セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.11.03

LATCHの法則とは?コンテンツ整理に役立つ

情報整理の鍵を握る「LATCHの法則」をご紹介します。この法則は、情報をユーザーに伝えやすくするための分類方法であり、リチャード・ソール・ワーマンによって提唱されました。ウェブデザインや資料作成に活かせるこの法則を使いこなすことで、複雑なデータも明快に整理できるようになります。

LATCHの法則とは

情報を整理し伝達する上で、LATCHの法則はまさにナビゲーターのような役割を果たします。この法則には場所、アルファベット順、時間、カテゴリ、階層の5つの基軸があります。これらを使いこなすことで、コンテンツを見つけやすく、理解しやすい構造に整えることができます。

ウェブサイト制作においても、LATCHの法則を駆使することで、訪問者にとって探しやすく、親しみやすいサイトを作り上げることが可能です。具体的には、商品をカテゴリごとに分けたり、新着情報を時系列で表示したりといった方法が挙げられます。

実際にこの法則を活用したウェブデザインは、情報の見つけやすさはもちろんのこと、使いやすさにおいてもユーザーから高い評価を受けています。さらに、情報が適切に整理されているサイトは、検索エンジンにとっても価値のあるコンテンツと認識されやすくなるため、SEO対策にも効果的です。

LATCHの法則を理解し、それをウェブサイトに適用することで、訪問者の満足度を高めると同時に、サイトの滞在時間の延長や回遊率の向上が期待できるのです。

LATCHの法則で情報を整理する方法

Location(場所)

「Location(場所)」に基づいた情報整理は、地理的な構造を利用してコンテンツを配置する手法です。このアプローチは、ユーザーが実世界の地図を思い浮かべながら情報を探索できるため、直感的で効果的です。ウェブサイトでの適用例としては、店舗が複数ある企業サイトで、訪問者が自分の位置に最も近い店舗を簡単に見つけられるようなインタラクティブな地図を想像してみてください。私が実際に制作に携わった案件では、この方法でユーザーの利便性を向上させ、結果的にサイトのコンバージョン率を高めることに成功しました。ただし、この戦略はユーザーが既に地理的な知識を持っていることが前提です。地理的な文脈が強く、かつユーザーのその地域に対する理解がある場合に最も効果を発揮します。

Alphabet(アルファベット)

アルファベット順の整理は、見慣れた並びで情報を編成することで、ユーザーが直観的に情報を検索できるようにする方法です。実際に、あるプロジェクトでは、商品名をアルファベット順に並べた結果、ユーザーが目的の商品を以前よりも迅速に見つけられるようになりました。また、ウェブサイトにおいても、この手法は特にグローバルなオーディエンスに対して、国際的に理解されやすい構造を提供します。アルファベット順は言語に依存しない情報の発見性を高めるため、SEOにおけるキーワードの索引作成にも役立ちます。このような整理法は、辞書やガイドブックといったリソースにも見られるため、ユーザーは情報の検索方法に迷うことなく、必要な情報に素早くアクセスできるようになります。適切に適用すれば、サイトの使いやすさを大きく向上させることができるのです。

Time(時間)

「Time(時間)」を軸に情報を整理すると、ユーザーはイベントやプロセスを時系列で追いやすくなります。例えば、自社の歴史を紹介するページでは、創業から現在に至るまでの主要な出来事を年代順に並べることで、企業の成長の旅路を訪れる人に語りかけます。ウェブ上でのプロダクトのロードマップを展開する際も、時間の流れにそって機能追加や重要なマイルストーンを示すことで、ユーザーの期待を形成し、安心感を与えることができます。私自身が参加したウェブサイトリニューアルのプロジェクトでは、この手法を取り入れることで、訪問者の滞在時間が向上し、サイトの信頼性を高める結果を実感しました。時間を軸にした情報の展開は、ユーザーが物語や進展を順を追って理解しやすくするため、特に新しいプロジェクトやサービスの理解を深めるのに役立ちます。

Category(カテゴリ)

カテゴリ分けは情報を整理し、ユーザビリティを高める鍵となります。実際に私が携わったウェブサイトの再構築では、コンテンツが膨大に増加すると共に、カテゴリを見直すことでユーザーのナビゲーションを大きく改善しました。たとえば、ある料理ブログでは「和食」「洋食」「中華」というように、料理のジャンルごとにカテゴリを分けることで、訪れる人がレシピを探しやすくなり、同様に情報を求めるユーザーの滞在時間の増加に繋がりました。適切に分類されたカテゴリは、目的の情報に迅速にアクセスする手助けをし、結果的にサイトの利便性を向上させます。SEOの観点からも、カテゴリの適切な設定は重要で、サイトの構造がクリアになるほど、検索エンジンにとっても内容の理解がしやすくなるため、サイトの評価を高める一助となるのです。ですから、カテゴリ分けはただの整理法ではなく、ユーザーと検索エンジン双方にとってのナビゲーションの要ともいえるのです。

Hierarchy(階層)

階層化は、情報を視覚的に整理し、利用者の理解を深めるための強力なツールです。私が以前コンサルティングを担当したウェブプロジェクトでは、ユーザーが最も関心を持つであろうコンテンツを階層の頂点に配置することで、サイトの利用効率が飛躍的に向上しました。例えば、商品の売れ筋を「ベストセラーランキング」としてトップに置くことで、訪問者の関心を即座に捉え、購入へと繋げるケースが多々あります。

ランキング形式での提示は、ユーザーに直感的な価値判断を促し、サイト内での滞在時間の増加を促すことが検証されています。また、SEOの視点では、階層構造を明確にすることは、検索エンジンがコンテンツの優先順位を認識しやすくするため、検索結果のランキングにも肯定的な影響を与えることが期待できます。明瞭な階層設定は、ユーザーが求める情報への早道となり、それがサイトの信頼性を高める上で不可欠です。結局のところ、ユーザーが求める情報を的確に、かつ迅速に提供することが、サイト運営の成功への鍵となるのです。

まとめ

LATCHの法則を活用することで、情報が整理され、直感的なナビゲーションを可能にし、ユーザー体験を向上させることができます。訪問者が求める情報へ迅速にアクセスできるよう設計されたウェブページは、信頼性と利便性を兼ね備え、結果としてサイトの滞在時間の延長に寄与します。また、構造が整ったコンテンツは、検索エンジンにも好まれるため、SEO効果を期待できるのです。使い勝手の良いウェブサイト構築には、ぜひLATCHの法則を取り入れてみてください。