サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページから成果を出すために行うサイト運営法

成果の出るサイト運営法

当ページではざっくりとにはなりますが、成果を出すためのサイト運営法をご紹介します。

これから初めてホームページを制作される方や、初めて真剣にサイト運営を行う方を対象にした参考としての記事です。

おすすめのホームページ制作法とは

弊社がおすすめするホームページ制作法とは、まずは公開直後であれば、SEOに依存した集客体制の構築です。

ホームページは、ウェブデザインがどんなに優れていたり、原稿が優れていたとしても、集客ができていなければ、まったく成果を得れません。

そのため、まずは集客対策を実施しなくてはならないのですが、そこで弊社が力を入れるのがSEOです。

確かに、その他の集客対策も、効果的であるとは思いますが、SEOがもっとも努力量が反映される集客施策になります。

そのため、初めてのサイト運営の場合であれば、多少のテクニックは必要ですが、そのテクニックだけを利用すれば成果が出せるSEOをおすすめします。

実際にホームページ制作実績のプラシアさまコーワスタイルさまは、ホームページ制作を発注するまでほとんどパソコンを利用した経験がありませんでした。

しかし、サイト運営法をレクチャーしたら、レクチャーでお話した内容を守ることに全力で取り組み、高いSEO効果を得ています。

では実際にどのようなサイト運営法を行い、高いSEO効果を得ているのかについてご紹介をします。

質が高いことは必須

以下でご紹介するSEO効果が出るサイト運営法は、基本的にはすべて質が高いことが大切です。

質の高い記事を作ってくださいとお願いすると、多くの会社さまでは、そんなん質が高い記事を作れないと言われます。

しかし、大ベストセラーの作家のような文章は求められていません。

ただ、現状でできる最高の質のページを作成すればSEO効果が出ると理解をして、その時々で最高の文章を作成しましょう。

質が低いと残念ながら絶対にSEOで成果を出せないので、すべてのウェブページでターゲットユーザーを思い浮かべながら更新をお願いします。

公開当初は計画通りに新規ページ作成を

まず、SEOの基本情報として、グーグルは検索キーワードに対して、詳しいウェブページを上位表示させます。

そしてさらには、もう一つの指標として、ホームページ全体での詳しさも影響を与えていて、質が高いウェブページ数が多い方が上位表示の可能性が高くなります。

そのため、公開日数と目標作成ページ数によって、更新頻度を定めます。

具体的に言うと、公開当初は、あまり原稿作成に慣れていない場合は、1日に1記事を新規作成、慣れている場合は2記事以上を作成いただきます。

そしてその作業がいつまで続くかを考えなくてはならず、それは御社がトップページで上位表示を狙うキーワードで1ページ目にランクインしているホームページの平均値です。

例えば、【ホームページ制作 大阪】での1ページ目の平均ページ数は、約700ページになっています。

そのため、弊社では、700ページまで新規ページを作成する必要があります。

このときに1日1記事の公開であれば、3年ほどの期間が必要になってしまいます。

実際の目標が1年で上位表示であれば、1日に3記事を作成すれば、目標が達成できるのです。

このように、公開当初は詳しさでライバルサイトに負けているため、ホームページ制作時からしっかりとライバルサイトを調査して目標と期間を定めておくのが良いでしょう。

そして定めれば後は、スケジュールに則って公開し続ければ、自然と検索順位が高まります。

目標ページ数に到達したら

よほど質が低くない限り、あるいはSEOのための闇雲な作業を行っていない限りは、上記だけでも上位表示ができる会社が多いです。

ただ、そこで更新を辞めてしまうと、更新頻度が低く検索エンジンから古い情報しかない、現在はあまり役立たないホームページと認識されてしまいます。

さらには、ライバルもSEOを行っている場合は、次第にライバルに追い抜かれてしまう可能性もあります。

そのため、目標ページ数はあくまで、目標であり、達成したとしても更新作業を辞めないようにしなくてはいけません。

