セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.01.11

ホームページ制作で成果を出すポイント

これから成果が出るホームページを制作したいとお考えの企業は、何から手を付ければ良いか分からないため、なんとなくWeb制作会社に発注してはいけません。

ホームページから成果を出すためには、Web制作会社との打ち合わせ前から、今できることはもちろん、公開後の運営までを検討していくことが重要です。

これまで多くのホームページを成功へと導いた経験から、当社が考える成果が出るホームページを制作する流れを紹介します。

ホームページ制作前

自社の情報を整理する

Web制作会社に問い合わせる前に、ライバルサイトのチェックをしてから自社情報を整理しましょう。

例えば、どういったサービスがあるのかや、自社の強みは何なのか、ライバルサイトを見ながらホームページにどんな内容を掲載するのかを検討します。

この検討は、担当者の頭の中で行うだけではなく、資料化することで、Web制作会社との打ち合わせをスムーズなものにすることが可能です。

Web制作会社は、その資料を見て、成果が出るホームページの制作法を検討するので、御社が打ち出すべきと考えるコンテンツと成果のバランスを見ながら、適切な提案をしてくれます。

集客と成約対策が明確なWeb制作会社に依頼

Web制作会社は、お客さまへのヒアリングが終わったあと、提案書や見積書を作成してくれます。

提案書や見積書を見たときに、その提案でホームページから成果が出る理由を含めた検討が必要になり、すなわち集客と成約対策が明確になっているのかを考えることが重要です。

ホームページは、単にインターネットに公開するだけでは、成果を出すことができず、見込み顧客を集める対策法や、訪問者を成果ページへと誘導していく仕組みが重要です。

この集客と成約が提案書に含まれているのかを確認し、もし含まれていなかった場合は、Web制作会社に集客や成約対策はどのように行うつもりなのかを確認しましょう。

そして、集客や成約対策が具体的であるWeb制作会社に発注することによって、ホームページから成果を出せる可能性が高まります。

ホームページ制作中

確認作業はユーザー目線で行う

ホームページは、Web制作会社だけが行うものではなく、お客さまと一緒に制作するものになります。

実作業はWeb制作会社が行いますが、Web制作会社が作ったデザインやテストアップ完了後のチェックは、お客さまも行う必要があります。

お客さまが行うチェックは、なんとなく見栄え的にどうかといったものではなく、ユーザー目線に立った確認を行うことが重要です。

成果が出るホームページとは、サイト全体でユーザー目線を追求することが重要になるので、ユーザー目線でないと感じたポイントは、Web制作会社に修正指示や確認を行うと良いでしょう。

運営計画を立てる

ホームページ制作時から運営計画を立てることが重要です。

ホームページから成果を出すには、運営が重要になっているので、闇雲に行うのではなく、計画的に行う必要があります。

当社がよく提案する運営計画では、ライバルサイトの調査を行い、調査結果から、お客さまが毎日行う運営内容や、成果が出るまでの期間からスケジュールの策定を行っています。

ホームページから成果を出すには、ユーザー目線が大切になるので、最終的には原稿や画像次第になり、スケジュール通りに成果が出た事例は多くありませんが、前後2ヶ月を見ていただければ、大半の企業が計画通りに高い成果を実現できています。

ホームページ制作中から運営を行う

ホームページ制作中から運営を行えば、公開後に成果が出るまでの期間を短縮することが可能です。

一般的にホームページから成果を出すには、最低でも公開後3ヶ月は必要と言われていますが、ホームページ制作期間が3ヶ月です。

すなわち、ホームページ制作中から運営を行っていくことで、公開してすぐに高い成果を出すことが可能です。

制作実績のネットショップの事例で言うと、ホームページ制作期間は4ヶ月で、その間、毎日ネットショップ内のスタッフブログの記事を作成していました。

その結果、約150ページのネットショップを公開することができ、公開後5日で日の売上目標を達成することができたのです。

1日でも早く成果を出せれば、さらに高い成果を出すために、ホームページの運営が習慣化しやすくなるので、当社では必ずホームページ制作中から運営をお願いするようにしています。

ホームページ公開後

スケジュールに則った運営を継続

ホームページを公開した後は、計画やスケジュールに基づいて、運営を継続しましょう。

ホームページは制作するだけで成果を出せるものではなく、継続した運営を行い、サイト全体を良質にすることで、高い集客と成約力を実現することが可能です。

多くの企業が、半年くらい運営を継続したけど、効果が出なければ、運営を辞めてしまうケースがありますが、最低でも年単位は継続するようにしましょう。

Web制作会社とコミュニケーションを取る

ホームページを公開すると、疑問や問題などが多く発生します。

その際に、ウェブマスターだけで解決策を考えるのではなく、Web制作会社のサポートを受けることで、より早く正確な対処法を知ることが可能です。

Web制作会社によっては、サポートすべてが有料というケースもありますが、簡単なサポート内容だけであれば、高くても月額5,000円程度になるので、予算が許すようであれば、申し込みを行っておいた方が良いでしょう。

まとめ

これから成果が出るホームページを制作する企業が知っておきたいポイントを紹介しました。

成果が出るホームページは、制作前と中、公開後に適切な対応を行うことが重要です。

現在、成果が出るホームページを制作したいとお考えの方の参考になれば幸いです。