HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

酒屋サイトで段階的に制作したホームページを育てる

酒屋で段階的に制作したホームページを育てる

当社へご発注をいただいたWebサイト制作会社は東京で、当社とクライアントが大阪になる酒屋のホームページを制作した案件のご紹介です。

ご相談内容としては、いきなり50万円も100万円もホームページ制作に予算が取れないけれども、段階的に育てていきたいと言った案件です。

最近は、高い成果が出始めていて、どう対策を行えば、成果が向上し始めたかについてご紹介します。

酒屋のホームページ制作における希望

酒屋へホームページ制作を行う理由をヒアリングすると、最終的にはネットショップで販売したいそうです。

ただ、色々とご自身でWebサイト制作会社などに問い合わせをして見たそうですが、大体が100万円くらいは必要と言われていて、断念していたそうです。

そこで、取引があった東京の業者に問い合わせたら、安くホームページを制作できると当社にご相談をいただきました。

もちろん、普通にホームページを制作すれば、当社も競合他社と同様に100万円前後の見積書になります。

ただ、内容を整理していきなり成果を求めるではなく、100%効果を出せるという状態までホームページを育ててからネットショップするという提案をいたしました。

と言うのも、酒屋側の希望は、安くホームページを制作して、お酒を販売したいになっています。

ただ、通常で言えば、ネットショップ作成は、コーポレートサイトと比べると、カートシステムやマイページ機能などが必要であり、予算が高くなるのが一般的です。

そして話を聞いていると、そこまで早急にネットショップで効果を求めていないそうで、通常よりも時間はかかりますが、まずはホームページを制作する提案にしています。

これであれば、アクセス数に応じて、段階的にホームページで機能を追加できます。

では具体的に、どうホームページを制作して、そして段階的な機能拡張を行ったかをご紹介します。

酒屋のスタートはシングルページとブログ作成

実際に、酒屋が想定されている予算から、当社ができる内容は、シングルページ作成とブログ作成になっていました。

シングルページとは、ランディングページよりも短いですが、縦に長い1ページになっていて、そこにプラスアルファとしてスタッフブログを作成しています。

なぜ最初にそのような提案になったかと言うと、現在のホームページ制作においては、自社で更新ができるブログさえあれば、集客には成功できるからです。

そして具体的にどれくらい訪問者数が見てくれるようになれば、次フェーズに進むかを提案しています。

例えば、当社が制作するホームページでよく提案する集客対策は以下です。

  • SEO
  • ソーシャルメディア
  • リスティング広告
  • リアルで告知

そして上記の中で、シングルページとブログだけで達成できない集客ルートはありません。

SEO

SEOはざっくりと言うと、新規ページ作成の数と継続が大切になっています。

酒屋あるいはお酒に関する新規ページ作成を継続して行い続ければ、少しずつではありますが、さまざまなキーワードで検索順位が上がります。

このSEOは、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなど検索エンジン、ツイッターやフェイスブック、リンクトインで検索すると情報が多くあります。

しかし、最終的には良質な新規ページ作成さえ継続していれば、必ず成果が出せ、ブログを作成ししっかりと更新していれば成果を出せるようになっています。

ソーシャルメディア(SNS)

ソーシャルメディア(SNS)とノウハウを公開するブログは非常に相性が良いです。

ソーシャルメディアには、ツイッターとフェイスブック、インスタグラム、リンクトインなどがあり、これらの中で自社が扱いやすい管理画面のソーシャルメディアを利用します。

