セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.12

モバイルファーストインデックスとは?ホームページをスマホに最適化

ホームページ制作の中で、現代のSEOの要点を理解することは必須です。その中心に位置するのが、グーグルの「モバイルファーストインデックス」。この言葉は、今やホームページ制作に関わる多くの方々の間で話題となっています。簡単に述べると、これはモバイル版のホームページを最優先して評価・インデックスするというグーグルの新しいアプローチです。なぜこのような変化が起きているのか、そして、それがホームページ制作にどのような影響をもたらすのか。本文では、これらの疑問を解明し、モバイル時代のホームページ最適化のポイントを深掘りしていきます。

モバイルファーストインデックスとは

モバイルファーストインデックスは、現代のSEOにおいては欠かせないキーワードとなっています。その名前の通り、これは「モバイルを最初に考慮する」という意味合いを持っています。

2017年以前、グーグルは主にパソコン版のホームページを基準に評価を行っていました。そのため、ホームページ制作時には、デスクトップ版のデザインや内容が重要視されていました。モバイル版が存在するか、あるいはレスポンシブWebデザインが採用されているかによって、モバイルでの検索順位が変わっていたのです。

しかしながら、モバイルの利用者数が増加する現代、ユーザーの多くがスマートフォンやタブレットでホームページを閲覧するようになりました。この変化を受け、グーグルはモバイル版のホームページを評価の中心として位置付ける「モバイルファーストインデックス」を導入しました。現在は、PC版とモバイル版のホームページに、異なるクローラーを利用して評価を行っています。

実際の検索結果を見ると、PCとモバイルの結果は似ていることが多いです。これは、ホームページ制作において、モバイル対応が一般的になったためです。しかし、モバイルの利用が今後も増え続けることを考えると、モバイルファーストの考え方を理解し、それを基にしたホームページ制作が不可欠です。

モバイル時代に適応するための知識として、モバイルファーストインデックスの理解は、ホームページ制作のプロフェッショナルにとって必須と言えるでしょう。

モバイルファーストインデックスの影響

モバイルファーストインデックスの登場以降、ホームページ制作の風景は大きく変わりました。実際にPCとスマートフォンでの検索結果に大きな変動は見られないかもしれませんが、背後には重要な意味合いが隠れています。

多くの制作会社が気づいている通り、スマートフォンでの検索順位は比較的頻繁に変動しているのに対し、PCの方は安定した動きを見せています。これは、グーグルがモバイルとPCの評価に異なるクローラーを用いている結果と言われています。しかし、一般的に、PCの順位が変動するとスマートフォンの順位もそれに伴って動く傾向があります。

重要なのは、ホームページ制作時にどのような対応を行ったかです。現在のトレンドとして、レスポンシブWebデザインが主流となっており、多くの制作会社がこの手法を採用してモバイル対応を図っています。スマホ対応がしっかりとされているホームページは、モバイルファーストインデックスの影響をほとんど受けないとも言われています。一方、未対応のサイトがSEO評価で同等の評価を受けても、対応しているホームページが上位に表示される可能性が高まります。

結論として、モバイルファーストインデックスの影響を最小限に留めるためには、ホームページ制作時のスマホ対応が不可欠です。未対応のサイトはSEOの観点からも大きなリスクを抱えており、現代のホームページ制作においてスマホ対応は基本中の基本となっています。

モバイルファーストインデックスの対策法はレスポンシブデザイン

モバイルファーストインデックスの時代において、ホームページ制作に求められる対応は急速に変化してきました。その中で、スマホ対応をどうするかは、多くの企業や組織が頭を悩ませる課題となっています。

実際、モバイルファーストインデックス対策の選択肢として考えられるのは、スマホサイトの独立制作とレスポンシブWebデザイン作成の2つです。ここで大切なのは、どちらが効率的か、またSEOへの影響はどうか、という観点です。

初めに、スマホサイト制作のデメリットについて触れたいと思います。これは、コストが高くなる可能性があることです。具体的には、PCサイトと同じページ数のスマホサイトを制作する場合、約2倍の予算が必要になる可能性が指摘されています。この点において、レスポンシブWebデザイン作成はコストを1.5倍程度に抑えることができ、経済的なメリットが明らかです。

次に、SEOの観点から見たスマホサイト制作のリスクです。スマホサイトへのリダイレクト設定ミスは、SEOの効果を半減させる大きな要因となり得ます。実際、グーグルもこの問題を指摘しています。

これに対し、レスポンシブWebデザイン作成は一つのURLで様々なデバイスに対応可能であり、リダイレクトのリスクを回避できます。内容の変更や追加も容易で、総合的な管理がスムーズに行える点も魅力です。

しかし、PCとスマホで大きく表示内容を変えたい場合、スマホサイトの独立制作が適しています。しかし、多くのホームページが同じ内容を掲載する場面が多いため、安全性とコストの面からレスポンシブWebデザイン作成が強く推奨されます。

