セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.07.02

ホームページは制作して終わりではなく始まり

ホームページは制作して終わりではなく始まりです。

ホームページをインターネットに公開するだけでは、期待通りの成果を実現することができないので、公開後に成果が出ない理由を明確にしながら運営を継続することが求められています。

当ページでは、ホームページ制作は終わりではなく始まりになる理由を紹介します。

ホームページ制作は終わりではなく始まりになる理由

運営量とSEOとSNSからの集客力は比例する

ホームページを制作するだけで成果が出ない理由は集客力がないからです。

ホームページの集客対策として人気があるのがSEOとSNSになるのですが、どちらも運営量と集客数が比例しています。

SEOで言うと、サーチエンジンが検索順位を決定しているルールの1つに、検索ワードと関連した良質なページ数の多さがあり、すなわち上位表示を狙っているキーワードでGoogle検索を行って、上位10サイトのページ数よりも多くの関連した良質なページ数が必要になります。

これまでの制作実績で見ると、多くの業界のホームページでは100ページ前後が平均値になっているので、最低でも公開後に良質な100ページの作成が求められています。

また、SNSで言うと、具体的なページ数自体は存在していないのですが、SNSユーザーが探しているテーマのページ数が多いことで、拡散される可能性を高めることが可能です。

このように、ホームページから成果を出すには、制作して終わりではなく始まりになると理解をして、集客力を高めるために、日々運営を継続する必要があるのです。

期待以上の成果を出すには成約対策が必要

ホームページは集客力を高めれば、期待通りの成果を実現することが可能です。

しかし、期待以上の成果を実現するためには、公開後に、Googleアナリティクスなどのアクセス解析を活用して、ホームページが抱える問題点の抽出と改善を継続しなくてはなりません。

ホームページには、一定の成約率が存在しているのですが、集客対策ばかりに力を入れていると、次第に成果数に伸び悩みが発生します。

と言うのも、ホームページの集客は、例えば今日からSEOを行う場合に、最初のころは順調に効果を出せるのですが、ある段階まで行くと、どんなに良質な新規ページを作成したり、品質の高まるリライトを行っても、期待通りに訪問者数が伸びなくなってきます。

そのときに、例えばホームページの成約率が0.3%だったとすると、その数値を0.5%まで高めることで成果数を一気に高めることが可能です。

そのため、ホームページを公開して集客対策に成功したら終わりではなく、そこからホームページの成約率を高めるための運営を継続することが大切になります。

まとめ

ホームページは制作して終わりではなく始まりになる理由を紹介しました。

ホームページを公開しただけでは集客に成功することはありませんし、さらには成約率を最大化することもできず、公開後に対策を行い続けることが重要です。

ホームページ運営って必要なの?とお考えの方の参考になれば幸いです。