そして色々と施策はあるにしても、基本的には、見込み顧客が自発的に、URLアドレスを投稿して貰えるようにするのが大切です。

そして見込み顧客が投稿しやすいコンテンツはトップページではなく、実はノウハウが掲載されたブログ記事やサービス詳細ページになってきます。

実際に実績企業や当サイトにおいても、多くはありませんが、見込み顧客が、URLアドレスを自発的に投稿してくれているケースがあります。

そのため、実は酒屋のホームページをシングルページとブログで作成により、低予算でソーシャルメディアから見込み顧客を集客できる可能性が出てきます。

リスティング広告

酒屋のホームページ制作では、実施していませんが、ブログがあればリスティング広告を出稿も可能です。

従来リスティング広告と言えば、ランディングページやトップページを入口に設定していたと思います。

しかし、最近は下層ページの方が重要であると言われていて、ちらほらと下層ページを入口に設定している企業も見られます。

ただ、今回は段階的に制作したホームページの売上を向上させる計画で、リスティング広告出稿は、次フェーズ以降となっています。

リアルで告知

リアルで告知も大切な集客ルートではあります。

ただ、今回は、シングルページとブログだけでホームページを制作して、リアルで告知してもユーザーメリットがないと考えました。

そのため、リアルで告知は、次ステップとしております。

酒屋として必要コンテンツを作成

シングルページとブログ作成を行う、日々サイト運営を行った結果、ホームページ全体で月間3,000人以上を集客できるようになりました。

そして次に酒屋が行った対策が、商品紹介を追加したり、アクセスマップなど、酒屋で一般的に作成されるウェブページ作成です。

実は、ここではまだネットショップにはなっておらず、カートシステムやマイページは存在していません。

と言うのも、カートシステムやマイページは非常に高い予算が必要であり、確かにアクセス数は増えていますが、お酒の売上が増えていないからです。

そのため、酒屋が制作したホームページであるというのを打ち出すのに必要なコンテンツをすべて追加いたしました。

実は、この必要コンテンツを作成すれば、微妙に来店数が増えたと言っておられました。

もちろん、飛躍的と言うわけではありませんでした。

ただ、お酒の種類ごとに詳細ページがあり、さらにはアクセスマップがあれば、酒屋が制作したホームぺージとユーザーが認知してくれたようです。

ベースと連携を行った酒屋

上記については、具体的にアクセス数がどれくらいや来店者数がどれくらい増えればとは定めおらず、酒屋がそろそろネットショップ販売を始めるかと思ってからの対策です。

実際にお問い合わせをいただいて、現状では具体的にどれくらい売上や利益があり、どれくらい予算を持てるというものではありませんでした。

ただ、低予算で行えるネットショップ販売を開始するとご依頼をいただき、ベースで酒屋サイトを作成し、商品詳細ページからベースへとリンクを掲載しています。

ベースは、無料でネットショップを作成できるサービスです。

ただし、クレジットカードはベースが指定した決済代行業者を利用する制限はついています。

そして、お酒詳細ページから、「この商品を購入する」というボタンを押すと、ベースの詳細ページへと移動します。

ここで初めて、当初から酒屋が期待していたネットショップが完成しています。

その頃には、すでに、月間アクセス数が5,000人ほどになっていて、当社実績で見ても標準的なアクセス数になっていました。

そのため、ある程度売上が付くと想定はしていましたが、ただ一般論よりも低い成約率であると説明をしています。

と言うのも、「この商品を購入する」をクリックするとベースへ移動し、実はユーザーのうち何パーセントかは、不自然に感じ離脱が発生してしまいます。

もちろん、それを理解をしていて、成約率が低いなら、集客力や自社が制作したホームページ側で、もっと魅力を打ち出せば良いと考えられました。

実際に、成約率は想定よりも低かったですが、売上が0と言うわけではなく、取り敢えずは目的が達成できました。

酒屋でフルスクラッチでウェブシステム開発

実際に非常に高い売上ではありませんでした。

しかし、酒屋自身で、現状でこれくらい売上があれば、自社でカートシステムやマイページを作成すれば、これくらいの売上になると予測を立てました。

そして、ついに自社でカートシステムとマイページ、さらにはメールマガジン配信システム構築を決定いたしました。

ご相談をいただいた際に、提案した内容は、ウェルカートやECキューブなど既製品を利用するか、フルスクラッチでウェブシステム開発を行うかです。

一応予算を見れば、既製品を利用したほうが安くなり、推奨はしていましたが、長い目で見てフルスクラッチ開発を希望され、構築としました。

ここで問題が、ブログと商品詳細は、ワードプレスを利用していて、ワードプレスとフルスクラッチシステム開発のハイブリッドになります。

提案すると、商品詳細とブログもフルスクラッチに切り替え、それらも一緒にフルスクラッチウェブシステム開発へと変更しています。

もちろん内容はそのままでさらにはURLアドレスもできる限り同じにしています。

そして、URLアドレスが変わった、さらにアクセス数があったウェブページは、301リダイレクトを行うようにしています。

なぜすべてのウェブページを301リダイレクトにしなかったかと言うと、これは弊社経験則ですが、301リダイレクト数は少ない方が効果を発揮できると感じています。

リニューアル後はもしかすれば少しアクセス数が落ちるかもしれないと理解していただいたうえで実装を行いました。

公開後酒屋サイトのアクセス数が微減したがすぐ取り戻せた

そして、酒屋のホームページ制作は、完全にフルスクラッチウェブシステムに変更が終わったら、当初ご説明をしていた通り、多少アクセス数が落ちてしまいました。

ただ、大きくというわけではなく、多少になっています。

そして公開当初は、かなり売上を心配されていましたが、短期的に落ちても、マイページなどがありリピート率は見込め、長い目で見るとおっしゃられていました。

実際に、アクセス数が落ちた期間は、実は2ヶ月だけになっています。

3ヶ月目からは、フルスクラッチウェブシステム開発前と比べても、アクセス数と売上は向上しておりました。

現在、行われているのは以下です。

  • 在庫が切れた場合には在庫切れへ切り替える
  • ブログで新規記事を週3ページ作成
  • 定期的なメルマガ配信
  • 実店舗にホームぺージへのQRコードが記載されたパンフレット
  • 自作のリーフレットを用意し店舗に置く
  • ネット販売をした場合にリーフレットも同封

最も大きかったのが、新規会員登録でポイントを500ポイント進呈で、1ポイント1円扱いになっていて、会員登録を行うだけで、500円割引が適用されます。

取り敢えずお酒で検索をしているユーザーで、今は購入する予定がない方でも、これにより新規会員登録を行って貰えるようになっています。

実際に、現状の会員登録者が、すぐに商品を購入しているかと言うと、実はそうではない状態です。

取り敢えず会員登録をして、500ポイントを貰っておこうと考える方も結構います。

そしてそれらの方は、放置していると、酒屋の制作したホームページではなく、ネットショッピングサイト大手になるアマゾンで購入される可能性があります。

そのため、会員登録時にメルマガ登録の有無を確認していて、多くが登録をしていただいていて、定期的なメルマガ配信を行っています。

酒屋からホームページ制作をして良かったとお喜びの声を

もともと予算があまり多くなかった酒屋ですが、先日、話をする機会があり、聞いてみるとホームページを制作して良かったとお喜びの声をいただきました。

確かに総額で見れば、初めからフルスクラッチでシステム開発を行ったほうが安くなっています。

ただ、段階的に行えば、初期コストを抑えれ、さらには結果が出てから次のフェーズであり、予測が立てやすいホームページ制作になっています。

実際にWebサイト制作会社としては本当に大変でした。

後から機能追加と言うのは、毎月決まった作業を計画的に行うのであれば問題ないですが、いつ行うか分からないとなると、相当大変です。

ただ、当社は成果を追求していて、酒屋にお喜びをいただくという点が第一と考えています。

このように現在ホームページを制作したい、あるいはネットショップを作成したいけど予算が難しいという場合でも、弊社では対応が可能です。

もちろん、10万円でホームページをつくりたいなどは、お請けが難しいですが、少しでも予算を抑えたご提案という意味では対応ができます。

    当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

    電話

    06-7494-1148

    受付 10:00~18:00
    (土・日・祝は除く)

    メール

    メールフォームへ

    受付 24時間
    (土・日・祝は翌営業日のご回答)

    株式会社セブンデザイン
    〒534-0022
    大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

    これまでの実績

    TOP