ホームページ制作を進めるにあたっては、このようなメリット・デメリットをしっかりと理解し、最適な方法を選択することが求められます。

モバイルファーストインデックスは存在は知って高い知識は不要

モバイルファーストインデックスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?その存在を知ることは、今のホームページ制作の世界では非常に有益です。なぜなら、このインデックスは、グーグルがWebサイトを評価する基準の一つとして位置づけているからです。しかし、それを深く理解することなくとも、ホームページのSEO対策に大きな影響を与えることは少ないでしょう。

グーグルのアルゴリズムは日々更新されています。そのため、モバイルファーストインデックスの具体的な役割や仕様も、時とともに変わる可能性があります。この変動性を理解し、その存在を頭の片隅に留めておくだけでも、突如として変わるSEOの風向きに対応する一助となるでしょう。

それに、現在のホームページ制作のスタンダードとして、モバイル対応は欠かせない要素となっています。多くのWebサイト制作会社は、このモバイル対応を基本として取り入れており、クライアントのサイトが検索結果で上位表示されるようサポートしています。

このため、モバイルファーストインデックスに関して特別な知識や対策を深く追求するよりも、ホームページのコンテンツをユーザーのために最適化することがより重要と言えます。ユーザーが求める情報を提供し、その情報を更新・編集・削除することで、サイトの信頼性や検索順位の向上を図ることができるのです。

結局のところ、モバイルファーストインデックスは一つの指標に過ぎません。ホームページ制作において最も大切なのは、ユーザーのための価値を提供し続けること。その実践こそが、サイトの成功への最短の道と言えるでしょう。

モバイルファーストインデックスで全業種でスマホ対応が必要

モバイルファーストインデックスを導入した今、スマホ対応のホームページ制作が業界のスタンダードとなっています。これはただのトレンドや流行りではなく、明確な数字からもその重要性が証明されています。

当社が手掛けるホームページ制作の実績を元に考えると、その数字は明瞭です。ネットショップを例にとると、アクセスの8割以上がスマートフォンから。BtoCの場合、6割から7割、BtoBの場合でも3割から6割がスマホ利用者というデータが示されています。

これだけのユーザーがスマホを使用している現状を踏まえ、モバイルファーストインデックスに対応していないホームページは、ユーザビリティが大きく低下します。想像してみてください。スマートフォンでアクセスした時、PC専用のサイトが表示されたらどう感じるでしょうか。読みにくく、操作も難しい。これでは、ユーザーはすぐに離脱してしまうでしょう。

さらに、現代のトレンドはレスポンシブWebデザインへとシフトしています。これにより、ユーザーはPCのサイトよりも、スマホでも快適に閲覧できるホームページを期待しています。この期待に応えられるかどうかが、ホームページの成功を左右する大きな要因となっています。

そして、成約率の向上。スマホ対応を整えることで、ユーザビリティが向上し、それが成約に繋がる可能性が高まります。最終的には、8割、9割という多数のスマホユーザーに対しての最適化が、ホームページの成果に直結するのです。

このような背景から、全業種においてスマホ対応は避けられないものとなっています。これからホームページを制作する際は、スマホ対応を前提として取り組むことが不可欠です。

まとめ

モバイルファーストインデックスの概念が初めて登場したのは、2016年11月5日。グーグルのウェブマスター向け公式ブログにおいて、この新しい方針が発表されました。その後、このトピックは業界内で頻繁に議論の的となり、モバイルの重要性が一層強調されるようになりました。多くの専門家や業界関係者が、これを受けての対応策や変更の影響を熱心に予測しました。

しかし、実際に2022年になって振り返ると、その影響はそこまで大きなものではなかったようです。特定のケース、例えばスマホサイトのリダイレクト方法を誤るといった点での大きな影響は考えられますが、一般的には大きな変動は見られなかったと言えます。

その背景には、現代のホームページ制作の流れが関係しています。現在、ホームページ制作のほとんどは「レスポンシブWebデザイン」を採用しており、自動的にスマホやタブレットの画面サイズに最適化されます。これにより、特別なモバイル対策を考慮する必要が大幅に減少しました。さらに、実際のホームページのうち、8割以上がこのレスポンシブデザインを採用していると言われています。

この流れを考慮すると、モバイルファーストインデックスの影響は、既にレスポンシブWebデザインを採用しているホームページ制作においては、それほど心配することは少ないと言えるでしょう。

最終的には、SEOの効果を追求する以上、テクニカルな側面も大切ですが、何よりもユーザーのためのホームページ制作が最も重要です。ユーザビリティを意識し、情報提供を最優先することで、自然とSEO効果も向上するはずです。モバイルファーストインデックスの存在を理解し、ユーザーセンターのアプローチを採用して、質の高いホームページ制作を目指しましょう。