HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

安くネットショップを作成するならbaseを利用

安くネットショップを作成するならbaseを

当社のホームページ制作費用は、70万円からになっていて、多くクライアントが100万円前後になります。

そしてネットショップは、通常のホームページ制作よりも少しだけ費用が上がり、150万円くらいが目安になっています。

しかし、実は、お客さまの判断次第ですが、半分くらいまでコストを下げるbaseを使った対策があり、今回は安くネットショップを作成する方法をご紹介します。

ネットショップ作成費が高い理由

ネットショップ作成費が高い理由

ネットショップ作成費が高い理由は、その複雑さにあります。

例えば、ショッピングカートシステムの実装は、一般的なコーポレートサイトにはないですが、すべてのネットショップで導入する機能です。

また、さらには、ネットショップから売上を出すには、顧客の囲い込みも必要になり、マイページやポイント機能など、さまざまな機能が追加されていきます。

このように、通常のホームページ制作と比べ、機能数が多くあり、作業量が増えてしまい、高くなってしまう傾向があります。

ネットショップ作成は売上を向上させるための企画が必須です。

単に一般的にあるようなショッピングカートやマイページがあれば良いではなく、売上を出す企画に基づいて、適切なシステムが必要になってきます。

これらのシステムの実装を行って初めて、効果を出せるので、費用を安くする方法だけを考えるのではなく、まずはネットショップが売上を出す方法を検討しましょう。

その上で、当社が提案するネットショップ作成では、予算をもう少し下げたいという場合には、結構baseを利用するケースがあります。

では、具体的にどのようにbaseを使っていくかをご紹介します。

baseは、基本的には無料で利用が可能で、ホームページ制作費用を大きく下げることが可能です。

baseを利用したネットショップ作成

baseを利用したネットショップ作成

当対策は、Webサイト制作会社に依頼するだけではなく、お客さま自身でも対応が必要になっています。

もちろん、Webサイト制作会社に依頼すれば対応はしてくれますが、費用を下げるという目的があり、さらにはそれほど難しくないので、自社で行うのを推奨します。

カート箇所でbaseを利用

ネットショップ作成が高い理由の1つとして、カートシステム構築があります。

このカートシステムはデータをどのように保管するかや、カートに入れた商品の履歴を残したりなど、結構多くの作業量が発生してしまいます。

そのため、カートがないだけでも、かなりホームページ制作費用を抑えることが可能です。

そこで当社は、予算を抑えたい場合には、お客さま自身でbaseを作成していただき、カート箇所はbaseを利用する提案をしています。

baseには商品詳細ページがありますが、自社サイトの商品詳細ページからbaseの商品詳細ページへのリンクを掲載していても、それほど成約率には影響がありません。

実際にある会社さまが、もともとは、baseのカートシステムを利用してネットショップを作成し、売上が上がってきたから、baseを辞めたケースがあります。

その際には、baseではなく自前のカートシステムに変更をしたのですが、効果が落ちたり、上がるということは一切ありませんでした。

そのため、予算を抑えたい対策としては、カート箇所をbaseのカートシステムを利用するのは非常に効果的な対策になっております。

SEOには影響がない

当社ホームページ制作は、公開後にすべての企業さまにSEOを実施いただきます。

そして、当社にネットショップ作成をご相談されたときに、baseの利用を提案すると、「それってSEO的にどうなの?」とご質問をいただく機会が多いです。

ショッピングカートとそれ以降のページはオリジナルで作成しても、noindex設定にするのが一般的です。

noindexとは、検索エンジンに認識しなくて良いという指示書きであり、あってもなくてもSEO効果が変わらない設定です。

そのため、一切関係がないのですが、ただしその際に1点だけ注意点があります。

それは自社とbase側で商品詳細ページが2ページ存在してきます。

そのときに、もし原稿を丸々コピー&ペーストしていると、商品アイテム数が多いと重複コンテンツに見られる恐れがあります。

この重複コンテンツであると検索エンジンに認識されてしまうと、該当ページだけではなく、ホームページ全体に悪影響を及ぼします。

そのため、各ページでオリジナルテキストは必要になっていて、絶対にコピー&ペーストは行ってはいけません。

マイページなどは有効活用が難しい

baseを利用する場合に、商品購入者のリストなどは、すべてbase側のデーターベースに保管されます。

さらには、会員登録機能なども一切役に立たず、baseを利用しているうちは、これらの機能は利用ができなくなっています。

すべてではないですが、よくある事例として以下の機能は利用ができません。

  • マイページ
  • 請求書などの発行
  • ポイント制度
  • 会員登録

これらの機能は、当初は諦めてネットショップを作成しましょう。

ただし、当社のネットショップ作成は、仮に、baseを利用したとしても、売上に応じてオリジナルカートシステムの提案を行っています。

そのため、このオリジナルカートシステム導入時には、しっかりと上記の中で必要な機能を導入していく提案をしています。

クレジットカード決済代行手数料が少し高い

baseを利用した場合の最大の問題点は、baseが提供しているクレジットカード決済代行を利用しないといけない点です。

実際にクレジットカード手数料は、日々の利益に影響を与え、できる限り信頼性があり安い業者を探されると思います。

しかし、baseの提供しているクレジットカード決済代行システムを利用しなくてはならず、これが少しだけ高いという難点があります。

ただ、利用したら利益がなくなるというほどではなく、多くのクライアントさまは、取り敢えず最初は仕方ないかと利用をされるケースがほとんどです。

カートシステムを無料提供しているため、この手数料は仕方がないと諦めなくてはいけません。

1年で脱baseを目標に

1年で脱base

baseを利用すれば、ネットショップ作成費を大きく抑えることが可能です。

ただ、あくまで既製品になっていて、細かな箇所をユーザーに対して最適化はできなくなっています。

さらには、クレジットカード決済手数料が少しだけ高くなっているというデメリットも存在しています。

そのため、もちろん最初は、baseを利用したネットショップ作成でも良いと思いますが、1年でオリジナルカートシステムの構築を目標にしましょう。

オリジナルカートシステムを構築には、売上が必要です。

この売上を上げるには、まずは1年かけてしっかりと集客対策を行いましょう。

この集客対策で選ばれるのが、SEOまたはソーシャルメディアです。

SEOであれば、新規ページ作成とリライトになっていて、1ヶ月を22営業日とすると、22ページの新規作成やリライトが可能です。

実際に多くの業種さまでは、ホームページ制作時に目標ページ数を算出すると、100ページか150ページが多いでしょう。

そのため、約半年間、しっかりと新規ページ作成を行えば、狙ったキーワードで上位表示が可能です。

ソーシャルメディアであれば、最初の2ヶ月は、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムの利用に慣れることに注力します。

そして慣れてくれば、ファン、すなわちフォロワー数を獲得するために、着実に投稿を行うことで、高い集客力へと成長します。

集客さえできてしまえば、ホームページには成約率が存在していて、最低限は商品販売が可能です。

多くの場合、商品販売が、軌道に乗る目標が1年になっています。

そして、売上から、オリジナルカートシステムを構築することで、さらに成果を向上させれるようになります。

当社では上記のような、ホームページ制作から、今後の展望までを企画書にまとめてご提案をいたします。

ネットショップをbaseを利用して安く作成したとしても、後から必ず対応をしていくようにして、他社と遜色がないネットショップへと成長させましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP