝える場所として、非常に大切な役割を果たしています。

制作する際のポイントとして、フッターにはサイトマップやプライバシーポリシー、お問い合わせリンクなどの基本的な情報を掲載することが一般的です。しかし、最近のトレンドとしては、ユーザーの関心を引きつけ、彼らにさらなる行動を促すためのコンテンツやデザインの工夫が求められています。

例えば、SNSのアイコンやニュースレターの登録フォーム、新しい記事や製品の紹介など、ユーザーにとって価値のある情報やサービスをフッターに配置することで、サイト全体の滞在時間の延長や再訪問の促進が期待できます。

まとめると、ホームページ制作の際には、フッターを単なる情報のまとめ場所としてではなく、ユーザーエクスペリエンスを向上させる重要なツールとして捉え、その設計や内容にこだわることが、今後の成功への鍵となります。