ただし、同じだけの更新は必要がなく、弊社ではホームページを制作後に、目標までは毎日作業が必要であると提案はしています。

が、目標値に到達して、ある程度検索順位が満足できるようになれば、2日に1ページにして1ヶ月ほど様子を見て、3日に1ページと言うように減らしていただいています。

実際に、ホームページ制作実績になるANA・JAL株主優待即納サービスは、現在1週間に1ページの更新で検索からの訪問者数を増やしています。

このように目標値に到達しても同じだけ更新しなくてはならないわけではないので、最初はとにかく大変ですが、最初だけだと考えて、しっかりと更新作業を行いましょう。

その他の集客を実施

SEOで満足ができるだけ、見込み顧客が集客できれば、次は、別の集客を実施します。

なぜ初めからすべてをしないかと言うと、弊社のホームページ制作をご利用のクライアントさまは、基本的には1人のウェブマスターになっています。

そのため、SEOだけでもかなり大変な上に、その他の集客まで行うと、すべてが中途半端になってしまうためです。

そしてその他の集客対策でよく利用されるのが、リアルでの告知とリスティング広告、ソーシャルメディア運用になっています。

特にリアルでの告知を選択されたお客さまの結果で言うと、実はSEO効果も高めているように思われます。

どういうことかと言うと、これまで行ってきたSEOは検索結果ページあり気で対策を行っています。

そのため、検索エンジンを利用しないユーザーには御社の情報は届きません。

しかし、チラシの配布や知り合いへの告知などを計画建てて行われていると、検索エンジンから完全に切り離されたユーザーを集客ができます。

そして、もちろんすべてではなく、割合としては低いかもしれませんが、被リンクやはてなブックマークが獲得できているケースを多く見かけます。

もちろん、どこから被リンクがされているかは分かっても、どこでホームページを見つけたかまでは分かりません。

ただ、リアルでの告知のタイミングで被リンク数が増えているケースが多いので、恐らくチラシ配布などの効果であると思われます。

これらのその他の集客においても、闇雲に行うのではなく、具体的に何をどのようにして行うかをしっかりと検討してから行うことで、より成果を出せるようになります。

アクセス解析から改善

弊社のホームページ制作実績の会社さまでは、そこまで本気でアクセス解析を利用されるケースは稀です。

しかし、0かと言うとそうではなく、1や2年に1度くらいは、アクセス解析を利用して、ホームページの診断をさせていただいています。

アクセス解析を利用することで、数値データを知ることができるので、非常に理論的で戦略的な改善が行えるようになります。

さらには、1度の改善で飛躍的に成果を高めた例はありませんが、しかし対策法の中には効果的な対策もあるので、成約率が少しだけ高まるケースが多くあります。

例えば、ホームページの成約率が0.1%だったとします。

その成約率がいきなり1%になったケースはありませんが、しかし0.15%まで増えるケースは中にはあります。

0.05%であったとしても、実は集客に成功していると、売上としては非常にお客さまが満足されるくらいの成果を得ることが可能です。

そのため、サイト運営では、しっかりとアクセス解析の利用を検討したほうが良いですが、集客力が低い間は、利用価値はありません。

と言うのがアクセス解析は、ホームページ全体のデータを確認できますが、しかしメインは個々のウェブページのデータの確認が重要です。

そしてそもそもの訪問者数が少ないと、各ページのアクセス数は0または1になってしまうため、サイト改善には活かせないのです。

そのため、まずは集客力を高め、その後にアクセス解析を使って成約率を高めるのが王道のサイト運営法になっています。

闇雲ではないホームページへと成長

上記のように、成果を出すホームページとするためには、集客とそして成約が非常に大切です。

もちろん、この集客と成約は闇雲ではなく、ホームページ制作段階からしっかりと戦略を立てて実行することが大切です。

当ページは初心者向けになっているので、全体の概要のご紹介ですが、具体的な対策法などについては当スタッフブログでもご紹介しているので、ご興味があればご覧ください。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP